BlogPeople


2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエ(情報)

2018/04/22

YAGP2018結果、シニア男性部門で松浦祐磨さんが1位

世界最大のバレエコンクール、ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)の審査結果が20日、ニューヨークで発表され、15~19歳の男子部門で日本の松浦祐磨さん(15歳)が一位に輝きました。(今年はグランプリは該当なし)

米のバレエ登竜門、15歳の松浦祐磨さんがトップ
https://www.asahi.com/articles/ASL4P2CLZL4PUHBI00G.html

ジュニア(12~14歳)では、女子部門で中島耀さん(13)=墨田区=が、男子部門で末次正樹さん(14)=豊島区=が、いずれも2位に入賞した。また、プリコンペティティブ(9~11歳)では、男女を合わせた最優秀賞「ホープ賞」に梨木玲斗さん(11)=葛飾区=が選ばれた。

松浦祐磨さんは、エンドウ・バレエで元マルセイユバレエの遠藤康行さんに師事しており、9月からロイヤルバレエ学校入学が決まっているとのことです。
昨年の横浜バレエフェスティバルの出演者オーディションで1位になって出演を果たし、今年の横浜バレエフェスティバルのフレッシャーズ・ガラにも出演予定です。

ジュニア部門2位の中島耀さんは、昨年もYAGPのファイナリストでTOP12に選ばれていました。国内のコンクールで多くの賞を受賞しており、先日のチャコット主催のガラ公演「Ballet Rose in Love Story」では、冒頭で主役を張る堂々とした活躍ぶりでした。中島耀さんも、2016年の横浜バレエフェスティバルの出演者オーディションで選ばれ、フレッシャーズ・ガラに出演しています。

YAGPのファイナルは昨年、私も観に行きましたが、出場者は驚くばかりの高い技術を持つ生徒ばかりです。世界のレベルは今ここまで高くなっているのか、と驚かされます。また、ファイナルに残れなかった出場者たちが客席にいるため、観客席は独特の雰囲気があり、超絶技巧が繰り出されると会場内は子どもたちによる大きな歓声に包まれます。そういった中で、教育環境としては決して恵まれていない日本の出場者たちがこれだけの結果を出しているのは素晴らしいことですね。


YAGPの公式サイトで詳しい結果が発表されています。

http://yagp.org/?page_id=7088

シニア部門


グランプリ 該当なし

女子シニア部門

1ST PLACE Elisabeth Beyer 15 Ellison Ballet – Professional Training Program, NY, USA
2ND PLACE Guo Wen Jin 16 Shanghai Dance School, CHINA
3RD PLACE (TIE) Seon Mee Park   18 Korea National University of Arts, KOREA
3RD PLACE (TIE) Basia Rhoden     15 Master Ballet Academy, AZ, USA

TOP 12 WOMEN 女子

Basia Rhoden  15 Master Ballet Academy, AZ, USA
Non Tachibana 立花乃音  15 Aiko Seaman Ballet Studio, JAPAN
Elisabeth Beyer    15 Ellison Ballet – Professional Training Program, NY, USA
Christiana de Blank   15 Hong Kong Youth Ballet Academy, HONG KONG
Nicole Denney   15 Dmitri Kulev Classical Ballet Academy, CA, USA
Bel Pickering   16 Master Ballet Academy, USA/UK
Guo Wen Jin  16 Shanghai Dance School, CHINA
Carolyne Freitas Galvao  17 Bale do Teatro Escola Basileu Franca, BRAZIL
Anaelle Mariat   17 Conservatoire National Supérieur Musique et Danse de Lyon, FRANCE
Heidi Cecilie Christensen   18      Oslo National Academy of the Arts, NORWAY
Seon Mee Park   18 Korea National University of Arts, KOREA
Miu Tanaka 田中美羽   19 John Cranko Schule, GERMANY 


男子シニア部門

1ST PLACE Yuma Matsuura 松浦祐磨  15 Endo Ballet, JAPAN
2ND PLACE Sangmin Lee      19 Korea National University of Arts, KOREA
3RD PLACE (TIE) Pau Pujol             18  Corella Dance Academy, SPAIN
3RD PLACE (TIE) Edvinas Jakonis      17 National M.K. Ciurlionis School of Art, LITHUANIA

TOP 12 MEN 男子

Clark Eselgroth 15   International Ballet Academy, NC, USA
Jonas Malinka-Thompson 15   Ballet West Academy, UT, USA
Yuma Matsuura 松浦祐磨   15   Endo Ballet, JAPAN
Takayuki Moriwaki 森脇崇行  15    Koike Ballet Studio, JAPAN
Joseph Markey 16   Orlando Ballet School, FL, USA
Robert Evin Hyland 17   Wiener Staatsoper Ballettakademie, AUSTRIA
Marcio Mota 17   Escola de Danca do Conservatorio Nacional Portugal,PORTUGAL
Francesco Fasano 17   Ballettschule Theater Basel, SWITZERLAND
Edvinas Jakonis 17   National M.K. Ciurlionis School of Art, LITHUANIA
Sunu Lim 18   Independent, KOREA
Pau Pujol 18   Corella Dance Academy, SPAIN
Sangmin Lee 19   Korea National University of Arts, KOREA


JUNIOR AGE DIVISION ジュニア部門


YOUTH GRAND PRIX グランプリ Antonio Casalinho 14 Academia Annarella, PORTUGAL

女子ジュニア部門

1ST PLACE Jolie Rose Lombardo 14 Orlando Ballet School, FL, USA
2ND PLACE Yo Nakajima 中島耀 13 Symphony Ballet Studio, JAPAN
3RD PLACE Remie Madeleine Goins 13 International City School of Ballet, GA, USA

TOP 12 WOMEN

Ella Kolpakov       12 MorningStar Dance Academy, GA, USA
Emma Topalova   12 Pittsburgh Ballet House, PA, USA
Remie Madeleine Goins  13     International City School of Ballet, GA, USA
Yo Nakajima 中島耀   13 Symphony Ballet Studio, JAPAN
Petra Johnson   13 Peninsula School of Performing Art, CA, USA
Keaton Gillespie   13 Ellison Ballet – Professional Training Program, NY, USA
Emma Spillane   14 The Rock School for Dance Education, PA, USA
Aoi Sawano   14 Nashiki Ballet Studio, JAPAN
Jolie Rose Lombardo    14 Orlando Ballet School, FL, USA
Tia Wenkman 14 Master Ballet Academy, AZ, USA
Lily Turner      14 Southland Ballet, CA, USA
Suyeon An      14 Sunhwa Arts School, KOREA

男子ジュニア部門

1ST PLACE Enrique Emmanuel Vidal 14 Independent, MEXICO
2ND PLACE Masaki Suetsugu 末次正樹     14 Aristo Ballet Studio, JAPAN
3RD PLACE (TIE) Misha Broderick           12 Master Ballet Academy, AZ, USA
3RD PLACE (TIE) Brady Farrar         12 Stars Dance Studio, FL, USA

TOP 6 MEN

Misha Broderick 12 Master Ballet Academy, AZ, USA
Brady Farrar 12 Stars Dance Studio, FL, USA
Darrion Sellman 13 Los Angeles Ballet Academy, CA, USA
Antonio Casalinho 14 Academia Annarella, PORTUGAL
Masaki Suetsugu 14 Aristo Ballet Studio, JAPAN
Enrique Emmanuel Vidal 14 Independent, MEXICO


プリコンペティティブ部門 PRE-COMPETITIVE AGE DIVISION

ホープ賞 HOPE AWARD Reito Nashiki 梨木玲斗 11 Nashiki Ballet Studio, JAPAN

女子 WOMEN

1ST PLACE Rebecca Alexandria Hadibroto  Marlupi Dance Academy, INDONESIA
2ND PLACE Bianca Andreea Badea 11 Liceul de Coregrafie ‘ Floria Capsali “, ROMANIA
3RD PLACE Vera Shpakouskaya 9  Ballet School of Vezhnovets, BELARUS

TOP 12 WOMEN

Natasha Furman 9 Not Your Ordinary Dancers, NJ, USA
Vera Shpakouskaya 9 Ballet School of Vezhnovets, BELARUS
Isabella Howard 10 The Rock Center for Dance, NV, USA
Samantha Maestre Cortez  10 Lapidari Studio de Danca, BRAZIL
Kseniya Kosava 10 Vezhnovets Ballet School, BELARUS
Seojin Yang 11 Seohyunseung Ballet Academy, KOREA
Bianca Andreea Badea 11 Liceul de Coregrafie ‘ Floria Capsali “, ROMANIA
Luciana Delgado Sagioro  11 Petite Danse School of Dance, BRAZIL
Rebecca Alexandria Hadibroto 11 Marlupi Dance Academy, INDONESIA
Elise Cho      11 Southland Ballet Academy, CA, USA
Summer Montenegro  11 Master Ballet Academy, AZ, USA
Muu Sakamoto 坂本夢 11 Abiatt Ballet Studio, JAPAN

男子 MEN

1ST PLACE Corbin Holloway 10 CityDance School and Conservatory, MD, USA
2ND PLACE Paolo Leanza 11 Anime Scalze, ITALY
3RD PLACE Remy D’Ornay 11 Melbourne School of Classical Dance, AUSTRALIA

TOP 6 MEN

Leo Jung Hong Cheng 10 Cheng Ballet Academy, SINGAPORE
Kyuto Kono 河野球人    10 Star Ballet Academy, JAPAN
Corbin Holloway     10 CityDance School and Conservatory, MD, USA
Reito Nashiki 梨木玲斗 11 Nashiki Ballet Studio, JAPAN
Paolo Leanza       11 Anime Scalze, ITALY
Remy D’Ornay 11 Melbourne School of Classical Dance, AUSTRALIA


アンサンブル、パド・ドゥ部門ENSEMBLES

パ・ド・ドゥ クラシック PAS DE DEUX CLASSICAL DANCE CATEGORY

1ST PLACE Don Quixote Korea National University of Arts, KOREA

2ND PLACE Le Corsaire, Act III Academia Annarella, PORTUGAL

3RD PLACE La Sylphide Ballet West Academy, UT, USA

TOP 6

Harlequinade Los Angeles Ballet Academy, CA, USA

Le Corsaire, Act III Academia Annarella, PORTUGAL

Grand Pas Classique International Ballet Academy, NC, USA, Orlando Ballet School, Orlando FL

Le Corsaire Sunhwa Arts High School, Independent, KOREA

La Sylphide Ballet West Academy, UT, USA

Don Quixote Korea National University of Arts, KOREA

以下、アンサンブル部門がありますが、割愛します。

特別賞 SPECIAL AWARDS

傑出した振付家賞 OUTSTANDING CHOREOGRAPHER AWARD

Meaghan McHale


傑出した教師賞 OUTSTANDING TEACHER AWARD


Jolanta Valeikaite
Edward Ellison


シェリー・キング賞 SHELLEY KING AWARD FOR EXCELLENCE


Darrion Sellman 13 Los Angeles Ballet Academy, CA, USA


グリシコ・モデル・サーチ賞 GRISHKO MODEL SEARCH AWARD


Lola Crist Ellison Ballet – Professional Training Program, NY, USA


高い芸術性に対して贈られるナタリア・マカロワ賞 NATALIA MAKAROVA AWARD FOR ARTISTRY


Lily Turner 14 Southland Ballet, CA, USA


ダンスマガジン賞 DANCE MAGAZINE AWARD


Sangmin Lee 19 Korea National University of Arts, KOREA


傑出した学校賞 OUTSTANDING SCHOOL AWARD


Korea National University of Arts, KOREA

2018/04/20

ブノワ賞2018ノミネート発表、近藤亜香さんがノミネート

バレエ界において、非常に権威のあるブノワ賞のノミネートが発表されています。

今年は、オーストラリア・バレエのプリンシパル、近藤亜香さんが、クリストファー・ウィールドン振付「不思議の国のアリス」のタイトルロールで最優秀女性ダンサーにノミネートされています。

また、話題となったボリショイ・バレエの「ヌレエフ」が複数の部門でノミネート。ロシアでの賞で受賞は実現となることでしょうか。演出家のセレブレンニコフはまだ獄中にいます。

http://benois.theatre.ru/english/massmedia/news/

<振付家>
CHOREOGRAPHERS

DEBORAH COLKER – Dog Without Feather, Jorge Dű Peixe/ Berna Ceppas. Deborah Colker Company.
デボラ・コルカー「Dog Without Feather」、デボラ・コルカー・カンパニー

ALEXANDER EKMAN –Play, Mikael Karlsson.
Paris Opera Ballet.
アレクサンドル・エックマン「PLAY」パリ・オペラ座バレエ

MARCO GOECKE – Wir sagen uns Dunkles,Franz Schubert. Netherlands Dans Theater-2.
マルコ・ゲッケ「Wir sagen uns Dunkles」 NDT2

LAURENT HILAIRE/MICHAIL BARYSHNIKOV –Don Quixote, Ludvig Minkus. Rome Opera Ballet.
ローラン・イレール/ミハイル・バリシニコフ「ドン・キホーテ」 ローマ歌劇場バレエ

THIERRY MALANDAIN – Noah, Gioacchino Rossini. Malandain Ballet Biarriz.
ティエリー・マランダン「Noah」、マランダン・バレエ・ビアリッツ

JOHN NEUMEIER –Anna Karenina, Peter Tchaikovsky/Alfred Schnittke/Cat Stevens/Usuf Islam. Hamburg Ballet.
ジョン・ノイマイヤー「アンナ・カレーニナ」、ハンブルク・バレエ

YURI POSSOKHOV – Nureev, Ilya Demutsky.
Bolshoi Theatre of Russia.
ユール・ポソホフ「ヌレエフ」、ボリショイ・バレエ


<女性ダンサー>
BALLERINAS

JURGITA DRONINA – The Title role, La Sylphide, H.Løvenskjold/A.Bournonville;
Juliet, Romeo and Juliet, S.Prokofiev/R.Nureyev.
English National Ballet.
ユルギータ・ドロニナ 「ラ・シルフィード」「ロミオとジュリエット」、イングリッシュ・ナショナル・バレエ

AMANDA GOMES – The Title role, Esmeralda, C.Pugni/J.Perrot, M.Petipa, A.Petrov’s version.Kazan Opera Ballet.
アマンダ・ゴメス 「エスメラルダ」カザン歌劇場バレエ

DREW JACOBY – Pina Bausch,Café Műller, H.Pursell/ P.Bausch. Royal Ballet of Flanders.
ドリュー・ジャコビ 「カフェ・ミュラー」(ピナ・バウシュ)、ロイヤル・フランダース・バレエ

AKO KONDO – Alice, Alice in Wonderland, J.Talbot/Ch.Wheeldon. The Australian Ballet.
近藤亜香、「不思議の国のアリス」、オーストラリア・バレエ

SAE EUN PARK – The Leading part, Diamonds, P.Tchaikovsky/G.Balanchine. Paris Opera Ballet.
パク・セウン、「ダイヤモンド」、パリ・オペラ座バレエ

SVETLANA ZAKHAROVA – Anastasia, Ivan the Terrible,S.Prokofiev/Y. Grigorovich. Bolshoi Theatre of Russia.
スヴェトラーナ・ザハロワ、「イワン雷帝」アナスタシア役、ボリショイ・バレエ


DANCERS
<男性ダンサー>

DANIEL CAMARGO – Shostakovich,Chamber Symphony, D. Shostakovich/A.Ratmansky. Het National Ballet; Solor, La Bayadère, L.Minkus/M.Petipa. The Tokyo Ballet.
ダニエル・カマルゴ 「ショスタコーヴィッチ室内交響曲」オランダ国立バレエ、「ラ・バヤデール」東京バレエ団

ISAAC HERNANDEZ – Basilio,Don Quixote, L.Minkus/L.Hilaire, M.Baryshnikov. Rome Opera Ballet; James, La Sylphide, H.Løvenskjold/A.Bournonville.
English National Ballet.
イザック・エルナンデス 「ドン・キホーテ」ローマ歌劇場バレエ、「ラ・シルフィード」ジェームズ役 イングリッシュ・ナショナル・バレエ

KEVIN JACKSON – Jack/Knave of Hearts, Alice in Wonderland, J.Talbot/Ch.Wheeldon. The Australian Ballet.
ケヴィン・ジャクソン 「不思議の国のアリス」ジャック役、オーストラリア・バレエ

VLADISLAV LANTRATOV –The Title role, Nureev, I.Demutsky/Y.Possokhov. Bolshoi Theatre of Russia.
ウラディスラフ・ラントラートフ 「ヌレエフ」ボリショイ・バレエ

PABLO LEGASA – A Man, Herman Schmerman, T.Willems/W.Forsythe. Paris Opera Ballet
パブロ・レガサ 「ヘルマン・シュメルマン」、パリ・オペラ座バレエ

MARIJN RADEMAKER –Two and Only, M.Benjamin/W.Kuindersma. Het National Ballet.
マライン・ラドマーカー 「Two and Only」オランダ国立バレエ

MICHELE SATRIANO – Don Jose, Carmen, G.Bizet/R.Petit. Rome Opera Ballet.
ミシェル・サトリアーノ 「カルメン」ドン・ホセ役、ローマ歌劇場バレエ


COMPOSERS
<作曲家>

ILYA DEMUTSKY – Nureev, choreography by Y.Possokhov. Bolshoi Theatre of Russia
イリヤ・デムツキー「ヌレエフ」、ボリショイ・バレエ

JORGE DŰ PEIXE/BERNA CEPPAS–Dog Without Feather, choreography by D.Colker. Deborah Colker Company.
JORGE DŰ PEIXE/BERNA CEPPAS「Dog Without Feather」、デボラ・コルカー・カンパニー


SCENOGRAPHERS
<舞台美術家>

GRINGO CARDIA – Dog Without Feather, J.Dű Peixe,B.Ceppas/ D.Colker.
Deborah Colker Company.
グリンゴ・カーディア「Dog Without Feather」、デボラ・コルカー・カンパニー

KIRILL SEREBRENNIKOV – Nureev, I.Demutsky/Y.Possokhov.
Bolshoi Theatre of Russia.
キリル・セレブレンニコフ「ヌレエフ」、ボリショイ・バレエ


なお、審査員は以下の通りです。

Yuri Grigorovich – President.
Eleonora Abbagnato – Etoile of the Paris Opera Ballet, Artistic Director of the Rome Opera Ballet.
Boris Eifman – Artistic Director of St.Petersburg Eifman Ballet.
Nona Esteves – Ex-Prima-ballerina, choreograph and coach of the Municipal Theatre of Rio de Janeiro.
Nicolas Le Riche – Artistic Director of the Royal Swedish Ballet.
David Mcallister – Artistic Director of the Australian Ballet.
Tamara Rojo – Prima-ballerina and Artistic Director of the English National Ballet.
Samuel Wuersten – Director of Holland-Dance Festival.

毎回、審査員が自分のカンパニーのダンサーをノミネートする傾向が高いので、この賞の公平性に関しては疑問がつくところがあります(自分のボーイフレンドをノミネートする某芸術監督とか…)。
しかしそれでもノミネートされることは大きな栄誉です。過去には木田真理子さん、オニール八菜さんが受賞しています。

ボリショイ・バレエのオルガ・スミルノワとジャコポ・ティッシ、米国に入国できず

世界最大のバレエ・コンクール、ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)が現在開催されており、4月20日にファイナルが行われます。

日本からのファイナリストは以下の通りです。(日本以外の出場国で出場している、日本人の出場者もいると思います)

YAGPニューヨーク・ファイナル決選出場者:

◎ジュニア部門男性: 151 林 能矢  172 山本あらた  174 鈴木蒼士  177 末次正樹 
◎ジュニア部門女性: 022 小田那奈  048 中島 耀  077 澤野 葵
◎シニア部門女性・男性:  214 立花乃音  363 松浦祐磨  366 森脇宗行 


さて、このYAGPでは、毎年恒例のガラ公演があります。このコンクールで入賞してプロとして活躍しているダンサーと、今年の入賞者を中心とする華やかなガラです。例年はファイナルの翌日に開催されますが、今年はファイナルの一日前、4月19日に開催となります。
https://davidhkochtheater.com/tickets/reserve.aspx?performanceNumber=5747

Isabella Boylston*  American Ballet Theatre
Daniil Simkin  American Ballet Theatre
Olga Smirnova  Bolshoi Theatre
Jacopo Tissi  Bolshoi Theatre
Alexandra Mukhamedov*  (New York Professional Debut)  Dutch National Ballet
Constantine Allen*  (New York Professional Debut)  Les Grands Ballet Canadiens de Montreal
Kim Kimin*  Mariinsky Ballet
Daniel Ulbricht  New York City Ballet
Liubov Kazantseva  Principal Guest Artist
Evelina Godunova (New York Debut)  Staatsballett Berlin
Lex Ishimoto*  Winner, So You Think You Can Dance, Season 14
Denys Drozdyuk  World Ballroom Champion

*印は、YAGP出場経験者

ところが、このうち、ボリショイ・バレエのオルガ・スミルノワと、ジャコポ・ティッシの米国ビザが下りず、急きょキャンセルとなってしまいました。
Acclaimed Russian ballet dancers denied entry into US
https://pagesix.com/2018/04/18/acclaimed-russian-ballerinas-denied-entry-into-us/

4月10日に、この二人の米国での労働ビザが却下されたと入国管理局のサイトに掲載されています。

この措置は非常に不可解なものです。却下理由として、今回のビザは団体としての申請だったとのことですが、ボリショイからはこの二人だけが、団員というよりは個人の資格で入国してガラで踊る予定でした。オルガ・スミルノワは過去にこのガラ公演にも出演していますし、ボリショイ・バレエの米国ツアーにも参加しています。一方、ジャコポ・ティッシはロシア国民ではなく、イタリア人です。

おそらくは、米国とロシアとの外交関係が緊張していることが理由なのではないかと思われていますが、オルガ・スミルノワはボリショイ・バレエを代表するスター・バレリーナであり、なぜ今回入国できないのかは、まったく意味が分かりません。このガラ公演での目玉となる出演者の一人でした。

なお、同じロシアのカンパニーであるマリインスキー・バレエのキミン・キムもこのガラに出演しますが、無事入国し、イザベラ・ボイルストンのInstagramで「ドン・キホーテ」のリハーサルを行っている映像に映っています。(キミン・キムは5月28日、6月1日にABTの「ラ・バヤデール」公演にゲスト出演する予定)

国際情勢がこのような芸術に影響を及ぼすのは、嫌なことですよね。特にトランプの米国入国関係の政策はまったく馬鹿げているものだと感じられます。


追記:日本語での記事(AFP)も配信されています。

ボリショイのプリマ、米がビザ発給拒否 外交官追放が影響か
http://www.afpbb.com/articles/-/3171830

【4月20日 AFP】ロシアのボリショイ劇場(Bolshoi Theatre)のプリマバレリーナ、オリガ・スミルノワ(Olga Smirnova)さんが、米国のビザ(査証)発給を拒否されたことが分かった。ロシア通信各社が19日、報じた。米ロ間では外交官追放の応酬により大使館の職員数が減っており、劇場側は「実務上の問題」によりビザ発給が間に合わなかった可能性があると説明している。

 スミルノワさんは23日、ニューヨークのリンカーン・センター(Lincoln Center)で公演する予定だったが、国営ロシア通信(RIA)によると、同じくボリショイ劇場のダンサーであるジャコポ・ティッシ(Jacopo Tissi)さんとともに米入国管理当局から就労ビザの発給を拒否された。
 ロシアと欧米諸国の間では、英国でのロシア人元スパイ毒殺未遂事件を受けて英国がロシア外交官を追放したことを皮切りに、外交官の追放合戦が勃発。在ロシア米大使館では職員が大幅に削減された。

 ローレンス・トビー(Laurence Tobey)駐ロシア米領事は19日、ロシア紙ネザビシマヤ・ガゼータ(Nezavisimaya Gazeta)に対し、職員の不足により、ロシア人のスポーツ選手やパイロットへの臨時ビザ発給を保証できなくなったと述べた。

 これに対しロシア外務省は声明で、領事の発言に「困惑している」と述べ、ロシアに圧力をかけるための「追加手段」としてビザ問題を「意図的にでっちあげた」と米国を非難した。(c)AFP

2018/04/18

黄金のマスク賞2018受賞者

ロシアで権威のある舞台芸術の賞、黄金のマスク賞2018の受賞者が発表されています。

http://eng.goldenmask.ru/gm.php?id=143

BALLET/ CONTEMPORARY DANCE バレエ/コンテンポラリーダンス部門

ballet/best production バレエ最優秀作品
SUITE IN WHITE, Stanislavsky and Nemirovich-Danchenko Musical Theatre, Moscow
モスクワ音楽劇場バレエ「白の組曲」(セルジュ・リファール)

contemporary dance/best production コンテンポラリーダンス最優秀作品
IMAGO-TRAP, Provincial Dances Theatre, Yekaterinburg

best conductor 最優秀指揮者
Teodor KURRENTZIS, CINDERELLA, Opera and Ballet Theatre, Perm
ペルミ劇場バレエ「シンデレラ」Teodor KURRENTZIS

best balletmaster/best choreographer 最優秀バレエ・マスター/振付家
Alexei MIROSHNICHENKO, CINDERELLA, Opera and Ballet Theatre, Perm
ペルミ劇場バレエ「シンデレラ」 アレクセイ・ミロシニチェンコ

best actress 最優秀女性ダンサー
Anastasia STASHKEVICH, Novice, THE CAGE, Bolshoi Theatre, Moscow
アナスタシア・スタシュケヴィッチ、ボリショイ・バレエ「檻」(ジェローム・ロビンス)

best actor 最優秀男性ダンサー
Nurbek BATULLA, VOICE OF THE COMMENCEMENT, Foundation of Cultural Initiatives Creative Environment and Theatre project Stone. Cloud. Bird, Kazan

ペルミ劇場バレエのアレクセイ・ミロシニチェンコは、この賞においては常連の受賞者となっています。NYCBへ作品を提供したこともあるそうです。アンドレイ・メルクリエフに提供した「アダージオ」は日本のガラで踊られたこともあります。

ボリショイだけじゃない:ロシアのバレエの殿堂はほかにも多数
https://jp.rbth.com/arts/79638-bolshoi-dake-ja-nai

また、モスクワ音楽劇場バレエは、ローラン・イレールが芸術監督となったことでフランス的な作品が多くレパートリー入りし、今回「白の組曲」が最優秀作品に選ばれました。



なお、オペラ部門においては、話題となる結果が出ました。

best director 最優秀演出家
Kirill SEREBRENNIKOV, CHAADSKY, Helikon-Opera, Moscow
キリル・セレブレンニコフ

このキリル・セレブレンニコフは、大きな話題となったボリショイ・バレエの「ヌレエフ」の演出家であり、現在も投獄中です。

2018/04/14

マリインスキー・バレエの「ロミオとジュリエット」4月20日の公演がネット中継

マリインスキー・バレエの「ロミオとジュリエット」4月20日の公演がネット中継されます。

https://mariinsky.tv/e

日本時間21日午前1時。バレエ団のゲンナディ・セリュツキー先生の80歳記念公演でキャストが幕ごとに替わります。イワンチェンコ、コールプはセリュツキーの教え子ですね。

Juliet: Viktoria Tereshkina (act I), Anastasia Matvienko (act II), Olesya Novikova (act III)
Tybalt: Dmitry Pykhachov (act I), Danila Korsuntsev (act II)
Romeo: Yevgeny Ivanchenko (act I) , Andrei Yermakov (act II), Igor Kolb (act III)
Mercutio: Alexei Timofeyev (act I), Alexander Sergeev (act II)
Jester: Daniil Lopatin
Juliet’s companion: Svetlana Ivanova
Troubadour: Yevgeny Konovalov

Mariinsky Ballet and Orchestra
Conductor: Boris Gruzin


なお、前回のネット中継、やはり幕ごとにキャストが替わった「愛の伝説」もまだ全編視聴することができます。これはRadjepmyrat Abdyev先生の70歳のお誕生日を祝うものです。

Shyrin: Olesya Novikova (act I), Elena Yevseyeva (act II), Kristina Shapran (act III)
Ferkhad: Timur Askerov (act I, II), Andrei Yermakov (act III)
Mekhmeneh Bahnu: Ekaterina Kondaurova (act I), Viktoria Tereshkina (act II), Anastasia Matvienko (act III)
Vizier: Alexander Romanchikov
Ferkhad’s friends: Victor Caixeta, Ramanbek Beishenaliev, Yaroslav Pushkov , Vyacheslav Gnedchik
Gold: Renata Shakirova
Jester: David Zaleyev


2018/04/09

ローレンス・オリヴィエ賞2018の受賞者

その年に上演された優れた演劇・オペラに与えられる賞であり、イギリスで最も権威があるとされているローレンス・オリヴィエ賞が発表されました。今年で第42回となります。

https://officiallondontheatre.com/olivier-awards/year/2018/

ダンス関係のみを抜粋すると、


最優秀新制作ダンス作品賞

受賞作品 
Flight Pattern by Crystal Pite at Royal Opera House 
「フライト・パターン」クリスタル・パイト振付、ロイヤル・バレエ

ノミネート作品
Goat by Ben Duke for Rambert Dance Company at Sadler’s Wells
Grand Finale by Hofesh Shechter at Sadler’s Wells
Tree Of Codes by Wayne McGregor and The Paris Opera Ballet at Sadler’s Wells

ダンスにおける傑出した功績賞

受賞者
Francesca Velicu for her performance in English National Ballet’s production of Pina Bausch’s Le Sacre Du Printemps at Sadler’s Wells
フランチェスカ・ヴェリク(イングリッシュ・ナショナル・バレエ) ピナ・バウシュ「春の祭典」のパフォーマンスに対して

ノミネート
Rocío Molina for pushing the boundary of flamenco in Fallen From Heaven (Caída Del Cielo) at Barbican Theatre
Zenaida Yanowsky for her performance in Liam Scarlett’s Symphonic Dances at Royal Opera House


最優秀舞台振付家

受賞者
Andy Blankenbuehler for Hamilton at Victoria Palace Theatre
「ハミルトン」 Andy Blankenbuehler

ノミネート
Bill Deamer for Follies at National Theatre – Olivier
Kate Prince for Everybody’s Talking About Jamie at Apollo Theatre
Randy Skinner for 42nd Street at Theatre Royal Drury Lane
Christopher Wheeldon for An American In Paris at Dominion Theatre

全体で言えば、「ハミルトン」が最多7部門受賞を果たしました。(トニー賞では11部門を受賞しています)


クリスタル・パイトは、近年多くの賞に輝いていて、いま世界的にも最も売れっ子の振付家と言っても良いでしょう。
「フライト・パターン」は難民問題に題材を取った作品です。Dance Tabsで2017年のベスト作品に選ばれる、ガーディアン紙で5つ星など、絶賛を浴びました。

なお、今年12月に彩の国さいたま芸術劇場で上演されるOptoのoptofile_touchでは、クリスタル・パイトの「The Other You」が上演されます。


ENBのフランチェスカ・ヴェリクは、ルーマニア出身でボリショイ・アカデミー出身。ルーマニア国立バレエで踊ったのち、2016年に移籍してきました。まだプロのダンサーとしてのキャリアは3年という非常に若いダンサーで、地位もまだコール・ド・バレエ(ファースト・アーティスト)です。ピナ・バウシュの「春の祭典」の生贄という大役に抜擢されて高い評価を得ました。

2018/03/27

ハンブルク・バレエ、ジョン・ノイマイヤーの芸術監督の任期は2023年まで延長

ハンブルク・バレエは、芸術監督であるジョン・ノイマイヤーの任期が2023年まで延長されたことを発表しました。

https://www.hamburgballett.de/en/news/vertrag_2018.php?m=1522060309&

ハンブルク州立劇場の役員会と、ハンブルク州議会の委員会は、ジョン・ノイマイヤーの、ハンブルク・バレエにおける芸術監督と主任振付家としての契約を、現行の2019年までの契約から4年延長しました。ハンブルク市の名誉市民であるジョン・ノイマイヤーは、1973年からハンブルク・バレエの芸術監督兼主任振付家を務めており、また1996年からはバレエ団の総監督(ジェネラル・マネージャー)の地位にもあります。

ノイマイヤーのリーダーシップの下、ハンブルク・バレエは最も重要で国際的にも高名な文化機関となりました。最近では日本公演で観客の熱狂的な反響を得て、また先週ノイマイヤーは、新作「アンナ・カレーニナ」をボリショイ劇場にて、ボリショイ・バレエのカンパニー初演を果たしました。(これは2017年7月にハンブルク州立劇場で初演したもので、ボリショイ、カナダ・ナショナル・バレエとの共同制作作品となります)
ジョン・ノイマイヤーとハンブルグ・バレエの創造的なエネルギーはハンブルクにおいて引き続き進化し続け、国際的なツアー公演を通してハンザ同盟のハンブルク市の文化的な大使としても機能します。

2018-19シーズンにおいては、ダンサーの人員も3人増加することが認められました。さらに、ハンブルク市は、ドイツ、ナショナル・ユース・バレエの機関としての基礎を確かなものとし、世界で最も大きな個人蔵のダンスコレクションを所有するジョン・ノイマイヤー財団が長期にわたって継続できることを保証しました。

ノイマイヤーのコメント
「すでに45年間、ハンブルク・バレエの芸術監督でありましたが、今もなお、私の人生の中でこの地位は特別に魅惑的な役割であると感じています。芸術家であり振付家であり、ハンブルク・バレエの総監督であり、そしてハンザ同盟自由市のハンブルクの名誉市民である私にとって。今の私は精神的にも肉体的にも健康であって、バレエ団の未来に向けての先々の計画を進めて行くことができます。ハンブルク・バレエの芸術監督の任期を4年間延長するという私の結論に伴い、例えば東京、モスクワ、ウィーンにおけるツアーのパートナーからも様々な期待を寄せられました。ハンブルク・バレエの最大の目的は、地盤であるハンブルク市の芸術生活を豊かにすることであるのは疑いようがありませんが、私のリーダーシップの下で、バレエ団は国際的なダンスシーンにおける顕著な部分を担うに至りました。この名誉ある役割を、副芸術監督であるロイド・リギンスと共に2023年まで続けることは、私にとっては特別な意味があることです」

ジョン・ノイマイヤーは1973年にハンブルク・バレエの芸術監督に任命され、存命中の、世界で最も長期にわたってバレエ団の芸術監督を務めている人物です。2007年にハンザ同盟自由市であるハンブルク市の名誉市民となるなど、様々な名誉や賞を受けています。ハンブルグ・バレエは、ノイマイヤーの振付作品全158作品をレパートリーとしており、5大陸の30か国において、331回ツアーを行い、1000公演以上行っています。

なお、ハンブルグ・バレエの2018-19シーズンも発表されています。

シーズンプログラム
https://www.hamburgballett.de/downloads/vorschau/vorschau_ballett_18_19.pdf?m=1522138788&

シーズンの主要な内容
https://www.hamburgballett.de/de/news/editorial.php

この新シーズンにおいて、ジョン・ノイマイヤーは80歳となります。彼の人生を振り返るようなプログラムとなり、「Lifelines」というテーマが設定されています。

新制作としては、"Brahms / Balanchine"
これは、ジョージ・バランシンの作品 「Liebeslieder Walzer(ワルツ集 「愛の歌」)」と「Brahms-Schoenberg Quartet (〔ブラームス・シェーンベルク・カルテット)」のダブルビルです。ノイマイヤーは、古典バレエを現代的な表現へと発展させたバランシンにオマージュを捧げています。

また、ノイマイヤーの新作としては、テネシー・ワルツ原作の『ガラスの動物園』のバレエ化があります。ノイマイヤーはすでにテネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』をバレエ化して成功を収めています。

レパートリー作品としては、マリウス・プティパの生誕200周年を記念して、「くるみ割り人形」、「幻想~白鳥の湖のように」、「ドン・キホーテ」(ヌレエフ振付)というプティパ作品をベースにした作品を上演します。

2018年はレナード・バーンスタインとジェローム・ロビンスの生誕100周年でもあり、"Amber Dances"と"Chopin Dances"が上演されます。

さらに、ノイマイヤーにインスピレーションを与えた様々な芸術にオマージュを捧げた作品が上演されます。
コンサート音楽("Beethoven Project", "All Our Yesterdays": "The Knaben Wunderhorn"、"マーラー交響曲5番"
文学作品(「アンナ・カレーニナ」「椿姫」)
オラトリオ (「クリスマス・オラトリオ」)
オペラ(「オルフェオとエウリディーチェ」)

そしてノイマイヤーが「魂の伝記」として、特別な作品として位置付けているのが「ニジンスキー」。ノイマイヤーにとってニジンスキーは、振付家として、そして蒐集家としても、つねに消失点として存在し続けています。ハンブルク市に予定している新しいバレエ研究機関の中心的な存在としたいとも考えているとのことです。

このビジョンを具現化するために、ノイマイヤーは自身の80歳の誕生日を記念した特別なガラ公演も行う予定です。


ツアー公演は

バーデンバーデン 祝祭劇場

「バーンスタイン・ダンス」
2018年10月6,7日
「アンナ・カレーニナ」
10月12,13,14日
バレエ・ワークショップ(ノイマイヤーが指導)
10月7日

香港(香港芸術祭2019)

「くるみ割り人形」
「ジョン・ノイマイヤーの世界」
「ベートーヴェン・プロジェクト」(ノイマイヤー振付)


恒例のバレエ週間2019、ゲストカンパニーはオランダ国立バレエ(ハンス・ファン・マネン作品を上演、6月25日、26日)そしてニジンスキー・ガラは6月30日です。

*****
もうすぐ80歳となろうとしており、任期末には83歳になるというノイマイヤーですが、まだまだ創作意欲は衰えず、バレエの未来を見据えています。先日の来日公演でも、相変わらず若々しく、活力にあふれていました。

バレエ 「ニジンスキー」 (全2幕) (Nijinsky ~ A Ballet by John Neumeier / Hamburg Ballet | John Neumeier) [Blu-ray] [輸入盤] [日本語帯・解説付]バレエ 「ニジンスキー」 (全2幕) (Nijinsky ~ A Ballet by John Neumeier / Hamburg Ballet | John Neumeier) [Blu-ray] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

C Major / King International 2018-02-20
売り上げランキング : 33754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2018/03/25

マシュー・ボーン「白鳥の湖」の初演王子、スコット・アンブラー逝去

マシュー・ボーン振付の名作「白鳥の湖」の初演で王子役を繊細に演じ、その後もボーン作品に出演、また振付家としても活躍したスコット・アンブラーが亡くなりました。まだ57歳という若さでした。

https://www.theguardian.com/stage/2018/mar/23/scott-ambler-obituary

1960年に生まれ、19歳という遅い年齢でダンスを学び始めたアンブラーは、ランベール・スクールを卒業し、1991年にマシュー・ボーンのアドベンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ(現在のニュー・アドベンチャーズ)に参加し、エッタ・マーフィットとともに重要なメンバーとなります。「The Infernal Galop」や「Town and Country」、そして「ハイランド・フリング(愛と幻想のシルフィード)」のジェームズ役、「くるみ割り人形」といった初期の作品に出演後、1995年に初演された「白鳥の湖」に出演しました。

アンブラーの王子は、女王に愛されず、高い社会的な地位にも関わらず自信を失って傷ついた青年が、真実の愛を求めてさまよっており、この深みのある複雑な役柄に魂を吹き込んだ彼の演技は、この作品を永遠の名作たらしめました。アダム・クーパーのカリスマ性あふれるザ・スワンと共に、ボーンの「白鳥の湖」はセンセーションを呼び、その名声は世界を駆け巡りました。

年齢を重ねてアンブラーが演じた役も変わっていき、「くるみ割り人形」の孤児院長や「ザ・カーマン」のラナの夫役、「シザー・ハンズ」のキムの父親役などを演じましたが、その高い演技力は常に大きな印象を残しています。単なる悪役にとどまらず、その役に思わず同情してしまうような弱さや優しさを感じてしまうのでした。

21世紀に入り、アンブラーは自ら作品を振付けたいという想いを抱くようになり、次第にニューアドベンチャーズの仕事から離れて、主に演劇の舞台での振付家として成功を収めるようになり、ロイヤル・シェイクスピア・シアターの作品の振付も手掛けました。その一方でボーンとの友情や協力関係は続き、2011年には、英国内数か所で上演されたボーンの作品「蠅の王」に、ダンス未経験者をキャスティングした際の振付指導者に任命され、素晴らしい手腕を発揮しました。このたび、ボーンは彼に「創立メンバーで副芸術監督」の肩書が与えました。

ニューアドベンチャーズの公式サイトでは、マシュー・ボーンによる、愛にあふれた追悼文を読むことができます。
https://new-adventures.net/news/scott-ambler-1960-2018-a-tribute

ボーン曰く、スコット・アンブラー以上にニューアドベンチャーズののレジェンドという肩書にふさわしいものはなく、その寛大な精神、やさしさ、忠実さ、誇りを持って仕事に取り組む姿勢、魅力的なエキセントリックさ、可笑しさは、彼と働いた人々にとっては伝説となっていたとのことです。

全てのニューアドベンチャーズの公演の中に、スコットの精神は息づいているし、カンパニーのメンバー全員に彼の素晴らしさを記憶し伝えて行ってほしいとボーンは語っています。

私もスコット・アンブラーの「白鳥の湖」の王子は映像ですが観ることができ、その演技によって何回も涙を流しました。彼の名演技は、アダム・クーパーの魅惑的な熱演とともにDVDにも収録されています。また、「シザーハンズ」「プレイ・ウィズアウト・ワーズ」「くるみ割り人形」といった作品では直に演技を観ることもできました。温かい人柄で多くの人々に愛された彼がこんなにも早く逝ってしまうとは衝撃ですが、今頃彼の魂は、ザ・スワンの腕に抱かれて安らかであることでしょう。

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]

ワーナーミュージック・ジャパン 2012-03-07
売り上げランキング : 16791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2018/03/22

英国ロイヤル・バレエ 2018-19シーズン、2019年夏に来日公演が予定

英国ロイヤル・バレエの2018-19シーズンが発表されています。

http://www.roh.org.uk/news/royal-opera-house-2018-19-season-announced

世界初演の新作は5作品ありますが、すべて1幕もの。

★アラステア・マリオット振付作品で、Dario Marianelliに音楽を委嘱した1幕もの作品。
★シディ・ラルビ・シェルカウイの新作
Aletta Collins振付、David Sawerに音楽を委嘱した作品(リンバリー劇場)
★リアム・スカーレット振付による、ロイヤル・バレエ・スクールのための1幕もの作品
★ウェイン・マクレガーの全幕の新作の最初の幕。ロサンゼルス公演で初演。Thomas Adèsに音楽を委嘱した作品で、LAフィル、ロサンゼルス・ミュージックセンター、ロイヤル・バレエ、ウェイン・マクレガー・カンパにーによる共同制作。


再演作品
19世紀の古典作品 「ラ・バヤデール」(マカロワ)、「ドン・キホーテ」(アコスタ)、「くるみ割り人形」(ライト)

20世紀作品 「火の鳥」(フォーキン)、「スケートをする人々」(アシュトン)、「二羽の鳩」(アシュトン)、「田園の出来事」(アシュトン)、「三人姉妹」(マクミラン)、「マイヤリング」(マクミラン)、「ロミオとジュリエット」(マクミラン)、「ザ・コンサート」(ロビンス)、「シンフォニー・イン・C」(バランシン)

現代作品の再演
「アスフォデルの花畑」「フランケンシュタイン」(リアム・スカーレット)、「Within the Golden Hour」(ウィールドン振付、ジャスパー・コンランによる新しい舞台美術)、「インフラ」(ウェイン・マクレガー)、「フライト・パターン」(クリスタル・パイト)

スケジュール的には以下の通りとなります。


「マイヤリング」10月8日~30日

「ラ・バヤデール」11月1日~17日

「インフラ」、「The Unknown Soldier」(マリオット新作)、「シンフォニー・イン・C」11月20日~11月29日

「くるみ割り人形」12月3日~1月15日

「スケートをする人々」「三人姉妹」「ザ・コンサート」12月18日~1月4日

「アスフォデルの花畑」 「二羽の鳩」1月18日~2月13日

ロイヤル・バレエ・スクールのためのスカーレットの新作、「二羽の鳩」2月12日~16日

「ドン・キホーテ」2月15日~4月4日

「フランケンシュタイン」3月5日~23日

「ロミオとジュリエット」3月26日~6月11日

「Within the Golden Hour」、シディ・ラルビ・シェルカウイ新作、「フライト・パターン」5月8日~21日

「火の鳥」「田園の出来事」「シンフォニー・イン・C」6月4日~14日

ロサンゼルス公演(マクレガー新作)

このほかに、リンバリー・スタジオでの公演が別途発表予定です。


なお、プレスリリースによれば、2019年夏に来日公演があるそうです。
https://s3-eu-west-1.amazonaws.com/static.roh.org.uk/for/pdfs/press-releases-17-18/PRESS-RELEASE-THE-ROYAL-BALLET-2018-2019-SEASON.pdf

また、恒例のワールド・バレエ・デーライブは10月2日に行われます。


ロイヤル・オペラハウスシネマシーズン
の予定作品も発表されています。

「マイヤリング」– 15 October 2018
「ラ・バヤデール」– 13 November 2018
「くるみ割り人形」 – 3 December 2018
「ドン・キホーテ」 – 19 February 2019
「Within the Golden Hour」、シディ・ラルビ・シェルカウイ新作、「フライト・パターン」– 16 May 2019
「ロミオとジュリエット」 – 11 June 2019

こちらの顔ぶれも楽しみですね。日本の映画館でも無事全作品観られますように。


新しいシーズンは、一幕ものが多いとはいえ、新作が5作品あるという意欲的なもの。アシュトン、マクミランというカンパニーの財産も大事にしている印象です。ただし、女性振付家の作品は少なく、リンバリー・スタジオでのAletta Collinsの作品と、クリスタル・パイトの「フライト・パターン」のみです。

2018/03/08

芸術選奨文部科学大臣賞に佐東利穂子さん、同新人賞福岡雄大さん

平成29年度(第68回)芸術選奨文部科学大臣賞・同新人賞が決定しました。

http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1401983.html


◆文化庁 芸術選奨とは
優れた業績を上げた芸術家等の功績をたたえるための賞で、昭和25年度に発足した。演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術の11分野において、その年に優れた業績をあげ、新生面を開いた人に贈られる賞。芸術選奨文部科学大臣賞または芸術選奨文部科学大臣新人賞がある。

舞踊部門の文部科学大臣賞は佐東利穂子(ダンサー)、西川箕乃助(日本舞踊家)、同新人賞は福岡雄大(バレエダンサー)に決定しています。

佐東利穂子さん

http://www.st-karas.com/news_jp/%E4%BD%90%E6%9D%B1%E5%88%A9%E7%A9%82%E5%AD%90-%E8%8A%B8%E8%A1%93%E9%81%B8%E5%A5%A8-%E6%96%87%E9%83%A8%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E8%87%A3%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89/


【贈賞理由】

「トリスタンとイゾルデ」ほかの成果

佐東利穂子氏の「トリスタンとイゾルデ」におけるダンスはまさに圧巻であった。屹立(きつりつ)する身体の絶え間ない変容は時空を越え、身体を使って表現するアーティストとして未踏の領域に入ったと言うことができる。独自の振付言語と一貫した美意識を貫く勅使川原三郎氏と長年に亘り活動を共にしてきた氏が、身体に対する深い思考によって新たな地平を切り拓(ひら)いた成果は、「静か」「顔」にも鮮やかに現れ、大きな飛躍を見せた一年となった。



福岡雄大さん
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/26_012081.html


【贈賞理由】

「コッペリア」ほかの成果

福岡雄大氏は、早くから男性的で高度な舞踊技術、明朗で好感の持てる個性で注目を集めてきたダンサーである。近年は表現力や主役としての風格の点で急成長を見せており、平成29年は所属する新国立劇場バレエ団の全プログラムに主演。「コッペリア」フランツ役の洒脱(しゃだつ)さ、「ジゼル」アルべルト役の高貴な悲劇性をはじめ、役柄の深い理解によって作品を牽引(けんいん)し、舞台全体の成果を高めるような名演が相次いだ。日本のバレエ界をリードする存在として、さらなる飛躍が期待される。

より詳しい経過はこちらにあります。


舞踊部門は,文部科学大臣賞13名(選考審査員から8名,推薦委員から5名)文部科学大臣新人賞13名(選考委員から7名,推薦委員から6名)の推薦があった。第一次選考審査会の結果,それぞれの賞の各々5名が第二次選考審査会に残された。
両次共に緻密かつ活発な議論が交わされ,殊に文部科学大臣賞の第二次選考審査会は長時間に及んだ。そのような中で候補者は3名に収斂(しゅうれん)し,日本舞踊の西川箕乃助氏が年間の活動と斯界(しかい)における牽引的な役割が共に評価されてまず決まった。もう1名については更に議論が続き,平成29年の成果を改めて丹念に審議,国際的な活動や将来性において一歩抜きんでた,ダンサーの佐東利穂子氏が選ばれた。
文部科学大臣新人賞は,福岡雄大氏が同29年の圧倒的な舞台成果に多くの推薦を得て選出に至った。


勅使川原三郎さんの作品で活躍する佐東利穂子さんは、追従する者がいないほどのダンサーとしての高みに上り詰めた至高のアーティストと言ってよいでしょう。年々、表現力も精神性も身体性も進化し続け、彼女にしかできない圧倒的なカリスマ性を持っています。非常に多作な上、海外での活動も多い勅使川原さんにとってなくてはならない存在であり、どのパフォーマンスを見逃してもならないほどです。

福岡雄大さんは、文字通り新国立劇場バレエ団、そして日本を代表するバレエダンサーに成長しました。特に小野絢子さんとのパートナーシップは多くの人を魅了しています。この週末の、日本バレエ協会の「ライモンダ」では、アブデラクマンを演じるとのことで、新境地が見られることでしょう。

より以前の記事一覧