最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエのTV番組

2017/08/16

ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校から世界へ 〜二人の少女の物語〜

WOWOWで8月20日に「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校から世界へ 〜二人の少女の物語〜」というドキュメンタリーが放映されます。

http://www.wowow.co.jp/detail/110023/-/01

8/20(日)よる8:30 WOWOWプライム
8/31(木)深夜1:00 WOWOWプライム

これは、やはりWOWOWで2016年に放送した「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 〜くるみ割り人形への110日〜」に登場した、ワガノワ・アカデミーの二人の生徒、ヴェーラ・セゴーワエレオノラ・セヴェナルドのその後を追ったものです。

「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 〜くるみ割り人形への110日〜」は、ワガノワでの熾烈な主役争いをシビアに追った、大変興味深いドキュメンタリーでした。その後の二人の様子が見られるのは、とても楽しみです。

2016年に放送した「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 〜くるみ割り人形への110日〜」では、ロシア・サンクトペテルブルクにあるバレエ学校ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーに通う子どもたちの熾烈な主役争いに迫った。今回は登場した2人の少女にスポットを当て、彼女らのシーンを再編集、さらにその後を追う。

1738年に設立されたワガノワはロシア最古のバレエ学校で、バレエ史に残るダンサーを多数輩出してきた。8年制の学校だが、難関を突破し入学しても、才能を見限られた者は容赦なく退学させられる。ワガノワでは毎年クリスマス公演が開催される。会場はマリインスキー劇場。ヴェーラ・セゴーワは8年生当時、主役の最有力候補だったが本番直前のミニコンサートで失敗し降板。1学年下のエレオノーラ・セヴェナルドに役を譲った苦い経験がある。

そんなヴェーラも2016年夏に卒業。結局憧れのマリインスキーバレエ団ではなくドイツのバイエルン国立バレエ団への入団を選択。ワガノワ出身の芸術監督に誘われての入団だったが、最初から最前列で踊れるほど甘くはなく、群舞の一員として厳しい練習を重ねている。一方、順調に学生生活を送っていたエレオノーラも卒業を控え進路決断の時を迎えた。6月、マリインスキー劇場での卒業公演の舞台に立つエレオノーラ。果たして彼女はどんな未来を選択したのか。(2017年)

ここでは言及されていませんが、エレオノラ・セヴェナルドはロマノフ王朝末期にマリインスキーに君臨したプリマ・バレリーナ・アッソールタ、マチルダ・クシェシンスカヤと血縁関係にあり、またワガノワでも最も優秀な生徒として注目を浴びてきました。そして最近のワガノワ最優秀生徒の例にもれず、マリインスキー・バレエではなく、ボリショイ・バレエに入団を決めたそうです。


この番組のプロデューサーを務めた方のインタビューが毎日新聞のWebに載っていましたが、大変興味深い話が書いてあります。
https://mainichi.jp/articles/20170815/dyo/00m/200/003000c

――番組を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったエピソードは?

 番組で追った少女のうち1人が卒業後、独バイエルン国立バレエ団に進んだのですが、新芸術監督を迎えたばかりでさまざまな論議が巻き起こっている最中だったため、なかなかバレエ団の取材ができなかったのが大変でした。一般的にも、多くの少年少女たちがしのぎを削って役獲得を目指しているところ、特定の人に取材カメラが入ること自体、不穏な空気を巻き起こすようでした。

 もともと役を巡っての熾烈(しれつ)な争いを中心に「スポ根」的なストーリーを想定していたのですが、ライバルや誰かとの比較で……というよりは「自己」を確立し「少女」から大人のプロバレリーナとして羽ばたいていく過程を描けたと思います。


エレオノラ・セヴェナルドを取り上げたロシアの番組(ワガノワ・アカデミーの公式YTチャンネルより)

ペテルブルグのバレリーナ―クシェシンスカヤの回想録ペテルブルグのバレリーナ―クシェシンスカヤの回想録
マチルダ・F・クシェシンスカヤ 関口 紘一

平凡社 2012-01-26
売り上げランキング : 128112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017/08/10

8月12日放送「世界ふしぎ発見!」でパリ・オペラ座、オニール八菜さん出演

8/12(土)夜9時からの「世界ふしぎ発見」(TBS)では、”劇的空間 パリ誕生の秘密”を放送します。

http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_2.html

パリ・オペラ座バレエ団のクラス風景や、本公演に出演するオニール八菜さんへのインタビューなど、見どころ満載です。マチュー・ガニオのインタビューもあるとのことです。

オニール八菜さん、そしてマチュー・ガニオを次に日本で観られるのは、来年1月の「ル・グラン・ガラ」、楽しみですね。

http://www.tbs.co.jp/event/parisopera-gala/

2017/07/07

7月17日(月)(16日(日)深夜)NHK-BSプレミアムシアターの放映

7月17日(月)【7月16日(日)深夜】午前0時50分~のNHK-BSプレミアム、プレミアムシアターの放映はとても興味深いです。

http://www4.nhk.or.jp/premium/

◇ノルウェー国立バレエ『幽霊』

◇ドキュメンタリー『イリ&オットー プラハが生んだ双子のダンサー』
◇イリ&オットー・ブベニチェク振付 バレエ『オルフェウス』

◇ノルウェー国立バレエ「幽霊」
<演 目>
バレエ「幽霊」 (全1幕)
<振 付>シーナ・エスペヨールド
<音 楽>ニルス・ペッター・モルヴェル

<出 演>
オスヴァル/アルヴィング陸軍大尉(オスヴァルの父):アンドレアス・ヘイセ
アルヴィング夫人(オスヴァルの母):カミーラ・スピッツオー
牧師マンデルス:オーレ・ウィリー・ファルクハウゲン
レギーネ(召使):グレーテ・ソフィーエ・ボールンド・ニューバッケン
指物師エングストラン(レギーネの継父):稲尾芳文
ノルウェー国立バレエ団
ノルウェー国立バレエ学校

<演 出>マーリット・モーウム・アウネ

収録:2017年2月20・21日 オスロ・オペラハウス(ノルウェー)

イプセンの「幽霊」が原作。音楽のニルス・ペッター・モルヴェルはノルウェー人のトランペット奏者とのことです。
http://operaen.no/en/Performances/Arkiv/Ibsens-Ghosts/


◇ドキュメンタリー「イリ&オットー プラハが生んだ双子のダンサー」
<出 演>
イリ・ブベニチェク
オットー・ブベニチェク


◇イリ&オットー・ブベニチェク振付 バレエ「オルフェウス」
<演 目>
バレエ「オルフェウス」
<振 付>
イリ・ブベニチェク
オットー・ブベニチェク

<出 演>
イリ・ブベニチェク
オットー・ブベニチェク
アンナ・ヘルマン
ツォンゴール・カッサイ
テレジエ・コヴァロヴァ(チェロ)
アナベレ・デュガス(バイオリン)

<照 明>ヤクプ・スロウプ
<衣 装>ドミニカ・クンツマンノヴァ

収録:2016年9月28日 ニュー・ステージ(プラハ)
http://www.snd.sk/?ballet&predstavenie=orfeus

こちらは「オルフェウス」のドキュメンタリー映像です。(オットー・ブベニチェクが監督)

*****
なお、クラシカ・ジャパンでも、イリ&オットー・ブベニチェク兄弟のガラ公演の放映があります。

バレエ・ブベニチェク2014
http://www.classica-jp.com/feature/201707/03.html

初回放送
7月17日(月・祝) 21:00~22:55

[演目]ル・スフレ・ドゥ・レスプリ~魂のため息~(オルガとマリーに捧げる)
[演目]トッカータ(イローナに捧げる)
[演目]牧神
[演目]ドリアン・グレイの肖像(オットー・ベルティスに捧げる)

2013年1月に東京で行われた「ブベニチェク・ニューイヤー・ガラ」でも上演された作品です。

こちらの映像は、イリ&オットー・ブベニチェク兄弟の公式サイトでDVDを購入することができます。
http://bubenicek.eu/LBB_shop.html

2017/06/25

WOWOW バレエドキュメンタリー特集

WOWOWで、バレエドキュメンタリーが5本放映されます。

ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏 
6/26(月)よる11:00
7/19(水)午前9:00

ロシアが世界に誇る至宝、ボリショイ・バレエ団。これまで秘密のベールに包まれていた同団の舞台裏に初めてカメラが入り、その華麗な世界と、芸術監督セルゲイ・フィーリンの襲撃事件などの内幕に迫ったドキュメンタリー。


シルヴィ・ギエム「BYE」アジュー 
6/27(火)よる11:00
7/19(水)午前10:30

現代バレエ界きっての女王として長年トップに君臨し続けたシルヴィ・ギエムが、スウェーデンの鬼才振付師マッツ・エックと組み、引退を意識しながら生み出した感動的なダンスの小品。


ロパートキナ 孤高の白鳥
6/27(火)よる11:30

世界最高峰の名門バレエ団、マリインスキー・バレエでプリンシパルを務める伝説的バレリーナ、ウリヤーナ・ロパートキナのバレエ人生とその素顔に迫った魅惑のドキュメンタリー。


ダンシング・チャップリン

6/28(水)よる11:30
7/27(木)深夜2:15

C・チャップリンが残した名作の数々を題材にしたバレエ作品「ダンシング・チャップリン」が映画に。周防正行監督が妻・草刈民代の“最後の踊り”を記録したバレエ映画。


Maiko ふたたびの白鳥
6/29(木)よる11:00
7/19(水)午前11:00

ノルウェーの国立バレエ団のプリンシパルとして活躍する日本人ダンサー、西野麻衣子。妊娠、出産、産休を経て現役復帰を目指す、彼女の新たな挑戦を追うドキュメンタリー


それぞれDVDは発売されていますが、すべてクオリティの高いドキュメンタリー(ギエムの「アジュー」はドキュメンタリーというよりは公演映像ですが)なので、ご覧になっていない作品があればぜひおすすめします。


また、少し先になりますが、7月20日には、「パリ・オペラ座バレエ団特集 2012-2014 世界最高峰のバレエを観る」として、5本のパリ・オペラ座バレエ映像がWOWOWで連続放映されます。 

ヌレエフ 「眠れる森の美女」 アバニャート、ガニオ主演
7/20(木)午前9:00

ヌレエフ 「ドン・キホーテ」 ジルベール、パケット主演
7/20(木)午前11:45

ミルピエ+バランシン 「ダフニスとクロエ」 「水晶宮」
7/20(木)午後2:00

ノイマイヤー 「マーラー交響曲第三番」
7/20(木)午後4:00

「ジェローム・ロビンス+アレクセイ・ラトマンスキー」(「ダンシズ・アット・ア・ギャザリング」「プシュケ」) 
7/20(木)よる6:00

こちらはすべてWOWOWライブでの放映です。


さらに、「ロシア名門マリインスキー・バレエの世界」という特集もあります。

「ラ・バヤデール」 テリョーシキナ、シクリャーロフ主演
7/27(木)午後1:15

「ロミオとジュリエット」 ヴィシニョーワ、シクリャーロフ主演
7/27(木)午後3:30

「イワンと仔馬」 ソーモワ、シクリャーロフ主演
7/27(木)よる6:10

「眠れる森の美女」 ソーモワ、シクリャーロフ主演
7/27(木)よる8:15


このほか、

英国ロイヤル・バレエ団「ジゼル」 ヌニェス、ムンタギロフ主演
7/27(木)午前9:00

マリインスキー・バレエ団「青銅の騎士」 テリョーシキナ、シクリャーロフ主演
7/27(木)午前11:00

ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 ~くるみ割り人形への110日~

7/29(土)午前10:00

と、今月、来月は非常にバレエ、ダンス関連の放映が充実しているWOWOWです。パリ・オペラ座バレエの映像はすべてDVDにもなっていないものですので、オペラ座ファンは必見です。

2017/06/14

6/19(月)【6/18(日)深夜】NHKプレミアムシアターでパリ・オペラ座「夏の夜の夢」、NYCB in パリ「バランシン・ガラ」

今週末となりましたが、NHKプレミアムシアターでパリ・オペラ座バレエ「夏の夜の夢」、NYCB in パリ「バランシン・ガラ」が放映されます。

パリ・オペラ座バレエのバランシン振付「真夏の夜の夢」は、クリスチャン・ラクロワがデザインした華麗な衣装も話題になりました。オベロン役は新エトワールのユーゴ・マルシャンです。

http://www4.nhk.or.jp/premium/


◇パリ・オペラ座バレエ「夏の夜の夢」
(0:02:30~1:50:00)
<演 目>
バレエ「夏の夜の夢」(全2幕)
<振 付>ジョージ・バランシン
<音 楽>フェリックス・メンデルスゾーン
<原 作>シェークスピア「夏の夜の夢」

<出 演>
ティターニア(妖精の女王):エレオノーラ・アバニャート
オベロン(妖精の王):ユーゴ・マルシャン
妖精パック:エマニュエル・ティボー
ハーミア:レティシア・プジョル
ライサンダー:アレッシオ・カルボーネ
ヘレナ:ファニー・ゴース
ディミトリアス:オードリック・ベザール
ヒッポリータ:アリス・ルナヴァン
シーシアス:フロリアン・マニュネ
ボトム:フランチェスコ・ヴァンタッジオ
ティターニアの騎士:ステファン・ビュリョン
パピヨン:ミュリエル・ズスペルギー
ディヴェルティスマン:パク・セウン、カール・パケット
パリ・オペラ座バレエ団
パリ・オペラ座バレエ学校

<合 唱>パリ・オペラ座合唱団
<合唱指揮>ホセ・ルイス・バッソ
<管弦楽>パリ・オペラ座管弦楽団
<指 揮>サイモン・ヒューイット

<舞台美術・衣装>クリスティアン・ラクロワ
<照 明>ジェニファー・ティプトン

収録:2017年3月18・23日 パリ・オペラ座 バスチーユ(フランス)



◇ニューヨーク・シティ・バレエ in パリ「バランシン・ガラ」
(1:51:00~3:33:30)
<演 目>
「ワルプルギスの夜」
振付:バランシン
音楽:グノー
出演:サラ・マーンズ
アドリアン・ダンチヒ・ウォリング
ローレン・ラヴェット
ニューヨーク・シティ・バレエ団

「ソナチネ」
振付:バランシン
音楽:ラヴェル
出演:ミーガン・フェアチャイルド
ホアキン・デ・ルス
ピアノ:エレーン・シェルトン

「ラ・ヴァルス」
振付:バランシン
音楽:ラヴェル
出演:スターリング・ヒルティン
ジャレッド・アングル
アマル・ラマサール
ニューヨーク・シティ・バレエ団

「シンフォニー・イン・C」
振付:バランシン
音楽:ビゼー
出演:タイラー・ペック、アンドリュー・ヴィエット(第1楽章)
テレサ・ライクレン、タイラー・アングル(第2楽章)
アルストン・マクギル、アンソニー・ハクスリー(第3楽章)
ブリタニー・ポラック、テイラー・スタンリー(第4楽章)
ニューヨーク・シティ・バレエ団

<管弦楽>オーケストラ・プロメテ
<指 揮>ダニエル・キャップス

<舞台美術>ジーン・ローゼンタール(ラ・ヴァルス)
<衣 装>カリンスカ
マーク・ハッペル(シンフォニー・イン・C)
<照 明>マーク・スタンリー
ロナルド・ベイツ(ラ・ヴァルス)

収録:2016年7月12・16日 シャトレ座(パリ)


ニューヨーク・シティ・バレエ・イン・パリ[Blu-ray Disc]ニューヨーク・シティ・バレエ・イン・パリ[Blu-ray Disc]
ニューヨーク・シティ・バレエ

Bel Air Classiques 2017-05-26
売り上げランキング : 36741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017/05/29

ローザンヌ国際バレエコンクール、6/3に放映

恒例のローザンヌ国際バレエコンクールのファイナルが、6月3日土曜日、午後3時よりNHKのEテレにて放映されます。

今年のスタジオゲストは元バーミンガムロイヤルバレエのファーストソリスト、山本康介さんです。


http://www.nhk.or.jp/hensei/sp/program/article/?area=001&date=2017-06-03&ch=31&eid=19630&f=3022http://www.nhk.or.jp/hensei/sp/program/article/?area=001&date=2017-06-03&ch=31&eid=19630&f=3022

2017/05/02

NHK-BSプレミアム「プレミアムシアター」で5/21ロイヤル・バレエ『アナスタシア』 パリ・オペラ座バレエ『レイン』放映

5月22日(月)【5月21日(日)深夜】午前0時20分~NHK-BSプレミアム「プレミアムシアター」で

英国ロイヤル・バレエ『アナスタシア』
パリ・オペラ座バレエ『レイン』 (再放送)

があります。

http://www4.nhk.or.jp/premium/

◇英国ロイヤル・バレエ「アナスタシア」
<演 目>
バレエ「アナスタシア」(全3幕)
振付:ケネス・マクミラン
音楽:チャイコフスキー、ボフスラフ・マルティヌー

<出 演>
皇帝ニコライ2世:クリストファー・サウンダース
皇后アレクサンドラ:クリスティーナ・アレスティス
皇女アナスタシア/アナ・アンダーソン:ナターリア・オシポワ
ラスプーチン:ティアゴ・ソアレス
マチルダ・クシェシンスカヤ:マリアネラ・ヌニェス
クシェシンスカヤのパートナー:フェデリコ・ボネッリ
アナの夫:エドワード・ワトソン ほか

<舞台美術>ボブ・クロウリー
<照 明>ジョン・B・リード

<管弦楽>コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
<指 揮>サイモン・ヒューイット

収録:2016年11月2日 コヴェントガーデン王立歌劇場(ロンドン)


◇パリ・オペラ座バレエ「レイン」

<演 目>
「レイン」
振付:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
音楽:「18人の音楽家のための音楽」 スティーブ・ライヒ 作曲

<出 演>
ヴァレンティーヌ・コラサンテ
ミュリエル・ズスペルギー
クリステル・グラニエ
パク・セウン
レオノール・ボーラック
アメリ・ラムルー
ローラ・バッハマン
ヴァンサン・シャイエ
ニコラ・ポール
ダニエル・ストークス

<歌>シナジー・ボーカルズ
<アンサンブル>アンサンブル・イクトゥス
<指 揮>ジョルジュ・エリー・オクトール

収録:2014年10月18日、21日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮(フランス)


『アナスタシア』は英国ロイヤル・オペラハウスシネマシーズンで映画館上映されたので、ご覧になった方もいると思います。3幕でのナタリア・オシポワの鮮烈な演技がとても印象的でした。

Anastasia_edward_watson_as_officer_

(試写で観た時の感想)
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2017/01/post-8843.html


なお、同じ5月21日(日)21時からEテレ「クラシック音楽館」にて、

NHKバレエの饗宴2017の放映もあります。

こちらも、新国立劇場バレエ団の「テーマとヴァリエーション」、貞松浜田バレエ団の「死の島」(森優貴振付)など素晴らしいパフォーマンスが行われた模様の収録なので、見逃せません。

2017/03/28

マリインスキー・バレエ「ジゼル」他が4/24プレミアムシアターで放映

ディアナ・ヴィシニョーワとマチュー・ガニオが共演したマリインスキー・バレエ『ジゼル』と、ロベルト・ボッレが出演したミラノ・スカラ座の『恋人たちの庭』が4月24日(月)のNHKーBSプレミアム、プレミアムシアターで放映されます。

4月24日(月)【4月23日(日)深夜】午前0時00分~

NHKBSプレミアム プレミアムシアター
http://www4.nhk.or.jp/premium/

マリインスキー・バレエ公演『ジゼル』

ジゼル:ディアナ・ヴィシニョーワ
アルブレヒト:マチュー・ガニオ(パリ・オペラ座バレエ団)
ベルタ(ジゼルの母):ワレリア・カルピーナ
バチルド:エレナ・バジェノワ
ハンス:イーゴリ・コルプ
剣士:アレクセイ・ネドヴィガ
公爵:ウラディーミル・ポノマレフ
ミルタ:エカテリーナ・イワンニコワ
マリインスキー劇場バレエ団


ミラノ・スカラ座バレエ公演『恋人たちの庭』
振付:マッシミリアーノ・ヴォルピーニ
音楽:モーツァルト

<出 演>
女:ニコレッタ・マンニ
男:ロベルト・ボッレ
夜の女王:マルタ・ロマーニャ
ドン・ジョヴァンニ:クラウディオ・コヴィエッロ
レポレッロ:クリスティアン・ファジェッティ
アルマヴィーヴァ伯爵:ミック・ゼーニ
伯爵夫人:エマヌエラ・モンタナーリ
フィガロ:ワルテル・マダウ
スザンナ:アントネッラ・アルバーノ
グリエルモ:ヴァレリオ・ルナデイ
フェランド:アンジェロ・グレコ
フィオルディリージ:ヴィットリア・ヴァレリオ
ドラベルラ:マルタ・ジェラーニ
ミラノ・スカラ座バレエ団
<舞台美術・衣装>エリカ・カレッタ
<照 明>マルコ・フィリベック
収録:2016年4月9日 ミラノ・スカラ座(イタリア)

『恋人たちの庭』 IL GIARDINO DEGLI AMANTI (THE LOVERS' GARDEN)

http://www.teatroallascala.org/en/season/2015-2016/ballett/the-lovers-garden.html

2017/03/12

WOWOW世界三大バレエ団特集

すでにご存知の方も多いと思いますが、3月22日に、WOWOWで世界三大バレエ団特集の放映があります。

http://www.wowow.co.jp/pg_info/wk_new/012201.php

英国ロイヤル・バレエ団「ジゼル」

WOWOW ライブ字幕版初
3/22(水)よる9:00
ロイヤル・バレエ団によるロマンティックバレエの不朽の名作。愛する男に裏切られ、自死して亡霊となっても、なお男への真心を貫こうとする村娘ジゼルの恋を描く。

指揮:バリー・ワーズワース
ジゼル/マリアネラ・ヌニェス
アルブレヒト/ワディム・ムンタギロフ
ヒラリオン(森番)/ベネット・ガートサイド
ウィルフリード(アルブレヒトの従者)/ヨハネス・ステパネク
ベルタ(ジゼルの母)/エリザベス・マクゴリアン
クールラント公/ギャリー・エイヴィス
バチルド(クールラント公の令嬢)/クリスティーナ・アレスティス
狩りのリーダー/ジョナサン・ハウエルズ
パ・ド・シス/崔由姫、アレクサンダー・キャンベル、フランチェスカ・ヘイワード、アクリ瑠嘉、ヤスミン・ナグディ、マルセリーノ・サンベ
ミルタ(ウィリの女王)/イツァール・メンディザバル
モイナ(ミルタのお付き)/オリヴィア・カウリー
ズルマ(ミルタのお付き)/ベアトリス・スティックス=ブルネル

収録日・場所
2016年4月6日/イギリス・ロンドン ロイヤル・オペラ・ハウス


パリ・オペラ座バレエ団 ケースマイケル振付短篇集 弦楽四重奏曲第4番/大フーガ/浄夜

WOWOW ライブ字幕版初
3/22(水)よる11:00
ベルギーの振付師、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルの初期作品を、パリ・オペラ座のダンサーたちが踊る。バルトーク「弦楽四重奏曲第4番」他、計3作品を放送。

セウン・パク
ジュリエット・イレール
シャーロット・ランソン
ローラ・バックマン
アリス・ルナヴァン
ステファン・ビュヨン
カール・パケット
ヴェロ・ペーン
エミリー・コゼット
マリ=アニエス・ジロー
ステファン・ビュヨン
カール・パケット

収録日・場所
2015年10月/フランス・パリ オペラ・ガルニエ


マリインスキー・バレエ団「青銅の騎士」

WOWOW ライブ字幕版初
3/22(水)深夜0:45
伝統と最高の技能を誇る世界3大バレエ団の一つ、ロシアのマリインスキー・バレエ団。プーシキンの長編叙事詩を原作とした「青銅の騎士」を放送する。

出演
エフゲニー/ウラジーミル・シクリャローフ
パラーシャ/ヴィクトリア・テリョーシキナ
ピョートル皇帝/ダニーラ・コルスンツェフ
舞踏会の女王/エカテリーナ・コンダウーロワ
イブラヒム/イワン・オスコルビン
メンシコフ/イスロム・バイムラードフ
道化バラキレフ/グレゴリー・ポポフ
コロンビーヌ/ソフィア・イワーノワ=スコブリコワ
ハーレクイン/ワシーリー・トカチェンコ

スタッフ
音楽監督・指揮/ワレリー・ゲルギエフ
音楽/レインゴリト・グリエール
叙事詩/アレクサンドル・プーシキン
振付/ロスチスラフ・ザハロフ
振付/ユーリ・スメカロフ
収録日・場所
2016年7月/ロシア・サンクトペテルブルク マリインスキー第2劇場


いずれも日本初放送です。ロイヤル・バレエ「ジゼル」はDVD/Blu-Rayが発売されましたが、他の2作品はまだ発売されていません。

マリインスキー・バレエの「青銅の騎士」は、昨年マリインスキー国際フェスティバルで上演されたのを観ました。日本で観る機会は今度まずないでしょうが、大変面白い作品でした。
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2016/04/423-02a9.html


アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルといえば、彼女が率いるローザスの来日公演が5月にあります。
https://www.geigeki.jp/performance/theater141/
「ファーズ―Fase」<2017年5月2日(火)~3日(水・祝)> 「時の渦-Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」<2017年5月5日(金・祝)~7日(日)>
東京芸術劇場


また、再放送ですが、WOWOWではパリ・オペラ座バレエ特集もあります。

パリ・オペラ座バレエ団特集 2012−2014
http://www.wowow.co.jp/detail/106458

ヌレエフ 眠れる森の美女
4/14(金)午後4:00  WOWOW ライブ

ヌレエフ ドン・キホーテ
4/14(金)よる6:45  WOWOW ライブ

ミルピエ+バランシンン ダフニスとクロエ/水晶宮
4/14(金) 21:00-23:00 WOWOW ライブ

ノイマイヤー マーラー交響曲第三番
4/14(金) 23:00-25:15 WOWOW ライブ

ジェローム・ロビンス「ダンシズ・アット・ア・ギャザリング」+アレクセイ・ラトマンスキー「プシュケー」
4/14(金)  25:15-27:30 WOWOW ライブ 

現在パリ・オペラ座バレエの来日公演で踊られているミルピエの「ダフニスとクロエ」も映像を観ることができますね。

英国ロイヤル・バレエ《ジゼル》[DVD]英国ロイヤル・バレエ《ジゼル》[DVD]

Opus Arte 2017-03-24
売り上げランキング : 10855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2017/03/03

K-Ballet 「ピーターラビットと仲間たち」特別番組3/5に放映、新作情報など

K-Ballet Companyは、3月15日(水)~3月20日(月・祝)に『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』&『レ・パティヌール』の公演を行います。

http://www.k-ballet.co.jp/performances/201703peterrabbit

フレデリック・アシュトンの名作2作品の上演です。特に『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』は、絵本の世界からそのまま抜け出したかのような精巧な着ぐるみをまとったダンサーたちが 動物の特徴を巧みにとらえたコミカルな動きや華麗なテクニックを見せてくれます。

また、このプログラムに、新作となる小作品の追加上演が決定しています。

http://www.k-ballet.co.jp/news/view/1838

『Fruits de la passion~パッションフルーツ』という題名で、振付:渡辺レイ/熊川哲也、音楽はモーリス・ラヴェル「道化師の朝の歌」

渡辺レイさんは、ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)、クルベリ・バレエなど海外で活躍し、最近では“Opto dance project”を結成して、中村恩恵作品や小㞍健太作品など様々な新作に出演しつつ、後進の育成も行っています。こちらの作品は、日程によっては渡辺さんと熊川さんの共演も見られるとのことで、大変興味深いです。


このピーターラビット™&新作バレエの舞台裏が見られる番組が放映されます。
http://www.k-ballet.co.jp/news/view/1839

3月5日(日) 特別番組「熊川哲也 英国バレエの遺産を巡る ピーターラビット™&新作バレエの舞台裏」放送決定!

【放送日時】3月5日(日) 14:30~
【放送局】BS-TBS

なお、K-Ballet CompanyはオフィシャルTwitterアカウントを開設しました。
https://twitter.com/kballetofficial

より以前の記事一覧