BlogPeople


2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエ(情報)

2019/04/20

ユースアメリカグランプリ(YAGP)2019の結果 プリ・コンペティティブ部門で佐藤可惟さん2位

世界最大のバレエコンクール、ユースアメリカグランプリ(YAGP)2019のファイナルが4月18日に行われ、結果が発表されました。

https://www.pointemagazine.com/yagp-2019-winners-2635062309.html

 

NYのバレエコンクール、福島の佐藤可惟君2位
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190420-OYT1T50151/ 

 

米バレエ登竜門、福島・いわきの12歳佐藤可惟さん2位
https://www.asahi.com/articles/ASM4M7VTWM4MUHBI041.html

 

Grand Prix Award Winner

Gabriel Figueredo (18), John Cranko School, Germany

 

Senior Women

1st Place: Grace Carroll (15), Tanya Pearson Academy, Australia

2nd Place: Yazmin Verhage (16), Ballettschule Theater Basel, Switzerland

3rd Place: Arianna Crosato Neumann (16), Danzaira Escuela Profesional de Ballet, Peru

Senior Men

1st Place: Junsu Lee (16), Korea National University of Art, South Korea

2nd Place: Francisco Gomes (15), Academia Annarella, Portugal

3rd Place: Joaquin Gaubeca (16), Cary Ballet Conservatory, Argentina

3rd Place: Harold Mendez (17), The Sarasota Cuban Ballet School, Cuba

 

Youth Grand Prix Winner

Darrion Sellman (14), Los Angeles Ballet Academy, USA

Junior Women

1st Place: Rebecca Alexandria Hadibroto (12), Malrupi Dance Academy, Indonesia

2nd Place: Ava Arbuckle (14), Elite Classical Coaching, USA

3rd Place: Madison Brown (13), Lents Dance Company, USA

Junior Men

1st Place: Misha Broderick (13), Master Ballet Academy, USA

2nd Place: Andrey Jesus (13), Bale Jovem de Sao Vicente, Brazil

3rd Place: Seungmin Lee (14), Sunhwa Arts Middle School, South Korea

 

Pre-Competitive Women

1st Place:  Savin Martha Dance Planet, Romania

2nd Place:  Kseniya Kosava  Ballet School of Vezhnovels, Belarus

3rd Place:  Natasha Furman  Not Your Ordinary Dancers, USA

Pre-Competitive Men

1st Place:  Matthis Laevens   Balletschool Raymonda, Belguim

2nd Place:  Kai Sato (佐藤可惟) Y Ballet Academy, Japan

3rd Place:  Aiden Johns  Indiana Ballet Conservatory, USA

 

Special Awards

Shelley King Award for Excellence: Summer Duvyestyn (12), Classical Coaching Australia, Australia 

Grishko Model Search Award: Ava Arbuckle (14), Elite Classical Coaching, USA

Natalia Makarova Award for Artistry: Anastasia Poltnikova (17), Bolshoi Ballet Academy, Russia

Dance Europe Award: Gabriel Figueredo (18), John Cranko School, Germany

Mary Day Award for Artistry: Joao Vitor da Silva (15), Ballet Vortice, Brazil

Outstanding Choreographer Award: Maiko Miyauchi and Christina Bucci, Yarita Yu Ballet Studio, Japan

Outstanding Teacher Award: Mariaelena Ruiz, Cary Ballet Conservatory, USA

 

グランプリのガブリエル・フィゲレドは、今年のローザンヌ国際バレエコンクールで2位に入賞、9月よりシュツットガルト・バレエに正団員として入団することが決まっています。

芸術性の高い出場者に贈られるMary Day Award for Artistryを受賞したJoao Vitor da Silvaも、今年のローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップを受賞しています。

日本人出場者は今回は全体的には入賞者はプリ・コンペティティブ男子の2位に入賞した佐藤可惟さんと、振付賞(YARITA YU BALLET STUDIO宮内麻衣子さん)、アンサンブル部門3位(くるみダンスファクトリー)のみ、男子シニアでは一人もファイナルに残ることができませんでした。佐藤可惟さんは、一昨年のK-Ballet Schoolサマーボーイズクラスで見て印象に残っていた若手ダンサーだったので、入賞がとても嬉しいです。

シニア女子TOP12に原田菜緒さん、ジュニア女子TOP12に塚田絢子さん、小田那奈さんが選ばれています。

詳しくはYAGPファイナルをご覧になっていた針山真実さんからのレポートが上がると思いますので、アップされたらリンクを張りますね。

YAGPニューヨーク・ファイナル 日本人出場者 

ジュニア女性 (12-14歳)
21 塚田 絢子 ワクイバレエスクール
81 小田 那奈 真忠久美子バレエスタジオ
127 田中 月乃 YOKOクリエイティブバレエ
145 吉村 百祐 ソウダバレエスクール
ジュニア男性 (12-14歳)

371

井嶋 奏太 メザミバレエスタジオ
シニア女性 (15-19歳)
208 澤野 葵 梨木バレエスタジオ
286 柴田 英里 金田・こうのバレエアカデミー
316 原田 菜緒 Yoko Kurata Ballet Studio

 

2019/04/17

黄金のマスク賞2019受賞者-最優秀バレエ作品にボリショイ・バレエの「ヌレエフ」

ロシアの舞台芸術界で権威ある黄金のマスク賞2019の受賞者が発表されています。

http://www.goldenmask.ru/fest_25_195.html

ダンス関連のみお知らせします。

バレエ最優秀作品賞 ボリショイ・バレエ「ヌレエフ」

モダンダンス作品賞 モスクワ音楽劇場 「マイナス16」

バレエ指揮者賞 パーヴェル・クリニチコフ ボリショイ・バレエ「ロミオとジュリエット」

バレエ/モダンダンス振付家賞 ユーリ・ポソホフ「ヌレエフ」(ボリショイ・バレエ)

バレエ/モダンダンス 最優秀女性ダンサー賞 エカテリーナ・クリサノワ(ボリショイ・バレエ「ロミオとジュリエット」)

バレエ/モダンダンス 最優秀男性ダンサー賞 ヴャスチェスラフ・ロパーチン (ボリショイ・バレエ「ヌレエフ」)

ということで、ボリショイ・バレエがほとんどの部門で受賞しています。それも「ヌレエフ」もしくは「ロミオとジュリエット」で。

そして、「ヌレエフ」の演出家、キリル・セレブレンニコフは、ドラマ部門の最優秀演出家賞を「Little Tragedies」(ゴーゴリ劇場)で受賞しました。セレブレンニコフは、横領の疑いで逮捕され、2017年8月から1年半にわたって自宅軟禁されていましたが、先日ようやく釈放されたものです。

「ヌレエフ」は国際音楽賞「ブラボー」も先日受賞しました。

2019/04/13

ブノワ賞2019ノミネート発表 スウェーデン王立バレエの柳澤郁帆さんがノミネート

権威あるブノワ賞のノミネートが発表されています。

https://vk.com/benois_de_la_danse?w=wall-74721887_3757

NOMINEES 2019 

CHOREOGRAPHERS <振付家>
JUANJO ARQUÉS –Ignite, Kate Whitley. Birmingham Royal Ballet. フアンホ・アルケス「Ignite」バーミンガムロイヤル・バレエ
MANUEL LEGRIS - Sylvia, Leo Delibes. Vienna State Ballet. マニュエル・ルグリ「シルヴィア」ウィーン国立バレエ
JUSTIN PECK - Hurry Up, We're Dreaming, M8 (Anthony Gonzalez, Yann Gonzalez, Bradley Laner, Justin Meldal-Johnson). San Francisco Ballet. ジャスティン・ペック 「Hurry Up, We're Dreaming, M8 」サンフランシスコ・バレエ
FREDRIK BENKE RYDMAN - Duet with an Industrial Robot, Johan Lilje Dal, Karl Johan Rasmusson. State Theater Stockholm. フレデリック・ライドマン 「Duet with an Industrial Robot 」ストックホルム国立劇場
CHRISTIAN SPUCK - Winterreise, Hans Zender, Franz Schubert. Zurich ballet. クリスチャン・シュプック「冬の旅」チューリッヒ・バレエ
SEPTIME WEBRE - Wizard of OZ, Matthew Pierce. Kansas City Ballet. セプティーム・ウェブレ 「オズの魔法使い」カンザス・シティ・バレエ

BALLERINAS <女性ダンサー>
AMANDINE ALBISSON - Marguerite Gautier, La Dame aux Camélias, F.Chopin / J. Neumeier. Paris Opera Ballet. アマンディーヌ・アルビッソン「椿姫」パリ・オペラ座バレエ
ASHLEY BOUDER - Swanilda, Coppelia, L.Delibes / G.Balanchine. New York City Ballet. アシュリー・ボーダー「コッペリア」ニューヨークシティバレエ
ELISA CARRILLO CABRERA –Juliet, Romeo and Juliet, S.Prokofiev / N.Duato. State Ballet Berlin. エリサ・カリーリョ・カブレラ「ロミオとジュリエット」(ドゥアト)ベルリン国立バレエ
MAIA MAKHATELI - Marguerite Gautier, La Dame aux Camélias, F. Chopin / J. Neumeier. Dutch National Ballet. マイア・マッカテリ「椿姫」オランダ国立バレエ
ANASTASIA STASHKEVICH - Dolly, Anna Karenina, P.Tchaikovsky, A.Shnitke, C.Stevens-Y.Islam / J.Neumeier. Bolshoi Theater of Russia. アナスタシア・スタシュケヴィッチ「アンナ・カレーニナ」(ノイマイヤー) (ドリー役)ボリショイ・バレエ
YUAN YUAN TAN - Duet Take a Deep Breath, Bound to, K.Henson / Ch.Wheeldon. San Francisco Ballet. ヤンヤン・タン「Duet Take a Deep Breath, Bound to」(ウィールドン)サンフランシスコ・バレエ
KAHO YANAGISAWA - Solo part, Artifact Suite, E.Crossman-Hecht, ISBach / W.Forsythe. Royal Swedish Ballet 柳澤郁帆 「アーティファクト組曲」(フォーサイス)スウェーデン王立バレエ


DANCERS <男性ダンサー>
AUDRIC BEZARD - Armand Duval, La Dame aux Camélias, F. Chopin / J. Neumeier. Paris Opera Ballet. オドリック・ベザール「椿姫」パリ・オペラ座バレエ
DANIEL CAMARGO - Armand Duval, La Dame aux Camélias, F. Chopin / J. Neumeier; Basilio, Don Quichot, L.Minkus / M.Petipa, A.Ratmansky. Dutch National Ballet. ダニエル・カマルゴ「椿姫」「ドン・キホーテ」オランダ国立バレエ
VIACHESLAV LOPATIN - Faun, C.Debussy, N.Sawhney / SLCherkaoui. Bolshoi Theater of Russia. ヴャチェスラフ・ロパーティン「牧神」(シェルカウイ)ボリショイ・バレエ
VADIM MUNTAGIROV - Prince Siegfried, Swan Lake, P.Tchaikovsky / L.Scarlett. Royal Ballet London. ワディム・ムンタギロフ「白鳥の湖」ロイヤル・バレエ
ANDILE NDLOVU - Mercutio, Romeo and Juliet, S.Prokofiev / J.Cranko. The Washington Ballet. ANDILE NDLOVU 「ロミオとジュリエット」(クランコ)ワシントン・バレエ
ABEL ROJO - Carrying with My Own Floor, E.Satie / A.Rojo.Malpaso Company. ABEL ROJO  「Carrying with My Own Floor」Malpaso Company
DANIIL SIMKIN - Harlequin, Harlequinade, R.Drigo / M.Petipa, A.Ratmansky. American Ballet Theater. ダニール・シムキン「アレキナーダ」(ラトマンスキー)アメリカン・バレエ・シアター

COMPOSERS <作曲家>
MATTHEW PIERCE - Wizard of OZ, choreography by SeptimeWebre, Kansas City Ballet. 
KATE WHITLEY - Ignite, choreography by JuanjoArques, Birmingham Royal Ballet. 

DESIGNERS <舞台美術家>
JÉRÔME KAPLAN - La Bayadère, L.Minkus / M.Petipa, A.Ratmansky, State Ballet Berlin. ジェローム・カプラン「ラ・バヤデール」ベルリン国立バレエ
JOHN MACFARLANE - Swan Lake, P.Tchaikovsky / L.Scarlett, Royal Ballet London. ジョン・マクファーレン「白鳥の湖」ロイヤル・バレエ
ROBERT PERDZIOLA - Harlequinade, R.Drigo / M.Petipa, A.Ratmansky, American Ballet Theater. ROBERT PERDZIOLA 「アレキナーダ」アメリカン・バレエ・シアター
MICHAEL RAYFORD-LIZ VANDAL - Wizard of OZ, M.Pierce / S.Webre, Kansas City Ballet. MICHAEL RAYFORD-LIZ VANDAL オズの魔法使い」カンザス・シティ・バレエ

ダンサーのノミネートは、以前にもノミネートされたことがある有名ダンサーが多いのですが、その中で、スウェーデン王立バレエ の柳澤郁帆さんが「アーティファクト組曲」(フォーサイス)でノミネートされているのは快挙です。柳澤さんはアクリ堀本アカデミー出身。2013年にローザンヌ国際バレエコンクールに出場してスカラシップを獲得、ロイヤル・バレエ・スクールに留学して2016年に卒業、スウェーデン王立バレエに入団。なのでまだとても若いはずです。

先日NHK-BSで放映されたマニュエル・ルグリの「シルヴィア」が振付賞にノミネートされているのもうれしいですね。

審査員は、ユーリ・グリゴローヴィチが審査員長、オランダ国立バレエ芸術監督のテッド・ブランセン、ボリショイ・バレエのスヴェトラーナ・ザハロワ、そしてアナ・ラグーナ、アニエス・ルテステュ、ウラジーミル・マラーホフ、元ABTのエグゼクティブ・ディレクターのレイチェル・ムーアです。ブノワ賞は、審査員と縁の深いダンサーがノミネートされることが多いのですが、今年は例年ほどはそういう面が出ていないような気がします。

 

2019/04/09

バイエルン国立バレエ(ミュンヘン・バレエ) ジョージ・バランシン《ジュエルズ》 4 月 12 日(金)午後 7 時より 24 時間限定 オンデマンド配信決定

ドイツを代表する歌劇場の一つ、バイエルン国立歌劇場では、2018/19 シーズンに上演するオペラとバレエより、
厳選した作品を無料でお楽しみいただく「STAATSOPER.TV」を実施中。今回は、バイエルン国立バレエ
(ミュンヘン・バレエ)によるジョージ・バランシン振付《ジュエルズ》を、本国でのライブ・ストリーミング配信後に
24 時間限定でオンデマンド配信します。

Jewels2_rubies_khp_c_hoesl_zeisel_ensemb
Bayerische Staatsoper © Wilfried Hösl
20 世紀を代表する振付家ジョージ・バランシンが、1967 年にニューヨーク五番街の宝石店「ヴァンクリーフ
&アーペル」の宝石にインスピレーションを得て創作したのが《ジュエルズ》です。ストーリーを排除し、
「エメラルド」「ルビー」「ダイヤモンド」の三つの宝石をモチーフに、フランス、アメリカ、ロシア、三つの国
へのオマージュを、フォーレ、ストラヴィンスキー、チャイコフスキーの音楽にのせて表現しています。

 今回はニューヨーク・シティ・バレエよりアシュレイ・ボーダー、マリインスキー・バレエよりアリーナ・ソーモワ、
ウラジーミル・シクリャーロフをゲストに迎えます。

配信時間内であれば、お好きな時間にお好きな場所で気軽にご覧いただけます。

バランシンの傑作バレエを、「STAATSOPER.TV」の無料のオンデマンド配信でお楽しみください。


ジョージ・バランシン《ジュエルズ》(現地開催日程:4 月 11 日上演)

<p>日時:4 月 12 日(金)午後 7 時~4 月 13 日(土)午後 6 時 59 分
視聴 URL: https://www.staatsoper.de/tv-asia 配信当日に左記サイトよりご覧いただけます
音楽:ガブリエル・フォーレ、イーゴリ・ストラヴィンスキー、ピョートル・I. チャイコフスキー
美術:ピーター・ハーヴェイ
衣裳:カリンスカ
指揮:ロバート・ライマー
出演:アシュレイ・ボーダー、アリーナ・ソーモワ、ウラジーミル・シクリャーロフ、オシール・グネーオ
バイエルン国立バレエ(ミュンヘン・バレエ)
ビデオマガジン:https://youtu.be/wYCj2R5_FqA

(※出演者は都合により変更になる可能性がございます)

当日のキャスト

https://www.staatsoper.de/stueckinfo/jewels/2019-04-11-19-30.html

Emeralds

Jewels1_emeralds_c_hoesl_zeisel_pavan_lm

Bayerische Staatsoper © Wilfried Hösl

1st solo couple
Prisca Zeisel , Emilio Pavan
2nd solo couple
Jeanette Kakareka , Henry Gray
Pas de trois
Antonia McAuley , Vera Segova ,Dmitrii Vyskubenko

Rubies

Jewels2_rubies_c_hoesl_ensemble

Bayerische Staatsoper © Wilfried Hösl

pianist
Dmitry Mayboroda
Solo couple
Ashley Bouder , Osiel Gouneo
soloist
Prisca Zeisel

Diamonds

Jewels3_diamonds_chl_ensemble_lm0a9175

Bayerische Staatsoper © Wilfried Hösl

Solo couple
Alina Somova , Vladimir Shklyarov
バイエルン国立歌劇場 Staatsoper.TVの情報はこちらで https://www.facebook.com/staatsopertvjp

2019/03/04

飯島望未さんが、ヒューストン・バレエのプリンシパルに昇進

ファッション・アイコンとしても注目を集めているヒューストン・バレエの飯島望未さん。

最近では、「シャネル(CHANEL)」のビューティーアンバサダーに就任したり、ニューバランスの「INDEPENDENTS」特設サイトにも登場しています。VOGUEの本誌にも、34人のグローバルスターの一人として登場しています。
https://nb997h.jp/

その飯島さんですが、ヒューストン・バレエのプリンシパルに昇進しました。
「シルヴィア」の終演後に、舞台上で告げられている様子がInstagramで見られます。

View this post on Instagram

the fact that i got promoted to the principal still hasn't hit me yet. I can’t describe how I feel right now but all I can say is i can’t thank enough for all the people who supported me and believed in me and for Houston Ballet dancers and ballet masters and all the people who involved with Houston Ballet. Thank you always for the inspiration. Love you all. 今夜のシルヴィアの舞台後ステージ上でプリンシパルに昇格しました。まだ実感がないし信じられませんが、これからが始まりだと思って頑張ります。 これまで私を信じて応援してくれた方々に心から感謝致します。皆さんの支えにはいつも勇気を貰っています。どんなに助けられているか言葉では表せないけれど、これからも精進していきますので、応援よろしくお願い致します。

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿 -


おめでとうございます。ヒューストン・バレエは、全米でも5本の指に入る有数のカンパニーであり、ここのプリンシパルになるというのはすごいことです。

ヒューストン・バレエのFacebookにも。

様々なファッションブランドや雑誌記事などで引っ張りだこの飯島さんですが、バレエの魅力をより多くの人達に知ってほしいという強い想いがあり、様々な活動もそのために行っていると語られています。

ますますの飛躍を期待したいです。

モード界を魅了するバレリーナ、飯島望未さんをつくる10のモノ・コト
https://www.elle.com/jp/fashion/fashion-column/a23096608/style10-fashionista-nozomi-ijima18-09/

バレリーナ飯島望未のビューティートーク。
https://www.vogue.co.jp/beauty/expert/2018-06-16/page/4

飯島望未さんは、今年の夏に開催されるオーチャード・バレエ・ガラに出演予定です。
https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/19_balletgala.html

出演
近藤亜香(オーストラリア・バレエ団 プリンシパル)
中野吉章(ピッツバーグ・バレエ・シアター プリンシパル)
飯島望未(ヒューストン・バレエ団 ファースト・ソリスト)
佐々晴香(スウェーデン王立バレエ団 ファースト・ソリスト)
菅井円加(ハンブルク・バレエ団 ソリスト)
金原里奈(イングリッシュ・ナショナル・バレエ ソリスト)
石田浩明(スウェーデン王立バレエ団 セカンド・ソリスト)
二山治雄(パリ・オペラ座バレエ団)
前田紗江(ロイヤル・バレエ団)
隅谷健人(アメリカン・バレエ・シアター)
山本勝利(アウグスブルク州立歌劇場バレエ団)
福士宙夢(ネザーランド・ダンス・シアター2)
石丸ニコル(ネザーランド・ダンス・シアター2)

チェンウ・グオ(オーストラリア・バレエ団 プリンシパル)*賛助出演

2019/7/27(土)13:00開演
2019/7/28(日)13:00開演
Bunkamuraオーチャードホール

2019/03/01

ニューヨークシティ・バレエ(NYCB)の新芸術監督決定

昨年頭に、長年芸術監督を務めていたピーター・マーティンスがパワハラの疑いをかけられ、退任したニューヨークシティ・バレエ(NYCB)。以後、芸術監督の座が空席となっており、複数の芸術監督代行を置いて運営されていました。

そして、新しい芸術監督がようやく決定しました。
https://www.nycballet.com/NYCB/media/NYCBMediaLibrary/PDFs/Press/2019-02-28_NYCB_SAB_New-Artistic-Leadership-Announcement.pdf


芸術監督代行の一員だったジョナサン・スタッフォードが新芸術監督に、そして副芸術監督には、30年にわたってNYCBで活躍した元プリンシパルで、カンパニーを代表するスターだったウェンディ・ウェーランが就任します。

NYCBは、マーティンスのパワハラ騒動の他、スクール・オブ・アメリカン・バレエ(SAB)の生徒だった女性ダンサーを盗撮し、わいせつな写真を閲覧していたことで3人の男性プリンシパルダンサーが解雇されるという騒動も昨年ありました。そのうち2人は人気ダンサーでした。

新芸術監督のスタッフォードは主にカンパニーの運営に関すること、人事やカンパニーの方針などを担当するとともに、カンパニーのクラスレッスンの指導やリハーサル指導、そしてスクール・オブ・アメリカン・バレエの芸術監督としても活動します。

ウェーランは、カンパニーの年間レパートリーの決定、新作の委嘱を行い振付家や作曲家などのアーティストとのコラボレーションを担当するなど、主に芸術面の仕事を行います。またリハーサル指導も担当します。

スタッフォードはNYCBでは幅広いレパートリーで主役を踊り、特にパートナーリングの技術の高さで評価されたダンサーでした。現在、彼の妹であるアビ・スタッフォードもNYCBでプリンシパルとして活躍しています。NYCBでバレエ・マスターとして働くと共に、SABの教師でもありました。また、SABでは、ダンサーたちのキャリアをサポートするProfessional Placement Managerという地位にもありました。

ウェーランは、NYCBを代表するスターダンサーとして30年にわたって活躍。NYCBの歴史で、最も多くの作品の初演ダンサーを務めるなど、新作で振付家と仕事をすることが多く、ロビンス、サープ、フォーサイスなどの作品のクリエーションに携わり、またラトマンスキーやウィールドンとの仕事もたくさんありました。2014年に退団した後には、主にコンテンポラリーダンスの分野で活躍し、エドワード・ワトソンと組むなど、自身の公演を行うとともに、世界中の芸術機関とのコラボレーションを行ってきました。

NYCBは、米国最大のダンス機関です。年間予算は8800万ドルと巨額で、スタッフとダンサーを合わせると450人がここで働いています。芸術監督の候補は20人おり、最終的に、この二人の役割分担とすることとなりました。

スタッフォードとウェーランは就任にあたって、インタビューを行いました。
https://www.nytimes.com/2019/02/28/arts/dance/new-york-city-ballet-jonathan-stafford-wendy-whelan.html

スタッフォード
「私たちは、ダンサーを進化させ、豊かにさせ、芸術家として、そして人間として本当に豊かになれるように安全な場所を提供することに同意しました。それは彼らが劇場の中だけではなく、個人的な人生においても豊かになれるようにするということです」
ウェーラン
「より多くの女性が振付けに挑む機会を与えられ、舞台上でのダイバーシティを進め、より大きなアイディア、オープンなアイディア、大胆なアイディアを進めるために新作の委嘱を進めます」

スタッフォードもウェーランも、ジョージ・バランシンと仕事をしたことがないダンサーです。スタッフォードは38歳とまだ若く、51歳のウェーランは、SABで初めてバランシン作品を踊ったその日(1983年)にバランシンが亡くなったのでした。また、二人とも、マーティンスとは異なり、振付家ではありません。ただし、二人ともSABで学び、NYCBで踊っていたのでカンパニーのことは知り尽くしています。

4人の芸術監督代行であり、次期芸術監督の候補でもあった常任振付家(かつ現役のソリスト)のジャスティン・ペックは、アーティスティック・アドバイザーの肩書が加わることになりました。31歳とまだ若いペックは、ブロードウェイ・ミュージカルの振付を行っているだけでなく、現在撮影中の、スティーヴン・スピルバーグ監督による「ウェストサイド物語」のリメイクの振付も担当しており、現在最も注目されている振付家の一人です。ペックは、新芸術監督と副芸術監督と密接に働き、常任振付家の役割に加え、レパートリーの選定や新作の振付や委嘱に携わることになります。そしてこの春シーズンが終わるとダンサーを引退して新しい役割に集中します。

年齢が離れており、踊るレパートリーが異なっていたため、スタッフォードとウェーランは共演したことは数えるほどしかありませんでした。古典やバランシンが多かったスタッフォードに対して、ウェーランは現代作品を得意としていたからです。しかしながら、スタッフォードがバランシンの「ダイヤモンド」を覚えようとしていた時に、すでにスターだったウェーランがやってきて一緒に踊ったところ上手くいったことがあったそうです。次期芸術監督を選定するプロセスの中で、二人はお互いと一緒にこの仕事をしたいと語っていたとのことです。ひとりで行うには、芸術監督の仕事は大変すぎるので、チーム体制で取り組むそうです。

スタッフォードは、監督代行として、カンパニーが非常に困難な時期に直面していた時のリーダーシップを称賛されました。ダンサーとのコミュニケーションを改善し、よりオープンになることを促し、年度の面接を担当していたとのことです。ダンサーがマネジメントと話し合っていることによって、パフォーマンスのレベルも高まったと評価されました。

バランシンを直接知らないリーダーによって、新しいカンパニーとなるNYCB、今後の展開が楽しみです。また久しぶりに来日公演も行ってほしいものです。

2019/02/19

第19回英国ナショナル・ダンス・アワード受賞者

2017年9月1日から2018年8月31日までの間に英国で行われた公演を対象とし、500もの対象から絞り込まれたものです。Dance Section of the Critics’ Circleという60人の批評家からなる団体が選んだ第19回英国ナショナル・ダンス・アワード、受賞式が行われ、受賞者が発表されました。対象となったダンサーは396人を数えます。



DANCING TIMES AWARD FOR BEST MALE DANCER  最優秀男性ダンサー
ワディム・ムンタギロフ (ロイヤル・バレエ)


BEST FEMALE DANCER 最優秀女性ダンサー 
マリアネラ・ヌニェス (ロイヤル・バレエ)


STEF STEFANOU AWARD FOR OUTSTANDING COMPANY 傑出したカンパニー
クラウド・ゲイト・ダンス・シアター(台湾)


BEST INDEPENDENT COMPANY 最優秀インディペンデントカンパニー

ラッセル・マリファント・カンパニー



BEST CLASSICAL CHOREOGRAPHY 最優秀古典振付賞

キャシー・マーストン、バレエ・ブラック「The Suit」


BEST MODERN CHOREOGRAPHY 最優秀現代振付賞

クリスタル・パイト、NDT1「The Statement」


EMERGING ARTIST AWARD 新人アーティスト賞
プレシャス・アダムズ (イングリッシュ・ナショナル・バレエ)


OUTSTANDING FEMALE MODERN PERFORMANCE 傑出した女性モダン・ダンサー
ロシオ・モリーナ Cía Rocio Molina/Dance Umbrella ‘Caída del Cielo/Fallen from Heaven’



OUTSTANDING MALE MODERN PERFORMANCE 傑出した男性モダン・ダンサー

アクラム・カーン ‘Xenos’


OUTSTANDING FEMALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した女性クラシック・ダンサー

アリーナ・コジョカル 「眠れる森の美女」 (イングリッシュ・ナショナル・バレエ)


OUTSTANDING MALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した男性クラシック・ダンサー
José Alves ‘The Suit’ (Ballet Black)


OUTSTANDING CREATIVE CONTRIBUTION 傑出したクリエーションへの貢献
ルーシー・カーター (照明デザイナー) ”Yugen”などマクレガー作品の照明をデザイン


De Valois Award for Outstanding Achievement 傑出した芸術への貢献に与えられるニネット・ド・ヴァロワ賞

マーク・ボールドウィン (ランベールの前芸術監督)


ロイヤル・バレエを代表する黄金ペアとなったマリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフが揃って最優秀ダンサー賞を受賞。
傑出したカンパニーには、台湾のクラウド・ゲート・ダンス・シアター(雲門舞集)が選ばれました。

最優秀現代振付賞には、今最も注目される振付家であるクリスタル・パイトの「The Statement」、これは今年の7月に予定されているNDTの来日公演でも上演されますので、必見です。


(The Statement全編は、4月26日までこのリンクで視聴できます)

ENBからは、傑出した女性クラシック・ダンサーにアリーナ・コジョカル、新人賞にプレシャス・アダムズ

ダンサーを引退し振付家に専念するアクラム・カーンが、 ‘Xenos’で傑出した男性モダン・ダンサーに選ばれました。


<ノミネート・リスト>


DANCING TIMES AWARD FOR BEST MALE DANCER  最優秀男性ダンサー

Miguel Altunaga (Rambert)
Akram Khan (Akram Khan Company)
Brandon Lawrence (Birmingham Royal Ballet)
Vadim Muntagirov (The Royal Ballet)
Javier Torres (Northern Ballet)


BEST FEMALE DANCER 最優秀女性ダンサー 

Alina Cojocaru (English National Ballet)
Jurgita Dronina (English National Ballet)
Dana Fouras (Russell Maliphant Company)
Rocío Molina (Cía Rocio Molina/Dance Umbrella)
Marianela Nuñez (The Royal Ballet)


STEF STEFANOU AWARD FOR OUTSTANDING COMPANY 傑出したカンパニー

Cloud Gate Dance Theatre of Taiwan
Dresden Semperoper Ballett
Northern Ballet
The Royal Ballet
Scottish Ballet



BEST INDEPENDENT COMPANY 最優秀インディペンデントカンパニー

[Sponsored by Dansez]

Ballet Black
BalletLORENT
Lost Dog
Russell Maliphant Company
Yorke Dance Project


BEST CLASSICAL CHOREOGRAPHY 最優秀古典振付賞

[Sponsored by The Ballet Association]

William Forsythe for ‘Playlist (Track 1,2)’ (English National Ballet)
Cathy Marston for ‘The Suit’’ (Ballet Black)
Wayne McGregor for ‘Yugen’ (The Royal Ballet)
Liam Scarlett for ‘Swan Lake’ (The Royal Ballet)
Christopher Wheeldon for ‘Corybantic Games’ (The Royal Ballet)


BEST MODERN CHOREOGRAPHY 最優秀現代振付賞

Ben Duke for ‘Goat’ (Rambert)
Lin Hwai-min for ‘Formosa’ (Cloud Gate Dance Theatre of Taiwan)
Akram Khan for ‘Xenos’ (Akram Khan Company)
Russell Maliphant for ‘maliphantworks 2’ (Russell Maliphant Company)
Crystal Pite for ‘The Statement’ (Nederlands Dans Theater 1)


EMERGING ARTIST AWARD 新人アーティスト賞
[Sponsored by The L&M Trust]

Precious Adams (First Artist, English National Ballet)
Maya Jilan Dong (Choreographer & Dancer /Portraits of Otherness, Akram Khan Company)
Daniel McCormick (Artist, English National Ballet)
Joseph Sissens (First Artist, The Royal Ballet)
Vanessa Vince-Pang (Dancer, Phoenix Dance Theatre)


OUTSTANDING FEMALE MODERN PERFORMANCE 傑出した女性モダン・ダンサー
[Sponsored by DWFM Beckman]

Eleanor Duval as Lady Macbeth in ‘Macbeth’ (Mark Bruce Company)
Rocío Molina in ‘Caída del Cielo/Fallen from Heaven’ (Cía Rocio Molina/Dance Umbrella)
Vidya Patel in ‘Usne kha tha/The Troth’ (Akādemi)
Ashley Shaw in the title role as ‘Cinderella’ (New Adventures)
Solène Weinachter as Juliet in ’Juliet and Romeo’ (Lost Dog)


OUTSTANDING MALE MODERN PERFORMANCE 傑出した男性モダン・ダンサー

Miguel Altunaga in ‘Goat’ (Rambert)
Jonathan Goddard in the title role as ‘Macbeth’ (Mark Bruce Company)
Akram Khan in ‘Xenos’ (Akram Khan Company)
Russell Maliphant in ‘maliphantworks 2’ (Russell Maliphant Company)
Dickson Mbi in ‘maliphantworks 2’ (Russell Maliphant Company)



OUTSTANDING FEMALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した女性クラシック・ダンサー

[Sponsored by Lee McLernon]

Precious Adams as Calliope in ‘Elite Syncopations’ (Kenneth MacMillan: A National Celebration/English National Ballet)
Alina Cojocaru as Aurora in ‘The Sleeping Beauty’ (English National Ballet)
Constance Devernay as The Fairy in ‘Le Baiser de la fée’ (Scottish Ballet)
La Chana in ‘Gala Flamenca/La Chana’ (Flamenco Festival)
Marianela Nuñez as Odette/Odile in ‘Swan Lake’ (The Royal Ballet)


OUTSTANDING MALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した男性クラシック・ダンサー
[Sponsored by The London Ballet Circle]

José Alves in ‘The Suit’ (Ballet Black)
Sergio Bernal in ‘The Swan’ in Russian Ballet Icons Gala (Ensemble Productions)
Brandon Lawrence as Pan in ‘Arcadia’ (Birmingham Royal Ballet)
Andrew Peasgood as The Young Man in ‘Le Baiser de la fée’ (Scottish Ballet)
Aaron Robison in ‘Playlist (Track 1, 2)’ (English National Ballet)


OUTSTANDING CREATIVE CONTRIBUTION 傑出したクリエーションへの貢献

Lucy Carter (Lighting Designer)
Viviana Durante (Producer, Steps Back in Time)
Philip Feeney (Composer/Music Arranger/Pianist)
John Macfarlane (Designer)
Gavin Sutherland (Conductor/Music Arranger/Musical Director)

2019/02/10

第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝結果 佐々木須弥奈さんが3位入賞

第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝が行われ、結果が発表されました。

https://www.prixdelausanne.org/fr/laureats-2019/

1位 マッケンジー・ブラウン (アメリカ、プリンセス・グレース・アカデミー、16歳)
2位 Gabriel FIGUEREDO (ブラジル、ジョン・クランコ・スクール、18歳)
3位 佐々木須弥奈 (日本、チューリッヒ・ダンス・アカデミー、18歳)
4位 脇塚優 (日本、ハンガリーダンスアカデミー、17歳)
5位 Shuailun WU (中国、北京舞踊学院、17歳)
6位 ジョア・ヴィトール・ダ・シルヴァ (ブラジル、Ballet Vortice 15歳)
7位 アレクサンダー・ジョアキム (ポルトガル、ロゼラ・ハイタワー国際ダンスセンター、18歳)
8位 住山美桜  (日本、チューリッヒ・ダンス・アカデミー、18歳)

コンテンポラリー賞 マッケンジー・ブラウン
観客賞 マッケンジー・ブラウン
Web観客賞 Jihyun CHOI  (韓国、ソウル芸術高校、16歳)
ヌレエフ財団の若い才能賞 ジュリア・シュガ (アメリカ、All American Classical Ballet School、16歳)
ベスト・スイス賞 佐々木須弥奈

今年はコンテンポラリーの出来がかなり重視された感じでした。課題曲も、ウェイン・マクレガーの「クローマ」と「ウルフ・ワークス」、ジャン・クリストフ・マイヨー作品など、かなり難しい作品が多かったように感じられます。そのため、シニアが上位受賞者の大半を占めていたわけですが、16歳のマッケンジー・ブラウンが3つの賞を獲って1位に。その見事なコンテンポラリーの才能は、やはり際立っていました。昨年1位のシェール・ワグマンも、やはりプリンセス・グレース・アカデミー。永久メイさんも、ここの出身です。

また2位のGabriel FIGUEREDOも、とても柔軟性と身体能力にすぐれて、ずば抜けた才能を発揮していました。

こういう素晴らしい才能の中で、日本からの出場者が3人入賞したのは快挙だと言えます。3位の佐々木須弥奈さんは、佐々木大さんの娘さん。お姉さんの佐々木夢菜さん、お兄さんの佐々木嶺さんもプロのダンサーとして活躍しています。古典(「エスメラルダ」)ばかりでなく、やはりマクレガーの「クローマ」を見事に踊りこなしていました。

あと、6位入賞のジョア・ヴィトール・ダ・シルヴァの身体能力の素晴らしさには目を瞠りました。まだとても若いけど伸びてほしいものですね。

決勝はYouTubeでも全編(ただし、幕間のパフォーマンスは含まれていません)を視聴することができます。

2019/02/09

ローザンヌ国際バレエコンクールのファイナリスト

ローザンヌ国際バレエコンクール、2月7日に準決勝が行われて、ファイナリストが決定しました。

https://www.prixdelausanne.org/finalists-2019/

ジュニア

117 SHUGART Julia United States 16.1 years old All American Classical Ballet School
125 CHOI Jihyun South Korea 16.6 years old Seoul Arts High School
126 BROWN Mackenzie United States 16.9 years old Academie Princesse Grace
202 GARRISON Parker United States 15.5 years old International Ballet Academy
203 DA SILVA João Vitor Brazil 15.9 years old Ballet Vortice
205 FERREIRA António Portugal 15.10 years old National Conservatory Dance School
206 BENZIE-DRAYTON Noah Australia 16.2 years old Perth School of Ballet
207 FUCHIYAMA Shunhei Japan 16.2 years old 淵山隼平
208 BECKER Carl Germany 16.3 years old Palucca University of Dance Dresden
210 DAVIDOFF Benjamin Belgium 16.6 years old Royal Ballet School of Antwerp
212 LI Hang China 16.8 years old Liaoning Ballet School

シニア

303 SEO Yoon Jung South Korea 17.3 years old Seoul Arts High School
310 WARDELL Victoria Canada 17.8 years old Ellison Ballet
313 SASAKI Sumina Japan 18.3 years old 佐々木須弥奈 Tanz Akademie Zurich
315 KUPERUS Beatriz United States 18.6 years old English National Ballet
316 SUMIYAMA Mio Japan 18.9 years old 住山美桜 Tanz Akademie Zurich
406 DE GROEVE Achille Belgium 17.5 years old Royal Ballet School of Antwerp
408 WAKIZUKA Yu Japan 17.7 years old 脇塚優 
412 WU Shuailun China 17.10 years old The Secondary Dance School of Beijing Dance Academy
416 FIGUEREDO Gabriel Brazil 18.3 years old John Cranko School
418 JOAQUIM Alexandre Portugal 18.7 years old Centre International de Danse Rosella Hightower

日本とアメリカから各4人というのが最多です。

日本からは、

ジュニアの部門
埼玉県さいたま市の淵山隼平さん(16)アクリ・堀本バレエアカデミー、千葉県の日出学園高校1年

シニア部門
東大阪市の佐々木須弥奈さん(18) チューリッヒ・ダンス・アカデミー/佐々木美智子バレエスタジオ
東京都世田谷区の住山美桜さん(18) チューリッヒ・ダンス・アカデミー/森仲悠子・森中健智バレエアカデミー
大阪市の脇塚優さん(17) ハンガリーダンスアカデミー/徳永紀子バレエスクール

ローザンヌ国際バレエコンクール 日本人4人が決勝へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190209/k10011809421000.html

ローザンヌバレエ2019 準決勝発表 日本人4人選出


チューリヒにバレエ留学中の住山美桜さんと佐々木須弥奈さんのインタビュー

準決勝、ジュニア部門

準決勝 シニア部門

日本以外の出場者で注目はジュニア部門女子、プリンセス・グレース・アカデミーのマッケンジー・ブラウン(アメリカ)
https://www.instagram.com/dancin_mac7/

シニア男子、ジョン・クランコ・スクールのGabriel Figueredo(ブラジル)
https://www.instagram.com/biel_figueredo/

でしょうか。今晩22:30より決勝が中継されます。
https://www.arte.tv/fr/videos/087075-011-A/47eme-prix-de-lausanne-finale/

2019/02/06

ヌレエフの亡命劇を描く映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』5月劇場公開

何回かこちらのブログで紹介してきた、ヌレエフの亡命劇を描く映画『The White Crow』が、『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』の邦題で劇場公開されることになりました。

https://eiga.com/news/20190205/8/

レイフ・ファインズ監督によるこの作品は、昨年の第31回東京国際映画祭のコンペティション作品に選ばれ、私も上映を2回とも観ることができ、ファインズとプロデューサーのQ&Aセッションも聞くことができました。東京国際映画祭では、最優秀芸術貢献賞を受賞しました。
https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CMP16

20世紀のバレエ界を代表するバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフが1961年にパリで亡命を果たした亡命劇を中心に、故郷ウファでの幼年時代、ワガノワ・バレエ・アカデミーでの学生時代、そしてキーロフ・バレエ団に入団してから亡命するまで、という3つの時制を交互に描いています。

ヌレエフ役には、タタール歌劇場の現役プリンシパルダンサーであるオレグ・イヴェンコ。ヌレエフのワガノワ・バレエ・アカデミーでの師匠であるプーシキンを、レイフ・ファインズが流暢なロシア語を操って演じています。パリで友情をはぐくみ、亡命の手引きをするクララ・セイント役を「アデル、ブルーは熱い色」のアデル・エグザルコプロス。プーシキンの妻クセニアには「ルナ・パパ」のチュルパン・ハマートヴァ、ピエール・ラコット役はラファエル・ペルソナ、そしてヌレエフのライバル、ユーリ・ソロヴィヨフをセルゲイ・ポルーニンが演じているのも話題です。

Resize1499

<レビュー>

バレエ界に燦然と輝けるレジェンド、ルドルフ・ヌレエフ役を演じる俳優を見つけるのは簡単なことではなかったと思う。映画祭のQ&Aで、ファインズは、演技ができるダンサーを求めてロシア中でオーディションを行ったとのこと。イヴェンコはウクライナ出身だが、ヌレエフの頬骨が高いエキゾチックな顔立ちを少し思わせるところもあり、射貫くような大きな青い瞳が印象的。現役プリンシパルであると共に、テレビ番組「ビッグ・バレエ」にバレエ団を代表して出場するなど、バレエの実力も折り紙付き。若きヌレエフのギラギラした野心、自由を求めてやまない心、新しい文化を吸収していく生き生きとした様子を繊細に、そして大胆に演じており、とても初めて演技に挑戦するとは思えないほどだった。

この映画は、本物のバレエダンサーを使って、実際のワガノワ・バレエ・アカデミー、マリインスキー劇場、ガルニエ宮、エルミタージュ美術館、ルーヴル美術館でロケを行っているという本物志向のところがまず素晴らしい。ヌレエフ役のオレグ・イヴェンコはもちろんのこと、もう一人の伝説的なダンサー、ユーリ・ソロヴィヨフ役にセルゲイ・ポルーニン。ソロヴィヨフはパリでヌレエフと同室で、ラコットらとの外出にお目付け役として同伴しているものの、この映画の中では大きな役ではない。しかしながら、ポルーニンのクラスレッスンの時のひときわ大きな跳躍や、舞台の上で見せる踊りは華やかで、まさにスターのものである。(ユーリ・ソロヴィヨフは、30代半ばで自殺するという悲劇的な運命をたどる) イヴェンコの踊る場面も、伝説的なヌレエフのパリでの最初の踊り『ラ・バヤデール』はじめ、たくさん観ることができる。

さらに、伝説的なスター・バレリーナだったナタリア・ドゥシンスカヤ役を演じているのが、ハンブルグ・バレエの元プリンシパル、アンナ・ポリカルポヴァ。ポリカルポヴァはハンブルク・バレエに移籍する前には、マリインスキー・バレエで踊っており、美しい金髪のグラマラスなバレリーナで、ひときわ印象的。ヌレエフと踊る場面も出てくる。ドキュメンタリー映画『ボリショイ・バビロン』に出演していたボリショイ・バレエのソリスト、アナスタシア・メスコーワもバレリーナの一人として出演している。

ヌレエフの故郷での幼年時代、ワガノワ・バレエ・アカデミー時代、そしてパリと、3つの時制を行き来するという演出も、ヌレエフの内面を描くうえで実に効果的な演出となっている。映像のルックもそれぞれ異なっており、少年時代の寒々としてモノクロに近い映像、少し色あせた60年代風のパリの様子と時代の違いがよく分かるようにできている。

ワガノワ・バレエ・アカデミーのパートでは、最初なかなか伸びないヌレエフが直訴して、放校になりそうなところを名教師プーシキンのクラスに代えてもらい、ぐんぐん伸びて行く。ついには自宅にヌレエフを住まわせるプーシキンの、弟子に向ける愛情。映画の冒頭で、ヌレエフが亡命した後に尋問されるプーシキンの、困惑した表情が印象的だ。

パリのパートでは、初めて西側に渡って自由世界の空気を吸うヌレエフ。ルーヴル美術館の開館前に行ってジェリコ「メドゥース号の筏」に見入る。(対をなすように、エルミタージュ美術館ではレンブラントの「放蕩息子の帰還」を観ている。これは父親的な存在のプーシキンと、ヌレエフの関係を象徴させている) 振付家のピエール・ラコットと終演後のパーティで知り合い、親しく交流し、クララ・セイントにも出会う。パリの夜がグラマラスに、魅惑的に描かれている。その中で、ヌレエフは自由に生きたいという思いを募らせていく。鉄道の中で生まれたヌレエフが、パリで鉄道模型を買い集めるというエピソードはほほえましい。

そして空港での亡命シーンの息詰まるような緊迫感。ピエール・ラコット本人に取材して、実際に亡命の瞬間にヌレエフはどのように動いたかということまで再現してもらったとのこと。一人一人の登場人物が立体的に描かれて、手に汗を握る演出の手腕は見事なものだ。まさに自由への飛翔。

エンドロールでは、実際のヌレエフ本人が踊る映像が使われている。オレグ・イヴェンコはロシアのダンサーらしい、ダイナミックなテクニックの持ち主だけど、流石にバレエ界の伝説、ヌレエフのカリスマ性というのはなかなか再現するのは難しく感じた。

それでも、構想20年、ファインズの強い思い入れが感じられる、魂の感じられる作品であると思う。ファインズはロシア語を習得し、ロシアに足しげく通ってワガノワ・バレエ・アカデミー校長のニコライ・ツィスカリーゼとも親交を結び、資金を調達するために監督に専念するのではなく自らも出演。特にエルミタージュ美術館は、撮影許可を取るのが非常に困難だったところを、実現させた。(ソクーロフの『エルミタージュ幻想』での撮影でトラブルがあったので、長編映画の撮影を許可しない方針となったとのこと)台詞も、英語も登場するけどロシア人同士で話すシーンはロシア語を使ったり、本物のバレエダンサーを起用したり、そして史実にもほぼ忠実な内容となっていて、ファインズの深いバレエ愛が感じられる作品となっている。クララ・セイント本人にも取材し、プロデューサーは彼女と仲良しになったとのことだ。

また後日、東京国際映画祭でのQ&Aセッションの内容もご紹介します。


レイフ・ファインズのインタビュー
https://2018.tiff-jp.net/news/ja/?p=50586

『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

5月、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督:レイフ・ファインズ
脚本:デヴィッド・ヘアー
出演:オレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニン、アデル・エグザルコプロス、ルイス・ホフマン、チュルパン・ハマートヴァ、ラファエル・ペルソナ、レイフ・ファインズ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(c)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

この映画の原作となったジュリー・カヴァナ著「Nureyev: The Life」 映画の中に登場するのは、亡命するまでですが、彼の死まで追っており、非常に面白い一冊です。邦訳出してほしいです。

Nureyev: The Life (Vintage)
Nureyev: The Life (Vintage)
posted with amazlet at 19.02.05
Julie Kavanagh
Vintage (2008-11-11)
売り上げランキング: 215,889

より以前の記事一覧