BlogPeople


2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエ(情報)

2019/02/19

第19回英国ナショナル・ダンス・アワード受賞者

2017年9月1日から2018年8月31日までの間に英国で行われた公演を対象とし、500もの対象から絞り込まれたものです。Dance Section of the Critics’ Circleという60人の批評家からなる団体が選んだ第19回英国ナショナル・ダンス・アワード、受賞式が行われ、受賞者が発表されました。対象となったダンサーは396人を数えます。



DANCING TIMES AWARD FOR BEST MALE DANCER  最優秀男性ダンサー
ワディム・ムンタギロフ (ロイヤル・バレエ)


BEST FEMALE DANCER 最優秀女性ダンサー 
マリアネラ・ヌニェス (ロイヤル・バレエ)


STEF STEFANOU AWARD FOR OUTSTANDING COMPANY 傑出したカンパニー
クラウド・ゲイト・ダンス・シアター(台湾)


BEST INDEPENDENT COMPANY 最優秀インディペンデントカンパニー

ラッセル・マリファント・カンパニー



BEST CLASSICAL CHOREOGRAPHY 最優秀古典振付賞

キャシー・マーストン、バレエ・ブラック「The Suit」


BEST MODERN CHOREOGRAPHY 最優秀現代振付賞

クリスタル・パイト、NDT1「The Statement」


EMERGING ARTIST AWARD 新人アーティスト賞
プレシャス・アダムズ (イングリッシュ・ナショナル・バレエ)


OUTSTANDING FEMALE MODERN PERFORMANCE 傑出した女性モダン・ダンサー
ロシオ・モリーナ Cía Rocio Molina/Dance Umbrella ‘Caída del Cielo/Fallen from Heaven’



OUTSTANDING MALE MODERN PERFORMANCE 傑出した男性モダン・ダンサー

アクラム・カーン ‘Xenos’


OUTSTANDING FEMALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した女性クラシック・ダンサー

アリーナ・コジョカル 「眠れる森の美女」 (イングリッシュ・ナショナル・バレエ)


OUTSTANDING MALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した男性クラシック・ダンサー
José Alves ‘The Suit’ (Ballet Black)


OUTSTANDING CREATIVE CONTRIBUTION 傑出したクリエーションへの貢献
ルーシー・カーター (照明デザイナー) ”Yugen”などマクレガー作品の照明をデザイン


De Valois Award for Outstanding Achievement 傑出した芸術への貢献に与えられるニネット・ド・ヴァロワ賞

マーク・ボールドウィン (ランベールの前芸術監督)


ロイヤル・バレエを代表する黄金ペアとなったマリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフが揃って最優秀ダンサー賞を受賞。
傑出したカンパニーには、台湾のクラウド・ゲート・ダンス・シアター(雲門舞集)が選ばれました。

最優秀現代振付賞には、今最も注目される振付家であるクリスタル・パイトの「The Statement」、これは今年の7月に予定されているNDTの来日公演でも上演されますので、必見です。


(The Statement全編は、4月26日までこのリンクで視聴できます)

ENBからは、傑出した女性クラシック・ダンサーにアリーナ・コジョカル、新人賞にプレシャス・アダムズ

ダンサーを引退し振付家に専念するアクラム・カーンが、 ‘Xenos’で傑出した男性モダン・ダンサーに選ばれました。


<ノミネート・リスト>


DANCING TIMES AWARD FOR BEST MALE DANCER  最優秀男性ダンサー

Miguel Altunaga (Rambert)
Akram Khan (Akram Khan Company)
Brandon Lawrence (Birmingham Royal Ballet)
Vadim Muntagirov (The Royal Ballet)
Javier Torres (Northern Ballet)


BEST FEMALE DANCER 最優秀女性ダンサー 

Alina Cojocaru (English National Ballet)
Jurgita Dronina (English National Ballet)
Dana Fouras (Russell Maliphant Company)
Rocío Molina (Cía Rocio Molina/Dance Umbrella)
Marianela Nuñez (The Royal Ballet)


STEF STEFANOU AWARD FOR OUTSTANDING COMPANY 傑出したカンパニー

Cloud Gate Dance Theatre of Taiwan
Dresden Semperoper Ballett
Northern Ballet
The Royal Ballet
Scottish Ballet



BEST INDEPENDENT COMPANY 最優秀インディペンデントカンパニー

[Sponsored by Dansez]

Ballet Black
BalletLORENT
Lost Dog
Russell Maliphant Company
Yorke Dance Project


BEST CLASSICAL CHOREOGRAPHY 最優秀古典振付賞

[Sponsored by The Ballet Association]

William Forsythe for ‘Playlist (Track 1,2)’ (English National Ballet)
Cathy Marston for ‘The Suit’’ (Ballet Black)
Wayne McGregor for ‘Yugen’ (The Royal Ballet)
Liam Scarlett for ‘Swan Lake’ (The Royal Ballet)
Christopher Wheeldon for ‘Corybantic Games’ (The Royal Ballet)


BEST MODERN CHOREOGRAPHY 最優秀現代振付賞

Ben Duke for ‘Goat’ (Rambert)
Lin Hwai-min for ‘Formosa’ (Cloud Gate Dance Theatre of Taiwan)
Akram Khan for ‘Xenos’ (Akram Khan Company)
Russell Maliphant for ‘maliphantworks 2’ (Russell Maliphant Company)
Crystal Pite for ‘The Statement’ (Nederlands Dans Theater 1)


EMERGING ARTIST AWARD 新人アーティスト賞
[Sponsored by The L&M Trust]

Precious Adams (First Artist, English National Ballet)
Maya Jilan Dong (Choreographer & Dancer /Portraits of Otherness, Akram Khan Company)
Daniel McCormick (Artist, English National Ballet)
Joseph Sissens (First Artist, The Royal Ballet)
Vanessa Vince-Pang (Dancer, Phoenix Dance Theatre)


OUTSTANDING FEMALE MODERN PERFORMANCE 傑出した女性モダン・ダンサー
[Sponsored by DWFM Beckman]

Eleanor Duval as Lady Macbeth in ‘Macbeth’ (Mark Bruce Company)
Rocío Molina in ‘Caída del Cielo/Fallen from Heaven’ (Cía Rocio Molina/Dance Umbrella)
Vidya Patel in ‘Usne kha tha/The Troth’ (Akādemi)
Ashley Shaw in the title role as ‘Cinderella’ (New Adventures)
Solène Weinachter as Juliet in ’Juliet and Romeo’ (Lost Dog)


OUTSTANDING MALE MODERN PERFORMANCE 傑出した男性モダン・ダンサー

Miguel Altunaga in ‘Goat’ (Rambert)
Jonathan Goddard in the title role as ‘Macbeth’ (Mark Bruce Company)
Akram Khan in ‘Xenos’ (Akram Khan Company)
Russell Maliphant in ‘maliphantworks 2’ (Russell Maliphant Company)
Dickson Mbi in ‘maliphantworks 2’ (Russell Maliphant Company)



OUTSTANDING FEMALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した女性クラシック・ダンサー

[Sponsored by Lee McLernon]

Precious Adams as Calliope in ‘Elite Syncopations’ (Kenneth MacMillan: A National Celebration/English National Ballet)
Alina Cojocaru as Aurora in ‘The Sleeping Beauty’ (English National Ballet)
Constance Devernay as The Fairy in ‘Le Baiser de la fée’ (Scottish Ballet)
La Chana in ‘Gala Flamenca/La Chana’ (Flamenco Festival)
Marianela Nuñez as Odette/Odile in ‘Swan Lake’ (The Royal Ballet)


OUTSTANDING MALE CLASSICAL PERFORMANCE 傑出した男性クラシック・ダンサー
[Sponsored by The London Ballet Circle]

José Alves in ‘The Suit’ (Ballet Black)
Sergio Bernal in ‘The Swan’ in Russian Ballet Icons Gala (Ensemble Productions)
Brandon Lawrence as Pan in ‘Arcadia’ (Birmingham Royal Ballet)
Andrew Peasgood as The Young Man in ‘Le Baiser de la fée’ (Scottish Ballet)
Aaron Robison in ‘Playlist (Track 1, 2)’ (English National Ballet)


OUTSTANDING CREATIVE CONTRIBUTION 傑出したクリエーションへの貢献

Lucy Carter (Lighting Designer)
Viviana Durante (Producer, Steps Back in Time)
Philip Feeney (Composer/Music Arranger/Pianist)
John Macfarlane (Designer)
Gavin Sutherland (Conductor/Music Arranger/Musical Director)

2019/02/10

第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝結果 佐々木須弥奈さんが3位入賞

第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの決勝が行われ、結果が発表されました。

https://www.prixdelausanne.org/fr/laureats-2019/

1位 マッケンジー・ブラウン (アメリカ、プリンセス・グレース・アカデミー、16歳)
2位 Gabriel FIGUEREDO (ブラジル、ジョン・クランコ・スクール、18歳)
3位 佐々木須弥奈 (日本、チューリッヒ・ダンス・アカデミー、18歳)
4位 脇塚優 (日本、ハンガリーダンスアカデミー、17歳)
5位 Shuailun WU (中国、北京舞踊学院、17歳)
6位 ジョア・ヴィトール・ダ・シルヴァ (ブラジル、Ballet Vortice 15歳)
7位 アレクサンダー・ジョアキム (ポルトガル、ロゼラ・ハイタワー国際ダンスセンター、18歳)
8位 住山美桜  (日本、チューリッヒ・ダンス・アカデミー、18歳)

コンテンポラリー賞 マッケンジー・ブラウン
観客賞 マッケンジー・ブラウン
Web観客賞 Jihyun CHOI  (韓国、ソウル芸術高校、16歳)
ヌレエフ財団の若い才能賞 ジュリア・シュガ (アメリカ、All American Classical Ballet School、16歳)
ベスト・スイス賞 佐々木須弥奈

今年はコンテンポラリーの出来がかなり重視された感じでした。課題曲も、ウェイン・マクレガーの「クローマ」と「ウルフ・ワークス」、ジャン・クリストフ・マイヨー作品など、かなり難しい作品が多かったように感じられます。そのため、シニアが上位受賞者の大半を占めていたわけですが、16歳のマッケンジー・ブラウンが3つの賞を獲って1位に。その見事なコンテンポラリーの才能は、やはり際立っていました。昨年1位のシェール・ワグマンも、やはりプリンセス・グレース・アカデミー。永久メイさんも、ここの出身です。

また2位のGabriel FIGUEREDOも、とても柔軟性と身体能力にすぐれて、ずば抜けた才能を発揮していました。

こういう素晴らしい才能の中で、日本からの出場者が3人入賞したのは快挙だと言えます。3位の佐々木須弥奈さんは、佐々木大さんの娘さん。お姉さんの佐々木夢菜さん、お兄さんの佐々木嶺さんもプロのダンサーとして活躍しています。古典(「エスメラルダ」)ばかりでなく、やはりマクレガーの「クローマ」を見事に踊りこなしていました。

あと、6位入賞のジョア・ヴィトール・ダ・シルヴァの身体能力の素晴らしさには目を瞠りました。まだとても若いけど伸びてほしいものですね。

決勝はYouTubeでも全編(ただし、幕間のパフォーマンスは含まれていません)を視聴することができます。

2019/02/09

ローザンヌ国際バレエコンクールのファイナリスト

ローザンヌ国際バレエコンクール、2月7日に準決勝が行われて、ファイナリストが決定しました。

https://www.prixdelausanne.org/finalists-2019/

ジュニア

117 SHUGART Julia United States 16.1 years old All American Classical Ballet School
125 CHOI Jihyun South Korea 16.6 years old Seoul Arts High School
126 BROWN Mackenzie United States 16.9 years old Academie Princesse Grace
202 GARRISON Parker United States 15.5 years old International Ballet Academy
203 DA SILVA João Vitor Brazil 15.9 years old Ballet Vortice
205 FERREIRA António Portugal 15.10 years old National Conservatory Dance School
206 BENZIE-DRAYTON Noah Australia 16.2 years old Perth School of Ballet
207 FUCHIYAMA Shunhei Japan 16.2 years old 淵山隼平
208 BECKER Carl Germany 16.3 years old Palucca University of Dance Dresden
210 DAVIDOFF Benjamin Belgium 16.6 years old Royal Ballet School of Antwerp
212 LI Hang China 16.8 years old Liaoning Ballet School

シニア

303 SEO Yoon Jung South Korea 17.3 years old Seoul Arts High School
310 WARDELL Victoria Canada 17.8 years old Ellison Ballet
313 SASAKI Sumina Japan 18.3 years old 佐々木須弥奈 Tanz Akademie Zurich
315 KUPERUS Beatriz United States 18.6 years old English National Ballet
316 SUMIYAMA Mio Japan 18.9 years old 住山美桜 Tanz Akademie Zurich
406 DE GROEVE Achille Belgium 17.5 years old Royal Ballet School of Antwerp
408 WAKIZUKA Yu Japan 17.7 years old 脇塚優 
412 WU Shuailun China 17.10 years old The Secondary Dance School of Beijing Dance Academy
416 FIGUEREDO Gabriel Brazil 18.3 years old John Cranko School
418 JOAQUIM Alexandre Portugal 18.7 years old Centre International de Danse Rosella Hightower

日本とアメリカから各4人というのが最多です。

日本からは、

ジュニアの部門
埼玉県さいたま市の淵山隼平さん(16)アクリ・堀本バレエアカデミー、千葉県の日出学園高校1年

シニア部門
東大阪市の佐々木須弥奈さん(18) チューリッヒ・ダンス・アカデミー/佐々木美智子バレエスタジオ
東京都世田谷区の住山美桜さん(18) チューリッヒ・ダンス・アカデミー/森仲悠子・森中健智バレエアカデミー
大阪市の脇塚優さん(17) ハンガリーダンスアカデミー/徳永紀子バレエスクール

ローザンヌ国際バレエコンクール 日本人4人が決勝へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190209/k10011809421000.html

ローザンヌバレエ2019 準決勝発表 日本人4人選出


チューリヒにバレエ留学中の住山美桜さんと佐々木須弥奈さんのインタビュー

準決勝、ジュニア部門

準決勝 シニア部門

日本以外の出場者で注目はジュニア部門女子、プリンセス・グレース・アカデミーのマッケンジー・ブラウン(アメリカ)
https://www.instagram.com/dancin_mac7/

シニア男子、ジョン・クランコ・スクールのGabriel Figueredo(ブラジル)
https://www.instagram.com/biel_figueredo/

でしょうか。今晩22:30より決勝が中継されます。
https://www.arte.tv/fr/videos/087075-011-A/47eme-prix-de-lausanne-finale/

2019/02/06

ヌレエフの亡命劇を描く映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』5月劇場公開

何回かこちらのブログで紹介してきた、ヌレエフの亡命劇を描く映画『The White Crow』が、『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』の邦題で劇場公開されることになりました。

https://eiga.com/news/20190205/8/

レイフ・ファインズ監督によるこの作品は、昨年の第31回東京国際映画祭のコンペティション作品に選ばれ、私も上映を2回とも観ることができ、ファインズとプロデューサーのQ&Aセッションも聞くことができました。東京国際映画祭では、最優秀芸術貢献賞を受賞しました。
https://2018.tiff-jp.net/ja/lineup/film/31CMP16

20世紀のバレエ界を代表するバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフが1961年にパリで亡命を果たした亡命劇を中心に、故郷ウファでの幼年時代、ワガノワ・バレエ・アカデミーでの学生時代、そしてキーロフ・バレエ団に入団してから亡命するまで、という3つの時制を交互に描いています。

ヌレエフ役には、タタール歌劇場の現役プリンシパルダンサーであるオレグ・イヴェンコ。ヌレエフのワガノワ・バレエ・アカデミーでの師匠であるプーシキンを、レイフ・ファインズが流暢なロシア語を操って演じています。パリで友情をはぐくみ、亡命の手引きをするクララ・セイント役を「アデル、ブルーは熱い色」のアデル・エグザルコプロス。プーシキンの妻クセニアには「ルナ・パパ」のチュルパン・ハマートヴァ、ピエール・ラコット役はラファエル・ペルソナ、そしてヌレエフのライバル、ユーリ・ソロヴィヨフをセルゲイ・ポルーニンが演じているのも話題です。

Resize1499

<レビュー>

バレエ界に燦然と輝けるレジェンド、ルドルフ・ヌレエフ役を演じる俳優を見つけるのは簡単なことではなかったと思う。映画祭のQ&Aで、ファインズは、演技ができるダンサーを求めてロシア中でオーディションを行ったとのこと。イヴェンコはウクライナ出身だが、ヌレエフの頬骨が高いエキゾチックな顔立ちを少し思わせるところもあり、射貫くような大きな青い瞳が印象的。現役プリンシパルであると共に、テレビ番組「ビッグ・バレエ」にバレエ団を代表して出場するなど、バレエの実力も折り紙付き。若きヌレエフのギラギラした野心、自由を求めてやまない心、新しい文化を吸収していく生き生きとした様子を繊細に、そして大胆に演じており、とても初めて演技に挑戦するとは思えないほどだった。

この映画は、本物のバレエダンサーを使って、実際のワガノワ・バレエ・アカデミー、マリインスキー劇場、ガルニエ宮、エルミタージュ美術館、ルーヴル美術館でロケを行っているという本物志向のところがまず素晴らしい。ヌレエフ役のオレグ・イヴェンコはもちろんのこと、もう一人の伝説的なダンサー、ユーリ・ソロヴィヨフ役にセルゲイ・ポルーニン。ソロヴィヨフはパリでヌレエフと同室で、ラコットらとの外出にお目付け役として同伴しているものの、この映画の中では大きな役ではない。しかしながら、ポルーニンのクラスレッスンの時のひときわ大きな跳躍や、舞台の上で見せる踊りは華やかで、まさにスターのものである。(ユーリ・ソロヴィヨフは、30代半ばで自殺するという悲劇的な運命をたどる) イヴェンコの踊る場面も、伝説的なヌレエフのパリでの最初の踊り『ラ・バヤデール』はじめ、たくさん観ることができる。

さらに、伝説的なスター・バレリーナだったナタリア・ドゥシンスカヤ役を演じているのが、ハンブルグ・バレエの元プリンシパル、アンナ・ポリカルポヴァ。ポリカルポヴァはハンブルク・バレエに移籍する前には、マリインスキー・バレエで踊っており、美しい金髪のグラマラスなバレリーナで、ひときわ印象的。ヌレエフと踊る場面も出てくる。ドキュメンタリー映画『ボリショイ・バビロン』に出演していたボリショイ・バレエのソリスト、アナスタシア・メスコーワもバレリーナの一人として出演している。

ヌレエフの故郷での幼年時代、ワガノワ・バレエ・アカデミー時代、そしてパリと、3つの時制を行き来するという演出も、ヌレエフの内面を描くうえで実に効果的な演出となっている。映像のルックもそれぞれ異なっており、少年時代の寒々としてモノクロに近い映像、少し色あせた60年代風のパリの様子と時代の違いがよく分かるようにできている。

ワガノワ・バレエ・アカデミーのパートでは、最初なかなか伸びないヌレエフが直訴して、放校になりそうなところを名教師プーシキンのクラスに代えてもらい、ぐんぐん伸びて行く。ついには自宅にヌレエフを住まわせるプーシキンの、弟子に向ける愛情。映画の冒頭で、ヌレエフが亡命した後に尋問されるプーシキンの、困惑した表情が印象的だ。

パリのパートでは、初めて西側に渡って自由世界の空気を吸うヌレエフ。ルーヴル美術館の開館前に行ってジェリコ「メドゥース号の筏」に見入る。(対をなすように、エルミタージュ美術館ではレンブラントの「放蕩息子の帰還」を観ている。これは父親的な存在のプーシキンと、ヌレエフの関係を象徴させている) 振付家のピエール・ラコットと終演後のパーティで知り合い、親しく交流し、クララ・セイントにも出会う。パリの夜がグラマラスに、魅惑的に描かれている。その中で、ヌレエフは自由に生きたいという思いを募らせていく。鉄道の中で生まれたヌレエフが、パリで鉄道模型を買い集めるというエピソードはほほえましい。

そして空港での亡命シーンの息詰まるような緊迫感。ピエール・ラコット本人に取材して、実際に亡命の瞬間にヌレエフはどのように動いたかということまで再現してもらったとのこと。一人一人の登場人物が立体的に描かれて、手に汗を握る演出の手腕は見事なものだ。まさに自由への飛翔。

エンドロールでは、実際のヌレエフ本人が踊る映像が使われている。オレグ・イヴェンコはロシアのダンサーらしい、ダイナミックなテクニックの持ち主だけど、流石にバレエ界の伝説、ヌレエフのカリスマ性というのはなかなか再現するのは難しく感じた。

それでも、構想20年、ファインズの強い思い入れが感じられる、魂の感じられる作品であると思う。ファインズはロシア語を習得し、ロシアに足しげく通ってワガノワ・バレエ・アカデミー校長のニコライ・ツィスカリーゼとも親交を結び、資金を調達するために監督に専念するのではなく自らも出演。特にエルミタージュ美術館は、撮影許可を取るのが非常に困難だったところを、実現させた。(ソクーロフの『エルミタージュ幻想』での撮影でトラブルがあったので、長編映画の撮影を許可しない方針となったとのこと)台詞も、英語も登場するけどロシア人同士で話すシーンはロシア語を使ったり、本物のバレエダンサーを起用したり、そして史実にもほぼ忠実な内容となっていて、ファインズの深いバレエ愛が感じられる作品となっている。クララ・セイント本人にも取材し、プロデューサーは彼女と仲良しになったとのことだ。

また後日、東京国際映画祭でのQ&Aセッションの内容もご紹介します。


レイフ・ファインズのインタビュー
https://2018.tiff-jp.net/news/ja/?p=50586

『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

5月、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督:レイフ・ファインズ
脚本:デヴィッド・ヘアー
出演:オレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニン、アデル・エグザルコプロス、ルイス・ホフマン、チュルパン・ハマートヴァ、ラファエル・ペルソナ、レイフ・ファインズ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(c)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

この映画の原作となったジュリー・カヴァナ著「Nureyev: The Life」 映画の中に登場するのは、亡命するまでですが、彼の死まで追っており、非常に面白い一冊です。邦訳出してほしいです。

Nureyev: The Life (Vintage)
Nureyev: The Life (Vintage)
posted with amazlet at 19.02.05
Julie Kavanagh
Vintage (2008-11-11)
売り上げランキング: 215,889

2019/02/02

英国ロイヤル・オペラハウスシネマシーズン、ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』

英国ロイヤル・オペラハウスシネマシーズン、ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』が、2月1日(金)より劇場公開されています。

Resize1571

http://tohotowa.co.jp/roh/movie/?n=the-nutcraker

ロイヤル・バレエきっての人気演目で、冬の風物詩として定着したピーター・ライト版の「くるみ割り人形」。今年は出演者の顔ぶれがだいぶ変わりました。クララにはアナ・ローズ・オサリヴァン、ハンス・ピーター/くるみ割り人形にはマルセリーノ・サンベ。ロイヤル・バレエ・スクールの同級生で仲良しだという若い二人のペアは、とても微笑ましく初々しく、新風を吹き込んでくれました。若いダンサーが演じると、等身大のところが感じられていいですよね。

Resize1573

金平糖の精にはマリアネラ・ヌニェス、王子にはワディム・ムンタギロフという、ロイヤル・バレエが誇る世界最高レベルの黄金ペア。一点の曇りもなくクリスタルのように輝き、あまりの美しさと幸福感に涙ぐんでしまうほど。マリアネラの音楽にぴったりと合った動き、安定したフェッテや正確な足捌き。ワディムの、まるで体重がないような軽やかで力の入っていない、高い跳躍、アントルシャ・シスのつま先の美しさ。夢の世界とはこれを言うのだと思いました。

Resize1575

忘れてはならないのが、影の主役というべきドロッセルマイヤー。この役を当たり役としているギャリー・エイヴィスは、マントを華麗に翻し、キラキラしたラメを振りまいて魔法をかける、一挙一動がスタイリッシュでカッコよく、子どもならきっとあのおじさん素敵!と目を輝かせることでしょう。そして花のワルツをリードするローズ・フェアリーの金子扶生さん。優雅なオーラをまとい、眩いばかりの美しさ。次にロイヤルのプリンシパルに昇格するのは彼女だと確信しました。

ピーター・ライト版は、2幕のお菓子の国でのディヴェルティスマンにハンス・ピーターとクララが参加して一緒に踊るのが楽しいのです。ロシアで一緒に飛び跳ねるアナ・ローズのクララの可愛らしいこと。中国で華麗な跳躍を見せるアクリ瑠嘉さんは、1幕ではクララの相手役としても活躍しています。

今回の映画館上映の特典映像は、金平糖の精の踊りでキラキラとした音を響かせるチェレスタの秘密がまず一つ。そして、アナ・ローズ・オサリヴァンとマルセリーノ・サンベが古巣のロイヤル・バレエ・スクールに行って生徒たちの前でお話をしてリハーサルを見せるところ。生徒たちの良いお手本となることでしょう。

また、ロイヤル・バレエに入団して20周年を迎え、今や大プリマの風格を見せるマリアネラ・ヌニェス。その芸術性を称えて、ショートフィルム「NELA」も幕間に上映されます。モノクロのスタイリッシュな映像、鍛え抜かれた肉体が躍動する様子をたっぷりと見せてくれて、彼女の素晴らしさを改めて実感します。

今回、残念ながらTOHOシネマズ日本橋での上映が、映画館全体が上映不能となってしまって中止となってしまいましたが、見逃すにはもったいない、幸福感一杯の美しい舞台です。都内ではTOHOシネマズ日比谷とシアタス調布で木曜日まで上映されています。「くるみ割り人形」の決定版、お見逃しなく。


【振付】ピーター・ライト
【音楽】ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
【指揮】バリー・ワーズワース
【出演】ドロッセルマイヤー:ギャリー・エイヴィス
クララ:アナ・ローズ・オサリヴァン
ハンス・ピーター(ドロッセルマイヤーの甥)/くるみ割り人形:マルセリーノ・サンベ
金平糖の精:マリアネラ・ヌニェス
王子:ワディム・ムンタギロフ

アルルカン:ベンジャミン・エラ
コロンビーヌ:エリザベス・ハロッド
兵士:ポール・ケイ
ヴィヴァンディエール:ミーガン・グレース・ヒンキス
ねずみの王様:ニコル・エドモンズ

スペイン:
クリステン・マクナリー、ニコル・エドモンズ、アネット・ブヴォリ、
エリコ・モンテス、ハナ・グレンネル、トーマス・モック
アラビア:
メリッサ・ハミルトン、リース・クラーク
テオ・ドゥブロイル、デヴィッド・ドネリー
中国:
アクリ瑠嘉、レオ・ディクソン
ロシア:
ポール・ケイ、ケヴィン・エマートン
葦笛:
イザベラ・ガスパリーニ、エリザベス・ハロッド
アシュリー・ディーン、エマ・マグワイア
薔薇の精:金子扶生
薔薇の精のエスコート:
ウィリアム・ブレイスウェル、トリスタン・ダイヤー、
ベンジャミン・エラ、ヴァレンティノ・ズケッティ

北海道 ディノスシネマズ札幌 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
宮城 フォーラム仙台 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
東京 TOHOシネマズ日比谷 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
東京 イオンシネマ シアタス調布 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
京都 イオンシネマ京都桂川 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
大阪 大阪ステーションシティシネマ 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
兵庫 TOHOシネマズ西宮OS 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
福岡 中洲大洋映画劇場 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)

2019/01/29

ローザンヌ国際バレエコンクール 2019 のインターネット生中継

恒例のローザンヌ国際バレエコンクールも第47回となりました。
https://www.prixdelausanne.org/

今年は、2月3日(日)~10日(日)に開催されます。


ネット生中継も、今年は一日6時間と長くなりました。
https://www.prixdelausanne.org/multimedia/live-streaming/

中継サイト
https://www.arte.tv/fr/videos/arte-concert/

スケジュールは現地時間です。日本との時差は8時間(日本時間は+8時間です)。

2月4日(月)
10am – 11.30am: クラシック・ヴァリエーションの通し稽古 女子グループA
12pm – 1.15pm: コンテンポラリー・クラスレッスン 男子グループB
2.30pm – 4.15pm: クラシック・クラスレッスン 女子グループB
4.30pm – 6.15pm: クラシック・クラスレッスン 男子グループB

2月5日(火)
9am – 10.25am: コンテンポラリーの指導 女子グループB
11.30am – 12.45pm: クラシック・クラスレッスン 男子グループB
2pm – 3.30pm: クラシック・クラスレッスン 女子グループA
4pm – 4.45pm: コンテンポラリー・クラスレッスン 男子グループ A

2月6日(水)
9.30am – 10.50am: クラシック・クラスレッスン 女子グループA + B
11.30am – 12.45pm: コンテンポラリー・クラスレッスン 男子グループ A
2pm – 3.15pm: コンテンポラリーの指導 男子グループ A + B
4pm – 5pm: クラシックの指導 女子グループ B

2月7日(木)
9.30am – 10.45am: コンテンポラリー・クラスレッスン 女子グループ A
1pm – 2.25pm: クラシックの指導 女子グループ A
3pm – 4.15pm: クラシックの指導 男子グループ A + B
4.30pm – 5.30pm: コンテンポラリーの指導 女子グループ A + B

2月8日(金)
From 9.30am: ジュニア準決勝
From 2.30pm: シニア準決勝
From 6.45pm: 準決勝結果発表

2月9日(土)
From 2.30pm: 決勝


今年の審査員

審査委員長はカルロス・アコスタ
(元ロイヤル・バレエプリンシパル、アコスタ・ダンサ芸術監督、バーミンガムロイヤル・バレエ次期芸術監督)1990年スカラシップ受賞

副審査委員長はイヴァン・ジル・オルテガ (元シュツットガルト・バレエ、元オランダ国立バレエ プリンシパル) 1994年ファイナリスト

フリオ・ボッカ (元ABTプリンシパル、ウルグアイ国立バレエ前芸術監督)2016年審査委員長

ジリアン・マーフィー (ABTプリンシパル) 1995年スカラシップ受賞

マデリーン・オン (フィンランド国立バレエ芸術監督)

ギャリー・トリンダー (ニュージーランド・スクール・オブ・ダンス芸術監督)

エリック・ヴ=アン (ニース・ミディタラネ・バレエ芸術監督、元パリ・オペラ座スジェ)

サミュエル・ヴルステン (オランダ・ダンス・フェスティバル芸術監督)

吉田都 (元ロイヤル・バレエ プリンシパル、新国立劇場バレエ団次期芸術監督)

出場者は80人です(女子44人、男子36人)。今年から、出場可能な年齢が引き下げられ、ジュニアとシニアがグループA、グループBと分けられました)

出場者のリスト

https://www.prixdelausanne.org/wp-content/uploads/2018/11/Liste-candidats-selectionnes-2019_5nov2018.pdf

日本からは14人と、国別では一番多くなっています。(もう一人選ばれたものの、辞退しています)応募者は89人。
ビデオ審査の他、YAGP 2018、ワガノワ国際バレエコンクール、ブラジルでの予選で9人選ばれています。


千葉ゆきの GIRLS A
Kishibe Ballet Studio Japan


永原ありさ GIRLS A
K-Grace Ballet Japan


淵山隼平 BOYS A
Acri Horimoto Ballet Academy Japan


定免泰成 BOYS B
Conservatoire National Supérieur de Musique et de Danse de Paris France

北井僚太 BOYS B
Tanz Akademie Zürich Switzerland

孝多佑月 BOYS B
Symphony Ballet Studio Japan

松田アンリ GIRLS B
Tanaka Chikako Ballet Japan


長瀬桃華 GIRLS B
Ecole de Ballet MU Japan


仲原真和 GIRLS A
Acri Horimoto Ballet Academy Japan

酒井陽菜 GIRLS A
Koike Ballet Studio Japan


佐々木須弥奈 GIRLS B
Tanz Akademie Zürich Switzerland

住山美桜 GIRLS B
Tanz Akademie Zürich Switzerland

脇塚優 BOYS B
Noriko Tokunaga - Ballet School Japan

山田れん GIRLS A
Kitamura Ballet Studio Japan


今年はファイナルの休憩時間に、パリ・オペラ座バレエのプルミエール・ダンスーズで、2009年のローザンヌ国際コンクールでスカラシップを獲得(1位)したオニール八菜さんが、「ライモンダ」のハンガリーの踊りを踊ります。

また、リヨンオペラ座バレエの2人のダンサーが、ラッセル・マリファントの『クリティカル・マス』を踊ります。https://www.prixdelausanne.org/interlude-2019/

さらに今年は、振付プロジェクトの第2回として、ディディ・ヴェルドマン振付作品を、コンクールのパートナー校13校を代表する26人のダンサーが踊ります。彼らはコンクールの期間の間に作品を覚えます。

2019/01/24

キューバ国立バレエの芸術監督補にヴィエングゼイ・ヴァルデスが就任

キューバ国立バレエは、1948年にカンパニーが設立されて以来、伝説のプリマ・バレリーナ・アッソールタ、アリシア・アロンソが芸術監督を務めてきています。

現在98歳と高齢のアロンソは、ほぼ失明状態ではありますが、未だ現役の芸術監督として仕事をしてきました。ドキュメンタリー映画『ホライゾン』の中でも、『ジゼル』の指導をかくしゃくと行う様子が映っています。

しかしながらさすがに98歳というのは超高齢であり、また今年のハバナ国際フェスティバルには健康上の理由で姿を見せなかったことから、後継者は誰になるべきかということが話題になっていました。

後継者の有力候補であった、キューバ出身のカルロス・アコスタはバーミンガムロイヤル・バレエの芸術監督に就任することが発表されました。

そしてようやく、後継者が発表されました。
https://www.dancemagazine.com/viengsay-valdes-2626747779.html?rebelltitem=1#rebelltitem1

キューバ国立バレエのプリマ・バレリーナで、国際的にも活躍し、世界バレエ・フェスティバルにも3回出演するなど、キューバを代表するダンサーであるヴィエングゼイ・ヴァルデスです。バレエを愛するキューバの国民にも大変人気があるダンサーです。

ヴァルデスは、上記のドキュメンタリー映画『ホライゾン』にも出演し、アロンソに指導される様子も映っています。キューバ人バレリーナらしい、超絶技巧の持ち主であるヴァルデスも、現在42歳。引退年齢が近づいてきていました。

キューバの地元紙の記事
https://www.prensa-latina.cu/index.php?o=rn&id=246565&SEO=nombran-a-viengsay-valdes-subdirectora-de-ballet-nacional-de-cuba

芸術監督の地位に引き続きアロンソはとどまりますが、実際の芸術面での方向性を決めてカンパニーを運営するのはヴァルデスが行うことになります。

Horizontes_viengsay_bswan
ヴィエングゼイ・ヴァルデス

Resize0917
アリシア・アロンソ
(映画『ホライゾン』より)

映画『ホライゾン』公式サイト
http://horizontes-film.ch/en/
http://www.tk-telefilm.co.jp/horizontes/

クラシック・バレエの素晴らしい伝統を持つキューバ国立バレエですが、レパートリーはほぼ古典作品で、現代作品がほとんどなく、時代に取り残された部分もあります。それゆえ、西側に亡命し、西側のカンパニーで活躍するダンサーも多いのが現状です。まだヴァルデスがどのような方向性を持って運営するのかはわかりませんが、42歳という若い芸術監督補が就任することになり、確実に世代交代は行われます。

キューバ国立バレエ「ドン・キホーテ」(全3幕・アロンソ版) [DVD]
日本コロムビア (2011-06-22)
売り上げランキング: 52,521

2019/01/23

愛知県芸術劇場の芸術監督に勅使川原三郎が就任

愛知県芸術劇場の芸術監督にダンサー、振付家の勅使川原三郎さんが就任することが発表されました。
今まで同劇場では芸術監督がいなかったので、初めてのこととなります。

https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/news/000160.html

_abe0833

09年に紫綬褒章、17年にフランス芸術文化勲章オフィシエを受章し、愛知県芸術劇場では「睡眠」、オペラ「魔笛」などの作品を発表してきた勅使川原さん。

国際的な活躍については、当ブログでも何回も取り上げてきましたが、特にパリ・オペラ座では「AIR」「暗闇は黒い馬を隠す」「Grand miroir」と3つの作品を委嘱されて発表しています。精力的に海外公演を行い、昨年はフランス、ロシア、スウェーデン、イタリア、キューバと文字通り世界中で公演を行いました。日本をホームグラウンドとする日本人の振付家で、これだけ海外で活動している人もいないと思われます。

一方で、東京・荻窪では自らのスペースKARAS APPARATUSにおいて、「アップデイト・ダンス」シリーズを展開。小さな空間で8日間の公演を行い、日々作品をアップデートしており、最新作「ハリー」で58作品目となります。世界的な振付家・ダンサーの作品を親密な空間で身近に観られるのも魅力的です。ここで生まれた作品が、イタリア、フランス、ロシアなどで上演されています。年間90公演くらいをここで開催しているというのは驚異的なことです。

愛知県芸術劇場では、2020年度より、ダンサー・振付家・演出家として国際的に活躍し、国内外から高い評価を得ている勅使川原三郎氏が芸術監督に就任します。企画力の向上及び発信力の更なる強化を図ることにより、全国トップクラスの劇場にふさわしい事業を行い、知名度の向上を目指してまいります。

なお、勅使川原氏には芸術監督に就任するまでの間(2019年4月1日~2020年3月31日)、「愛知県芸術劇場アドバイザー」として、2020年度以降の劇場主催事業の方向性等についてのアドバイスやサポートをいただきます。

一方、愛知県芸術劇場は、シニアプロデューサーの唐津絵理さんの下、コンテンポラリーダンスを中心とするダンス公演を数多く企画・招聘してきました。日本のダンス界にとっては最も重要な劇場の一つです。ここでしか上演されない作品もあったり、ミニセレという小規模なダンス公演も行っています。鑑賞&レビュー講座、カフェトークといった、鑑賞者を育てる機会も開催。

今年3月には、マニュエル・ルグリを中心とした「Stars In Blue」公演を企画制作。さらに3年に一度開催されているあいちトリエンナーレのメーン会場として、2016年には勅使川原さんのオペラ「魔笛」を始め、今年2月に再演される山田うん振付の「いきのね」、イスラエル・ガルバンの「Fla.co.men」など、意欲的なプログラムも開催してきました。さらに、彩の国さいたま芸術劇場など、国内劇場とのネットワークも構築しています。

これからますます、この劇場の存在感は高くなっていくことでしょう。

 
【愛知県芸術劇場 芸術監督 就任予定者】
勅使川原 三郎(てしがわら さぶろう)
就任予定日:2020年4月1日[任期:4年間]
 

--勅使川原三郎コメント--

愛知県芸術劇場の芸術監督に就任することは、私の新たな冒険心をかきたてるきっかけとなるでしょう。美の発見を巡る予感、幾多の予期せぬ事と出会う予感ほど感情を揺さぶるものはありません。未来を予定として待つのではなく、固定した認識を覆すのみの古臭い前衛ではない、未知なる謎へ向かって身体が作りだす感情の通路を作りましょう。劇場は喜びへの予感と惑いと共に生きる。私はスタッフと共に来場する観客の皆さんの呼吸が声になり感情が響き渡る感情の通路を準備したいと思います。


愛知県芸術劇場の芸術監督という大きい役割を担う勅使川原さん、今後のKARAS APPARATUSでの活動や海外での活動はどうなるのか、気になるところもありますが、これで日本のパフォーミング・アーツ界は活性化されることでしょう。


*******
なお、1月28日からKARAS APPARATUSにおいて、勅使川原三郎振付、佐東利穂子が踊る「ハリー」がアップデイト・ダンスシリーズとして上演されます。
これは再演作品で、両国のシアターXでも上演されたことがありますが、レムの小説「ソラリス」(タルコフスキーの映画「惑星ソラリス」の原作)に触発された作品で、ハリーとは主人公の死んだ妻の名前です。
シアターXでの上演を観ていますが、佐東利穂子さんのパフォーマーとしての引き出しの多さに圧倒されました。「ソラリス」なのでSF的な風味もあります。

1/28(月)より
アップデイトダンスNo.58「ハリー」
小説『ソラリス』より
No.58_0106-01

「ハリー」
小説『ソラリス』より

佐東利穂子のソロ「ハリー」はポーランドの小説家レムの「ソラリス」
を基に、夫に殺された妻の復活、死と生を超越する死者の再生、
二度は死ねない妻の苦悩、愛は何を解決できるか?セリフが身体
から剥がされ奪われたダンス生命体-佐東利穂子の宇宙的極限。


アップデイトダンスNo.58
「ハリー」
小説『ソラリス』より

出演 佐東利穂子 勅使川原三郎
演出 照明  勅使川原三郎

【日時】2019年 
1月28日(月)20:00
1月29日(火)20:00
1月30日(水)20:00
1月31日(木)20:00
2月1日(金)休演日
2月2日(土)16:00
2月3日(日)16:00
2月4日(月)20:00
2月5日(火)20:00
*受付開始は30分前、客席開場は10分前

【料金】
一般 予約 3,000円 当日3,500円
学生 2,000円 *予約・当日共に

【予約】
・電話:03-6276-9136
・メール:updatedance@st-karas.com
件名を「アップデイトNo.58」とし、本文にご希望の日付・
一般または学生・枚数・住所・氏名・日中連絡のつく電話番号をご記入ください。
*予約は前日の24時まで受付けています。

【劇場】
カラス・アパラタス/B2ホール
JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅
西口改札 徒歩3分
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-11-15 F1/B1/B2


2019/01/18

ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン、ロイヤル・バレエ「ラ・バヤデール」

ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン、ロイヤル・バレエ「ラ・バヤデール」が、1月18日より劇場公開されます。

http://tohotowa.co.jp/roh/movie/?n=la-bayadere

La_bayadre_vadim_muntagirov_as_solo

試写を見せていただきました。とにかく今回はキャストが豪華。ニキヤにマリアネラ・ヌニェス、ガムザッティにナタリア・オシポワ、ソロルにワディム・ムンタギロフというトップスターを揃え、大僧正にはギャリー・エイヴィス。ブロンズ・アイドルにアレクサンダー・キャンベル、影のヴァリエーションに崔 由姫、ヤスミン・ナグディ、高田 茜とプリンシパルを中心に配役するという、通常では考えられない贅沢さです。マグダヴェーヤ(苦行僧)がアクリ瑠嘉なのも嬉しい。

そして主演陣の素晴らしいこと。別の日には、ニキヤ役にオシポワ、ガムザッティにヌニェスと役を交換するということもしたというので、そちらも興味深い。現代最高のバレリーナが一人の男をめぐって対決すると考えただけでもわくわくし、実際にも二人の思いの激しいぶつかり合いが観られて手に汗を握りました。気高く凛としたヌニェスのニキヤは、影の王国のヴァリエーションの難しいバランスと回転も完璧。秘められた恋に身を焦がし、裏切りに苦しみ絶望し、愛に殉じる演技に感情移入させられます。

La_bayadre_natalia_osipova_as_gamza

一方のオシポワのガムザッティはゴージャスで、権力者の娘ゆえの誇り高さと強さの一方で、ソロルに純粋に恋し、ニキヤとの関係を知って慟哭。別の女を彼が愛していることを知り、そこから恐ろしい策略に手を染めるまでの心の動きがよく表現されていました。『ラ・バヤデール』はやはり、ニキヤとガムザッティが同等の実力のあるダンサーが演じないとつまらない。その点で、これほどまでにハマったキャスティングはありません。もちろん彼女の輝かしいテクニックは健在です。

ムンタギロフは、戦士を演じるには少し線が細いものの、ふたりの女性の間で揺れるソロルの優柔不断さと後悔を巧みに演じる一方で、バレエの美しさは天下一品。影の王国のコーダの6連続ドゥーブル・アッサンブレは高さも着地も申し分のない素晴らしさです。

La_bayadre_vadim_muntagirov_as_so_2

影の王国のヴァリエーションは三人三様の素晴らしさだけど、特に第一ヴァリエーションの崔 由姫さんの音楽性とクリアな動きは絶品でした。影の王国のコール・ド・バレエも、ロイヤル・バレエにしてはよく揃っています。

Resize1503

さらに大僧正のギャリー・エイヴィスは、ニキヤの美しさにメロメロになって、それゆえ嫉妬に身を焦がし、結果的にニキヤ殺害計画の引き金を引いてしまう聖職者の苦悶を濃厚に演じてくれて、演技派ぶりを見せてくれました。

裏切り、陰謀、毒殺という愛憎入り混じる心理劇、華麗な婚約式の踊り、影の王国の幽玄で静謐な美しさ、ブロンズ・アイドルの超絶技巧とバレエの面白さがつまった『ラ・バヤデール』、お勧めです。マカロワ版は、さらにドラマティックな第4幕があるのも特徴的です。

幕間の映像では、ナタリア・マカロワが主役にリハーサルをする場面も観られます。また、日本でのお馴染みノオルガ先生のインタビュー、影の王国のコール・ド・バレエのリハーサルなども。24人のコール・ド・バレエのうち20人は、今回これを踊るのが初めてだそうです。映像の中で、今シーズン入団したばかりの前田紗江さんの姿も観られます。

【振付】マリウス・プティパ
【追加振付】ナタリア・マカロワ
【音楽】レオン・ミンクス
【指揮】ボリス・グルージン

La_bayadre_marianela_nuez_as_nikiya

【出演】
ニキヤ(神殿の舞姫):マリアネラ・ヌニェス
ソロル(戦士):ワディム・ムンタギロフ
ガムザッティ(ラジャの娘):ナタリア・オシポワ
ハイ・ブラーミン(大僧正):ギャリー・エイヴィス
ラジャ(国王):トーマス・ホワイトヘッド
マグダヴェーヤ(苦行僧の長):アクリ瑠嘉
アヤ(ガムザッティの召使):クリステン・マクナリー
ソロルの友人:ニコル・エドモンズ

【第1幕】
ジャンベの踊り:
マヤラ・マグリ、ベアトリス・スティクス=ブルネル

パ・ダクシオン:
エリザベス・ハロッド、ミーガン・グレース・ヒンキス
アナ・ローズ・オサリヴァン、ロマニー・パジャック
クレア・カルヴァート、金子扶生
マヤラ・マグリ、ベアトリス・スティクス=ブルネル
リース・クラーク、ニコル・エドモンズ

【第2幕】
影の王国(ヴァリエーション1): 崔 由姫
影の王国(ヴァリエーション2): ヤスミン・ナグディ
影の王国(ヴァリエーション3): 高田 茜

【第3幕】
ブロンズ・アイドル:アレクサンダー・キャンベル

【上映時間】3時間18分(予定)

【劇場】
北海道 ディノスシネマズ札幌 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
宮城 フォーラム仙台 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
東京 TOHOシネマズ日比谷 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
東京 TOHOシネマズ日本橋 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
東京 イオンシネマ シアタス調布 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
京都 イオンシネマ京都桂川 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
大阪 大阪ステーションシティシネマ 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
兵庫 TOHOシネマズ西宮OS 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)
福岡 中洲大洋映画劇場 2019/1/18(金)~2019/1/24(木)

タイムテーブル
http://tohotowa.co.jp/roh/news/2019/01/16/%E8%87%AA%E5%8B%95%E4%B8%8B%E6%9B%B8%E3%81%8D/

英国ロイヤル・バレエ団「ラ・バヤデール」(全3幕・マカロワ版) [DVD]
日本コロムビア (2012-01-18)
売り上げランキング: 12,678

2019/01/16

バーミンガム・ロイヤル・バレエの次期芸術監督にカルロス・アコスタ

24年間もの間、バーミンガム・ロイヤル・バレエの芸術監督を務めているデヴィッド・ビントレーが、今シーズン末、2019年7月に退任し、振付に専念すると発表されていました。

退任発表後、後任探しが行われていましたが、このほど後任がカルロス・アコスタ(元ロイヤル・バレエ プリンシパル)に決定したことが発表されてました。アコスタは2020年の1月に芸術監督として就任します。

https://www.brb.org.uk/post/carlos-acosta-appointed-as-new-director-of-birmingham-royal-ballet

カルロス・アコスタのコメント

「バーミンガムロイヤル・バレエの芸術監督に就任することは大きな名誉です。サー・ピーター・ライトによって築かれた素晴らしい基礎の上に、デヴィッド・ビントレーが、このバレエ団を英国をリードする代表的なクラシック・バレエ・カンパニーの一つとしての地位を確立させた努力に大きな敬意を払っています。
私は、このクラシック・バレエの伝統の上に、レパートリーを拡大し、より新しく多様性に富んだ観客に向けてアウトリーチする意欲を持っています。21世紀における、世界をリードするクラシック・バレエ・カンパニーとは何かを、このカンパニーを通じて見せたいと思っています」


キューバのハバナの貧しい家庭の、11人兄弟の末っ子として生まれたアコスタは、キューバ国立バレエ学校で学び、16歳でローザンヌ国際バレエコンクールで優勝しました。以来30年間、世界を代表するバレエ・カンパニーで活躍し、ロイヤル・バレエのプリンシパルとして17年間君臨しました。現在45歳。

2016年にロイヤル・バレエを引退後、キューバに自らのダンスカンパニー、アコスタ・ダンサを設立し、またハバナに自身のダンスアカデミーを開いて2017年9月に最初の生徒を受け入れました。2007年に書いた自伝はベストセラーに。また、 ローレンス・オリヴィエ賞、ブノワ賞、英国ナショナル・ダンス・アワードなど数々の賞に輝くほか、ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスから、ダンス界におけるもっとも影響力のある人物の一人として、エリザベス女王戴冠賞を授与されています。

New York Timesでは、アコスタへの電話インタビューが掲載されています。

https://www.nytimes.com/2019/01/15/arts/dance/carlos-acosta-birmingham-royal-ballet.html

「大きな挑戦だけど、挑戦することは好きです。カンパニーに変革をもたらして、現代にマッチしたものにすることができると思います。世界に、バーミンガムにはワールド・クラスのクラシック・バレエ・カンパニーがあるというメッセージを伝えたい」

アコスタは、フレデリック・アシュトンやケネス・マクミランといった英国バレエの伝統を大切にしつつ、ロイヤル・バレエでは見落とされている振付家の作品も取り入れたり、今まで気づかれていなかったようなダンサーや作品も探したいと語っています。「様々な分野からレパートリーを持っていき、様々なダンスや伝統を通して、ダンスにおける女性の貢献にも敬意を表し、普段バレエを観ないような観客を育てて行きたいと思います」

英国においては、アーツ・カウンシルを通してバレエ/ダンスへの助成は多く設けられているものの、多分に漏れず助成金は削減されている傾向にあり、特にBrexitによってEUからの助成を受けられなくなるといった問題があります。アコスタは、カンパニーの資金的な問題についてはまだ十分知らないところもあるものの、今後も助成を受けられるように明確なビジョンを表明し、アーツカウンシルやバーミンガム市と話し合いたいと語っています。

アコスタ・ダンサがアソシエイト・カンパニーであるサドラーズウェルズ劇場の支配人、アラステア・スポルディングはアコスタがどんなに素晴らしいダンサーなのかは誰もが知っており、それだけでなく、彼はダンスを見せるためのエキサイティングなやり方についてよく考えており、クリエイティブな思考を持っていると共に、教師としても素晴らしいと評価しています。また、貧しい出自から世界的なスターになったバックグラウンドがあるアコスタは、様々な階層のダンサーや観客を惹きつける必要があることをよく理解しているとも。


カルロス・アコスタは、ロイヤル・バレエでは「カルメン」や「ドン・キホーテ」を振付けています。彼の振付家としての評価は必ずしも高くはないものの、自ら率いるアコスタ・ダンサはキューバ出身のダンサーたちが最先端の振付家の作品を上演して、ヨーロッパなどでツアーを行うなど成功を収めています。昨年は、勅使川原三郎がこのカンパニーに新作を振付け、勅使川原三郎、佐東利穂子が客演するというユニークなトリプル・ビルが上演されました。こちらの活動も引き続き行うとのことです。

世界的な知名度の高いスター・ダンサーが芸術監督に就任するとあって、バーミンガムロイヤル・バレエの注目度は上がることでしょう。まずは、今年6月のロイヤル・バレエの来日公演でのアコスタ振付「ドン・キホーテ」の上演が楽しみです。

英国ロイヤルバレエ「ドン・キホーテ」(作曲:ミンクス)[Blu-ray]
OPUS ARTE (2014-07-30)
売り上げランキング: 26,137

より以前の記事一覧