BlogPeople


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

バレエ(情報)

2018/02/22

第18回英国ナショナル・ダンス・アワード受賞者

2016年9月1日から2017年8月31日までの間に英国で行われた公演を対象とし、500もの対象から絞り込まれたものです。Dance Section of the Critics’ Circleという60人の批評家からなる団体が選んだ第18回英国ナショナル・ダンス・アワード、受賞式が行われ、受賞者が発表されました。

https://www.thestage.co.uk/news/2018/critics-circle-national-dance-awards-2017-winners-full/


GRISHKO AWARD FOR BEST FEMALE DANCER 最優秀女性ダンサー
 

Zenaida Yanowsky (Royal Ballet) ゼナイダ・ヤノウスキー


DANCING TIMES AWARD FOR BEST MALE DANCER 最優秀男性ダンサー

Liam Riddick (Richard Alston Dance Company)

STEF STEFANOU AWARD FOR OUTSTANDING COMPANY 傑出したカンパニー

42ND Street



BEST CLASSICAL CHOREOGRAPHY 最優秀古典振付賞

Akram Khan for ‘Akram Khan’s Giselle’ (English National Ballet) アクラム・カーン「ジゼル」(ENB)


BEST MODERN CHOREOGRAPHY 最優秀現代振付賞

Michael Keegan-Dolan for ‘Swan Lake/Loch na hEala’ (Teaċ Damsa)


EMERGING ARTIST AWARD  新人アーティスト賞

Harry Alexander (Dancer, Michael Clark Company/ Julie Cunningham & Company)


OUTSTANDING FEMALE PERFORMANCE (MODERN) 傑出した女性モダン・ダンサー

Ashley Shaw as Vicky Page in ‘The Red Shoes’ (New Adventures) アシュリー・ショー 「赤い靴」(ニュー・アドベンチャーズ)


OUTSTANDING MALE PERFORMANCE (MODERN) 傑出した男性モダン・ダンサー

Robert Fairchild as Jerry Mulligan in ‘An American in Paris’ロビー・フェアチャイルド「パリのアメリカ人」



OUTSTANDING FEMALE PERFORMANCE (CLASSICAL) 傑出した女性クラシック・ダンサー

Alina Cojocaru as Giselle in ‘Akram Khan’s Giselle’ (English National Ballet) アリーナ・コジョカル「ジゼル」(アクラム・カーン)


DANCE EUROPE AWARD FOR OUTSTANDING MALE PERFORMANCE (CLASSICAL) 傑出した男性クラシック・ダンサー

Marcelino Sambé as Colas in ‘La Fille mal gardée’’ (The Royal Ballet) マルセリーノ・サンベ「ラ・フィユ・マル・ガルデ」


Ninette de Valois award for outstanding contribution to dance ダンス界への貢献へと贈られるニネット・ド・ヴァロワ賞

Lez Brotherston レズ・ブラザーストン 


クラシック、および現代作品での最優秀作品は、いずれも19世紀の古典バレエを読みかえた作品となっています。しかしアクラム・カーン振付作品が「クラシック作品」と位置付けられる日が来るとは。
Michael Keegan-Dolanは私は不勉強でほとんど知らないのですが、Fabulous Beast Theatreというカンパニーを主宰しており、ロイヤル・オペラハウスのオペラ作品の振付なども担当しています。こちらの「白鳥の湖」は、チャイコフスキーではなく、アイリッシュ・フォーク音楽を使っているとのことですが、とても面白そうです。

一方で、モダンダンサーの2部門は、マシュー・ボーン振付「赤い靴」のアシュリー・ショー、そしてクリストファー・ウィールドン振付「パリのアメリカ人」のロビー・フェアチャイルドと、いずれも20世紀の名作を基にしたミュージカル的な要素が強い作品となっています。さらに、最優秀カンパニーはバレエやモダンのカンパニーではなく、ウェストエンドで上演されたミュージカル「42ND Street」が選ばれており、ミュージカルシアターが高く評価された年となりました。

ロイヤル・バレエからは、先シーズンに「マルグリットとアルマン」で引退したゼナイダ・ヤノウスキー、そして若手ファースト・ソリストのマルセリーノ・サンベが選ばれています。
ゼナイダ・ヤノウスキーはロイヤル・バレエを引退したものの、ダンサーとしての活動は続けており、ロイヤルの「不思議の国のアリス」へのゲスト出演は怪我のために実現しませんでしたが、ノーザン・バレエが上演する、ケネス・マクミランの作品「ラス・エルマナス」にゲスト出演する予定です。

マシュー・ボーン作品の見事な舞台美術を数多く手掛けていた舞台美術家のレズ・ブラザーストンが、ニネット・ド・ヴァロワ賞を受賞しました。

受賞式の写真はこちらで観ることができます。司会を務めたのは、最も注目を集めている女性振付家の一人であるアナベル・ロペス・オチョアです。
https://www.flickr.com/photos/dancetabs/sets/72157663915979637

また、今年は初めて受賞式がネット中継されました。その映像も全編観ることができます。

2018/02/05

第46回ローザンヌ国際バレエコンクールの結果

情報が遅くなってしまってすみません。ローザンヌ国際バレエコンクールのファイナルが2月3日に行われました。

中継映像はFacebookだと全部視聴できます。(が後で削除される可能性があります)

Arteの公式サイトだと、審査結果が発表されるまでの間に上演された、マリインスキー・バレエのザンダー・パリッシュとクリスティーナ・シャプランのダイヤモンドはカットされていますが、こちらでは視聴可能です。

第46回ローザンヌ国際バレエコンクール2018入賞者
1. シェイル・ワグマン WAGMAN Shale / カナダ/ 17歳9ヶ月
2. パク・ハンナ PARK Hanna / 韓国 / 15歳5ヶ月
3. グオ・ウェンジン GUO Wenjin / 中国 / 16歳8ヶ月
4. リ・ユンス LEE Junsu / 韓国 / 16歳1ヶ月
5. チャオ・シンユエ ZHAO Xinyue / 中国 / 17歳11ヶ月
6. ミゲル・アンヘル・ダビド・アランダ・マイダナ ARANDA MAIDANA Miguel Angel David / パラグアイ / 18歳6ヶ月
7. カロリネ・ガウボン GALVAO Carolyne / ブラジル / 17歳5ヶ月
8. アヴィヴァ・ゲルファー=ムンドゥル GELFER-MÜNDL Aviva / アメリカ/ 16歳1ヶ月

今回リアルタイムでは少ししか視聴できず、後で録画を観たのですが、1位のシェイル・ワグマン(プリンセス・グレース・アカデミー)は、クラシックのバジル、コンテンポラリーのウェイン・マクレガー「クローマ」とも、ずば抜けており、特にコンテンポラリーでの表現力や音楽性が見事でした。1位は当然の結果であり、スター性もあるので近いうちにプロとしての姿を観られそうです。


2位のパク・ハンナは昨年のYAGPでシニア女子1位の実力を見せました。中国、韓国からの出場者は皆さん、本当すらりとしていて手脚長く、プロポーションが美しい人ばかりです。

日本から出場した森脇崇行さんと大木愛菜さんは、入賞はしなかったものの、クラシックもコンテンポラリーもとても美しいパフォーマンスを見せてくれていました。特にクラシックの技術はアカデミックで美しいふたりです。

ローザンヌ国際バレエコンクールは、入賞することが目的のコンクールではありません。出場することで世界トップクラスの教師の教えを受け、世界中から集まった出場者と交流し、そして入賞しなくても様々なトップカンパニー入団やバレエ学校に留学するチャンスが得られる素晴らしいチャンスです。ここに出場できることも素晴らしいし、21人のファイナリストに残ることはもっと素晴らしいことです。

ローザンヌ国際バレエコンクール2018ファイナル 1位にシェイル・ワグマン(カナダ)
http://www.chacott-jp.com/magazine/news/concours/2018-2.html

ローザンヌ国際バレエコンクール決勝 優勝は13歳でバレエを始めたワグマンさん

13歳という遅い年齢でバレエを始めて、一流になったダンサーには、デヴィッド・ホールバーグ、ミスティ・コープランドがいます。

2018/02/03

ローザンヌ国際バレエコンクール、ファイナリスト決定、決勝は今晩22:30から

ローザンヌで2日、第46回ローザンヌ国際バレエコンクールの準決勝が行われ、明日の決勝に進出する21人が選出されましたた。日本からは、大木愛菜(おおき あいな)さん(17)と森脇崇行(もりわき たかゆき)さん(15)が決勝に出場します。

ファイナリスト

PARK Hanna 韓国15歳
YANG Irene カナダ 15歳
TENG Ronger 中国 16歳
MISSELDINE Chloe 米国 16歳
GUO Wenjin 中国 16歳
GELFER-MÜNDL Aviva 米国 16歳
CARMECI Finnian 米国 15歳
森脇 崇行(もりわき たかゆき)日本 15歳
YERG Makani 米国 16歳
LEE Junsu 韓国 16歳
SNYDER Eric 米国 16歳
XU Jingyi 中国 17歳
GALVAO Carolyne ブラジル 17歳
ZHAO Xinyue 中国 17歳
大木愛菜(おおき あいな)日本 17歳
NAM Minji 韓国 18歳
WAGMAN Shale カナダ 17歳
ZAGIDULLIN Ervin ロシア 18歳
ARANDA MAIDANA Miguel Angel David パラグアイ 18歳
LORICCHIO Davide イタリア 18歳
BAREMAN Lukas ベルギー 18歳

森脇崇行さん(小池バレエスタジオ)は、クラシック・バリエーションではコッペリア第3幕のフランツを踊りました。森脇さんと同じ広島県出身、小池バレエスタジオ出身の大木愛菜さんは「ライモンダ」を踊りました。現在はドイツのジョン・クランコ・スクールに留学しています。

ローザンヌ国際バレエ、日本人2人が決勝進出
https://www.asahi.com/articles/ASL231PBLL23UHBI002.html

国別では米国の5人が最多。中国4人、韓国3人と続いています。

同じくファイナリストのErvin ZAGIDULLIN (ロシア)とDavide LORICCHIO(イタリア) はワガノワ・アカデミーの学生です。

まもなく決勝が始まりますが、こちらのURLでライブで視聴できます。
https://www.facebook.com/ARTEConcert/videos/vb.86384367059/10155363371587060/?type=3&theater

409 - Zagidullin Ervin - 18/0
Russian Federation
Vaganova Ballet Academy, Russia
Classical variation: Paquita , variation of the Grand Pas (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Out of Breath (Bosso / Deleur)


301 - Xu Jingyi - 17/3
China
The Secondary Dance School Attached to Beijing Dance Academy, China
Classical variation: Don Quixote , variation of Dulcinea (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Becomings (one pointed shoes) (Richter / McGregor)


303 - Galvao Carolyne - 17/5
Brazil
Itego Basileu França, Brazil
Classic variation:Classical Grand Pas (Gsovsky / Auber)
Contemporary Variation: Chroma (Talbot / McGregor)


203 - Moriwaki Takayuki - 15/8
Japan
Koike Ballet Studio, Japan
Classical variation: Coppelia , variation of Frantz (Delibes / Saint-Léon
Contemporary variation: Out of Breath (Bosso / Deleur)


125 - Teng Ronger - 16/2
China
The Secondary Dance School Attached to Beijing Dance Academy, China
Classical variation: Paquita , 1st variation of the pas de trois (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Furia Corporis (Beethoven / Bigonzetti)


416 - Bareman Lukas - 18/10
Belgium
Ballettschule Theater Basel, Switzerland
Classic variation: La Bayadère , variation of Solor (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Becomings (gender neutral solo) (Richter / McGregor)


206 - Yerg Makani - 16/0
United States
City Dance Conservatory, USA
Classical variation: Napoli , first variation of six (Helsted / Bournonville)
Contemporary variation: Out of Breath (Bosso / Deleur)


115 - Yang Irene - 15/8
Canada
Academy of Ballet and Jazz, School of Canadian Ballet Theater, Canada
Classical variation:Don Quixote , variation of Cupid (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Touch, Feel, Sense (Zimmer / Deleur)


412 - Aranda Maidana Angel Miguel Angel - 18/6
Paraguay
Brussels International Ballet School, Belgium
Classic variation: Paquita , variation of the Grand Not (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Plan to B (Biber / Elo)


112 - Park Hanna - 15/5
South Korea
Sunhwa Arts Middle School, South Korea
Classic variation: La Bayadère , 3rd variation (Minkus / Petipa)
Variation contemporary: 1st Flash , solo 1 (Sibelius / Elo)


210 - Snyder Eric - 16/10
USA
Yuma Ballet Academy, USA
Classical variation: Swan Lake , 1st variation of the pas de trois (Tchaikovsky / Petipa)
Contemporary variation: Out of Breath (Bosso / Deleur)


310 - Oki Aina - 18/0
Japan
John Cranko Schule, Germany
Classical variation: Raymonda , variation of the Dream Table (Glazunov / Petipa)
Contemporary variation: Touch, Feel, Sense (Zimmer / Deleur)


126 - Misseldine Chloe - 16/3
United States United
Orlando Ballet School, USA
Classical variation: La Bayadère, 3rd variation (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Solo for Diego (Theodorakis / Wherlock)


413 - Loricchio Davide - 18/7
Italy
Vaganova Ballet Academy, Russia
Classical variation: Grand Pas classical (Gsovsky / Auber)
Contemporary variation: Out of Breath (Bosso / Deleur)


134 - Guo Wenjin - 16/8
China
Shanghai Dance School, China
Classical variation: Don Quixote , Cupid variation (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Rossini's solo Rossini / Bigonzetti


313 - Nam Minji - 18/5
South Korea
Princess Grace Academy, Monaco
Classical variation: Paquita , main variation (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Becomings (on pointe shoes) (Richter / McGregor)


201 - Carmeci Finnian - 15/2
United States
School of Oregon Ballet Theater, USA United
Classical Variation: The Evil Girl , variation of Colas (Herold / Gorsky)
Contemporary Variation: Solo for Diego (Theodorakis / Wherlock)


135 - Gelfer-Mundl Aviva - 16/10
United States
V & T Classical Ballet & Dance Academy, United States, Canada National Ballet School
Classical variation: Paquita, 1st variation of the pas de trois (Minkus / Petipa)
Contemporary variation: Touch, Feel, Sense (Zimmer / Deleur)


407 - Wagman Shale - 17/9
Canada
Princess Grace Academy, Monaco
Classical variation: Don Quixote , variation of Basilio (Minkus / Petipa)
Contemporary Variation: Chroma (Talbot / McGregor)


309 - Zhao Xinyue - 17/11
China
The Secondary School Of Beijing Dance Academy, China
Classical Variation: Grand Pas Classical (Gsovsky / Auber)
Contemporary Variation: Becomings (gender neutral solo) (Richter / McGregor)


207 - Lee Junsu - 16/1
South Korea
Yewon School, South Korea
Classical Variation: The Unguarded Girl Variation of Colas (Hérold / Gorsky)
Contemporary Variation: Furia Corporis (Beethoven / Bigonzetti)

4日の中継の模様

2018/02/02

ロイヤル・バレエ「冬物語」のリハーサル中継

ロイヤル・バレエの「冬物語」(クリストファー・ウィールドン振付)のリハーサルの中継が、ロイヤル・オペラハウスのYouTubeチャンネルで行われていました。

http://www.roh.org.uk/news/watch-live-rehearsals-for-the-royal-ballets-the-winters-tale-on-30-january-2018

生で視聴するには深夜で厳しい時間でしたが、その録画を視聴することができます。

こちらの映像ですが、冒頭(最初の10分間は何も流れませんので、10分後)に、クリストファー・ウィールドンに指導される金子扶生さん(ヒロイン、ハーマイオニー役)、1時間5分過ぎに、パーディータ役の高田茜さんが指導される映像があり、大変興味深いものです。32分過ぎには、ポーリーナ役のティアニー・ヒープも指導を受けています。

「冬物語」は英国ロイヤル・オペラハウスシネマシーズンで、映画館上映されます。

_artists_of_the_royal_ballet_in_ch

http://tohotowa.co.jp/roh/movie/winter.html

北海道 ディノスシネマズ札幌 2018/4/21(土)~2018/4/27(金)
宮城 フォーラム仙台 2018/4/21(土)~2018/4/27(金)
東京 TOHOシネマズ日本橋 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
東京 イオンシネマ シアタス調布 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
京都 イオンシネマ京都桂川 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
大阪 大阪ステーションシティシネマ 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
神戸 TOHOシネマズ西宮OS 2018/4/20(金)~2018/4/26(木)
福岡 中洲大洋映画劇場 2018/4/21(土)~2018/4/27(金)

【振付】クリストファー・ウィールドン
【音楽】ジョビー・タルボット
【指揮】アロンドラ・デ・ラ・パーラ
【出演】ローレン・カスバートソン(ハーマイオニー)
エドワード・ワトソン(リオンディーズ)
サラ・ラム(パーディタ)
スティーヴン・マックレー(フロリゼル)
ラウラ・モレーラ(ポーリーナ)
(2018年2月28日収録予定)

シェイクスピアの愛と喪失の戯曲「冬物語」をもとにしたドラマティックなバレエ。親友と自分の愛する妻の不貞を疑った王リオンディーズは、妻の生んだ赤ん坊を遠くへと追いやってしまうが――。

ドラマティック・バレエの傑作で、出演者は、こちらのリハーサル中継とは違いますが、ロイヤル・バレエのトッププリンシパルが揃って優れた演技力を見せてくれます。ジョビー・タルボットによる音楽も美しく躍動感があり、深い感動が待っている作品です。細かい表情まで観ることができる映画館の大画面でどうぞ。

Winters Tale [Blu-ray] [Import]Winters Tale [Blu-ray] [Import]
The Royal Ballet

Opus Arte 2015-01-05
売り上げランキング : 104405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2018/01/30

WOWOW バレエ関連番組2月放送予定

最近バレエ関係の番組にとても力を入れているWOWOW。2月も、とても充実したラインアップです。

特に、モーリス・ベジャール関連の番組がたくさん放映されるので、ファンの方は必見です。中でも、昨年11月、ベジャールの命日に東京で開催された、「ベジャール・セレブレーション」の放映は見逃せません。
モーリス・ベジャール没後10年&カンパニー来日50周年記念!

2月1日(木)

君はベジャールをみたか 午後4:00
バレエ界の巨匠、フランスの振付家モーリス・ベジャール。ダンスに愛と革命をもたらしたカリスマの没後10年。すべてのバレエファンにささぐ記念碑的バレエ番組。

ベジャールの「ザ・カブキ」東京バレエ団ミラノ・スカラ座公演 午後5:00
20世紀バレエ界を代表するモーリス・ベジャールが、忠臣蔵をもとに東京バレエ団とともに創作したバレエ。世界中で高い評価を受けた作品の、ミラノ・スカラ座での公演。


ベジャール・バレエ・ローザンヌ 80分間世界一周 よる7:15
現代バレエ界の巨匠M・ベジャールの死後間もない2008年2月。彼の遺志を受け継ぎ完成し、披露された遺作「80分間世界一周」のバレエ公演を丸ごと収録した映像作品。

バレエ☆プルミエール#3 よる9:00
初めて触れる人から熱狂的なファンまで、バレエに心惹かれるすべての人に贈る。これまでの歴史やこれからの潮流を知ることができるバレエ好き必見の情報番組


2月3日(土)


マチュー・ガニオ パリ・オペラ座の頂
 午前9:00
パリ・オペラ座の“顔”として全世界から注目を集めるバレエダンサー、マチュー・ガニオの魅力に迫る必見のドキュメンタリー。マレーネ・イオネスコ監督作品。子供時代の貴重な映像から、イザベル・シアラヴォラ、母ドミニク・カルフーニ、ドロテ・ジルベールなども登場して大変興味深く、ファンにはたまらない映像ばかりです。


バレエ☆プルミエール#4 よる6:30
#4には、新国立劇場バレエ団プリンシパルの福岡雄大さんがゲスト出演します。

ベジャール・セレブレーション 特別合同ガラ よる7:00 (初回放送)
天才振付家ベジャールの命日に上演された特別公演を撮り下ろし。モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団が彼の名作の数々を踊る、劇場の熱気をそのまま届ける。
今回は第2部を放映。(プログラム内容はこちら
ベジャールの手掛けた名作、名振り付けをえりすぐってジル・ロマンが構成した特別合同ガラ。モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団のダンサーが共演する。ベートーベンの壮大な交響曲に乗せたダンス、アフリカ音楽に乗せた原初の愛の儀式を思わせる「ヘリオガバル」、終末を迎える都市で人々が愛を確かめ合う「わが夢の都ウィーン」、インドの神が熱く舞う「バクチIII」など、めくるめくベジャール・ワールドが兄弟カンパニーによって繰り広げられる。

なお、ベジャール・セレブレーションの第一部、「テム・エ・ヴァリアシオン」も3月11日(日)17:00に放送予定です。
http://www.wowow.co.jp/detail/112199

2018/01/27

ローザンヌ国際バレエコンクール、中継スケジュール

いよいよ1月29日より、ローザンヌ国際バレエコンクールが始まります。

https://www.prixdelausanne.org/

今回から参加年齢の下限を従来の15歳から14歳6カ月に引き下げられて、「ジュニア部門」と「シニア部門」も導入されました。

今年もネット中継が行われます。
ARTE Concertの中継サイトhttps://www.arte.tv/fr/videos/RC-014432/prix-de-lausanne/
と ローザンヌ国際バレエコンクールの公式サイトにて

1月29日 23:00~24:30 (以下日本時間) 男子クラシックシニア通し稽古、女子クラシック通し稽古、ジュニアコンテンポラリークラス
1月30日 23:00~24:30 ジュニアコンテンポラリーヴァリエーション指導
1月31日 23:00~24:30 男子ジュニア、シニア、コンテンポラリー通し稽古
2月 1日 23:00~24:30 女子ジュニア、シニア、コンテンポラリー通し稽古
2月 2日 17:30~20:45 準決勝 ジュニア (14歳6か月~16歳)
       22:30~25:00 準決勝 シニア (17~18歳)
       27:00       結果発表
2月 3日 23:00~26:00 決勝

日本からの出場者は以下のみなさん

本多優衣子(ほんだ・ゆいこ) メザミバレエスタジオ
梯幹矢(かけはし・みきや) スイス、バーゼル劇場バレエ学校 Swiss Infoの記事
宮原詩音(みやはら・しおん) ポルトガル国立コンセルヴァトワール
森脇崇行(もりわき・たかゆき) 小池バレエスタジオ
長末 春(ながすえ・しゅん) Yoko Kurata Ballet Studio
大岩詩依(おおいわ・しえ)  鎗田優バレエスクール
大木 愛菜(おおき・あいな) ドイツ、ジョン・クランコ・スクール
立花乃音(たちばな・のん) アイコ・シーマンバレエスタジオ
宇田 美久(うだ・みく) 森高子バレエ教室

10名が進出していましたが、一人辞退し、男子2人、女子7人の合計9人となったそうです。

梯幹矢さんのレッスン風景

韓国の予選通過者20人のうち13人は、Sunhwa Arts School(ソウル)の中・高等部在籍者だそうです。

大岩詩依さんは、昨年の横浜バレエフェスティバル2017のオーディションで選ばれて、公演に出演しました。

ワガノワ・アカデミーの生徒
Davide Loricchio (イタリア)
Ervin Zagidullin (ロシア)
も出場します。

ワガノワ・アカデミーといえば、入団2年目で「白鳥の湖」のオデット/オディールに抜擢されたボリショイ・バレエのアリョーナ・コヴァリョーワも、2016年にローザンヌ国際バレエコンクールに出場していますが、決勝には進出できませんでした。その年のもう一人のワガノワの生徒、Laura Fernandezは決勝に進出し(スカラシップも受賞しましたが、マリインスキー・バレエに入団が決まっていたため辞退)、ベスト・スイス賞を受賞しています。

決勝戦では、結果が発表されるまでの間、マリインスキー・バレエのクリスティーナ・シャプランとザンダー・パリッシュが「ダイヤモンド」のパ・ド・ドゥを踊ります。
https://www.prixdelausanne.org/two-soloists-of-the-mariinsky-theatre-to-perform/

今年のローザンヌ国際バレエコンクール功労賞は、ジャン・クリストフ・マイヨーです。

今年の審査員は、

審査委員長 オランダ国立バレエ芸術監督 テッド・ブランセン
副審査委員長 ジョージア国立バレエ芸術監督 ニーナ・アナニアシヴィリ
ヒューストン・バレエ プリンシパル 加治屋百合子(2000年スカラシップ受賞)
サンフランシスコ・バレエ プリンシパル ダヴィッド・カラペティヤン (1999年スカラシップ受賞)
マンハイムダンスアカデミー校長 ビルギット・カイル
チューリッヒ・ダンス・アカデミー校長 オリヴァー・マッツ
オーストラリア・バレエスクール校長 リサ・パヴァーン
ナショナル・バレエ・オブ・カナダ 芸術監督補 クリストファー・ストウエル
デミス・ヴォルピ 振付家、オペラ演出家 


今年から、以下の学校とカンパニーがパートナーとなりました。

<学校>
パリ・オペラ座学校 (フランス)
遼寧バレエ学校 (中国)
オスロ国立芸術アカデミー (ノルウェイ)

<カンパニー>
遼寧バレエ (中国)
タルサ・バレエ (米国)
ノルウェイ国立バレエ (ノルウェイ)

そして最後に、今年からクラウドファンディングキャンペーンが始まりました。
https://www.indiegogo.com/projects/prix-de-lausanne-2018-audience-favourite-prize-dance#/
観客賞は、ネット視聴者もARTEのサイトを通してネットで投票できます。そして、観客賞を受賞したダンサーの、スカラシップ先への旅費や諸経費に寄付ができるようになります。多くの場合、スカラシップを受賞したダンサーも、留学するための経費が掛かるために、自身でクラウドファンディングを行うことになることがあるためです。20ユーロから寄付が可能です。

2018/01/23

うつ病に対する理解を訴える、フランチェスカ・ヘイワードが踊る映像

昨年末に発表されて、ご紹介しようと思いつつ機会を逸していた、非常に美しい動画があります。

ロイヤル・バレエの振付家育成プログラムで学ぶ若手振付家、シャーロット・エドモンズが振付けて、プリンシパル・ダンサーのフランチェスカ・ヘイワードが踊った作品Sink or Swimです。音楽はMatt Dunkleyによるオリジナル・スコアです。

この作品は、水中で撮影されて、うつ病に苦しむ人の葛藤を描くことで、うつ病への理解を深めることを目的にしています。メンタルヘルスの団体 MINDとのコラボレーションで製作されました。

Watch: Underwater dance film explores what it's like living with depression
http://www.roh.org.uk/news/watch-underwater-dance-film-explores-what-its-like-living-with-depression

振付けたシャーロット・エドモンズは、ロイヤル・バレエスクールで学んでいる際に振付家としての才能を発揮し、途中で退学してランベール・スクールを2015年に卒業。2015/16年度のロイヤル・バレエ若手振付家プログラムのアーティストに選ばれました。

エドモンズは語っています。「幼い年齢からバレエを学び、非常に若い時からダンサーとしてのキャリアを始めるバレエダンサーは、成功するために大きなプレッシャーにさらされます。自分自身も周りもがっかりさせたくないからです。アスリートとして、そしてパフォーマーとして、ベストを発揮しようと努力するあまり、ダンサーは自己批判的になります。私がバレエを学んでいた時、深く落ち込んで自己評価や自信を喪失した時がありました。一人で静かに苦しみ、自分のメンタルヘルスについて語ることについては行うべきではないと感じていたのです」

「だからこそ、うつ病への理解を深めることについて、私は情熱を持っているのです。水の上に頭を保ち続けるのが難しいことを認めることは、恥ずかしいことではないのです」

監督のルイス・ジャックにアプローチする前に、エドモンズは、この作品は水中で踊られるべきだというはっきりしたビジョンを持っていました。画家イアン・カンバーランドが描いた、バスタブの中で衣服を身につけた男性が沈んでいる自画像にインスピレーションを得ました。

「衣服を付けたまま水中にいると、身体がとても重く、動くためにもがかなければなりません。どんな動きにもより力を入れなければならず、水面からより深く沈むことを防ぐために、重力と格闘しなければならず、身体が沈んでしまう前に息継ぎをし呼吸することがより難しくなります。この、身体が非常に重い感情を、振付の中に込めたいと思いました」

この動画はBBCのニュースでも紹介されました。

http://www.bbc.co.uk/news/av/uk-england-london-42196220/expressing-depression-through-ballet

フランチェスカ・ヘイワードは、実際にうつ病に苦しむ人々に会って、彼らの感情をいかに表現するかについて知見を得たとのことです。この作品こそが、彼女が誇りを持って観ることができるダンスであると語っています。

「多くの若い人にとって、うつ病というのは理解できないものかもしれません」ヘイワードは語っています。彼女の友人や家族でもうつ病に苦しんだ人がおり、「困難な時に彼らを助けの手を差し伸べることは、私自身のためにうつ病を理解しようとすることでもありました」英国では、うつ病にかかっている若者の4分の3は治療を受けていないとのことです。だからこそ、家族や友人などがうつ病を理解することが大事になってくるとのこと。

そしてエドモンズとルイス・ジャックは、より若い人々が、ダンスというメディア、そしてソーシャルメディアを通してこの映像を観ることによって、うつ病についての理解を深め、話題にしてくれることを期待しています。

2018/01/03

ピーター・マーティンス、NYCB(ニューヨークシティ・バレエ)芸術監督を辞任

セクハラおよび暴力騒動でNYCB(ニューヨークシティバレエ)およびSAB(スクール・オブ・アメリカン・バレエ)を休職していたピーター・マーティンスが、月曜日に経営会議に辞表を提出しました。

https://www.nytimes.com/2018/01/01/arts/dance/peter-martins-resigns-ballet.html

本人は、セクシュアル・ハラスメント及び暴力行為については否定をしています。捜査には全面的に協力をしていたとのことです。セクハラの嫌疑を受けたことが、彼自身、そして家族に大きな与えたため、そして混乱を終わらせるために、退任するとしています。経営会議の議長は、マーティンスのバレエ団やスクールへの長年の貢献に感謝しつつも、引き続き捜査は続くとしています。

月曜日にバレエ団の経営会議が、会議を開くので集められ、その場で、先週木曜日にマーティンスが酒気帯び運転で逮捕されていたことも知らされました。マーティンスは2011年にも飲酒運転で逮捕されており、有罪を認めています。(また、1993年には、妻で元プリンシパルのダーシー・キースラーへの暴力でも逮捕されています)

このセクシュアル・ハラスメントの件に関しては、5人のNYCBのダンサー(一人は現役ダンサー)が、マーティンスによる肉体的、もしくは口頭によるハラスメントを訴えています。古くは1993年に起きたものもあります。

一方で、マーティンスを擁護する声も、主に現役ダンサーから上がっており、何人かのプリンシパルダンサーはインタビューやソーシャルメディアでそれを訴えています。(サラ・マーンズ、ミーガン・フェアチャイルド、ロバート・フェアチャイルド、スターリング・ヒルティンなど) しかしながら、インタビューに応じた24人の元ダンサーもしくは生徒は、マーティンスの恫喝によって、バレエへの情熱を失い、キャリアを考え直したと語っています。

元ダンサーたちは、マーティンスの下で働いていた時、マーティンスはダンサーや生徒たちをを肉体的に、そして言葉によりひどくいじめたりしたので、自分の身体のことを恥じたり、彼がお気に入りのダンサーと性的な関係を結ぶことで権力を乱用したので、彼らも同僚たちも不満を表明することを恐れていたとしています。

多くのダンサーは、彼がダンサーと親密な関係になって、それらのダンサーに良い役を与えていると訴えていたとのことです。逆に若いダンサーたちは、彼と性的な関係を結ぶことによって、気を引こうとしていた部分もあったようです。

マーティンスの仕事ぶりについては賛否両論がありました。バランシンの伝統を保ちつつも、新しい振付家にチャンスを与え、ラトマンスキー、ウィールドン、ジャスティン・ペックといった新進の振付家を育てました。現在、NYCBはダンサーのレベルも上昇し、バランシンやロビンスの作品を守りつつも、新しいことに挑戦を続けて、充実したカンパニーとして高い評価を得ています。

そのジャスティン・ペック(現在は常任振付家兼ソリストで、マーティンスが休職中の芸術監督代行の4人のうちの一人)、元プリンシパルで現在もダンサーとして活躍しているウェンディ・ウェーラン、そして元プリンシパルで、元パリ・オペラ座バレエ芸術監督、現L.A.ダンスプロジェクトを率いているバンジャマン・ミルピエが、後継者の候補として名前が挙がっているとのことです。

米名門の監督退団へ セクハラ疑惑、本人は否定
https://mainichi.jp/articles/20180102/k00/00e/040/119000c

有力候補の一人、ウェンディ・ウェーラン

2018/01/02

熊川哲也さん、毎日芸術賞特別賞 受賞

あけましておめでとうございます。

年末に風邪をひいてしまってすっかり寝正月となってしまい、年賀状も書けていないし、昨年の鑑賞活動も振り返れていないのですが、明るく楽しく幸せで平和な1年となりますように。

旧年中は読者の皆様には大変お世話になり、力づけられました。私生活に変化があり(家族が一人増えました)、なかなか海外などには行けなくなってしまいましたが、国内で頑張ります。皆さまにも、素敵な舞台との出会いや感動がたくさんありますように。

さて、お正月におめでたいニュースが一つありました。

熊川哲也 毎日芸術賞特別賞 受賞
http://www.k-ballet.co.jp/news/view/2098

特別賞 熊川哲也(バレエダンサー・芸術監督)バレエ「クレオパトラ」全2幕(オーチャードホールなど)の制作・演出に至る長年の功績
https://mainichi.jp/articles/20180101/k00/00m/040/082000c


【熊川哲也芸術監督 受賞コメント】

この度は栄誉ある賞を賜り、この上ない光栄に存じ心より感謝申し上げます。Kバレエカンパニーが創立して18年、バレエ芸術への敬愛の念と内なる感性のままに作品を創って参りました。『クレオパトラ』は共に作品を創り上げた信愛なるアーティスト達、また支えていただいた優秀なスタッフに恵まれて、「完璧とは何か」を私自身に課したひとつの集大成と言える作品です。この作品が更に成長し継承され、長い時を経ても多くの皆様に愛される作品となりましたら望外の幸せに存じます。


熊川さんがストーリー、振付を一から構想した『クレオパトラ』は高い評価を得て、今年の各紙の回顧記事でも本年最も印象に残った作品とされています。実際、娯楽性と芸術性を両立させた力のこもった作品となっていて、観客動員的にも大成功をおさめたのが納得の完成度でした。また、ダンサーの力量の高さも印象的でした。
産経新聞
http://www.sankei.com/entertainments/news/171223/ent1712230007-n1.html
朝日新聞
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13290279.html?rm=150


K-Ballet Companyは今年も意欲的な活動を行います。

K-BALLET COMPANY 2018年ラインナップ

○ 『クレオパトラ』in Cinema(2018/1/6~2/2)全国37ヶ所にて上映

○ 2018『New Pieces』2月27~28日/Bunkamuraオーチャードホール

○ Spring 2018『白鳥の湖』3月21~25日/Bunkamuraオーチャードホール

○ Spring 2018『コッペリア』5月/Bunkamuraオーチャードホール

○ Spring Tour 2018『クレオパトラ』6月/東京ほか


○ 『青島広志のバレエ音楽ってステキ!“夏休みスペシャルコンサート2018”』8月22~23日/なかのZERO大ホール

○ Autumn Tour 2018『ロミオとジュリエット』10月/東京、大阪、名古屋、広島

○ Autumn Tour 2018『ドン・キホーテ』11月/東京、新潟ほか

○ Winter 2018 『くるみ割り人形』12月/東京ほか


中でも、新作3作品を上演する『New Pieces』は非常に意欲的な取り組みです。

熊川哲也 新作「死霊の恋」
音楽:ショパン「ピアノ協奏曲第1番第1楽章」

渡辺レイ 新作「FLOW ROUTE」
[音楽]ベートーヴェン:「コリオラン序曲」/「弦楽四重奏 第14番」より/「交響曲第7番 第4楽章」

山本康介 新作「Thais Meditation」
[音楽]マスネ:「タイスの瞑想曲」

宮尾俊太郎 新作「Piano Concerto Edvard」
[音楽]グリーグ:「ピアノ協奏曲」より

また、K-Ballet Companyの公演ではありませんが、熊川さんがプロデュースする『オーチャード・バレエ・ガラ ~世界名門バレエ学校の饗宴~』公演もあります。世界の名門バレエ学校6校の生徒が公演を行うとともに、これらの学校への入学特別オーディションも実施されます。

特集ページには、この公演に参加する各学校の紹介映像もそれぞれ用意されていて、とても見ごたえがあります。
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/gala/

毎日新聞に掲載された、受賞者の業績を紹介の中で熊川さんを評価した三浦雅士氏は、「熊川が他を圧するのはコリオグラファーとしてはもとより、プロデューサーとして異例の才能を発揮したこと」としています。「最新作『クレオパトラ」に歴然としているが、ダンサーの伝説に今やプロデューサーの伝説が付け加わった」と。

2017/12/28

薄井憲二さんが逝去

日本バレエ協会の前会長でバレエ史研究の第一人者だった薄井憲二さんが亡くなられました。93歳でした。

 東京生まれ。故東勇作氏のバレエ団に入った後、東京帝大在学中に応召し、終戦後4年間のシベリア抑留を経て帰国。再び東勇作バレエ団で活躍した。後に自らのバレエ団も結成し、後進育成にも尽力した。

 モスクワ国際バレエコンクールなど国際コンクールの審査員も歴任し、振付家、舞踊評論家などとしても活躍。2016年にはロシアのバレエ専門誌が主催する「踊りの魂賞」にロシア出身者以外では初めて選ばれた。


 
https://mainichi.jp/articles/20171225/k00/00m/040/103000c

日露のバレエ交流にも貢献した薄井憲二さん。そのシベリア抑留の体験については、こちらの記事で語られてます。(動画もあります)
ストーリー
薄井さんのシベリア抑留(その1) 華麗なバレエの陰に
https://mainichi.jp/articles/20161009/ddm/001/040/071000c

薄井さんの偉大な業績については、とても私などでは語りつくせませんが、バレエ界にこれほど多くの貢献をした方もいないほどでした。バレエに関する約6500点超の資料のコレクションでも知られ、所蔵する兵庫県立芸術文化センター(西宮市)が企画展などで公開しています。
薄井憲二バレエ・コレクション
http://www1.gcenter-hyogo.jp/ballet/contents/news/index.html

12月24日まで、京都の綾小路ギャラリー武にて、薄井憲二バレエ・コレクション特別展「バレエと日本趣味」が開催されていました。

2005年秋、兵庫県立芸術文化センターでのニジンスキー原振付、ミリセント・ホドソンが復元した『春の祭典』の日本初演があり、その舞台を観に行ったのですが、この舞台で薄井さんは村の長老役で舞台に立ちました。

2014年7月、六本木の国立新美術館での「魅惑のコスチューム バレエ・リュス」展の講演、そして2011年の昭和音楽大学の公開講座「日本バレエの創成期を語る―日本におけるバレエ教育の成立と変遷」で、薄井さんの貴重なお話を伺うことができました。後者については、講演内容の記録を読むことができます。90歳を越えても凛と姿勢よく、矍鑠としたお姿でした。
http://www.tosei-showa-music.ac.jp/balletresearch/work/work_h20_h24/project6.html

バレエに関する生き字引のようだった薄井憲二さん、もっとたくさんの貴重なお話を聞きたかったです。お悔やみ申し上げます。

薄井憲二さんも亡くなった (私たちは20世紀に生まれた 沼部信一さんのブログ)

http://numabe.exblog.jp/238114566/

より以前の記事一覧