BlogPeople


2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエのTV番組

2017/02/18

2/20NHKプレミアムシアター「黄金時代」「マルコ・スパーダ」放映/3月は新国立劇場バレエ団「コッペリア」

NHK-BSプレミアムのプレミアムシアター、2月20日(月)【2月19日(日)深夜】午前0時00分~3時55分に、

ボリショイ・バレエ公演
『黄金時代』

ボリショイ・バレエ公演
『マルコ・スパーダ ~あるいは盗賊の娘~』

この二つの作品の放映があります。

http://www4.nhk.or.jp/premium/

『マルコ・スパーダ ~あるいは盗賊の娘~』はDVDになっていますが、『黄金時代』は、ボリショイ・バレエの映画館上映演目ではあったものの、日本では上映されておらず、またDVDにもなっていないので貴重な上演です。

まだ噂の段階ですが、ボリショイ・バレエの現芸術監督ワジーエフが、グリゴローヴィッチ作品をレパートリーから外すことを考えているという話があるので、今後見られなくなってしまう可能性もあります。そういうわけで必見ですね。

マルコ・スパーダは、デヴィッド・ホールバーグ主演。珍しく彼がコミカルな一面も見せる作品で、踊る場面もたくさんあり楽しめる作品です。


ボリショイ・バレエ公演「黄金時代」(0:02:00~1:47:00)
<演 目>
バレエ「黄金時代」(全2幕)
台 本:ユーリ・グリゴローヴィチ
イサーク・グリークマン
振 付:ユーリ・グリゴローヴィチ
音 楽:ドミートリ・ショスタコーヴィチ

<出 演>
リタ(若い踊り子):ニーナ・カプツォーワ
ボリス(若い漁師):ルスラン・スクヴォルツォフ
ヤーシュカ(ギャングのリーダー):ミハイル・ロブーヒン
リューシカ(ギャングの仲間):エカテリーナ・クリサノワ
ボリショイ劇場バレエ団

<舞台美術/衣装>シモン・ヴィルサラーゼ
<照 明>ミハイル・ソコロフ

<管弦楽>ボリショイ劇場管弦楽団
<指 揮>パヴェル・クリニチェフ

収録:2016年10月13日、16日 ボリショイ劇場(モスクワ)


ボリショイ・バレエ公演
「マルコ・スパーダ ~あるいは盗賊の娘~」
(1:48:30~3:55:00)
<演 目>
バレエ「マルコ・スパーダ ~あるいは盗賊の娘~」(全3幕)
原 作:ウジェーヌ・スクリーブ
振 付:ピエール・ラコット
音 楽:ダニエル・オーベール

<出 演>
マルコ・スパーダ(盗賊):デーヴィッド・ホールバーグ
アンジェラ(マルコの娘):エフゲーニャ・オブラスツォワ
サンピエトリ(侯爵の娘):オリガ・スミルノワ
フェデリッチ公爵(サンピエトリの婚約者):セミョーン・チュージン
ペピネッリ伯爵(竜騎兵隊長):イーゴリ・ツヴィルコ
ボロメオ(修道士):アレクセイ・ロパレーヴィチ
オサリオ侯爵:アンドレイ・シトニコフ
花嫁:アナスタシア・スタシケーヴィチ
花婿:ヴァチェスラフ・ロパーティン
ボリショイ劇場バレエ団

<管弦楽>ボリショイ劇場管弦楽団
<指 揮>アレクセイ・ボゴラード

<演 出/舞台美術/衣 装>ピエール・ラコット
<照 明>ダミール・イスマギーロフ

収録:2014年3月28日、30日 ボリショイ劇場(モスクワ)


********
なお、来月のNHK-BSプレミアムの番組表によると、

3月20日(月) (3月21日深夜)0時20分より、

新国立劇場バレエ団「コッペリア」

演目: バレエ「コッペリア」
音 楽: レオ・ドリーブ
振付: ローラン・プティ
出演:小野絢子、
    ルイジ・ボニーノ ほか
    新国立劇場バレエ団
管弦楽:東京交響楽団
指揮:ポール・マーフィー


チューリヒ歌劇場バレエ「レクイエム」
演目:バレエ「レクイエム」(世界初演)
音楽: 「レクイエム」(ジュゼッペ・ヴェルディ)
振付:クリスチャン・シュプック
出演:チューリヒ・バレエ団 ほか
合唱:チューリヒ歌劇場合唱団
管弦楽:フィルハーモニア・チューリヒ
    (旧チューリヒ歌劇場管弦楽団)
指揮:ファビオ・ルイージ


2月17日から新国立劇場で上演される「コッペリア」の収録のようなので、この公演は観に行きますがとても楽しみです。

Marco Spada Or the Bandits Daughter [Blu-ray] [Import]
Marco Spada Or the Bandits Daughter [Blu-ray] [Import]Bolshoi Ballet

Bel Air Classiques 2014-03-31
売り上げランキング : 94926


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017/02/16

2月17日(金)のNHKの「あさイチ」に吉田都さんが出演

2月17日(金)のNHKの「あさイチ」に吉田都さんが出演されるとのことです。

NHK総合 午前8時15分~9時54分

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170217/1.html

世界最高峰の英国ロイヤル・バレエ団で、15年に渡りプリンシパル(主役を踊る最高位のダンサー)を務めた吉田都さん。並外れた技術と繊細で情感あふれるバレエは、“ロイヤルの至宝”と呼ばれました。
吉田さんは7年前にロイヤル・バレエ団を退団して活動拠点を日本に移しましたが、50代となった今も第一線で踊り続けています。その日常はイギリスにいた頃とほとんど変わりません。午前中は若者たちに混じりステップなどの基礎レッスン。午後は筋力強化のためのトレーニングを行っています。そうした日常の様子をご紹介しながら、踊り続ける今の思いを伺います。
吉田さんがバレエを始めたのは9歳。17歳のときに「ローザンヌ国際バレエコンクール」で入賞し、英国ロイヤル・バレエ学校に留学します。しかしイギリス人ダンサーとの体型や顔の骨格の違いに、鏡を見ることが出来ないほどの劣等感にさいなまれます。さらに、言葉の壁や合わない食事。そしてダンサー同志の激しい競争など、『日々が戦いだった』と語ります。そんな吉田さんを異国の地で元気づけ、癒やしてくれた“もの”とは?
現在、鍛練を重ねてきた吉田さんと言えども、40歳を超えた頃から体の老化を実感し、変化する自分と向きあいながら、バレエのための体作りを続けています。そんな吉田さんが実践する、日常生活にも役立つ簡単な運動や、バレエで培った身体のラインが美しく見える立ち方や歩き方など、女性の皆さん必見!エレガントな立ち居振る舞いを教えていただきます。


吉田都さんが、踊り続ける理由について英語で語っている動画(30分ほどあります)


すべての女性におすすめできる、都さんの素敵な自伝的エッセイ

バレリーナ 踊り続ける理由バレリーナ 踊り続ける理由
吉田 都

河出書房新社 2016-11-25
売り上げランキング : 5728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017/01/30

1/30 旅するドイツ語(ウィーン国立バレエ学校)ほかテレビ放映情報

1月30日(月)午後11:25~11:50 NHK Eテレ「旅するドイツ語」にウィーン国立バレエ学校のピアニスト、渡辺 泰人さんが紹介されるとのことです。(ウィーン国立バレエ、芝本梨花子さんのTwitterより)

「ウィーンで音楽を奏でよう!」というテーマで、ウィーン国立バレエ学校最終学年のクラスを渡辺さんが担当されているとのことで、当時バレエ学校に在籍中だった芝本梨花子さんも少し出演しているそうです。
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/german/tv/

ウィーン国立バレエ「ライモンダ」の華麗な映像。入団一年目でソリストに抜擢された芝本さんも少し映っています。


また、2月5日(日)午前11:00~11:30 
牧阿佐美さんががBSジャパン「松平健・高将の名言」のゲストとして出演します。
http://www.lightacorner.com/ambt/2017/01/tvbs.php

番組のホスト松平健さんが今回お迎えするのは、舞踊家の牧阿佐美さん。
現在、橘バレエ学校、牧阿佐美バレエ団、新国立劇場研修所で後進の指導にあたっている牧さんが語るバレエとは?プリマの条件とは?
バレエファンならずとも興味深いトーク。
波乱万丈な人生を歩んで来た牧さんが語る人生の面白さや生きがいなどなど必見の30分です。

松平健・高将の名言
http://www.bs-j.co.jp/official/meigen/

2017/01/21

1/25 NHK Eテレ「旅するフランス語」にパリ・オペラ座が登場

NHK Eテレ「旅するフランス語」1月25日放送は、「大人のたしなみ1」。

https://www2.nhk.or.jp/gogaku/french/tv/

常盤貴子さんがオペラバスティーユを訪問し、舞台裏を見学。指揮者フィリップ・ジョルダン氏のインタビューもあるとのことです。

1月25日(水曜/火曜深夜) 午前0:00~0:25
再放送:翌週 (1月30日)月曜日 午前6:00~6:25

2017/01/18

1/20(金)NHK-BS1 ぼくらはマンガで強くなった「夢をカタチに!究極の肉体表現“バレエ”」

NHK-BS1の「ぼくらはマンガで強くなった」の1月20日(金)の放送では、山岸凉子のバレエ漫画の金字塔「アラベスク」を通してバレエの魅力に迫るそうです。

http://www4.nhk.or.jp/boku-man/x/2017-01-20/11/31133/2556008/
(予告編映像あり)

今回のテーマは「バレエ」。伝説的マンガ「アラベスク」を通じて、その魅力に迫る!

言葉を発せず肉体だけで感情を表現し、物語を紡ぐバレエ。わが国では、少女マンガの一大テーマとして、多くの作品が描かれてきた。最大のヒット作が、1971年に連載が始まった「アラベスク」だ。バレエの精緻な描写と、人間模様を描き、プロのダンサーも魅了してきた。名作はいかに描かれたのか!?作者・山岸凉子の直筆手紙を交え、ひも解く。また、トップダンサーや、最新のバレエ教室のレッスンにも密着、バレエの神髄に迫る

【出演】上野水香(東京バレエ団)、須田亜香里(SKE48)、槇村さとる(漫画家)、横里隆(ダ・ヴィンチ元編集長)、斎藤友佳理(東京バレエ団芸術監督)、根岸美凪(2016年ローザンヌ国際コンクール出場)

1月20日(金)午後11時00分~ 午後11時50分 NHK-BS1

NHK-BS1「ぼくらはマンガで強くなった」で上野水香らが山岸凉子作「アラベスク」を通してバレエの魅力を紹介

http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2017/01/18_02.php

アラベスク 完全版 第1部1 (MFコミックス)アラベスク 完全版 第1部1 (MFコミックス)
山岸凉子

メディアファクトリー 2010-03-23
売り上げランキング : 87243

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2016/12/13

NHKで12/17 冨田勲×初音ミク「ドクターコッペリウス」のドキュメンタリー番組放映

11月に、冨田勲×初音ミク「ドクターコッペリウス」がBunkamuraオーチャードホールで上演されました。

今年5月に亡くなった世界的な音楽家の冨田勲さんが、亡くなる直前まで構想し情熱を注ぎこんできたプロジェクト、ボーカロイドの初音ミクとの「ドクターコッペリウス」。宇宙へ飛び立つことを夢見る主人公の科学者「コッペリウス」とその夢をかなえるべく異界からやってきた「初音ミク」が織りなす時空を超えた物語です。

このコンサート、私も観に行きました。宮沢賢治に構想を得た合唱付きの壮大な「イーハトーヴ交響曲」も美しかったですし(ここにも初音ミクの姿あり)、ダブミックスの巨匠エイドリアン・シャーウッドによる「惑星」をダンサブルにリミックスしてオーチャードホールが巨大なクラブとなるという企画も楽しかったです。

宇宙に翔ける夢、バレエへの夢、テクノロジーが融合した「ドクターコッペリウス」。白タイツ姿だけどボサボサ髪の風間無限さんが演じる生身のドクターコッペリウスと、初音ミクの3D映像が踊るという初の試みでした。立体的な映像と生身のダンサーが見事に共演したわけです。「コッペリア」をアレンジした曲でチュチュ姿の初音ミクがパ・ド・ドゥを踊る姿はとても愛らしかったですが、風間さんが、映像の初音ミクをリフトするという、タイミングを合わせるのが非常に難しい幻想的な趣向までも盛り込まれていました。佐々木三夏バレエアカデミーの生徒さんたちも参加してのクライマックスは夢に満ち溢れていてファンタジックでした。

フィナーレには冨田勲さんの遺影も映し出されていましたが、きっと彼もこの公演の成功を喜ばれていたことでしょう。84歳にして、このような最先端の作品を作り出そうとしたしなやかな感性と情熱は、多くのものを後世の人々に残してくれたと思います。

Resize0906
写真:白石理

この「ドクターコッペリウス」の制作の様子、初音ミクの踊りのモーションキャプチャー収録は私も以前取材させていただき、記事にしました。
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2016/09/post-677b.html


そして「ドクターコッペリウス」についてのドキュメンタリー番組が、
12月17日(土)NHK総合、午後5時30分~ 午後6時00分に放映されます。

NEXT 未来のために「亡き師にささぐレクイエム~冨田勲 ラストコンサート~」
http://www4.nhk.or.jp/next-mirai/x/2016-12-17/21/10673/2075075/

今年5月、84歳で亡くなった音楽家・冨田勲。死の直前まで構想していたコンサートを実現するため、遺志を継ぐ若き仲間たちが奔走する。師の人生をだどる日々を見つめる。

今年5月、84歳で亡くなった世界的な音楽家・冨田勲。彼が死の直前まで構想を練っていたコンサートがあった。バーチャルアイドル・初音ミクがオーケストラをバックに、生身のバレエダンサーと歌い踊る、前代未聞のコンサート。遺志を継いでコンサートの実現に向けて立ち上がったのは、冨田を慕う若き仲間たち。いったい冨田は何を伝えようとしたのか。師の人生と向きあう日々を見つめる。<

世界のTOMITA 遺作への思い
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_1116.html?utm_int=news_contents_


なお、今回の公演が好評につき、「ドクター・コッペリウス」は2017年4月、東京・すみだトリフォニーホールにて、新日本フィルハーモニー交響楽団を携えての再演が決定しています。


2016/11/01

NHK-BSプレミアムで11/21ロイヤル・バレエ「フランケンシュタイン」、12/26パリ・オペラ座「イオランタ」「くるみ割り人形」放映

ここでお知らせをし忘れていたのですが、11月21日(20日(日曜)深夜)に、NHK-BSプレミアムにて、話題となったリアム・スカーレット振付のロイヤル・バレエ「フランケンシュタイン」が放映されます。

同時に放映されるロイヤル・フランダース・バレエ公演『ラヴェル』では、シディ・ラルビ・シェルカウイの「展覧会の絵」も含まれており、大変興味深いところです。

また、12月26日(25日(日)深夜)には、同じくNHK-BSプレミアムにて、パリ・オペラ座の「イオランタ」と「くるみ割り人形」が放映されます。「くるみ割り人形」は、ヌレエフ版ではなく、エドゥアール・ロック、シディ・ラルビ・シェルカウイ、アーサー・ピタという3人の振付家による新作です。

http://www4.nhk.or.jp/premium/

11月21日(月)【11月20日(日)深夜】午前0時00分~

◇英国ロイヤル・バレエ公演『フランケンシュタイン』【5.1サラウンド】

振 付:リアム・スカーレット
音 楽:ローウェル・リーバーマン

<出 演>
ヴィクター・フランケンシュタイン:フェデリコ・ボネッリ
エリザベス・ラヴェンツァ:ラウラ・モレーラ
博士:トーマス・ホワイトヘッド
怪物:スティーヴン・マックレー ほか

英国ロイヤル・バレエ団

<管弦楽>コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
<指 揮>コーエン・ケッセルス

収録:2016年5月18日 コヴェントガーデン王立歌劇場(イギリス)


◇英国ロイヤル・バレエ公演『スケートをする人々』

<演 目>
バレエ「スケートをする人々」
振 付:フレデリック・アシュトン
音 楽:ジャコモ・マイヤベーア
(歌劇『予言者』から)
編 曲:コンスタント・ランバート

<出 演>
ブルー・ボーイ:スティーヴン・マックレー
ブルー・ガール:サマンサ・レイン
高田 茜
ホワイト・カップル:サラ・ラム
ルパート・ペネファーザー
2人の少女:フランチェスカ・フィルピ
サイアン・マーフィー

英国ロイヤル・バレエ団

<美 術/衣 装>ウィリアム・チャペル
<照 明>ジョン・B・リード

<管弦楽>ロイヤル・バレエ・シンフォニア
<指 揮>ポール・マーフィー

収録:2010年12月20、23日 コヴェントガーデン王立歌劇場(イギリス)


◇ロイヤル・フランダース・バレエ公演『ラヴェル』【5.1サラウンド】

<演 目>
バレエ「展覧会」
振 付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
音 楽:バレエ音楽「展覧会の絵」
ムソルグスキー/ラヴェル

バレエ「マ・メール・ロワ」
振 付:イエルーン・フェアブルッゲン
音 楽:バレエ音楽「マ・メール・ロワ」
ラヴェル

<出 演>
(バレエ「マ・メール・ロワ」から)
王妃:ナンシー・オスバルデストン
王:アレグザンダー・バートン
アルマ:ドリュー・ジャコビー ほか

ロイヤル・フランダース・バレエ団

<舞台美術/衣 装>ティム・ヴァン・スティーンバーゲン
<照 明>ファビアナ・ピッチョーリ

<管弦楽>フランダース・オペラ管弦楽団
<指 揮>ヤニス・プスプリカス

収録:2016年6月3、4日 フランドル歌劇場(ベルギー アントワープ)



*********
12月26日(月)0:00~NHK-BSプレミアム
パリ・オペラ座公演 
歌劇「イオランタ」、バレエ「くるみ割り人形」

歌劇「イオランタ」(チャイコフスキー)
演出・舞台美術:ディミトリー・チェルニアコフ
出演:ソニア・ヨンシェーヴァ

バレエ「くるみ割り人形」
振付:エドゥアール・ロック、シディ・ラルビ・シェルカウイ、アーサー・ピタ
出演: マリオン・バルボー、
    ステファン・ブリヨン、
    パリ・オペラ座バレエ団 ほか
合唱:パリ・オペラ座合唱団
管弦楽:パリ・オペラ座管弦楽団


2016/10/08

10/10に大前光市さんの特集番組3本放映

リオ・デ・ジャネイロ パラリンピック閉会式で踊った義足のダンサー、大前光市さんの特集番組が10月10日(体育の日)に3本放映されます。

大前光市さんのブログより
http://ameblo.jp/shinka0927/entry-12206670120.html


東京2020 12時間スペシャル
→2020「義足ダンサーの挑戦」

10月10日(月)15:35~放送予定 (NHK総合)
https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=308-20161010-21-01439



ハートネットTV「義足のダンサー・リオパラリンピックの大舞台に挑む」

10月10日(月)20:00放送 (NHK Eテレ)
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201610102000
再放送:2016年10月17日(月曜)


ハートネットTV・選 
ブレイクスルー38
唯一無二になる~ダンサー大前光市
(再放送)

10月10日(月)23:20放送(NHK総合)

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/summary/program/?id=143


「ブレイクスルー File.38 “唯一無二”になる ―ダンサー・大前光市」は何回も再放送されていますが、素晴らしい番組なので、未見の方はぜひ観ていただきたいです。この苦難があって、リオ・パラリンピックでの華麗な大舞台が実現したと思うと感慨深いものがあります。

2016/09/29

熊川哲也Kバレエ カンパニー『シンデレラ』『ラ・バヤデール』特別番組 10/2 放映

熊川哲也Kバレエ カンパニー『シンデレラ』『ラ・バヤデール』特別番組の放送が決定しました。

『この秋あなたはバレエに恋をする ~熊川哲也の魔法にかかった妖精たち』

 10月2日(日) 13:00~ BS-TBS

■ 世界に誇るバレエ界のカリスマ熊川哲也の2大傑作「シンデレラ」&「ラ・バヤデール」の製作現場に密着!
■ バレエ王子宮尾俊太郎がテレビドラマに登場!
■ 世界のプリマ中村祥子の華麗なる活躍!

http://www.bunkamura.co.jp/topics/orchard/2016/09/k_1.html

『シンデレラ』
http://www.k-ballet.co.jp/performances/2016cinderella

日程
2016年10月26日(水)~10月30日(日)Bunkamuraオーチャードホール
11月9日(水)18:30 愛知県芸術劇場大ホール

問合せ先
東京:チケットスペース 03-3234-9999
名古屋:CBCテレビ事業部 052-241-8118

『ラ・バヤデール』
http://www.k-ballet.co.jp/performances/2016-labayadere

会場:東京文化会館
日程
2016年11月18日(金)~11月20日(日)
チケット料金
S席¥14,000 A席¥10,000 B席¥8,000 C席6,000 
問合せ先
チケットスペース 03-3234-9999
http://www.ints.co.jp


K-Ballet 熊川哲也さんの『シンデレラ』『ラ・バヤデール』ともども、大変演出が面白くて目から鱗が出るような解釈があり、見ごたえがある作品です。舞台装置の美しさもさることながら、エンターテインメント性、コール・ド・バレエに至るまでのカンパニーのレベルの高さも見もの。この機会にぜひ観てみてくださいね。特に『ラ・バヤデール』は驚愕の展開で、ここまで大胆な解釈はなかったのではないかという面白さです。

熊川哲也 Kバレエカンパニー シンデレラ [DVD]熊川哲也 Kバレエカンパニー シンデレラ [DVD]

ポニーキャニオン 2012-10-17
売り上げランキング : 36145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2016/09/18

リオ・パラリンピックの閉会式は9/19(月・祝)午前8:15より(大前光市さん出演)/追記

熱戦が繰り広げられているリオ・パラリンピック。そのリオ・パラリンピックも日本時間9月19日(月・祝)に幕を閉じます。

リオ・パラリンピックの閉会式では、次のパラリンピックを開催する東京への引継ぎセレモニーも行われます。

「POSITIVE SWITCH」というコンセプトで、障害をきっかけに独自の世界観を確立したモデルやダンサーらのパフォーマンスで、東京の魅力を世界に発信するとのことです。 企画演出は、音楽監督の椎名林檎さんら五輪閉会式と同じチームが手がけるそうです。

主な出演者は中学生の時に右足を切断し、今は義足のモデルとして活躍するGIMICO(ギミコ)さん、20代前半で左足を失ったダンサーの大前光市さん、暗闇を体感するワークショップで活動する視覚障害者の檜山晃さんの3人。スタジアムの特設ステージで、東京の近未来を示した映像や音楽とともに8分間のパフォーマンスを披露するとのことです。

http://www.asahi.com/articles/ASJ9963XRJ99UTQP037.html

というわけで、何回かこのブログでもご紹介してきた、交通事故で左足を失ったダンサーである大前光市さんも出演してパフォーマンスを披露します。先日も、ある発表会で大前光市さんが演じるカラボスを観ましたが、独特の演技力で存在感があり、実に邪悪で魅力的なカラボスでした。リオではどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

パラリンピックの閉会式は、日本時間で9月19日(月・祝)午前8:15~よりNHK総合テレビです。お見逃しなく。
http://sports.nhk.or.jp/paralympic/tv-guide/day=2016-09-19/index.html

大前光市さんの代表作の一つ「目覚めよと叫ぶ声がきこえる」

リオデジャネイロ2016パラリンピック閉会式で行われるフラッグハンドオーバーセレモニーについて

https://tokyo2020.jp/jp/special/rio-to-tokyo/paralympic-flaghandover/

義足ダンサー 閉会式で舞う
http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20160918-OYTNT50023.html

義足で「希望」のダンス 下呂出身・大前さん、閉会式へ
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/rio2016/paralympic/news/CK2016091702000236.html

追記:このパフォーマンスはNHKのリオ・パラリンピックサイトでノーカット版を視聴できます。
http://sports.nhk.or.jp/paralympic/video/element/video=32982.html

より以前の記事一覧