2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« イスラエル・ガルバン「春の祭典」「Solo」来日公演が6月18日より、記者会見レポート | トップページ | ボリショイバレエアカデミーサマーインテンシブ​ 東京2021 開催(7月31日締め切り) »

2021/07/02

セルゲイ・ポルーニン出演映画『シンプルな情熱』7月2日より公開

7月2日より、Bunkamuraル・シネマほかにて、映画「シンプルな情熱」が公開されます。

アニー・エルノーの衝撃的なベストセラー小説を映画化。セルゲイ・ポルーニンがヒロインの情熱の対象を演じています。

http://www.cetera.co.jp/passion/

Passion-simple-main-cjulien-roche

©Julien Roche

アムールの国フランスの女性たちの深い共感を呼び、大ベストセラーを記録した「シンプルな情熱」、遂に映画化。ノーベル文学賞の候補にも名を連ねる作家アニー・エルノーが、1991年に発表した不世出の問題作、恋愛小説の傑作だ。エルノー自身の実体験が赤裸々に綴られ、日本でも人気作家から熱い支持を受け、大反響を巻き起こした。

 

昨年の九月以降、私は、ある男性を待つこと以外、何ひとつしなくなった―
パリの大学で文学を教えるエレーヌは、あるパーティでロシア大使館に勤めるアレクサンドルと出会い、たちまち恋におちる。自宅やホテルで逢瀬を重ね、彼との抱擁にのめり込んでいくエレーヌ。今まで通り、大学での授業をこなし、読書も続け、友達と映画館へも出かけたが、心はすべて彼に占められていた。年下で気まぐれ、既婚者でもある彼からの電話を待ちわびる日々の中、エレーヌが最も恐れていたことが起きる──。

Passion-simple-sub2-cjulien-roche

©Julien Roche

試写で拝見したこの作品に、コメントを寄せさせていただきました!

舞踊評論家 森菜穂美さん

恋にのめり込んで何も手につかなくなる状態を体験し、我が事のように感じた女性は多いのではないだろうか?
ポルーニンが残酷なほどに美しく撮られているので、彼のファンには見逃せない一本。

原作「シンプルな情熱」は、邦訳が出たときに買って読んで、衝撃を受けた一冊でした。打算もなく未来のことも一切考えず、ただひたすらに恋に夢中になった女性の心境が客観的な視点ながらも赤裸々に描かれている、恋愛小説の傑作でした。

この映画化は、原作の世界観を伝えながらも、描写は現代にアップデートされている部分も。大人の女性が一方的に恋にのめりこんで他のすべてのことを放り出し、愛する男性の連絡を待ちわびている姿は滑稽な部分もあります。一方で、過去形で語られているところで、自分を客観視し、これが刹那の恋であることを理解しているクールで分析的なところもあり、恋愛の真実も伝えています。大学教員でシングルマザーでもあるヒロインは、大切な一人息子をあわや轢き殺しそうになったり、放置してしまったりするほど恋に溺れます。せっせと下着やドレスを選ぶヒロインの様子が、恋に盲目的になっている様子をさらに強調しています。
その恋の相手であるアレクサンドルは謎めいたところのあるロシア人で、趣味趣向は全くヒロインと違うところにまた彼女は惹かれています。

アレクサンドル役のポルーニンは、今まで出演した劇映画の中で一番大きな役柄であり、フランス語も操っています。あまり感情をあらわにすることがなくミステリアスですが、ダンサーならではの鍛えられた肉体と洗練された身のこなしには説得力があり、この役柄にはぴったり。ヒロインが夢中になるのも理解できる残酷な美しさに満ちています。ラブシーンはかなり情熱的でエロティックなため、ファンの方は見逃せません。

Passion-simple-sub1-cagali-bragard

©Julien Roche

2020 年カンヌ国際映画祭 公式選出作品
2020 年サン・セバスティアン国際映画祭 コンペティション部門出品
原作:アニー・エルノー「シンプルな情熱」(ハヤカワ文庫/訳:堀茂樹)
監督:ダニエル・アービッド 出演:レティシア・ドッシュ、セルゲイ・ポルーニン、ルー=テモー・シオン、キャロリーヌ・デュセイ、グレゴワール・コラン/原題:Passion simple/フランス・ベルギー/フランス語・英語/2020/99分/日本語字幕:古田由紀子/R18/配給・宣伝:セテラ・インターナショナル/宣伝協力:テレザ ©2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne - Rhône-Alpes Cinéma - Versus production

 72日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

■公式サイト http://www.cetera.co.jp/passion/

絶版となっていた原作も、ハヤカワ文庫から発売されましたので、この機会にぜひ。

« イスラエル・ガルバン「春の祭典」「Solo」来日公演が6月18日より、記者会見レポート | トップページ | ボリショイバレエアカデミーサマーインテンシブ​ 東京2021 開催(7月31日締め切り) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イスラエル・ガルバン「春の祭典」「Solo」来日公演が6月18日より、記者会見レポート | トップページ | ボリショイバレエアカデミーサマーインテンシブ​ 東京2021 開催(7月31日締め切り) »