BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエのTV番組

2018/08/01

世界バレエ・フェスティバル全幕プロ「ドン・キホーテ」が9月30日にテレビ朝日チャンネル2で放映

世界バレエ・フェスティバルが始まりましたね。これから2週間のバレエのお祭り、世界中のスターを観ることができて楽しい毎日となります。

7月27日には、全幕特別プロでミリアム・ウルド=ブラムとマチアス・エイマン主演、東京バレエ団の『ドン・キホーテ』公演がありました。

私も観に行ったのですが、ゲストの二人が早くから来日してリハーサルに参加していたためか、とてもよく東京バレエ団に馴染んでいました。
ミリアム・ウルド=ブラムは愛らしく少しだけ色っぽいキトリで、上半身の美しさ、特にポール・ド・ブラやエポールマンが絶品でした。ドルシネア役を踊った時には、まるでお姫様のようで、ふわっとしたグランジュッテ、柔らかい腕使いや着地も素敵でした。マチアス・エイマンは、足先がとにかく美しくて一つ一つのパがくっきりと見えていました。3幕のグラン・パ・ド・ドゥで見せた軽やかな超絶技巧、特にトゥール・アン・レールしながらバットマンするようなテクニックが鮮やかでした。そして何より、パリ・オペラ座でもよく組んでいるペアならではの、息がぴったり合っていて、しっかりとドラマを作ってくれていたのが良かったです。

東京バレエ団のこのプロダクションは、カンパニーにとても合っていて、テンポもよく、街の賑やかな雰囲気もよく出ていました。男性ダンサーも長身で見栄えが良い人が増えています。妖艶でダイナミックなメルセデスの奈良さん、きびきびした動きで軽やかなキューピッドの足立さんが特に光っていました。野営地でのジプシーの群舞もとても迫力がありました。またエレガントさを持っている木村和夫さんのドン・キホーテが素敵でした。

さて、この楽しかった「ドン・キホーテ」の公演がテレビ放映されます。

http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0288/

CSのテレビ朝日チャンネル2で、9月30日(日)午後2:00~4:30から

ノーカットでの放映で、舞台裏映像なども観られるそうです。これはとても楽しみですね。

***
さらに、今後のラインナップとして、

英国ロイヤルバレエ団選りすぐりのスターダンサーが勢揃いし、英国バレエ最高峰の舞台をお届けする「ロイヤルエレガンスの夕べ」
英国ロイヤルバレエ団プリンシパル、平野亮一が主役を務めた「冬物語」(2018)、
高田茜が出演したアシュトン・トリプルビル「真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン」(2017)

をこの秋放送するとのことです。


放映リクエストも受け付けているようですよ。
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contact/

2018/07/17

7/20 NHK BS「美の壺」に新国立劇場バレエ団 小野絢子&福岡雄大が出演

7月20日金曜 NHK BSプレミアム 午後7時30分~ 午後8時00分

「美の壺」に新国立劇場バレエ団の小野絢子さん、福岡雄大さんが出演します。
http://www4.nhk.or.jp/tsubo/ 

オーケストラの演奏に合わせ、踊りやマイムと呼ばれるしぐさで、物語を表現するバレエ。トップダンサーが語る、それぞれのテクニックの見どころを紹介!女性を支える男性ダンサーの思いとは?日本を代表する芸術監督のリハーサルに密着し、歴史とともに変わってきた表現に迫る!ダンサーの足の形や癖に合わせたトウシューズのこだわりとは?あらゆる動きに対応するバレエ衣装、驚きの性能とは?

今年ゴールデンウィークの「白鳥の湖」の時に収録されていた舞台映像も登場するようです。


追記:再放送があります。

7月27日金曜
NHKBSプレミアム 午後0時00分~ 午後0時30分 

http://www4.nhk.or.jp/tsubo/x/2018-07-27/10/23483/2418262/

2018/06/18

第46回ローザンヌ国際バレエコンクール6月24日放映

第46回ローザンヌ国際バレエコンクールが6月24日(日)に放映されます。

http://www4.nhk.or.jp/P3022/

若手ダンサーの登竜門であるローザンヌ国際バエレコンクールの最終審査、決選から、全クラシックバリエーションと、コンテンポラリーバリエーションを抜粋でお送りします。

スタジオでは元バーミンガムロイヤルバレエ団ファーストソリストの山本康介氏による実演つき解説。コンクールの見どころ、審査のポイントをわかりやすく紹介します。

【解説】バレエダンサー、演出家…山本康介,【司会】赤木野々花


第46回ローザンヌ国際バレエコンクール2018入賞者

1. シェイル・ワグマン WAGMAN Shale / カナダ/ 17歳9ヶ月
2. パク・ハンナ PARK Hanna / 韓国 / 15歳5ヶ月
3. グオ・ウェンジン GUO Wenjin / 中国 / 16歳8ヶ月
4. リ・ユンス LEE Junsu / 韓国 / 16歳1ヶ月
5. チャオ・シンユエ ZHAO Xinyue / 中国 / 17歳11ヶ月
6. ミゲル・アンヘル・ダビド・アランダ・マイダナ ARANDA MAIDANA Miguel Angel David / パラグアイ / 18歳6ヶ月
7. カロリネ・ガウボン GALVAO Carolyne / ブラジル / 17歳5ヶ月
8. アヴィヴァ・ゲルファー=ムンドゥル GELFER-MÜNDL Aviva / アメリカ/ 16歳1ヶ月

スカラシップ受賞者の選んだ研修先
https://www.prixdelausanne.org/schools-and-companies-chosen-by-the-prize-winners-2018/

1. シェイル・ワグマン ENB研修生
2. パク・ハンナ ロイヤル・バレエ・スクール
3.グオ・ウェンジン オランダ国立バレエアカデミー
4.リ・ユンス 辞退 →次点のダヴィデ・ロリッキオがロイヤル・バレエ研修生
5. チャオ・シンユエ  ロイヤル・バレエ・スクール
6. ミゲル・アンヘル・ダビド・アランダ・マイダナ ENB研修生
7. カロリネ・ガウボン  ENB研修生
8. アヴィヴァ・ゲルファー=ムンドゥル ワガノワ・アカデミー

日本からのファイナリスト、森脇崇行さん、大木愛菜さんは入賞しませんでしたが、素晴らしい演技を見せてくれています。

コンテンポラリーヴァリエーションでは、人気振付家ウェイン・マクレガーの「クローマ」始め、ヨルマ・エロ、マウロ・ビゴンゼッティなどの巨匠振付家の作品に、若い出場者が挑んでいるのも見どころとなります。

<クラシック・ヴァリエーション>

「“パキータ” グラン・パのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
ロシア…(18歳)エルヴィン・ザギドゥーリン

「“ドン・キホーテ” ドルシネアのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
中国…(17歳)許せい怡(※注「せい」の漢字は女へんに青の旧漢字)

「“グラン・パ・クラシック” 女性ダンサーのバリエーション」
オーベール:作曲
グゾフスキー(振付):編曲
ブラジル…(17歳)キャロリン・ガウヴォン

「“コッペリア” フランツのバリエーション」
ドリーブ:作曲
サン・レオン(振付):編曲
日本…(15歳)森脇崇行

「“パキータ” パ・ド・トロワから 第1バリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
中国…(16歳)滕榕児

「“ラ・バヤデール”から ソロルのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
ベルギー…(18歳)ルーカス・バレマン

「“ナポリ” パ・ド・シスから 第1バリエーション」
ヘルステッド:作曲
ブルノンヴィル(振付):編曲
アメリカ…(16歳)マカニ・イェーグ

「“パキータ” パ・ド・トロワから 第1バリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
カナダ…(15歳)アイリーン・ヤン

「“パキータ” グラン・パのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
パラグアイ…(18歳)ミゲル・アンヘル・ダビド・アランダ・マイダナ

「“ラ・バヤデール”影の王国から 第3ソリストのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
韓国…(15歳)パク・ハンナ

「“白鳥の湖” パ・ド・トロワから 第1ソリストのバリエーション」
チャイコフスキー:作曲
プティパ(振付):編曲
アメリカ…(16歳)エリック・スナイダー

「“ライモンダ”夢の場 ライモンダのバリエーション」
グラズノフ:作曲
プティパ(振付):編曲
日本…(18歳)大木愛菜

「“ラ・バヤデール”影の王国から 第3ソリストのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
アメリカ…(16歳)クロエ・ミッセルダイン

「“グラン・パ・クラシック” 男性ダンサーのバリエーション」
オーベール:作曲
グゾフスキー(振付):編曲
イタリア…(18歳)ダヴィデ・ロリッキオ

「“ドン・キホーテ”夢の場 キューピッドのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
中国…(16歳)郭文槿

「“パキータ” リード・ソリストのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
韓国…(18歳)ナム・ミンジ

「“ラ・フィーユ・マル・ガルデ”から コーラスのバリエーション」
エロルド:作曲
アレキサンダー・ゴルスキー(振付):編曲
アメリカ…(15歳)フィニアン・カーメシ

「“パキータ” パ・ド・トロワから 第1バリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
アメリカ…(16歳)アヴィヴァ・ゲルファー・ムンドゥル

「“ドン・キホーテ” パ・ド・ドゥから バジルのバリエーション」
ミンクス:作曲
プティパ(振付):編曲
カナダ…(17歳)シェール・ワグマン

「“グラン・パ・クラシック” 女性ダンサーのバリエーション」
オーベール:作曲
グゾフスキー(振付):編曲
中国…(17歳)趙欣悦

「“ラ・フィーユ・マル・ガルデ”から コーラスのバリエーション」
エロルド:作曲
アレキサンダー・ゴルスキー(振付):編曲
韓国…(16歳)イ・ジュンス


<コンテンポラリー・ヴァリエーション>

「“アウト・オブ・ブレス”」
エツィオ・ボッソ:作曲
ルイーズ・ドゥルー(振付):編曲
ロシア…(18歳)エルヴィン・ザギドゥーリン

「“クロマ”」
ジョビー・タルボット:作曲
ウェイン・マクレガー(振付):編曲
ブラジル…(17歳)キャロリン・ガウヴォン

「“アウト・オブ・ブレス”」
エツィオ・ボッソ:作曲
ルイーズ・ドゥルー(振付):編曲
日本…(15歳)森脇崇行

「“フリア・コルポリス”」
ベートーベン:作曲
マウロ・ビゴンゼッティ(振付):編曲
中国…(16歳)滕榕児

「“ビカミングス”」
マックス・リヒター:作曲
ウェイン・マクレガー(振付):編曲
ベルギー…(18歳)ルーカス・バレマン

「“プラン・トゥ・ビー”」
ビーバー:作曲
ヨルマ・エロ(振付):編曲
パラグアイ…(18歳)ミゲル・アンヘル・ダビド・アランダ・マイダナ

「“ファースト・フラッシュ・ソロ1”」
シベリウス:作曲
ヨルマ・エロ(振付):編曲
韓国…(15歳)パク・ハンナ

「“アウト・オブ・ブレス”」
エツィオ・ボッソ:作曲
ルイーズ・ドゥルー(振付):編曲
アメリカ…(16歳)エリック・スナイダー

「“タッチ・フィール・センス”」
ハンス・ジマー:作曲
ルイーズ・ドゥルー(振付):編曲
日本…(18歳)大木愛菜

「“ディエゴのためのソロ”」
セオドラキス:作曲
リチャード・ウェアロック(振付):編曲
アメリカ…(16歳)クロエ・ミッセルダイン

「“アウト・オブ・ブレス”」
エツィオ・ボッソ:作曲
ルイーズ・ドゥルー(振付):編曲
イタリア…(18歳)ダヴィデ・ロリッキオ

「“ロッシーニ・カーズ”から ソロ」
ロッシーニ:作曲
マウロ・ビゴンゼッティ(振付):編曲
中国…(16歳)郭文槿

「“ビカミングス”」
マックス・リヒター:作曲
ウェイン・マクレガー(振付):編曲
韓国…(18歳)ナム・ミンジ

「“ディエゴのためのソロ”」
セオドラキス:作曲
リチャード・ウェアロック(振付):編曲
アメリカ…(15歳)フィニアン・カーメシ

「“タッチ・フィール・センス”」
ハンス・ジマー:作曲
ルイーズ・ドゥルー(振付):編曲
アメリカ…(16歳)アヴィヴァ・ゲルファー・ムンドゥル

「“クロマ”」
ジョビー・タルボット:作曲
ウェイン・マクレガー(振付):編曲
カナダ…(17歳)シェール・ワグマン

「“ビカミングス”」
マックス・リヒター:作曲
ウェイン・マクレガー(振付):編曲
中国…(17歳)趙欣悦

「“フリア・コルポリス”」
ベートーベン:作曲
マウロ・ビゴンゼッティ(振付):編曲
韓国…(16歳)イ・ジュンス

2018/05/29

WOWOW バレエ関連番組6月放映予定

WOWOWの6月に放映されるバレエ関連の番組をお知らせします。


バレエ☆プルミエール#1~#6 一挙再放送
6/15 15:00~
http://www.wowow.co.jp/detail/111781/001/02


マチューガニオ・パリオペラ座の頂
6/15 18:30~
http://www.wowow.co.jp/detail/111832


明日のエトワール。~パリ・オペラ座バレエ学校の一年~1-3話
6/15 20:00~
http://www.wowow.co.jp/detail/112765

パリ・オペラ座バレエ団ケースマイケル振付短篇集 弦楽四重奏曲第4番/大フーガ/浄夜
6/15 21:30~ 
http://www.wowow.co.jp/detail/110292/-/01

バレエ☆プルミエール#7
6/17 15:30~

バレエ☆プルミエール#8(初回放送)
6/17 16:30~

明日のエトワール。~パリ・オペラ座バレエ学校の一年~4-6話(初回放送)
6/17 17:30~

舞台『プルートゥ PLUTO』森山未來×土屋太鳳
6/23(土)よる7:00
http://www.wowow.co.jp/detail/112389


7月には、以下の番組もあります。

ベジャールの「ザ・カブキ」 東京バレエ団 ミラノ・スカラ座公演
7/20(金)午後2:30
http://www.wowow.co.jp/detail/101627/-/01

ベジャール・セレブレーション モーリス・ベジャール・バレエ団&東京バレエ団 特別合同ガラ
7/21(土)午前8:35
http://www.wowow.co.jp/detail/112199

ロシア名門マリインスキー・バレエの世界  ラ・バヤデール
7/12(木)午後1:00
http://www.wowow.co.jp/detail/107891/004/01
テリョーシキナ、シクリャーロフ、A・マトヴィエンコ

ロシア名門マリインスキー・バレエの世界  ロミオとジュリエット
7/12(木)午後3:15
ヴィシニョーワ、シクリャーロフ主演


そしてチャイコフスキー三大バレエ特集として、

英国ロイヤル・バレエ団「くるみ割り人形」
7/16(月・祝)午前10:00
http://www.wowow.co.jp/detail/111909/-/01
ローレン・カスバートソン、フェデリコ・ボネッリ、フランチェスカ・ヘイワード、アレクサンダー・キャンベル、ギャリー・エイヴィス主演

英国ロイヤル・バレエ団「白鳥の湖」
7/16(月・祝)午後2:30
http://www.wowow.co.jp/detail/112942/-/01
ゼナイダ・ヤノウスキー、ニーマイア・キッシュ、ギャリー・エイヴィス主演

英国ロイヤル・バレエ団「眠れる森の美女」
7/16(月・祝)午後0:00
http://www.wowow.co.jp/detail/112121/-/01
マリアネラ・ヌニエス、ワディム・ムンタギロフ主演

があります。

このうちロイヤル・バレエ「白鳥の湖」は初回放送で、ゼナイダ・ヤノウスキー、ニーマイア・キッシュ、ギャリー・エイヴィス主演の、まだ放映もDVD化もされていない(映画館中継された)2012年の貴重な映像です。

また、バレエ、ダンス関連の映画としては、

「ダンシング・チャップリン」
6/17(日)午後1:15
http://www.wowow.co.jp/detail/102876

ザ・ダンサー (ロイ・フラーを描いた作品) 初回放送
6/20(水)よる9:00
7/17(火)午前11:30
http://www.wowow.co.jp/detail/112792/-/01

フェリシーと夢のトウシューズ 初回放送
7/22(日)よる8:00
7/27(金)午後4:45
http://www.wowow.co.jp/detail/112330/-/02

ドキュメンタリーとしては、

密着!舞台『プルートゥ PLUTO』〜日本発 ⇒ 欧州ツアー〜
6/23(土)よる6:30
http://www.wowow.co.jp/detail/112388

ノンフィクションW 少年たちが“リトル・ダンサー”になる瞬間 ~日本版 ミュージカル「ビリー・エリオット」~
6/6(水)午前11:45
7/25(水)午後2:00
http://www.wowow.co.jp/detail/110341/-/01


と非常に充実したラインアップとなっています。

さらに、秋には、
明日のエトワール。~パリ・オペラ座バレエ学校の一年
のその後を描いたパート2も初放映されるとのことで、とても楽しみです。

2018/05/19

NHKバレエの饗宴2018,5月20日放映/プレミアムシアターでマリインスキー・バレエ「バフチサライの泉」放映

年に1度、バレエ界の豪華キャストがNHKホールに集結する「NHKバレエの饗宴」。
https://www.nhk-p.co.jp/ballet/

今年も華やかなステージが繰り広げられました。私も観に行ったのですが、ここでしか観られない新作もあったり、ガラ公演ではあるものの一つ一つの作品をしっかり見せてくれる、見ごたえたっぷりの公演です。

5月20日(日)Eテレ「クラシック音楽館」で放送されます。 午後9:00~11:30
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/


1.「くるみ割り人形」第2幕から
出 演 : 新国立劇場バレエ団
振 付 : ウエイン・イーグリング
音 楽 : チャイコフスキー

2. Chimaira/キマイラ
出 演 : 平山素子 小㞍健太 鈴木竜 堀田千晶
振 付 : 平山素子
音 楽 : デュティユー

3. Flowers of the Forest
出 演 : 吉田 都 マティアス・ディングマン(バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 プリンシパル) スターダンサーズ・バレエ団
振 付 : デヴィッド・ビントレー
音 楽 : アーノルド/ブリテン

4.「ラ・バヤデール」から「影の王国」
出 演 : 東京バレエ団
振 付 : ナタリア・マカロワ(M.プティパ版による)
音 楽 : ミンクス

(1~4 すべて)
管弦楽 : 東京フィルハーモニー交響楽団
指 揮 : 井田勝大


中でも、デヴィッド・ビントレー振付作品で、昨年のスターダンサーズ・バレエ団のガラ公演でも上演された「Flowers of the Forest」は、吉田 都さんとマティアス・ディングマンをゲストに迎え、スターダンサーズ・バレエ団が今大変充実したバレエ団であることを見せてくれた、素晴らしい上演でした。戦争で斃れた人々を追悼する一方で、生き生きとした踊りも観られる、とても良い作品でした。

また、平山素子さんがこの公演のために振付けた新作「Chimaira/キマイラ」は、小㞍健太さん、鈴木竜さんなど気鋭の優れた踊り手を迎え、とてもユニークでオリジナリティにあふれた刺激的な作品でした。

Photo_setohidemi0523
(c)瀬戸秀美​


同じ5月20日(日)の深夜、NHK-BSのプレミアムシアターでは、
http://www4.nhk.or.jp/premium/

マリインスキー・バレエ「バフチサライの泉」
エトワール・ガラ2016
【再放送】 

の放映があります。「バフチサライの泉」は、ロシア・バレエの名作でありながら市販映像では発売されていない作品なので、とても貴重な機会です。

5月21日(月)【5月20日深夜(日)深夜】午前0時00分~午前3時55分

◇マリインスキー・バレエ「バフチサライの泉」(0:03:00~1:56:30)
<演 目>
バレエ「バフチサライの泉」(全4幕)
振付:ロスチスラフ・ザハロフ
音楽:ボリス・アサフィエフ

<出 演>
アダム公爵:アンドレイ・ヤコブレフ
マリア:アナスタシア・マトヴィエンコ
ヴァーツラフ:ザンダー・パリッシュ
ギレイ:ロマン・ベルヤコフ
ザレマ:ヴィクトリア・テリョーシキナ
ヌラリ:グリゴーリ・ポポフ ほか
マリインスキー・バレエ団

<管弦楽>マリインスキー劇場管弦楽団
<指 揮>ボリス・グルージン

収録:2017年5月27・28日 マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)

◇エトワール・ガラ2016【再放送】(1:59:00~3:55:00)
<演 目>
1.「ラ・シルフィード」から
振付:オーギュスト・ブルノンヴィル
音楽:ヘルマン・レーヴェンショルド

<出 演>
レオノール・ボラック
ジェルマン・ルーヴェ

2.「ランデブー」
振付:ローラン・プティ
音楽:ジョゼフ・コスマ

<出 演>
アマンディーヌ・アルビッソン
​バンジャマン・ペッシュ

3.「See」<日本初演>
振付:大石裕香
音楽:アルヴォ・ペルト

<出 演>
シルヴィア・アッツォーニ
​アレクサンドル・リアブコ

4.「ロメオとジュリエット」
第1幕から「マドリガル」
「バルコニーのパ・ド・ドゥ」
第3幕から「寝室のパ・ド・ドゥ」

振付:ルドルフ・ヌレエフ
音楽:プロコフィエフ

<出 演>
レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ(マドリガル)
​ドロテ・ジルベール、ユーゴ・マルシャン(バルコニーのパ・ド・ドゥ)
アマンディーヌ・アルビッソン、マチュー・ガニオ(寝室のパ・ド・ドゥ)

5.「病める薔薇(ばら)」から
振付:ローラン・プティ
音楽:マーラー

<出 演>
エレオノラ・アバニャート
​オードリック・ベザール

6.「人魚姫」第1幕から パ・ド・ドゥ
振付:ジョン・ノイマイヤー
音楽:レーラ・アウエルバッハ

<出 演>
シルヴィア・アッツォーニ
​アレクサンドル・リアブコ

7.「それでも地球は回る」<女性版世界初演>
振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:ヴィヴァルディ

<出 演>
アマンディーヌ・アルビッソン

8.「With a Chance of Rain」から<日本初演>
振付:リアム・スカーレット
音楽:ラフマニノフ

<出 演>
ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ
ローラ・エケ、オードリック・ベザール
ピアノ:久山亮子

9.「ル・パルク」から「解放のパ・ド・ドゥ」
振付:アンジュラン・プレルジョカージュ
音楽:モーツァルト

<出 演>
エレオノラ・アバニャート
バンジャマン・ペッシュ

収録:2016年8月5・6日 Bunkamuraオーチャードホール

**********
なお、6月18日(月)のプレミアムシアターでは、大きな話題を呼んだ、イングリッシュ・ナショナル・バレエの「ジゼル」(アクラム・カーン振付)が放映されます。
これは決して見逃せませんね。

6月18日(月)【6月17日深夜(日)深夜】午前0時00分~

イングリッシュ・ナショナル・バレエ「ジゼル」
【5.1サラウンド】
◇ドキュメンタリー
「イングリッシュ・ナショナル・バレエ in パリ」(2016年 制作)
◇モナコ公国モンテカルロ・バレエ「ル・ソンジュ~夢~
」【再放送】


イングリッシュ・ナショナル・バレエ「ジゼル」
<演 目>
バレエ「ジゼル」(全2幕)
振付:アクラム・カーン
音楽:アドルフ・アダン
ヴィンチェンツォ・ラマニャ

<出 演>
ジゼル:タマラ・ロホ
アルブレヒト:ジェームズ・ストリーター ほか
イングリッシュ・ナショナル・バレエ団

<管弦楽>イングリッシュ・ナショナル・バレエ・フィルハーモニック
<指 揮>ギャヴィン・サザーランド

収録:2017年10月25・28日 リバプール・エンパイア劇場(イギリス)

◇ドキュメンタリー
「イングリッシュ・ナショナル・バレエ in パリ」(2016年 制作)
<出 演>
タマラ・ロホ
アリーナ・コジョカル ほか

◇モナコ公国モンテカルロ・バレエ「ル・ソンジュ~夢~」
<演 目>
バレエ「ル・ソンジュ」(全2幕)
振付・演出:ジャン・クリストフ・マイヨー
音楽:フェリックス・メンデルスゾーン
ダニエル・テルッジ
ベルトラン・マイヨー

<出 演>
妖精の女王ティターニア:ベルニス・コピエテルス
妖精の王オベロン:ジェローム・マルシャン
妖精パック:ジェローン・ヴェルブルジャン
小姓:アンハラ・バジェステロス
アマゾンの女王ヒッポリータ:サラ・ジェーン・メドレー
アテネ公爵シーシアス:ジャンス・ウェーバー
ハーミアの父イージアス:シリル・ブレアン
ヘレナ:エープリル・バール
ハーミア:ナタリー・ヌードヴィスト
ディミトリアス:アシエ・ウリアゼレカ
ライサンダー:ジュリアン・バンシオン ほか
モナコ公国モンテカルロ・バレエ団

収録:2008年12月12日 スタジオ収録

2018/05/05

5/7(月)放映 NHK総合 ごごナマにマニュエル・ルグリが生出演 

5/7(月)放映 NHK総合テレビ ごごナマ (午後3時08分~ 午後4時00分)に、

バレエ界の至宝ウィーン国立歌劇場バレエ団・芸術監督マニュエル・ルグリが生出演する予定です。

http://www4.nhk.or.jp/gogonama/x/2018-05-07/21/7124/2710095/


いよいよ5月9日から始まる、ウィーン国立バレエの来日公演のプロモーションのためですね。楽しみです。
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/18_wiener/


ウィーン国立バレエの「海賊」にゲスト出演する、キミン・キムのインタビュー(拙稿)はこちらです。
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/18_wiener/topics/1388.html

マニュエル・ルグリ×橋本清香×木本全優リハーサル&ルグリ レッスン映像


まもなく来日!マニュエル・ルグリ率いるウィーン国立バレエ団『ライモンダ』現地公演を特別レポート | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (高橋森彦さんによる現地取材)
https://spice.eplus.jp/articles/185195



2018/04/12

WOWOW バレエ関連番組4月、5月放映予定

WOWOW バレエ関連番組4月、5月放映予定、お知らせが遅くなりましたが、掲載します。

最近本当にバレエ放送に力を入れていて、ありがたい限りです。


ベジャール・バレエ・ローザンヌ 80分間世界一周
4/13(金)午前6:45

ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校から世界へ ~二人の少女の物語~
4/13(金)午前8:30

英国ロイヤル・バレエ団「くるみ割り人形」
4/15(日)午後3:30
ローレン・カスバートソン、フェデリコ・ボネッリ、フランチェスカ・ヘイワード、アレクサンダー・キャンベル、ギャリー・エイヴィス出演

バレエ☆プルミエール #5 
4/15(日)午後5:30

バレエ☆プルミエール #6
4/15(日)よる6:00

マランダン・バレエ・ビアリッツ「美女と野獣」(初放映)
4/15(日)よる7:00
フランス南西部ビアリッツを本拠地とするティエリー・マランダン率いるバレエ団が2016年に上演した「美女と野獣」。チャイコフスキーの旋律と美しいダンスは必見。

ノンフィクションW 祖国へ捧げるバレエ “世界のプリマ”ニーナ・アナニアシヴィリの道
4/22(日)午後3:15


マリインスキー・バレエ団「青銅の騎士」
5/13(日)午後1:00
ヴィクトリア・テリョーシキナ、ウラジーミル・シクリャーロフ主演

英国ロイヤル・バレエ団「ジゼル」
5/13(日)午後3:15
マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ主演

バレエ☆プルミエール #6
5/13(日)午後5:15

バレエ☆プルミエール #7
5/13(日)よる6:15

ノンフィクションW 祖国へ捧げるバレエ “世界のプリマ”ニーナ・アナニアシヴィリの道
5/19(土)午前7:30

ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 ~くるみ割り人形への110日~
5/21(月)深夜0:00


また、パリ・オペラ座学校を追ったドキュメンタリー「明日のエトワール。~パリ・オペラ座バレエ学校の一年~」が放映されます。

明日のエトワール。~パリ・オペラ座バレエ学校の一年~ #1 期待の新入学
5/13(日)よる7:15

明日のエトワール。~パリ・オペラ座バレエ学校の一年~ #2 夢と覚悟 パリ・オペラ座のバレエメソッド
5/13(日)よる7:45

明日のエトワール。~パリ・オペラ座バレエ学校の一年~ #3 輝き始める子ネズミ
5/13(日)よる8:15


2018/04/06

4/7(土)SWITCHインタビュー 達人達(たち)「布袋寅泰×木田真理子」

4月7日(土曜)NHK Eテレ1 午後10時00分~ 午後11時00分

SWITCHインタビュー 達人達(たち)は「布袋寅泰×木田真理子」の対談です。

http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2018-04-07/31/21226/2037174/


今回は、ロンドンを舞台にしたスペシャル・トーク。イギリスを中心に音楽活動をしている布袋寅泰と、世界的に高い評価を受けているダンサーの木田真理子が語り合う。

2012年に長年の夢だったロンドンへ移住した布袋。現在、イギリスを中心にドイツやイタリアでもライブやイベントに出演、日本とはまた違った形で音楽活動を展開している。一方木田は、「バレエ界のアカデミー賞」とも呼ばれるブノワ賞を日本人として初めて受賞、現在スウェーデンを拠点に世界各地で活躍している。番組では木田がロンドンを訪れ、カフェやライブハウスを舞台に、日本人が海外で活動する難しさや喜びを語り合う。

マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」でブノワ賞を受賞し、今はフリーランスのダンサー、指導者としてスウェーデンを拠点に活躍する木田真理子さんが布袋寅泰さんと対談します。

番組の裏話はこちらで。
http://www.nhk.or.jp/switch-int-blog/293302.html

なお、3月5日に発売になったLEE特別編集『CHECK&STRIPE 北欧てづくり散歩』で木田真理子さんは表紙含めモデルを務められています。
https://lee.hpplus.jp/column/1071341/

Juliet & Romeo [Blu-ray] [Import]Juliet & Romeo [Blu-ray] [Import]
Tchaikovsky

C Major 2014-03-31
売り上げランキング : 144166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
CHECK&STRIPE 北欧てづくり散歩CHECK&STRIPE 北欧てづくり散歩
在田 佳代子

集英社 2018-03-05
売り上げランキング : 11719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2018/03/29

4月1日「ウィーン国立バレエ団 2018年来日公演」特別番組放送

「世界最高峰ウィーン国立バレエ団
栄光をつかんだ日本人夫婦ダンサーの軌跡」

【放送日時】
2018年4月1日(日)13:00~13:54 BS-TBS
(※放送日時は変更となる場合あり)


モーツァルトにべートーヴェン、何世紀にも渡り芸術家が憧れてきた地、それがウィーン。
その芸術の都の中心に君臨するのがウィーン国立歌劇場です。

かつては音楽優勢であったこの劇場で、バレエ団を世界最高峰へと押し上げるという伝説を築いたマニュエル・ルグリ。パリ・オペラ座バレエ団で最高位のダンサー・エトワールとして23年間活躍。“ミスター・パーフェクト”と称され 世界中の人々を魅了した彼が、オペラ座を退いたのち全精力を注いだのが2010年に芸術監督に就任した「ウィーン国立バレエ団」。ここで、ルグリが持てる知識と技のすべてを伝授し、驚くべき成長を遂げた世代を「ルグリ・チルドレン」と呼ぶ。そしてその中心人物に日本人夫婦のダンサーがいた。二人はいかにしてここへたどり着き、夫婦そろってトップの座を 射止めるという快挙を成し遂げたのか?

昨年末、ルグリは2020年に芸術監督の座を退くことを発表。ルグリが率いるバレエ団を見る最後の機会になるかもしれない今回の日本公演、来日直前の姿をウィーンの国立バレエ団の舞台裏と共に日本人夫婦に密着リポートします。

ウィーン国立バレエで夫婦で第一ソリスト(プリンシパル)となった橋本清香さん、木本全優さんを中心に、マニュエル・ルグリ率いるウィーン国立バレエを取材した番組とのことです。2時間に渡るルグリインタビューをたっぷり使い、また現地で撮影したリハ風景なども入っているとのことです。楽しみですね。


<ウィーン国立バレエ団 2018年来日公演>
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/18_wiener.html

「ヌレエフ・ガラ」 〈5/9(水)18:30、5/10(木)14:00〉

『海賊』 *日本初演 〈5/12(土)12:30/18:30、5/13(日)14:00〉
  振付:マニュエル・ルグリ(マリウス・プティパに基づく)

2018/03/17

今週末~週明けのテレビ放映情報

テレビ放映情報です。
今週末はたくさんあるのでスクロールして確認してくださいね。

NHK Eテレクラシック音楽館 
3月18日(日) 午後9:30~午後11:00 
新国立劇場 歌劇「松風」

音楽 細川俊夫、演出サシャ・ヴァルツ、ダンス サシャ・ヴァルツ・アンド・ゲスツ 

2月17日(土)の新国立劇場での収録です。
この公演は観に行きましたが、塩田千春さんによる舞台美術が圧倒的に素晴らしく、ヴァルツの演出、音楽、歌手たちも吊るされたりリフトされたり歌ったり、またサシャ・ヴァルツ・アンド・ゲスツのダンサーたちによるダンスもあり、総合芸術としてのクオリティの高い公演でした。


NHK-BS プレミアムシアター 
3月19日(月)【3月18日深夜(日)深夜】午前0時20分~午前4時05分
◇『フラクタス V(ファイブ)』シディ・ラルビ・シェルカウイ振付
◇オランダ国立バレエ『マタ・ハリ』【再放送】

◇「フラクタス V」(0:23:00~1:42:00)

<演 目>
「フラクタス V」
振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ

<出 演>
シディ・ラルビ・シェルカウイ
ディミトリ・ジュルド
ジョニー・ロイド
ファビアン・トメ・デュテン
パトリック・ウィリアムズ・シーバッハー(トゥー・フェイス)

<演 奏>
吉井盛悟
パク・ウージェ
カスピ・ンジャ
ソーミック・ダタ
シディ・ラルビ・シェルカウイ
ジョニー・ロイド
ディミトリ・ジュルド

収録:2017年5月18日 メゾン・ド・ラ・ダンス(リヨン)

◇オランダ国立バレエ「マタ・ハリ」(1:44:00~3:39:30)

<演 目>
バレエ「マタ・ハリ」(全2幕)
上演台本:ジャニーヌ・ブロート
振付:テッド・ブランセン
音楽:タリク・オリーガン

<出 演>
マタ・ハリ/マルガレータ:アンナ・ツィガンコーワ
ルドルフ・マクラウド(マタ・ハリの夫):ケーシー・ハード
キーペルト中尉(ドイツの軍人):ヨセフ・ヴァルガ
ワディム・ド・マスロフ(ロシア人将校):アルトゥール・シェステリコフ ほか
オランダ国立バレエ団
オランダ国立バレエ学校

<管弦楽>オランダ・バレエ管弦楽団
<指 揮>マシュー・ロウ

収録:2016年2月23日 ミュージックシアター(アムステルダム)


NHK-BS プレミアムシアター 
4月23日(月)【4月22日深夜(日)深夜】午前0時00分~
◇シュツットガルト・バレエ『オネーギン』
◇ハンブルク・バレエ『タチヤーナ』【再放送】

http://www4.nhk.or.jp/premium/


3月18日(日)午後11時~ 毎日放送系列 
「情熱大陸』 
熊谷和徳 

アメリカであらゆるジャンルのダンスの最高峰とされる通称「BESSIE AWARD」の最優秀パフォーマー賞をアジア人として初めて受賞したタップダンサー
http://www.mbs.jp/jounetsu/


3月19日(月曜)22時〜22時50分
NHK総合(NHK G)「イマジン そこに「境界」はない」
大前光市、わたなべちひろ

目が見えない13歳のシンガーわたなべちひろと紅白でも話題となった義足のダンサー大前光市が、エンタの本場アメリカの大舞台に挑戦した日々に密着取材。音楽とダンスの魅力を届けるスペシャルステージを通して、エンターテインメントがボーダーを超えて、人の心を動かす力を届ける。さらに、わたなべさんが憧れてきた「ゆず」とのスペシャルな共演も実現する。
http://www4.nhk.or.jp/P4828/

より以前の記事一覧