BlogPeople


2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエ(情報)

2020/09/23

英国ロイヤル・バレエ、10月9日に有料配信公演

英国ロイヤル・バレエは、10月9日(金)に有料配信公演を行います。今までロイヤル・オペラハウスの無観客配信公演の中で、1組もしくは2組のバレエダンサーが出演するという企画はありましたが、今回は100人ものダンサーが舞台に立つ予定となっているとのこと。3月に公演が中止されてから、バレエ団としては7か月ぶりの公演となります。

https://www.roh.org.uk/news/the-royal-ballet-back-on-stage-to-be-livestreamed-on-9-october-2020

 

プリンシパルのマシュー・ボール、フェデリコ・ボネッリ、アレクサンダー・キャンベル、フランチェスカ・ヘイワード、平野亮一、サラ・ラム、ラウラ・モレーラ、ワディム・ムンタギロフ、ヤスミン・ナグディ、マリアネラ・ヌニェス、ナタリア・オシポワ、マルセリーノ・サンベ、高田茜、エドワード・ワトソンが、カンパニー全体と出演します。(スティーヴン・マックレーの名前がないのが少し気になります)

演目としては、古典および20世紀のクラシック中心で、プティパ、イワーノフ、アシュトン、マクミラン、バランシンといった振付家の作品のパ・ド・ドゥや抜粋が上演されます。また、マクレガー、ウィールドン、キャシー・マーストン、ホフェッシュ・シェクター、シェルカウイなどの振付家のコンテンポラリー作品も上演されます。

有料配信は16ポンド、Vimeoで30日間視聴可能とのこと。

 

Guardian紙にはもう少し詳しい記事が載っていました。

https://www.theguardian.com/stage/2020/sep/23/royal-ballet-announces-october-comeback-with-100-dancers-and-duets

作品はソーシャルディスタンスを考慮したものになりますが、ケヴィン・オヘア芸術監督によればバレエにデュエットの親密さは不可欠なものとなっているとの考えがあります。私生活でもカップルなのはマシュー・ボールとマヤラ・マグリ、フランチェスカ・ヘイワードとセザール・コラレス、金子扶生とリース・クラークの3組で、この3組はロイヤル・オペラハウスの無観客配信公演にも出演しています。

今回は、それに加えてカップルではないペアの踊りも実現しました。ヌニェスとムンタギロフ、ラムと平野亮一、ナグディとエドモンズ、高田茜とボネッリなど7組です。

2時間半の公演の最後には、通常の2倍のキャストを投入しての「エリート・シンコペーションズ」が踊られるとのこと。完全に無観客ではなく、医療関係で働く人や学生など少数の招待された観客を入れてソーシャルディスタンスを守って上演されるとのことです。

ロイヤル・バレエでは7月にクラスレッスンが再開されましたが、小さなグループでマスク着用で行われてきました。使い終わったバーはそれぞれのダンサーが消毒しているとのことです。

****

コロナウィルス禍の第2波で、多数の感染者が出ている英国では、新たな自粛要請が始まりました。劇場を閉じるという要請は今のところはありませんが、この先6ヵ月間はできる限り家で働く、プライベートでは6人以上集まらない、結婚式15人、葬式30人まで等の規制があり、また22時以降はパブなどの店舗営業は禁止となっています。

https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/09/cc332a0fcba8fe32.html

ただし、劇場や映画館については、22時以降の制限は適用されないと、オリバー・ダウデン文化相は語っています。

2020/09/18

英国ロイヤル・オペラ・ハウスのバレエ、オペラを配信する「アーツ・オンライン」10月よりサービス開始

最上の舞台をお届けする「アーツ・オンライン」2020年10月、サービス開始!


アーツ・オンライン第1弾!
オペラ・バレエの殿堂 英国ロイヤル・オペラ・ハウス
あの名演を、ストリーミング配信でお届け!

バレエ、オペラなど舞台芸術の珠玉の映像作品を、今秋より順次、動画配信サービスにて配信することが決定しました。

https://liveviewing.jp/statics/artsonline/

Mainliveviewing

第1弾は、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの計6作品がラインナップ。オペラ3作品、バレエ3作品を、毎月2回、1作品ずつリリースする予定です。世界最高峰として知られる同歌劇場で、日本人ダンサーも多数活躍してきたバレエと、いま一番勢いがあるとも言われるオペラ、世界的な人気を誇る名門中の名門から、大好評をおさめた演目を厳選。

バレエはオシポワ、ゴールディング主演『白鳥の湖』、ヌニェス、ムンタギロフ主演『くるみ割り人形』そして注目の振付家3人の作品が揃った『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー/メデューサ/フライト・パターン」の3作品です。

最高峰のバレエとオペラを、990円という低価格で、どうぞお気軽にご自宅でお楽しみください。


【ラインナップ】

2020年10月2日(金)~11月26日(木)

英国ロイヤル・バレエ《白鳥の湖》2015年

オデット/オディール ナタリア・オシポワ
ジークフリート王子 マシュー・ゴールディング
悪魔ロットバルト ギャリー ・エイヴィス
振付:マリウス・プティパ&レフ・イワノフ フレデリック・アシュトン&デヴィッド・ビントレー

≪「白鳥の湖」チケットについて≫
販売期間:2020年10月1日(木)0:00 ~ 11月25日(水)23:59
料金:990円(税込)
イープラス購入URL: https://eplus.jp/swanlake-vod/
※視聴開始日の2日前からはカード決済のみでの販売となります。

 

2020年10月16日(金)~12月10日(木)

英国ロイヤル・オペラ《椿姫》

ヴィオレッタ … エルモネラ・ヤオ
アルフレード・ジェルモン … チャールズ・カストロノヴォ
ジョルジョ・ジェルモン … プラシド・ドミンゴ
指揮:アントネッロ・マナコルダ
演出:リチャード・エア

2020年11月6日(金)~12月31日(木)

英国ロイヤル・バレエ《くるみ割り人形》

The-corps-de-ballet-in-the-royal-ballets

クララ … アンナ=ローズ・オサリバン
ハンス=ペーター/くるみ割り人形 … マルセリーノ・サンベ
金平糖の精 … マリアネラ・ヌニェス
王子 … ワディム・ムンタギロフ
薔薇の精 … 金子扶生
振付:レフ・イワノフ/ピーター・ライト

2020年11月20日(金)~2021年1月14日(木)

英国ロイヤル・オペラ《ワルキューレ》

ジークムント … スチュアート・スケルトン
ジークリンデ … エミリー・マギー
フンディンク … アイン・アンガー
ヴォータン … ジョン・ランドグレン
ブリュンヒルデ … ニーナ・シュテンメ
フリッカ … サラ・コノリー
指揮:アントニオ・パッパーノ
演出:キース・ウォーナー

2020年12月4日(金)~2021年1月28日(木)

英国ロイヤル・バレエ《ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー/メデューサ/フライト・パターン》

Resize1678

『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー』
ベアトリス・スティクス=ブルネル/フランチェスカ・ヘイワード/サラ・ラム/ワディム・ムンタギロフ/ヴァレンティノ・ズケッティ/アレクサンダー・キャンベル/ハナ・グレンネル/金子扶生/マヤラ・マグリ/アンナ=ローズ・オサリバン/アクリ瑠嘉/デヴィッド・ドネリー/テオ・ドゥブレイル/カルヴィン・リチャードソン
振付:クリストファー・ウィールドン
音楽:エツィオ・ボッソ、アントニオ・ヴィヴァルディ
衣装:ジャスパー・コンラン
『メデューサ』
メデューサ … ナタリア・オシポワ
アテナ … オリヴィア・カウリー
ペルセウス … マシュー・ボール
ポセイドン … 平野亮一
振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
音楽:ヘンリー・パーセル、オルガ・ヴォイチェホヴスカ(電子音楽)
演奏:エイリッシュ・タイナン(ソプラノ)、ティム・ミード(カウンターテナー)、市瀬礼子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、トビー・カー(テオルボ)
衣装:オリヴィア・ポンプ
『フライト・パターン』
振付:クリスタル・パイト
音楽:ヘンリク・ミコワイ・グレツキ

出演:クリステン・マクナリー、マルセリーノ・サンベ他

2020年12月18日(金)~2021年2月11日(木)

英国ロイヤル・オペラ《トスカ》

トスカ … アンジェラ・ゲオルギュー
カヴァラドッシ … ヨナス・カウフマン
スカルピア … ブリン・ターフェル
指揮:アントニオ・パッパーノ
演出:ジョナサン・ケント

【配信メディア】
Streaming+

【料金】
990円(税込)
※プレイガイド手数料無料。
※視聴期間中、お求めいただいた購入日に応じて最長1週間、オンデマンドでご覧いただけます。
※ご購入日によって視聴期間が異なりますのでご注意ください。
※毎月第1・3木曜日午前2:00~午前8:00は、システムメンテンナンスのため視聴いただけません。ご了承ください。
※ご視聴は終了時間(毎週木曜23:59)までとなります。映像の途中でも、途中終了となりますのでご注意ください。

FAQ

◇視聴に必要なものを教えてください。
①イープラス会員登録(無料)、②インターネット環境、③スマートフォンかパソコン が必要です。

イープラス会員登録はこちらからお願いいたします。
こちらの動画がご覧いただけるか、ご確認ください。
詳細はStreaming+ご利用ガイドをご覧ください。 https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

◇販売期間と視聴可能期間がよくわからないのですが?

「金曜日から翌木曜日まで見られる配信券」を木曜日から翌水曜日までお買い求めいただけます。
木曜日~翌水曜日のいつお求めいただいた視聴券も、視聴可能期間は翌木曜日までとなります。

例)木曜日に購入
購入当日は視聴できません。翌日から、次の木曜日まで「7日間」ご視聴いただけます。

例)水曜日に購入
購入当日から視聴できます。当日と、翌日木曜日の23:59まで「購入当日+24時間」ご視聴いただけます

◇巻き戻しや早送りはできますか?期間中、何度も見ることはできますか?
視聴可能期間中は、巻き戻しや早送りを含め、自由にご覧いただくことができます。

◇オペラは字幕がついていますか?
日本語字幕付きです。

◇あの作品がみたい!
アンケートにご協力ください。

 

【菊地研x福田圭吾x八幡顕光】トークイベント9月20日(日)開催

9月20日(日)20時~、活躍中の男性バレエダンサー3【菊地研x福田圭吾x八幡顕光】

のオンライントークイベントが開催されます。

https://peatix.com/event/1630382/view

920

菊地研(牧阿佐美バレヱ団プリンシパル)、

福田圭吾(新国立劇場バレエ団ファーストソリスト)、

八幡顕光(ロサンゼルスバレエ・ゲストプリンシパル)

3人によるトークイベント、9月20日(日)20:00からZoomにて配信されます・

20:00~21:15 フリートーク
21:15~21:30 質問コーナー
(コメントをお送りください)

皆さんからのご質問は事前にも受け付けますので、
お申し込み時にメールでお送りください。

◎オンライン会議ツール「Zoom」を使用します
・お持ちのスマートフォン/タブレット/パソコンでご参加できます
・アカウント開設や登録作業はいりません

〈ご参加費〉1,000円

〈対象〉先着90名様

〈お申し込み期限〉2020年9月19日(土)20時

〈お申し込み後〉
 イベント前日の21時30分までに招待URLとパスワードを送ります

このイベントでは、同世代のバレエダンサー3人が自粛期間が続く中それぞれどのように過ごしているか、

また近況や今後の活動についてなど、さまざまな話題を繰り広げます。

イベントの最後には質問コーナーも設けられ、視聴者はコメントを送信することで参加することができます。

楽しいお話が聞けそうですね!

 

【申込】イベント・コミュニティ管理サービスPeatix(ピーティックス)のサイトからお申し込みください。
https://peatix.com/event/1630382/view

*****

菊地研さんは、10月4日開催の牧阿佐美バレヱ団「眠れる森の美女」でカラボス役

https://www.ambt.jp/pf-the-sleeping-beauty2020/

福田圭吾さんは、9月26日から27日まで開催のDaifuku.Strong.B 公演の演出、振付、出演

https://www.facebook.com/DAIFUKU.BALLET/

 

2020/09/11

パリ・オペラ座バレエ「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」が2021年新春に劇場公開

パリ・オペラ座バレエ団による公演の収録作が映画館で観られる「パリ・オペラ座バレエ シネマ」の次回公開作が「眠れる森の美女」(ミリアム・ウルド=ブラム、マチアス・エイマン主演)「ドン・キホーテ」(ドロテ・ジルベール、カール・パケット主演)に決定しました。
https://www.culture-ville.jp/parisoperaballetcinema

いずれもDVD、Blu-ray化されておらず、『眠れる森の美女』は日本でのテレビ放映もされていない、貴重な映像です。この機会にぜひ!

Artwork_parisoperadonquixotesleepingbeau

東京)東劇 https://www.smt-cinema.com/site/togeki/index.html

新宿ピカデリー https://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/index.html

1/15(金)2作品同日公開

 

愛知)ミッドランドスクエアシネマ  http://www.midland-sq-cinema.jp/

大阪)なんばパークスシネマ https://www.parkscinema.com/site/namba/

兵庫)神戸国際松竹 https://www.smt-cinema.com/site/kobe/index.html

北海道)シネマフロンティア https://www.cinemafrontier.net/

1/8(金)〜 『ドン・キホーテ』(東京より先行して上映)

1/15(金)〜『眠れる森の美女』

 

【作品情報】

『ドン・キホーテ』

Main_donquixote_karlpaquettedorothgilber

パリ・オペラ座での上演日:20121218日(バスティーユ)

上映時間:2時間26

音楽:レオン・ミンクス/編曲:ジョン・ランチベリー

振付/演出:ルドルフ・ヌレエフ(マリウス・プティパの原振付に基づく)

キャスト:

キトリ:ドロテ・ジルベール

バジル:カール・パケット

エスパーダ:クリストフ・デュケンヌ

ドリアードの女王:エロイーズ・ブルドン 

キューピッド:メラニー・ユレル 

ドン・キホーテ:ギョーム・シャルロ― 

サンチョ・パンサ:ユーゴ・ヴィリオッティ 

街の踊り子:ローラ・エケ 

キトリの友人:サラ=コラ・ダヤノヴァ、マリ=ソレーヌ・ブレ 

ジプシー:アリステール・マダン 

Sub_donquixote_aniehurel

今やパリ・オペラ座バレエを代表するエトワールに成長したドロテ・ジルベール、2018年大晦日に惜しまれながら定年で引退したカール・パケットが主演。スペインの血を引くジルベールの表情の豊かさと華やかなテクニックは必見。日本でも引退公演が行われるなど高い人気を誇ったパケットの温かい包容力と色男ぶりも魅力的だ。パリ・オペラ座ならではの統一されたメソッド、ロシア・バレエの「ドン・キホーテ」とは一味違ったエレガンスにも注目してほしい。

****

『眠れる森の美女』

Main_sleepingbeauty

パリ・オペラ座での上演日:20131216

上映時間:2時間45

振付:ルドルフ・ヌレエフ

音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

Sub_sleepingbeauty

キャスト:

オーロラ姫:ミリアム・ウルド=ブラーム

デジレ王子:マチアス・エイマン

フロリナ姫:ヴァランティーヌ・コラサント

青い鳥:フランソワ・アリュ

リラの精:マリ=ソレーヌ・ブレ

カラボス:ステファニー・ロンベール

妖精たちのヴァリエーション:エロイーズ・ブルドン、オーバーヌ・フィルベール、レオノール・ボーラック、ローラ・エケ、シャルリーヌ・ジザンダネ、サブリナ・マレム、エヴ・グランツスタイン

4人の王子:オドリック・ベザール、ヴァンサン・シャイエ、フロリアン・マニュネ、ジュリアン・メザンディ

公爵:クリストフ・デュケンヌ

宝石のヴァリエーション:エロイーズ・ブルドン、ヤニック・ビットンクール、エロイーズ・ブルドン、アメリー・ラモルー、サブリナ・マレム

白い猫:オーバーヌ・フィルベール

長靴を履いた猫:ダニエル・ストークス

Sub2_sleepingbeauty

オーロラ姫の16歳の誕生日に求婚者たちに出会う“ローズ・アダージオ”はバレリーナにとっては挑戦となる名場面。お姫様そのものの愛らしい容姿、アラベスクの美しいクラシック・バレリーナ、ミリアム・ウルド=ブラームは、初々しくも緊張感あふれる難しいバランスを決めて、16歳の無垢な少女の生き生きとした闊達さも見せてくれる。プロローグの妖精たちのヴァリエーション、2幕の幻影のシーンの幻想的なコール・ド・バレエは、これぞ世界最高峰のパリ・オペラ座バレエならではの美しさ。100年を経てオーロラが目覚めたのちの3幕の結婚式では、おとぎ話の登場人物たちがお祝いに駆けつけて楽しいディヴェルティスマンを披露。やはり超絶技巧を誇るヴァランティーヌ・コラサントとフランソワ・アリュの空を飛んでいきそうな青い鳥のパ・ド・ドゥには興奮させられ、フランス王室を象徴する、華麗そのもののオーロラと王子のグラン・パ・ド・ドゥで多幸感は頂点に達する。

 16歳の無邪気なお姫様から、2幕の幻影として現れる憂愁に満ちて高貴な姿、そしてデジレ王子に出会って結ばれた幸福感に包まれ、威厳を湛えた歓びあふれる王女と、様々な顔を見せるオーロラ姫に、フランス・バレエの粋を体現するミリアム・ウルド=ブラームは最もふさわしく感じられる。マチアス・エイマンも、どこか人生に満ち足りないものを感じて迷っている青年から、オーロラに恋してカラボスに打ち勝ち、オーロラの愛を掴む堂々とした姿への成長物語を、磨き抜かれたクラシック・テクニックを用いてドラマティックに演じ、ヌレエフの再来を思わせる。

《料金》一般 3300円、学生 2500 円(学生証の提示が必要になります)

公開情報HP https://www.culture-ville.jp/parisoperaballetcinema

公開情報Twitter cinema_ballet

公開情報facebook @Paris.Opera.Cinema

配給・宣伝 カルチャヴィル合同会社

2020/09/04

英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマシーズン、ロイヤル・バレエ「眠れる森の美女」金子扶生さんにクラシカ・ジャパンでインタビュー

9月4日(金)から再上映される、ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマシーズンロイヤル・バレエ「眠れる森の美女」。この映画館上映でのオーロラ役で主演した金子扶生さんに電話インタビューしました。

Fumi-kaneko-2020-roh-photograph-by-lara-

クラシカ・ジャパンに掲載されています。

https://www.classica-jp.com/column/17811/

 

ローレン・カスバートソンの急な降板によって当日の午後になってオーロラ役を踊ることになった時のエピソード、王子を踊ったフェデリコ・ボネッリについて、『眠れる森の美女』のオーロラ役を踊るにあたって大事にしていること、ステイホーム期間の過ごし方などについて伺いました。金子扶生さんの愛らしいキャラクターと芯の強さが伝わってきました。ロイヤル・バレエの同僚たちや、指導を務めたダーシー・バッセルの応援もあり、大きなチャンスをものにして、新ヒロインの誕生を印象づけた感動的な舞台でした。ぜひ、大画面で豪華絢爛な夢の世界と、金子扶生さんのゴージャスで優雅なオーロラを楽しんでください。

英国ロイヤル・バレエの『眠れる森の美女』は、第二次世界大戦後の1946年に、ロイヤル・オペラハウスの再オープニングを飾った作品です。戦争で傷ついた人々の心を美しいバレエが癒し、英国の復興を後押ししました。コロナウィルス禍の今だからこそ、バレエを通して芸術の力を実感できるのでは、と思います。5月に一度劇場公開されていますが、大好評につき、再上映が実現しました。

Hm2019sleepingbeauty013_20200904013401

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2019/20
『眠れる森の美女』

http://tohotowa.co.jp/roh/
2020年9月4日(金)〜9月10日(木)
北海道 札幌シネマフロンティア
宮城 フォーラム仙台
東京 TOHOシネマズシャンテ
東京 TOHOシネマズ日本橋
東京 イオンシネマ シアタス調布
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
京都 イオンシネマ京都桂川
大阪 大阪ステーションシティシネマ
兵庫 TOHOシネマズ西宮OS
福岡 中洲大洋映画劇場

振付:マリウス・プティパ
追加振付:フレデリック・アシュトン、アンソニー・ダウエル、クリストファー・ウィールドン
プロダクション:モニカ・メイソン(ニネット・ド・ヴァロワとニコライ・セルゲイエフに基づく)
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
指揮:サイモン・ヒューイット

オーロラ姫:金子扶生
フロリムント王子:フェデリコ・ボネッリ
国王フロレスタン24世:クリストファー・サウンダース
お妃:エリザベス・マクゴリアン
カタラビュット:トーマス・ホワイトヘッド
カラボス:クリステン・マクナリー

フロリナ姫:ヤスミン・ナグディ
青い鳥:マシュー・ボール

~プロローグ~
魔法の庭の精:マヤラ・マグリ
森の草地の精:クレア・カルヴァート
歌鳥の精:アナ・ローズ・オサリヴァン
黄金のつる草の精:崔由姫
リラの精:ジーナ・ストーム=ジェンセン

 

ロイヤル・バレエのソリスト、ミーガン・グレース・ヒンキス(昨年夏開催の吉田都さんの引退公演Last Danceにも出演)が企画し、元ABTでミック・ジャガーのパートナーであるメラニー・ハムリックが振付を担当してミック・ジャガーの協力を得て、ローリング・ストーンズの音楽を使用した映像「Ghost Light」が製作されました。ミーガン・グレース・ヒンキスの他、金子扶生、ティアニー・ヒープ、ヤスミン・ナグディ、クレア・カルヴァート、アナ・ローズ・オサリヴァン、レティシア・ストック、ウィリアム・ブレイスウェル、リース・クラーク、デヴィッド・ドネリー、テオ・デュブレイル、ニコル・エドモンズがロンドンの街中で踊っています。Acting for Othersという舞台芸術界のチャリティの一環として企画されました。コロナウィルス禍で英国の舞台芸術界は大きな危機に瀕しており、サドラーズ・ウェルズ劇場、ロイヤル・オペラハウスといった著名な劇場で働く人たちの多くが、職を失ったり一時的に解雇されたりしています。

寄付先:

https://www.justgiving.com/fundraising/savetheartsuk

ロイヤル・バレエは10月にガラ公演を行う予定ですが、まだ来シーズンはいつ開始するのかも、どんな作品が上演されるのかも発表されていません。

2020/08/26

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2019 - 2020 アンコール上映決定!

海外では今年10周年を迎え、これまでに世界中で38公演/70カ国/1,700館の上映を誇り、延べ35万人を動員した「ボリショイ・バレエ in シネマ」

Sub1_20200826115601

モスクワのボリショイ劇場で鑑賞しているような臨場感あふれる舞台、そしてバックステージの独占映像と幕間の出演者インタビューで最高のバレエ芸術を楽しめるボリショイ・バレエ in シネマ Season 2019 - 2020が、秋にBunkamuraル・シネマにてアンコール上映されます。
https://www.bunkamura.co.jp/topics/cinema/3869.html

2gisellebelyakovsmirnovaby-damir-yusupov

「ジゼル」

⚜ジゼル(出演:スミルノワ、ベリャコフ)/2020年 新収録・新演出
⚜白鳥の湖(出演:スミルノワ、ティッシ)/2020年 新収録
⚜ライモンダ(出演:スミルノワ、ベリャコフ)/2019年 新収録
⚜くるみ割り人形(出演:シュライナー、チュージン)/2018年12月収録
⚜ロミオとジュリエット(出演:クリサノワ、ラントラートフ)/2018年1月収録
⚜海賊(出演:クリサノワ、ツヴィルコ)/2017年10月収録
40_romeo_and_juliet_221117_by_damir_yusu
「ロミオとジュリエット」

Swan_lake_cdamir_yusupov_20200826121901

「白鳥の湖」

Nutcracker-76-20181223-by-damir-yusupov

「くるみ割り人形」

【日程】
2020年10月9日(金)~29日(木)

※詳細スケジュールは後日、Bunkamuraル・シネマHPにてお知らせいたします。
 Bunkamuraル・シネマ:https://www.bunkamura.co.jp/cinema/

※各作品の詳細スケジュールは決定次第HPにてお知らせいたします。
【料金】全席指定 大人3,700円(税込)、学生2,500円(税込/要学生証ご提示)

特に、ラトマンスキー新演出による「ジゼル」は、大評判となったものです。6月に映画館上映された時の感想をここに書いておきますね。

5gisellebelyakovsmirnovaby-damir-yusupov

ラトマンスキー版『ジゼル』は、セルゲイエフの舞踊譜をベースに、それより古いフランスのアンリ・ジュスタマンの舞踊譜も引用して作り上げられ、マイムを多用している。2幕に挿入されたジーグはラトマンスキーが想像力を駆使して創作したもの。特に特徴的なのは、アルブレヒトの婚約者であるバチルド姫がジゼルに同情的なキャラクターで心優しい姫であるという設定。これは原典通りなのだとのこと。

幕間のラトマンスキーの解説によると、貴族が高慢で冷酷であるというのはソヴィエト的な価値観で、ロシアでそのような設定になった後西側にも伝わったそうで、本来はバチルドは暖かい人柄。1幕のバチルドとジゼルがそれぞれの婚約者をどれほど愛しているのか語り合うガールズ・トークがかわいらしくて印象に残る。ジゼルとバチルドは1幕で仲良くなり、ジゼルの死にバチルドは動揺し涙する。

1gisellebelyakovsmirnovaby-damir-yusupov

原典に準拠しながらも、ラトマンスキーの独創性が発揮されていて、ドラマティックな効果が生まれている演出。リュドミラ・セメニャカ演じる母ベルタによる「ウィリになってしまうわよ」マイムがとても雄弁。アルブレヒトは2幕の登場シーンでは、白い百合ではなく赤い薔薇の花束を持ってウィルフリードを伴っての墓参りをするが、ウィリフリードに支えられて罪悪感に押しつぶされている。

ウィリたちの作り上げる十字架の形のフォーメーションは怖くて美しい。陰陽の形をとったウィリの隊列を縫って素早く走るジゼルとアルブレヒト、アルブレヒトに支えられリフトされたジゼルは文字通り空を舞っているようで鮮やかな印象を与える。アルテミイ・ベリャコフの見事なサポート技術が発揮されている。2幕途中では、唯一のラトマンスキーが手がけたオリジナルな振付である、ミルタが踊るフーガが挿入されている。

オルガ・スミルノワのジゼルは、1幕の時から少しエキセントリックですでにこの世の人とはちょっと外れているようだ。ヴァリエーションのコーダの振付が普通よりかなり難しいものになっていた。狂乱のシーンは最初は思い出を辿っていく静かなところからどんどん狂い始め、その最期はなんだか凄いオフィーリア的な狂乱ぶりだった。

6gisellebelyakovby-damir-yusupovbg.jpg

アルブレヒトのアルテミイ・ベリャコフが見事。長身容姿端麗、技術も演技力も素晴らしい。跳躍は高くつま先が綺麗、少しプレイボーイだけど情熱的なことこの上なく、激しくジゼルを愛していたことが感じられる。2幕ヴァリエーションはジゼルの墓の上に倒れ込む。ヴァリエーションの振付も、アントルシャ・シスが途中でたくさん挿入されており、軸足を途中で変えたり難しいものになっていた。

2幕のスミルノワは、この世のものではないような透明感をまとい、ひんやりとした中でもアルブレヒトへの想いを感じさせた。本当に涙を流していた1幕の狂乱のシーンですでに泣かせたのだけど、2幕は絶品。パ・ド・ドゥで二人は見つめ合い、温かくアルブレヒトに抱かれて最後にジゼルは顔を覆い涙にくれるのだ。

ジゼルは墓に消えるのではなくアルブレヒトに抱かれて横たえられ、いまわの際にバチルドとあなたは幸せになるのよとマイムをし、本当の死を迎える。慟哭するアルブレヒトにバチルドが歩み寄り手を差し伸べる。バチルドのネリー・コバヒーゼが美しく気品がありつつも、優しく温かい心を感じさせた。二人は一生ジゼルの死を背負って行かなければならないという十字架を負う。ハンス役のデニス・サーヴィンも切なく情熱的で素晴らしい演技を見せた。

このラトマンスキー版「ジゼル」は21世紀の傑作となると思います。ドラマティックで、人間味を感じさせて、考えさせられる。踊りのクオリティも恐ろしく高い。ぜひ映画館の大画面で!

『ライモンダ』も白い長いマントが似合うベリャコフ演じるジャン・ド・ブリエンヌが麗しいことこの上なく、ボリショイ・バレエならではのクラシック・バレエの粋が堪能できる贅沢な大作です。こちらもぜひ。

2020/08/20

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2019/20、8月21日より「コッペリア」9月5日より「眠れる森の美女」再上映

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2019/20、現在オペラ作品の新作上映、およびバレエ作品の再上映が行われています。


・8月14日(金)ロイヤル・オペラ「ラ・ボエーム」1月29日収録作品
・8月21日(金)ロイヤル・バレエ「コッペリア」(再上映)2019年12月10日収録作品
・8月28日(金)ロイヤル・オペラ「フィデリオ」3月13日収録作品
・9月4日(金)ロイヤル・バレエ「眠れる森の美女」(再上映)1月16日収録作品

http://tohotowa.co.jp/roh/news/

※公開劇場
TOHOシネマズシャンテ、TOHOシネマズ日本橋、イオンシネマ シアタス調布、TOHOシネマズ流山おおたかの森、TOHOシネマズららぽーと横浜、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、大阪ステーションシティシネマ、TOHOシネマズ西宮OS、イオンシネマ京都桂川、札幌シネマフロンティア、フォーラム仙台、中洲大洋劇場

ロイヤル・バレエでは、まずは8月21日(金)より、マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフのロイヤル・バレエを代表するトップスターペアによる「コッペリア」が公開されます。楽しいロマンティック・コメディと磨き抜かれた超絶技巧の両方が楽しめて、誰もが笑顔になるクラシック・バレエの名作です。

Coppelia-marianela-nunez-as-swanilda-and

『コッペリア』はE.T.Aホフマンの小説「砂男」を原作とし、1870年にパリ・オペラ座で初演された。美しい人形コッペリアに恋したフランツとその恋人スワニルダ、そしてコッペリアを生み出したコッペリウス博士が織りなす、ロマンティック・コメディ。英国ロイヤル・バレエで踊られているのは、バレエ団創設者ニネット・ド・ヴァロワ版で、1954年の初演からレパートリーとして大切に踊られてきた。スワニルダ役は吉田都の当たり役でもあった。クラシック・バレエの技巧からコミカルな人形振り、民族舞踊までちりばめられ、ドリープ作曲による美しいメロディと共に、幅広い世代に愛されている。マリアネラ・ヌニェスのコメディエンヌぶり、ワディム・ムンタギロフの華麗な超絶テクニックは必見。

Gary-avis-as-dr-copplius-and-marianela-n

特別映像の中にはデビュー時のヌニェスの姿が映るが、その時主役スワニルダ役を演じたのは吉田都なので、吉田さんも一緒に映っている。時の踊りでは、昨年ローザンヌ国際バレエコンクールで3位に入賞し、ロイヤル・バレエの研修生となった佐々木須弥奈が美しい踊りで際立っており、また収録当時ロイヤル・バレエスクール在学中で、今年晴れて首席で卒業して入団する予定の五十嵐大地も村人の役で出演している。

Coppelia-artists-of-the-royal-ballet-c-r

<あらすじ>

発明家のコッペリウス博士の家の窓辺には、本を読む美少女コッペリアの姿がある。フランツは彼女のことが気になって仕方ない。フランツの婚約者スワニルダはやきもちを焼くものの興味津々。友人たちと人形たちが並んだコッペリウスの工房に忍び込む。そこでコッペリアも実は人形であることを発見するが、帰ってきたコッペリウスに見つかって追い出される。スワニルダは一人隠れてコッペリアに変装する。やはり忍び込んだフランツにコッペリウスは一服盛って眠らせ、彼の魂をコッペリアに乗り移そうとする。スワニルダは息を吹き込まれたコッペリアのふりをする。コッペリウスの騒動が一段落すると、恋人たちは村の広場で祝福され、結婚式を挙げる。

Coppelia-ashley-dean-as-coppelia-c-roh-2

【振付】二ネット・ド・ヴァロア(イワ-ノフ、チェケッティ原振付)
【音楽】レオ・ドリーブ 【指揮】バリー・ワーズワース
【出演】スワニルダ:マリアネラ・ヌニェス フランツ:ワディム・ムンタギロフ
コッペリウス博士:ギャリー・エイヴィス 市長:クリストファー・サウンダース 宿屋の主人:エリコ・モンテス
スワニルダの友人:ミカ・ブラッドベリ、イザベラ・ガスパリーニ、ハンナ・グレンネル、ミーガン・グレース・ヒンキス、ロマニー・パイダク、レティシア・ストック
ペザントの女性:マヤラ・マグリ 公爵:ルーカス・ビヨルンボー・ブレンツロド
オーロラ(曙):クレア・カルヴァート 祈り:アネット・ブヴォル

9月5日からは、金子扶生が収録当日に急きょ代役で主演し、輝かしいスター誕生を印象づけた「眠れる森の美女」が再上映されます。

ロイヤル・オペラハウスの配信でも大好評でしたが、ぜひ大画面でもご覧ください。金子さんにはこの作品についての電話インタビューをしましたので、また改めて公開前にご紹介します。

Hm2019sleepingbeauty013_20200820034801

 

 

2020/07/08

ニコライ・ファジェーチェフ逝去

ボリショイ・バレエで1950年代に活躍し、ガリーナ・ウラノワやマイヤ・プリセツカヤなどの伝説的なバレリーナのパートナーを務めたニコライ・ファジェーチェフが6月23日に87歳で亡くなりました。ファジェーチェフは1956年の歴史的なボリショイ・バレエのロンドン公演でウラーノワと「ジゼル」を踊り、一躍注目されました。

https://www.bolshoi.ru/about/press/articles/memory/nikolai-fadeyechev-has-passed/

1977年に引退後はボリショイ・バレエで教師を務め、アレクサンドル・ヴェトロフ、アンドレイ・ウヴァーロフ、セルゲイ・フィーリン、ニコライ・ツィスカリーゼ、ルスラン・スグヴォルツォフ、アルチョム・オフチャレンコなどの名ダンサーを育てました。息子のアレクセイ・ファジェーチェフもボリショイ・バレエのプリンシパルとなりニーナ・アナニアシヴィリと頻繁に踊ったことでよく知られています。90年代にはアレクセイはボリショイの芸術監督にもなっています。

https://www.nytimes.com/2020/07/04/arts/dance/nikolai-fadeyechev-dead.html

1933年に生まれたファジェーチェフは、52年にボリショイ・バレエにソリストとして入団し、2年後には「白鳥の湖」の王子役を踊りました。とてもノーブルなダンサーとして知られ、ロンドン公演でも当初は「白鳥の湖」の王子役だけを踊る予定が、リハーサルの様子を観た首脳陣が急きょ彼をウラノワのジゼルの相手役に抜擢したのでした。

ロンドン公演で絶賛されたファジェーチェフは、BBCで撮影された「ジゼル」でナディア・ネリーナの相手役を務め、この役のタイミングやマイムシーンについて多くのことを教示してくれたと、2016年にピーター・ライトは述懐しています。61年にはネリーナはボリショイに招かれて、ファジェーチェフと「白鳥の湖」を踊りました。

1958年のボリショイ・バレエのパリ・ツアーの後、パリ・ダンス・アカデミーよりニジンスキー賞を受賞しました。「1958年5月31日にボリショイ・バレエの公演「白鳥の湖」でパリ・オペラ座の舞台に立った、最も輝かしくアカデミックなダンサーで重力の法則を超越した、ニコライ・ファジェーチェフに贈る」とこの名誉ある賞には添えられました。

また、マリヤ・プリセツカヤのために創作されたアロンソ版「カルメン」では、彼はドン・ホセ役で素晴らしい演技を見せました。

マイヤ・プリセツカヤとニコライ・ファジェーチェフ「レダと白鳥」より「プレリュード」

マイヤ・プリセツカヤ「なぜプリセツカヤはファジェーチェフをこんなにも褒めたたえているのだろう、とこの文章を読んだ後で思う人がいるかどうかはわかりません。しかし、彼と一緒に仕事をした同志たちに、どんなに称賛されてもおごることがない芸術家であり、皆のお手本となるような素晴らしい人であるということを伝えるために、私はこの文章を書いています」

リュドミラ・セメニャカ「ニコライ・ファジェーチェフは、バレエのオリンポスの中の神の一人だと、私は尊敬しています。彼は偉大なる教師であり、素晴らしい人間です。彼と踊ることは大きな幸せでした。彼はたぐいまれなパートナーで、バレリーナをサポートするだめでなく、彼女が自由に舞台の上で飛翔する機会を与えてくれる人です。ニコライ・ボリソヴィッチは芸術における私のゴッドファーザーです」

心よりお悔やみ申し上げます。

2020/06/23

ジュリアン・マッケイ 、サンフランシスコ・バレエにプリンシパルとして入団

ミハイロフスキー・バレエを11月の来日公演の後に退団してしばらくフリーランスで活動していたジュリアン・マッケイ。先日のバレエ・メッセのオンラインサロンでは、大きなカンパニーのプリンシパルとして契約し、近日中に入団すると話していました。

Julianmackay29357_20200623025901

(c)Yumiko Inoue

そしていよいよ、入団先が発表されました。サンフランシスコ・バレエです。

 

https://www.sfballet.org/discover/press-center/press-releases/release/julian-mackay-principal-dancer/

ジュリアンはモスクワに滞在中、お父さんが危篤になりアメリカに帰国しようとしたところ、国境閉鎖前のアメリカへの最後の便として搭乗した飛行機が跳び立たず大変な思いをしたそうですが、何とかお父さんに最後に会うことができたようです。

サンフランシスコ・バレエは非常に魅力的なレパートリーを持つバレエ団。2021年新春からの新しいシーズンでは、「ヴィクトリア」「ザ・チェリスト」で注目の振付家キャシー・マーストンの新作「卒業(Mrs Robinson)」が予定されています。大ヒット映画のバレエ化です。(年内の公演は、コロナウィルス禍でキャンセル)このほかにも世界初演作品がいくつか予定されています。

https://www.sfballet.org/tickets/2021-season/

そしてダンサーもスターが多く、昨年は倉永美沙さんがボストン・バレエから移籍。来シーズンからは、現在はウィーン国立バレエのプリンシパルであるニキーシャ・フォゴがプリンシパルとして入団することが発表されていました。いつか日本公演も実現するといいなと思います。

ジュリアン・マッケイ自身の東京で行われる予定だった公演「PRINCE OF BALLET」もコロナウィルス禍で中止になってしまいましたが、こちらも延期の上実施してくれることを期待したいです。
Img_1028

Alexandre Magazineでのジュリアン・マッケイのインタビューと撮り下ろし写真

https://www.alexandremagazine.com/011

2020/06/18

ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン ロイヤル・バレエ『眠れる森の美女』(金子扶生主演)公開

6月19日より、ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズン ロイヤル・バレエ『眠れる森の美女』が劇場公開されます。コロナウィルス禍の関係で、当初予定より劇場公開予定が遅れたので、待ちに待った映画館での上映です。
Hm2019sleepingbeauty013_20200618023901

http://tohotowa.co.jp/roh/movie/?n=the_sleeping_beauty

収録当日、オーロラ役が予定されていたローレン・カスバートソンが怪我で 降板し、急遽オーロラ役の代役に、当初はリラの精を踊る予定だった金子扶生さんが抜擢されました。金子さんは見事に期待に応え、漂う気品、大輪の花の華やかさと初々しさを見せてスター誕生の瞬間を見る思いでした。

大画面で見るとローズアダージオでは金子さん、緊張しているのが伝わってきます。後ろにいる群舞のダンサーたちが頑張れオーラを送っているのも見えます。バレエの皆さんが応援しているのが伝わってきました。 ここで金子さんがしっかりと安定したバランスを決め、4人目の英国王子ギャリー・エイヴィスが父親のような優しい表情で迎えると笑顔が花開き、良かったねと思わず観客の私も涙がこぼれ、胸が熱くなりました。

Hm2019sleepingbeauty021

音楽性に優れてラインも美しくゴージャスな金子さん、叙情的な2幕の幻影もエレガントで素晴らしかった。3幕のヴァリエーションではピルエットはすべて3回転で軸もしっかり、アラベスクもピタリと綺麗なポジションで決まります。王子役のフェデリコ・ボネッリのサポートはもちろん完璧です。彼がパートナーだったからこそ、金子さんも安心して踊ることができたのでしょう。王子にふさわしいエレガンス、年齢的にはすっかりベテランなのにその年齢を感じさせないような、高いアントルシャ・シスと美しいつま先にも惚れ惚れしました。

The-sleeping-beauty-artists-of-the-royal

ロイヤル・バレエ ならではの、演劇的な要素も味わえます。邪悪な妖精カラボスを演じるのは、ケレン味たっぷりに悪を楽しむ演技派のクリステン・マクナリー。見事な高笑いとカリスマ性で場をさらいます。北欧美女のジーナ・ストーム・ジェンセンのリラの精はこのカラボスに対抗できる凛とした強さの持ち主。まだ若手ですがしっかりとした技術の持ち主です。本来この役は金子さんが踊る予定だったので、彼女も急な代役でした。

Hm2019sleepingbeauty130

プロローグの妖精たちも豪華キャストで、崔由姫さん、アナ・ローズ・オサリヴァン、マヤラ・マグリ、クレア・カルヴァートなどそれぞれの個性を発揮し、お付きの騎士たちもアクリ瑠嘉さん、セザール・コラレスなどの人気ダンサーを揃えていてロイヤル・バレエの層の厚さを実感します。フロリナ姫にヤスミン・ナグディ、青い鳥にマシュー・ボールという配役も贅沢で、マシューのブルーバードは長身なのに飛んでいきそうなくらい高くダイナミックに跳んでいました。(下の写真は、ヤスミン・ナグディのオーロラ、マシュー・ボールの王子です)

Roh-1920_the-sleeping-beauty_yasmine-nag

大きな怪我を乗り越えて花開いた、金子扶生というスター誕生の場面を目撃できる「眠れる森の美女」ぜひ大画面でご覧ください。幕間映像ではダーシー・バッセルとケヴィン・オヘアの指導による金子さんのローズアダージオの稽古がとても興味深いです。バランスよりもむしろピルエットの方が大変だったりするのですね。また、「眠れる森の美女」 は第二次世界大戦が終わった直後を飾った記念すべき作品でもありました。戦後の物資がない時に衣装の材料を苦労して集めたり、紙ナプキンなども代用したというエピソードも披露されます。

003192_rohsb2011jp_01174

そして次回上映の話題の新作「ザ・チェリスト」のキャシー・マーストンのインタビューやリハーサル映像も少し登場します。ロイヤル・オペラハウスの配信でご覧になった方もいると思いますが、こちらも素晴らしい作品なので今後の公開予定に注目してくださいね。

【振付】マリウス・プティパ

【追加振付】フレデリック・アシュトン、アンソニー・ダウエル、クリストファー・ウィールドン

【プロダクション】モニカ・メイソン(ニネット・ド・ヴァロワとニコライ・セルゲイエフに基づく)

【美術】オリバー・メッセル

【デザイン追加】ピーター・ファーマー

【音楽】ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

【指揮】サイモン・ヒューイット

【出演】オーロラ姫:金子扶生
フロリムント王子:フェデリコ・ボネッリ
国王フロレスタン24世: クリストファー・サウンダーズ
お妃: エリザベス・マクゴリアン
カタラビュット:トーマス・ホワイトヘッド
カラボス:クリステン・マクナリー 英国の王子:ギャリー・エイヴィス
フランスの王子:ニコル・エドモンズ
インドの王子:デヴィッド・ドネリー
ロシアの王子:トーマス・モック 伯爵夫人:クリスティーナ・アレスティス
フロレスタン:ジェームズ・ヘイ
フロレスタンの姉妹:マヤラ・マグリ、アナ・ローズ・オサリヴァン
長靴を履いた猫:ポール・ケイ
白猫:レティシア・ストック
フロリナ姫:ヤスミン・ナグディ
青い鳥:マシュー・ボール
赤ずきん:ロマニー・パイダク
狼:ニコル・エドモンズ ~プロローグ~
澄んだ泉の精: ロマニー・パイダク
お付きの騎士:アクリ瑠嘉
魔法の庭の精: マヤラ・マグリ
お付きの騎士: ヴァレンティノ・ズケッティ
森の草地の精: クレア・カルヴァート
お付きの騎士:カルヴィン・リチャードソン
歌鳥の精: アナ・ローズ・オサリヴァン
お付きの騎士: ジェームズ・ヘイ
黄金のつる草の精: 崔 由姫
お付きの騎士: セザール・コラレス
リラの精:ジーナ・ストーム=ジェンセン
リラの精のお付きの騎士:ニコル・エドモンズ

【上映時間】3時間22分

<あらすじ>

国王フロレスタン24世とお妃は、 生まれたばかりのオーロラ姫の洗礼式に妖精たちを招くが、邪悪な妖精カラボスは洗礼式に招かれなかったことに激怒する。洗礼式に招かざる客として割り込んだカラボスは、オーロラは糸紡ぎで指を刺して死ぬという呪いをかけた。リラの精は、カラボスの呪いを和らげる贈り物を贈る。それは、オーロラは死なないが深い眠りに落ち、王子のキスによって目覚めるというもの。
オーロラの16歳の誕生日に、4人の王子たちが求婚しにやってくる。禁止されている糸紡ぎを使っていた女性たちが捕まるが、お妃のとりなしで無罪放免となる。好奇心旺盛なオーロラは老婆に変装したカラボスに渡された糸紡ぎで指を刺してしまう。オーロラは深い眠りに落ち、城全体も共に眠る。100年後、狩りに出かけたフロリムント王子は、リラの精にオーロラ姫の幻影を見せられ、魅了される。王子はリラの精に導かれて深い森に隠れた城を見つけ、キスでオーロラを目覚めさせる。邪魔をしようとしたカラボスは打ち負かされる。おとぎ話の登場人物たちが駆けつけて、ふたりの華麗な結婚式が開かれる。

北海道 札幌シネマフロンティア2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

宮城 フォーラム仙台2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

東京 TOHOシネマズシャンテ2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

東京 TOHOシネマズ日本橋2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

東京 TOHOシネマズ新宿2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

東京 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

東京 イオンシネマ シアタス調布2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

京都 イオンシネマ京都桂川2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

大阪 大阪ステーションシティシネマ2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

兵庫 TOHOシネマズ西宮OS2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

福岡 中洲大洋映画劇場2020/6/19(金)~2020/7/2(木)

より以前の記事一覧