2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021/04/29

新国立劇場バレエ団【無観客ライブ配信(無料)】『コッペリア』5月2,4,5,8日

緊急事態宣言を受けて、新国立劇場バレエ公演『コッペリア』全公演中止となりましたが、全4キャストの公演を無観客で上演し、無料でライブ配信することが決定しました。
 
【日 時】
2021年 
5月2日(日)14:00   出演:米沢 唯(スワニルダ)/井澤 駿(フランツ中島駿野(コッぺリウス
5月4日(火・祝)14:00 出演:木村優里スワニルダ福岡雄大フランツ山本隆之コッぺリウス
5月5日(水・祝)14:00 出演:池田理沙子スワニルダ奥村康祐フランツ中島駿コッぺリウス
5月8日(土)14:00   出演:小野絢子スワニルダ渡邊峻郁フランツ山本隆之コッぺリウス
 
各日とも16:00頃終了予定(休憩1回含む)
 
【配信ページ】
・新国立劇場YouTube
・新国立劇場バレエ団Facebook

この機会にぜひ多くの皆様にフランスのエスプリ薫る、ローラン・プティの傑作『コッペリア』を観ていただきたいです。(見逃し配信はなしなのでリアルタイムで観ましょう)特に今回は、二人のコッペリウス、かつてフランツ役を演じていた元プリンシパルで現在は小野らぶるダンサー山本隆之さんと、抜擢された若手、中島駿野さんに注目です。
※バレエチャンネルでのリハーサル動画とレポート、インタビュー記事
今回の無観客ライブ配信につきまして、多くのお客様より有料でとのお声を頂いたとのことです。今回は、配信の準備期間が短いため、無料配信となったそうです。
 
新国立劇場では、3,000円からお申し込みいただけるインターネット小口寄附中止公演のチケット払い戻し金額の寄附を承っています。(いずれも税制上の優遇措置があります。)
 
 
【芸術監督からのメッセージ】  
_______________________                        
この度の『コッペリア』公演中止に際しまして、多くの方より温かいお言葉を頂戴し、有難うございます。
 
『コッペリア』全キャストの無料ライブ配信が決定致しました。
 
無観客になってしまったことはとても残念ですが、このような形で全国の皆さまにお届け出来ることを嬉しく思います
そして、コロナ禍で苦しんでおられる方がたくさんいる中、ダンサーたちがこうして舞台に立てるだけでも有り難く思います。
 
今回デビューのダンサーたちもおりますし、同じ作品、振付でもキャストが変わるとこんなにも違うのだということを楽しんで頂けると思いますので、どうぞご期待ください。
 
新国立劇場舞踊芸術監督 吉田 都
_______________________

2021/04/23

豪華ダンサーを迎えての堀内元 BALLET FUTURE 2021 7月17日メルパルクホール大阪にて開催

ニューヨーク・シティ・バレエ創始者ジョージ・バランシンより直接薫陶を受けた最後のプリンシパル(最高位)、現米国セントルイス・バレエ芸術監督 堀内元 が、バレエそしてダンサーの未来への扉を開く新シリーズ “バレエ・フューチャー” を始動します。

Ballet-future-2021jpg

今年は、いま最も注目を集めるジャズ・ピアニスト 桑原あいトリオ を迎え、堀内元バレエ・フューチャー2021をお贈りします。

世界に誇る日本のプリマ 米沢唯(新国立劇場バレエ団プリンシパル)、シャネルのビューティ・アンバサダーを務めるなど世界が注目する 飯島望未(元ヒューストン・バレエ プリンシパル)等、国内外の第一線で活躍、次代を担うダンサー達が集結!

最高峰のバレエ、ジャズ、そしてその二つが融合したバレエ×ジャズ。

観る音楽!踊るジャズ!をお楽しみください。

2021年717日(土) 開場17:00 開演17:45 メルパルクホール大阪

https://www.chacott-jp.com/news/stage/information/detail021464.html

磨き抜かれた芸術を見せてくれる、日本を代表するプリマ・バレリーナの米沢唯さんと、新国立劇場の若手ホープ、輝かしいテクニックを誇る速水渉悟さんによる「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」が観られるのが本当に楽しみです。また、K-Ballet Companyに入団することが決まった、ファッションリーダーとしても高い影響力を誇る飯島望未さんや、YouTubeの「ちあこちゃんねる」で大人気の本田千晃さんなど、海外で活躍するダンサーたちを見られるのもうれしいです。もちろん、50台を迎えた今も輝かしい技術を保ち、音楽性に優れた美しい作品を生み出す堀内元さんの至芸、桑原あいさんのジャズピアノとの共演も楽しみですね。

     Ballet-future-2021_bf2021_a4chirashi_ura

主催:BALLET FUTURE公演実行委員会 / オフィス・エイツー

協力:チャコット / セントルイス・バレエ / バレエスタジオミューズ / バランシントラスト

協賛:WAホールディングス

 

GEN HORIUCHI BALLET FUTURE 2021

芸術監督・出演:     

堀内元(セントルイス・バレエ芸術監督、元ニューヨーク・シティ・バレエ プリンシパル) 

出演(予定):    

米沢唯(新国立劇場バレエ団プリンシパル) / 飯島望未(元ヒューストン・バレエ プリンシパル) / 寺田亜沙子(新国立劇場バレエ団ファースト・ソリスト) / 木村綾乃(ワシントン・バレエ ソリスト) / 椿井愛実(前カナダ・ロイヤル・ウィニペグ・バレエ) / 本田千晃(スロバキア国立バレエ) / 西村奈恵(ノルウェー国立バレエ) / 岡田あんり(ハンガリー国立バレエ) / 桑田彩愛(バレエ・ケロウナ/カナダ) / 野田美月(シロンスカ歌劇場バレエ団/ポーランド) / 橋谷美香(バレエスタジオミューズ) / 藤原もえOpera Comică pentru Copii/ルーマニア) / 池田紗弥(バレエスタジオミューズ)

速水渉悟(新国立劇場バレエ団ソリスト) / 岡田兼宜(前米国ダズル・ダンスカンパニー) / 末原雅広(元ニューヨーク・シティ・バレエ ゲスト・アーティスト) / 上村崇人(セントルイス・バレエ ゲスト・アーティスト) / 高須佑治(前ロシアン・オリジナル・バレエシアター) / 栗野竜一(バレエスタジオミューズ) / 豊永太優(バレエスタジオミューズ) / 西田卓樹

桑原あいトリオ:

桑原あい(ピアノ) / 古木佳祐(ベース) / 山田玲(ドラム)   

演目(予定):

<第1部>

バレエ : 「Haydn Cello Concerto(振付:堀内元)/「Le Sentiment(振付:堀内元)/「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ(バランシントラスト上演許諾)(振付:ジョージ・バランシン)出演:米沢唯/速水渉悟

<第2部>

ジャズ : 「桑原あいトリオ演奏」

バレエ×ジャズ : Jazz à la française(振付:堀内元/音楽:クロード・ボリングより/演奏:桑原あいトリオ)出演:飯島望未/堀内元/ほか

※上演時間:約2時間(休憩含む)

 

スタッフ:

リハーサル・ディレクター:宗田静子

照明:三野学、松岡麻里(エムズ・グループ) / 音響:敷田秀樹、林亜紀子(ミクサージュ) /舞台監督:伊東昌彦、 渡邊志穂(M.S.U)

プロフィール:

堀内元 Gen Horiuchi

米国セントルイス・バレエ芸術監督、振付家。父堀内完のもと7歳からバレエを始める。1980年ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞受賞。スクール・オブ・アメリカン・バレエに留学。82年、巨匠バランシンに認められ、ニューヨーク・シティ・バレエにアジア人初、日本人として今に至るまで唯一の入団者となる。その後アジア人初のプリンシパルに昇格。バランシンの愛弟子として数々のレパートリーを踊る。ミュージカルにも進出し、「ソング&ダンス」ブロードウェイオリジナルキャスト、「キャッツ」では世界3都市に出演した唯一のダンサー。長野オリンピック開会式振付。2000年セントルイス・バレエ芸術監督に就任。自ら舞台に立ちながら演出振付を手掛ける。米国で芸術監督に就いた日本人は初。ローザンヌ国際バレエコンクールで過去5回審査員を務め、近年は若い世代の育成にも力を注いでいる。15年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

 

桑原あい Ai Kuwabara

ジャズ・ピアニスト、作曲家。1991年生まれ。洗足学園高等学校音楽科ジャズピアノ専攻を卒業。これまでに10枚のアルバムをリリースし、JAZZ JAPAN AWARD 2013アルバム・オブ・ザ・イヤー、第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞、JAPAN TIMES上半期ベスト・アルバム(ジャズ部門)など受賞多数。またモントルー・ジャズ・フェスティバルや東京JAZZ、アメリカ⻄海岸ツアーなど国内外を問わずライブ活動を精力的に行う。その他テレビ朝日系報道番組「サタデーステーション」「サンデーステーション」のオープニングテーマ、J-WAVESTEP ONE」のオープニングテーマなどその活動は多岐にわたる。20188月発売のユニバーサル移籍後初となるオリジナルアルバム『To The End Of This World』がCDショップ大賞を受賞、また世界的プレイヤーであるスティーヴ・ガッド、ウィル・リーとのトリオで2 枚のリーダーアルバムをリリースするなど、今もっとも注目を集めるジャズ・ピアニスト。20198月に全編ディズニー楽曲のカバー・アルバム『My First Disney Jazz』をWalt Disney Recordsよりリリースし、20214月にキャリア初となるソロピアノアルバム『Opera』をリリースした。

公式サイトhttp://aikuwabara.com/

 

チケット:S席7,500円、A6,000円、SS9,000円(税込)※未就学児入場不可

一般発売:2021年58日(土)(予定)

発売所:○チケットぴあ                 0570-02-9999Pコード:公演ページご参照]、https://t.pia.jp

                                      セブン-イレブン店頭マルチコピー機でも直接購入可

        ○ローソンチケット               https://l-tike.comLコード:公演ページご参照]

                    ローソン、ミニストップ店頭Loppiでも直接購入可

        ○イープラス                  https://eplus.jp、ファミリーマート店内Famiポートでも直接購入可

お問い合わせ:キョードーインフォメーション0570-200-888(平日・土曜11:0016:00)

2021/04/21

熊川哲也『カルミナ・ブラーナ』2021 特別収録版がオンライン限定で4月27日まで配信中

2019年にBunkamura30周年記念として初演したK-Ballet Company『カルミナ・ブラーナ』(メイキング+本編65分)が、オンライン限定配信の特別収録版として公開されています。

Cmakoto-nakamori

https://www.k-ballet.co.jp/contents/411406

https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/21_carmina_burana/

本作では芸術監督で振り付けを担当した熊川哲也が特別参加していて、カリスマ性たっぷりの存在感と、衰えを感じないシャープで惹きつけられる踊りを見せてくれています。

劇場体験を知る観客をも唸らせる映像プランを実現すべく、作品を活かすアングルの検討を行い、 ドローンやクレーン、舞台上に設置した4Kカメラ など、舞台撮影の常識を超えた環境を整えて制作した超大作です。コロナウィルス禍に苦しむ人類に向けて、希望を与えてくれる力強いメッセージ性のある作品に仕上がりました。

 

先日行われた完成披露特別試写会に参加しました。

2019年の初演版では、中村祥子演じる女神フォルトゥナが産み落とした子供が、悪魔の子アドルフであったという設定でした。この悪魔の子がもたらす災厄に人々が立ち向かうという物語です。今回は、「HUMANITY AGAINST COVID-19」というテーマが与えられました。フォルトゥナは舞台には登場せず、代わりに冒頭から熊川哲也が登場し、悪魔の子に翻弄されながらも、再生をもたらす希望となります。悪=コロナウィルスというわけです。

5_20210421023301

冒頭のシーンはドローンを駆使したダイナミックな撮影で、熊川さんと、その背後にチラチラと見え隠れする関野海斗演じるアドルフを正面からとらえた迫力の映像で心をわしづかみにされます。熊川さんの唯一無二のカリスマ性は言うまでもありません。関野さんは小柄ですが、少年の面影を残しつつも、悪魔的で妖しい存在感が強烈で、ヴィルトゥオーゾ的な華麗な踊りも強い印象を残します。

_aaa6112

このほか、長身で男性的な高橋裕哉の「太陽」、魅惑的な小林美奈の「ヴィーナス」、セクシーな堀内將平の「ダビデ」、重厚な遅沢佑介の「サタン」、おなじみローストスワンのテーマ で踊る愛らしい成田紗弥の「白鳥」、神父の装束が似合う石橋奨也の「神父」など、K-Balletの個性的なソリストが魅力を発揮しています。群舞のフォーメーションもとても凝っており、その変化の様子がよく捉えられているのも、映像作品ならではの強みです。

ナチスを連想させるアドルフという役名は、なかなかデリケートなテーマになってしまいますが、この曲が作曲された時代の絶対悪を象徴したもの。「音楽を見抜いて可視化していくことを一番重視した」という熊川さんの作品の構成力とオリジナリティはさすがです。舞台の上に観客もいるように感じさせる至近距離や群舞の全景をとらえるような上空からの撮影などもあり、今までのバレエ映像では見られなかったような、ライブ感を体感できる大迫力です。今回は配信のみですが、映画館での上映も実現するといいなと思いました。

00

音楽的にもとても充実しています。オーケストラ、合唱、ダンサーを含めると250人もの出演者がおり、合唱はコロスとして動きも担当します。ソリストもソプラノ今井実希、バリトン与那城敬、カウンターテノール藤木大地と一流の歌手を起用しており、独唱は聴きごたえがあります。特に与那城さんのつややかな声には聴き入りました。

この試写会では、熊川哲也さんの会見もありました。この中で、熊川さんは、「ライブは何物にも代えがたい。人間が生きていく上での栄養でもある。だけど、今回は生には勝てないけれども負けない映像が出来上がりました。リアルを追求するために妥協しなかった。トータルな映像作品としては完璧の領域に近いものです」と自信たっぷりに語りました。

Resize0010

久しぶりに自ら舞台に立って踊った熊川さんは、「意外と踊れる」と感じたそうで、これからも機会があれば舞台に立ちたいと語っていました。

興行を行ったのほうが良いのでは、とも思ったとのことですが、このコロナ禍で密を避けた状態で、この時だからこそ発信できることをしたいと考えたそうです。

「作品力が強いので、観客を操り人形にしてくれる」し、どんな環境で観ても観客を飽きさせない映像になっていると自信を見せました。実際、上映時間があっという間に過ぎるのを感じさせるほどの力強い作品です。できれば大きめの画面で観られるとベストかと思います。

Resize0018

【MY Bunkamuraからの購入】
■一般視聴券
料金:5,300円
販売期間:3月29日(月)10:00 ~ 4月27日(火)22:00まで
配信期間≪長期間配信≫:3月29日(月)19:00~4月27日(火)23:59

購入ページ:https://mybun.jp/carmina2021(外部サイトに移動します)

※配信期間の間は何度でも視聴可能

【イープラスからの購入】 
■一般視聴券(国内配信)料金:5,300円 
販売期間:3月29日(月)10:00~4月4日(日)22:00 
配信期間:3月29日(月)19:00~4月4日(日)23:59 
購入ページ:https://eplus.jp/carmina-burana/ 

■一般視聴券(海外配信/English ver.)
料金:5,300円*JPY
販売期間:4月21日(水)19:00 ~ 4月27日(火)22:00(日本時間)
配信期間:4月21日(水)19:00 ~ 4月27日(火)23:59(日本時間) *配信期間の間は何度でも視聴可能

購入ページ:https://ib.eplus.jp/carmina_brana

《作品概要》

熊川哲也『カルミナ・ブラーナ』2021 特別収録版(メイキング+本編65分)

【 出演 】
アドルフ:関野海斗
太陽:髙橋裕哉
ヴィーナス:小林美奈
ダビデ:堀内將平
サタン:遅沢佑介
白鳥:成田紗弥
神父:石橋奨也

特別参加:熊川哲也

ほか K BALLET COMPANY

【 指揮 】 井田勝大
【 ソリスト歌手 】 今井実希(ソプラノ)、藤木大地(カウンターテナー)、与那城敬(バリトン)
【 合唱 】 新国立劇場合唱団
【 児童合唱 】 NHK 東京児童合唱団
【 管弦楽 】 シアター オーケストラ トーキョー

収録/Bunkamura オーチャードホール 2021 年 2 月
映像制作/ TBS
収録時間/メイキング+本編65 分
主催:Bunkamura 特別協力: NTT 東日本

2-cmakoto-nakamori

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »