BlogPeople


2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 吉田都さんが引退、8月に引退公演 | トップページ | VOGUE JAPANでロイヤル・バレエ、高田茜さん、平野亮一さんのインタビュー掲載 »

2019/02/02

英国ロイヤル・オペラハウスシネマシーズン、ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』

英国ロイヤル・オペラハウスシネマシーズン、ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』が、2月1日(金)より劇場公開されています。

Resize1571

http://tohotowa.co.jp/roh/movie/?n=the-nutcraker

ロイヤル・バレエきっての人気演目で、冬の風物詩として定着したピーター・ライト版の「くるみ割り人形」。今年は出演者の顔ぶれがだいぶ変わりました。クララにはアナ・ローズ・オサリヴァン、ハンス・ピーター/くるみ割り人形にはマルセリーノ・サンベ。ロイヤル・バレエ・スクールの同級生で仲良しだという若い二人のペアは、とても微笑ましく初々しく、新風を吹き込んでくれました。若いダンサーが演じると、等身大のところが感じられていいですよね。

Resize1573

金平糖の精にはマリアネラ・ヌニェス、王子にはワディム・ムンタギロフという、ロイヤル・バレエが誇る世界最高レベルの黄金ペア。一点の曇りもなくクリスタルのように輝き、あまりの美しさと幸福感に涙ぐんでしまうほど。マリアネラの音楽にぴったりと合った動き、安定したフェッテや正確な足捌き。ワディムの、まるで体重がないような軽やかで力の入っていない、高い跳躍、アントルシャ・シスのつま先の美しさ。夢の世界とはこれを言うのだと思いました。

Resize1575

忘れてはならないのが、影の主役というべきドロッセルマイヤー。この役を当たり役としているギャリー・エイヴィスは、マントを華麗に翻し、キラキラしたラメを振りまいて魔法をかける、一挙一動がスタイリッシュでカッコよく、子どもならきっとあのおじさん素敵!と目を輝かせることでしょう。そして花のワルツをリードするローズ・フェアリーの金子扶生さん。優雅なオーラをまとい、眩いばかりの美しさ。次にロイヤルのプリンシパルに昇格するのは彼女だと確信しました。

ピーター・ライト版は、2幕のお菓子の国でのディヴェルティスマンにハンス・ピーターとクララが参加して一緒に踊るのが楽しいのです。ロシアで一緒に飛び跳ねるアナ・ローズのクララの可愛らしいこと。中国で華麗な跳躍を見せるアクリ瑠嘉さんは、1幕ではクララの相手役としても活躍しています。

今回の映画館上映の特典映像は、金平糖の精の踊りでキラキラとした音を響かせるチェレスタの秘密がまず一つ。そして、アナ・ローズ・オサリヴァンとマルセリーノ・サンベが古巣のロイヤル・バレエ・スクールに行って生徒たちの前でお話をしてリハーサルを見せるところ。生徒たちの良いお手本となることでしょう。

また、ロイヤル・バレエに入団して20周年を迎え、今や大プリマの風格を見せるマリアネラ・ヌニェス。その芸術性を称えて、ショートフィルム「NELA」も幕間に上映されます。モノクロのスタイリッシュな映像、鍛え抜かれた肉体が躍動する様子をたっぷりと見せてくれて、彼女の素晴らしさを改めて実感します。

今回、残念ながらTOHOシネマズ日本橋での上映が、映画館全体が上映不能となってしまって中止となってしまいましたが、見逃すにはもったいない、幸福感一杯の美しい舞台です。都内ではTOHOシネマズ日比谷とシアタス調布で木曜日まで上映されています。「くるみ割り人形」の決定版、お見逃しなく。


【振付】ピーター・ライト
【音楽】ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
【指揮】バリー・ワーズワース
【出演】ドロッセルマイヤー:ギャリー・エイヴィス
クララ:アナ・ローズ・オサリヴァン
ハンス・ピーター(ドロッセルマイヤーの甥)/くるみ割り人形:マルセリーノ・サンベ
金平糖の精:マリアネラ・ヌニェス
王子:ワディム・ムンタギロフ

アルルカン:ベンジャミン・エラ
コロンビーヌ:エリザベス・ハロッド
兵士:ポール・ケイ
ヴィヴァンディエール:ミーガン・グレース・ヒンキス
ねずみの王様:ニコル・エドモンズ

スペイン:
クリステン・マクナリー、ニコル・エドモンズ、アネット・ブヴォリ、
エリコ・モンテス、ハナ・グレンネル、トーマス・モック
アラビア:
メリッサ・ハミルトン、リース・クラーク
テオ・ドゥブロイル、デヴィッド・ドネリー
中国:
アクリ瑠嘉、レオ・ディクソン
ロシア:
ポール・ケイ、ケヴィン・エマートン
葦笛:
イザベラ・ガスパリーニ、エリザベス・ハロッド
アシュリー・ディーン、エマ・マグワイア
薔薇の精:金子扶生
薔薇の精のエスコート:
ウィリアム・ブレイスウェル、トリスタン・ダイヤー、
ベンジャミン・エラ、ヴァレンティノ・ズケッティ

北海道 ディノスシネマズ札幌 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
宮城 フォーラム仙台 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
東京 TOHOシネマズ日比谷 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
東京 イオンシネマ シアタス調布 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
京都 イオンシネマ京都桂川 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
大阪 大阪ステーションシティシネマ 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
兵庫 TOHOシネマズ西宮OS 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)
福岡 中洲大洋映画劇場 2019/2/1(金)~2019/2/7(木)

« 吉田都さんが引退、8月に引退公演 | トップページ | VOGUE JAPANでロイヤル・バレエ、高田茜さん、平野亮一さんのインタビュー掲載 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田都さんが引退、8月に引退公演 | トップページ | VOGUE JAPANでロイヤル・バレエ、高田茜さん、平野亮一さんのインタビュー掲載 »