BlogPeople


2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« コンドルズ 埼玉公演2019新作『like a virgin』 | トップページ | クラシカ・ジャパンのサイトで、ロイヤル・バレエ高田茜さん、「ドン・キホーテ」インタビュー掲載 »

2019/04/26

田北志のぶ「BALLET TRADITION」、スグヴォルツォフとコールプを迎え4月26日に公演、リハーサルレポート

キエフ・バレエで長年リーディングソリストとして活躍したウクライナ功労芸術家の田北志のぶさん。その田北さんが2015年にスタートした《BALLET TRADITION》公演シリーズも今回で6回目を迎えました。回を重ねるごとに内容も充実して、出演ダンサーの中からも、世界で活躍するダンサーが輩出されたり、豪華なゲストが出演するようになりました。

http://www.shinobutakita.com/ballettradition/index.html


第6回となった今回の公演では、スペシャル・ゲストダンサーにマリインスキー・バレエのイーゴリ・コルプ、ボリショイ・バレエのルスラン・スクヴォルツォフというトップ・プリンシパルをを迎え、「ライモンダ」第一幕より夢の画面、「ラ・シルフィード」の2幕が上演されます。
また、若手振付家育成の一環として、元Noism1、元東京バレエ団の岡本壮太さんによる創作作品「„Ich sehe was, was du nicht siehst und das ist...“ 」にも取り組みます。

http://www.shinobutakita.com/ballettradition/bt6.html

4月26日(金)の公演を前にして、ゲストダンサーを迎え、白熱するリハーサルを拝見しました。

Resize1642

二日前に来日したばかりのスグヴォルツォフ、この日来日したばかりのコールプも交えての通し稽古です。キエフ・バレエのバレエ・ミストレス、アラ・ラーゴダ先生を迎え、ラーゴダ先生と田北さんの熱い指導。田北さんは「ライモンダ」「ラ・シルフィード」とも主演で、自ら踊りながらも、細かい指示を飛ばし、修正を加えることでコール・ド・バレエもぐんぐんよくなっていくところが見えます。

「ライモンダ」の夢のシーンは、美しい群舞、ライモンダとスグヴォルツォフ演じるジャン・ド・ブリエンヌの幻想的でロマンティックなパ・ド・ドゥ、そこへ忍び込んでくるエキゾチックなアブデラクマン(コールプ)、そして白の貴婦人も登場して盛り上がる場面です。

イーゴリ・コールプといえば、2007年12月のキエフ・バレエの来日公演にゲスト出演し、情熱的で妖しいアブデラクマンを熱演したことが語り草になっています。とても鮮烈なパフォーマンスでした。その時彼は「ライモンダ」2公演に出演したのですが、2公演目は田北志のぶさんのライモンダでしたね。その舞台の再現となるわけです。しかも、ジャン・ド・ブリエンヌ役には、凛々しいマント姿が絵になるスグヴォルツォフということで、贅沢な配役です。リハーサルでのコールプの存在感は、今日日本に降り立った疲れも見せず、鮮烈でした。そしてダイナミックなリフトを見せてくれたスグヴォルツォフ、田北さんとの息もぴったりです。ヴァリエーションのソリストの踊りも正確で素敵でした。田北さんの凛とした雰囲気、現役時代と変わらぬ長い手足と美しいプロポーション、アカデミックな踊りもさすがです。

Resize1644

Resize1646

岡本壮太さんの作品「„Ich sehe was, was du nicht siehst und das ist...“ (私に見えてあなたに見えないもの、それは…) 」は、6人の女性ダンサーが踊る作品。コンテンポラリーらしく低いポジションで踊られるけど、バロック音楽を使ってのとても柔らかい動き、柔らかく密やかな雰囲気があった。舞台衣装を着けるとどんな感じになるのかが楽しみです。

Resize1649

「ラ・シルフィード」は、コールプが最近の当たり役にしているマッジ役を演じます。また彼らしい妖しくアクの強い演技派ぶりが観られました。田北さんはここでは透明感のある、ふわふわに軽やかなシルフィード。そして足捌きの美しさに定評のあるスグヴォルツォフのジェームズは眼福。高くて足先の美しいアントルシャ・シスが見事でした。シルフィードが死んでしまった後のマッジとジェームズの白熱する対決シーンもあり、楽しく贅沢な趣向でした。

Resize1652

Resize1653 Resize1658

 

指導力に定評のある田北さんが、オーディションで集めたメンバーをしっかり鍛え、クオリティの高い舞台を作り上げようとする情熱が感じられたリハーサルでした。通し稽古でも指示がビシバシ飛んできますが、それだけ審美眼が高いということ。ロシア・バレエのトップダンサーを迎えての舞台、とても楽しみです。当日券もあるようなので、ぜひご覧ください。

◉公演情報

【日時】2019年4月26日(金)
    18:30開演(17:30開場)
【会場】新宿文化センター 大ホール

【演目】
《ライモンダ》第一幕より 夢の場

《ラ・シルフィード》第二幕
  „Ich sehe was, was du nicht siehst und das ist...“
 
【チケット】
・SS席:10,000円(SS席特典:当日販売パンフレットを進呈)
・S席:9,000円
・A席:8,000円
・D席:5,000円
・親子席:8,500円(親)+1,500円(子)
〈親子席について〉
保護者と子供席がセットになったお得なチケット。子供は4歳〜小学6年生まで。座席は出入り口に近いお席となります。ご入場の際に年齢を確認できるものをご持参ください。

« コンドルズ 埼玉公演2019新作『like a virgin』 | トップページ | クラシカ・ジャパンのサイトで、ロイヤル・バレエ高田茜さん、「ドン・キホーテ」インタビュー掲載 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンドルズ 埼玉公演2019新作『like a virgin』 | トップページ | クラシカ・ジャパンのサイトで、ロイヤル・バレエ高田茜さん、「ドン・キホーテ」インタビュー掲載 »