2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 映画『ダンサー そして私たちは踊った」 | トップページ | ロイヤル・バレエの映画『ロミオとジュリエット』金曜日より公開、ウィリアム・ブレイスウェルとフランチェスカ・ヘイワードにインタビュー »

2020/03/05

マルセロ・ゴメス、ソフィアン・シルヴがドレスデン・バレエにプリンシパル兼バレエマスターとして移籍

元アメリカン・バレエ・シアターのマルセロ・ゴメスと、オランダ国立バレエ、ニューヨーク・シティ・バレエを経て現在サンフランシスコ・バレエのプリンシパルとして活躍しているソフィアン・シルヴが、ドレスデン・バレエに移籍することが発表されました。

 

プレスリリース(ドイツ語)

なお、リンク先のリリースにあるように、デヴィッド・ドーソンがアソシエイト振付家に就任し、また同じくサンフランシスコ・バレエのプリンシパルであるCarlo Di Lannoも入団します。マルセロ・ゴメスはABT退団後、ワシントン・バレエ、サラソタ・バレエなど各地のバレエ団にゲスト出演してきましたが、ドレスデンでも客演、その実績を買われたのだと思います。ソフィアン・シルヴも、非常に芸術性の高い素晴らしいバレリーナです。

ドレスデン・バレエの2020/21シーズンラインアップは興味深く、クリスタル・パイトの「Plot Point」ウィリアム・フォーサイスの「Playlist」、そして全幕のヨハン・インガー振付「ペール・ギュント」がカンパニープレミアとなります。レパートリーでは、「白鳥の湖」「ラ・バヤデール」「くるみ割り人形」のほか、ドレスデン・バレエのためにアレクサンダー・エクマンが振付けた「COW」も再演されます。ゲストにはマリア・コチェトコワ(白鳥の湖)とドミトリー・セミオノフ(「ラ・バヤデール」)。シーズンの終わりには台北へのツアーも予定されています。(バランシン「セレナーデ」、フォーサイス「Plyalist」、ドーソン「四季」)

 

« 映画『ダンサー そして私たちは踊った」 | トップページ | ロイヤル・バレエの映画『ロミオとジュリエット』金曜日より公開、ウィリアム・ブレイスウェルとフランチェスカ・ヘイワードにインタビュー »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『ダンサー そして私たちは踊った」 | トップページ | ロイヤル・バレエの映画『ロミオとジュリエット』金曜日より公開、ウィリアム・ブレイスウェルとフランチェスカ・ヘイワードにインタビュー »