BlogPeople


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« NDT ネザーランド・ダンス・シアター 日本公演 | トップページ | バイエルン国立バレエ(ミュンヘン・バレエ) ジョージ・バランシン《ジュエルズ》 4 月 12 日(金)午後 7 時より 24 時間限定 オンデマンド配信決定 »

2019/04/05

ウェイン・マクレガー主宰カンパニー出身、注目されている若手振付家2名による世界初演ファビュラ・コレクティブ「Elevationエレベーション―昇華―」が5月に来日公演

イギリスが生んだ鬼才、ウェイン・マクレガー主宰カンパニー出身の
今、最も注目されている若手振付家2名による世界初演を含むファビュラ・コレクティブ来日公演が5月に決定しました。

Fabula-collective

https://www.facebook.com/fabula.jp/

ファビュラ・コレクティブは、新進気鋭のアーティストとテーマを共有し、革新的に上演する事を目的に、英国でデザイナー・プロデューサーとして活動している日本人、塚本行子(つかもとゆきこ)が主宰するプラットフォームとして2019年に設立しました。前身は2018年、サドラーズ・ウェルズでの新作発表を皮切りに活動を開始しました。満を持して発表した『Informal Between』は高評を得て、イギリス国内最大級のフェスティバル「Latitude Festival 2019」への招聘も決定しています。

日本初登場となる今回は、カンパニー・ウェイン・マクレガー出身で、英国ダンス界で今最も注目を集めている、若手振付家・ダンサーのジェームズ・ペット(James Pett)トラビス・クローセン・ナイト(Travis Clausen-Knight)の2名が『Informal Between』を含む全3作品を発表します。

トラビス・クローセン・ナイトはマシュー・ボーンのニューアドベンチャーズでも以前活躍しており、2012年に収録された『白鳥の湖』の映像にも出演しています。

世界初演を含む3部作に『Elevation ―昇華―』というタイトルを付け再構築を行います。本作は、人々の個性の伸長と流動、内から発せられる声、外部から受ける刺激が個に与える影響を舞台上で赤裸々に描きます。全ての物事には始まりがあり、過去に起こった物事の積み重ね(エレベーション)がどのように昇華され今に生きるのか。美しさもさることながら、鋭く、ダイレクトに感情を揺さぶる2名の独特な創作スタイルは、観る者を一瞬にして虜にします。

今回の創作に当たり若き2名の振付家がダンス作品の会場として「能楽堂」を選びました。 それは日本の伝統芸能である能に宿る「魂」を本作品に取り込み、伝統とその遺産をそれぞれの解釈で振付に刻み込み振動を生み出すことにより、舞台上で観客と作品とが一体となり共鳴することができると考えるからです。

世界基準でアーティストに創作活動の機会を提供する、ファビュラ・コレクティブによる本邦初公開の『Elevation―昇華―』にどうぞご期待ください。

 

Informal Between Trailer (Filmed by Julian Langham, edited by George Winfield) from Emily (Fabula) on Vimeo.

【公演名】

『Elevation―昇華―』 (世界初演*を含む/3部構成)

・作品1* 『掟の門』(振付・出演:ジェームズ・ペット 約10分)フランツ・カフカの小説「掟の門」より。

・作品2* 『塩と水』(振付・出演:トラビス・クローセン・ナイト 約10分)

・作品3 『Informal Between』(振付・出演:ジェームズ・ペット&トラビス・クローセン・ナイト 約20分) (初演:2018年 サドラーズ・ウェルズ)

・上演時間 約60分(作幕間休憩有)

・終演後、アフタートーク、Q&Aを実施(通訳有)

【主催】 ファビュラ・コレクティブ(Fabula Collective)

【構成】 塚本行子

【振付・出演】
ジェームズ・ペット(カンパニー・ウェイン・マクレガー)/ James Pett
トラビス・クローセン・ナイト(カンパニー・ウェイン・マクレガー)/Travis Clausen-Knight


【日時】 2019年5月21日(火) 19時開演(1回公演・アフタートーク有)

【会場】 セルリアンタワー能楽堂(東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー東急ホテル地下2階)

【チケット料金】

全指定席・税込 正面 5,500円、脇正面 5,000円、中正面 4,500円/ 25歳以下 3,000円(客席後方桟敷・自由席・枚数限定・入場時要証明書)

※受付開始は公演の1時間前、開場は開演の30分前※未就学児のご入場はできません。

※25歳以下チケットをお求めのお客様は入場時に公的身分証をご提示ください。

※開演時間を過ぎてのご入場は一部制限させていただく場合がございます。また主催者指定の座席へのご案内となる場合がございます。

※やむを得ない事情により、出演者・演目等が変更となる場合がございます。

【チケット取扱】

4月19日(金)~ Confetti(カンフェティ)

http://www.confetti-web.com/elevation

0120-240-540 通話料無料・オペレーター対応(受付時間 平日10:00~18:00) (携帯・PHSからのご利用の場合:03-6228-1630)

【お問合せ】

ファビュラ・コレクティブ fabula.jp@gmail.com fb.me/fabula.jp

最新情報はTwitter: @fabulajp にて

『塩と水』トラビス・クローセン・ナイト

View this post on Instagram

.__Where is the line when we see ourselves? Where is the kindness to forgive our burdens__. . New solo creation underway for “SHIO TO MIZU” as part of upcoming shows in #japan alongside other works by my dear friend @jameskpett ❤️💙 as well as a return of our duet “Informal Between” ❤️🇯🇵❤️ many thanks to the ever kind @yukiko.tsukamoto.27 🖤. . Can't express how excited I am for the journey ahead and the love 💕 being shared by so many friends. Thank you all for everything as I go about this creative transition and for all the future projects ahead. . 🎶 @slowmeadow 🖤🎶🖤 . . . . . #contemporary #shinto #japan #tokyo #dance #dancevideo #choreography #blackandwhite #film #dancer #maledancer #love #travel #grace #creative #creativity #power #strength #gratitude #studio #ballet #flexible #dancelife #lovechoreography #artist #music #research #creation ❤️

Travis Clausen-Knightさん(@traviscknight)がシェアした投稿 -

振付家 プロフィール
ジェームズ・ペット(James Pett)
体操選手として10年間活躍。2007年世界体操競技選手権英国代表。2010年マース・カニングハム『Scramble』でパトリシア・レントと共演。2013年からカンパニー・ウェイン・マクレガーに参加し、世界各国での公演に出演。『Tree of Codes』ではパリ・オペラ座バレエ団のエトワール、マリ=アニエス・ジロらと共演。リチャード・オールストン(元ランベール・ダンス・カンパニー芸術監督)振付『Unfinished Business』に出演し、同作はニューヨーク・タイムズ主席ダンス評論家による「2013年のベスト10公演」に選ばれる。近年では指導や振付を世界各国で行い、スコットランドのエデンコートシアターではクリエイティブ・アンバサダーを務める。さらに<W Model Management>
に所属するモデルとして活動するなど、ジャンルや国境を越えて活躍の場を広げている。

トラビス・クローセン・ナイト(Travis Clausen-Knight)
南アフリカ、ケープタウン出身。2009年トリング・パーク・スクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ卒業。マシュー・ボーンの『白鳥の湖―スワン・レイク―』の世界公演に参加し、同映画作品にも出演する。2011年英国立近代美術館のテート・モダンにて振付家マイケル・クラークによるレジデンスプログラムに参加。2013年からカンパニー・ウェイン・マクレガーに所属、現在まで数々の作品に出演し、また世界各国での公演に参加している。芸術家としての活動と同時に次世代への指導やワークショップを各国で行い、自身のメソッドを通して「アイデンティティーや創造に対する精神的アプローチによる自己育成法」を提供する等、指導者としての活動も意欲的に進めている。

« NDT ネザーランド・ダンス・シアター 日本公演 | トップページ | バイエルン国立バレエ(ミュンヘン・バレエ) ジョージ・バランシン《ジュエルズ》 4 月 12 日(金)午後 7 時より 24 時間限定 オンデマンド配信決定 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NDT ネザーランド・ダンス・シアター 日本公演 | トップページ | バイエルン国立バレエ(ミュンヘン・バレエ) ジョージ・バランシン《ジュエルズ》 4 月 12 日(金)午後 7 時より 24 時間限定 オンデマンド配信決定 »