BlogPeople


2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ボリショイ・バレエ、2019年夏のロンドン公演 | トップページ | マリインスキー・バレエ来日公演『ドン・キホーテ』、U25当日券、レナータ・シャキロワのインタビュー記事 »

2018/11/29

勅使川原三郎&佐東利穂子「月に憑かれたピエロ」「ロスト・イン・ダンスー抒情組曲ー」

勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんが出演する勅使川原三郎 最新作

東京芸術劇場主催の芸劇danceシリーズ公演「月に憑かれたピエロ」「ロスト・イン・ダンスー抒情組曲ー」

の2作品の上演がいよいよ今週土曜日12/1から始まります。

Rgb

http://www.geigeki.jp/performance/theater195/

妖しくも美しい音楽、研ぎ澄まされた歌声と一体となって勅使川原三郎と佐東利穂子が踊る!
2011年「ラ・フォル・ジュルネ」で圧倒的な存在感を示したソプラノ歌手マリアンヌ・プスールが、本公演のために来日!演奏は、ウィーンを拠点とする現代音楽アンサンブル、ウィンナー・コラージュなどで活躍する気鋭の指揮者ハイメ・ウォルフソンと日本の精鋭演奏家たち。

「月に憑かれたピエロ」と「ロスト イン ダンス」の初演は、今週末の12月1日から始まります。この2つの新作は対を なすものと言えるでしょう。

普通一般が共通に持っている美しい音楽というのではいのですが、その高度な音楽演奏と舞台装置、語るように歌うマリアンヌ プスールさんの素晴らしく魅力的な歌唱、佐東利穂子と私の2人が不可思議で異質な美を体現します。それは「変身」するダンスです。

第一部の「ロスト イン ダンス」は佐東利穂子が踊る「ダンスギリギリのダンス」と言えるまでダンスし、個性という
ものを失うほどで、私が彼女のダンスの捧げた作品です。

佐東利穂子のこの10年の成果は異常とも言えるほど高度で魅力的ですが、特にこのダンスには彼女の頂点を見ることになるはずです。

第2部はシェーンベルクの名曲に新たな展開を与えたものです。

私自身の装置デザインと照明デザインが、光によって闇をあぶり出します。奇妙で素晴らしい音楽に身体の詩、空間の詩、言葉の詩、そんなアリキタリの詩ではない、詩人のいない詩が、眼球を切り裂く盲目的眩さ(まばゆさ)、くらんだ目の中の出現と消滅が、、、月に憑かれた道化を夜空に放り出す、いいえ、道化は故郷の帰っていく、彼に故郷などありもしないくせに!
                                        
                             勅使川原三郎

今年はキューバを始め、スウェーデン、フランス、ロシア、イタリアなど世界各地での活動を行い、ますます活動の幅が広がった勅使川原三郎さん。一方で、荻窪のKARAS APPARATUSでは絶えず新作を生み続け、アップデートしています。今回は、どんな驚きを見せてくれるのでしょうか。先日の佐東利穂子さんのソロ「読書」もすさまじい、神がかり的なダンスを見せてくれましたが、今回は生演奏、歌と共演するパフォーマンス、どのような融合が観られるか楽しみです。

ダンス作品「月に憑かれたピエロ」はアーノルド・シェーンベルク作曲の同名曲によって構成。
マリアンヌ・プスールの類のない美しく恐れさえも抱かせる強烈な歌唱と勅使川原三郎と佐東利穂子の激しくも繊細に制御された究極のダンス。
超現実的な世界があらわになるミュージックシアター。
同時上演の「ロスト・イン・ダンス」は「ダンスに憑かれた」佐東利穂子に捧げるオマージュ作品。
アルバン・ベルク作曲「抒情組曲」によるデュエット。
語るように歌い、歌うように語る。声と動き、光と音楽。
「劇的ダンス」と「純粋ダンス」、独特の生を見いだす2つ作品。
[公演概要] 芸劇dance 「月に憑かれたピエロ」「ロスト・イン・ダンス-抒情組曲-」

演出・振付・照明・美術・衣装:勅使川原三郎
ダンス:勅使川原三郎・佐東利穂子 
歌:マリアンヌ・プスール
指揮:ハイメ・ウォルフソン
フルート:多久潤一朗 
クラリネット:岩瀬龍太 
ピアノ:田口真理子
ヴァイオリン:松岡麻衣子・甲斐史子 
ヴィオラ:般若佳子 
チェロ:山澤 慧

Ds2539_02912

[公演日程]
2018年
12月1日(土)18:00
12月2日(日)16:00
12月4日(火)19:30

[劇場] 東京芸術劇場 プレイハウス

[チケット料金](全席指定・税込み)
S席 ¥5,000 A席 ¥3,000 
65歳以上(S席)¥3,000 25歳以下(A席)¥2,500円 高校生以下 ¥1,000
*65歳以上、25歳以下、高校生以下割引チケットは、劇場ボックスオフィスにて前売のみ取扱い。(枚数限定・要証明書)
*障害をお持ちの方:割引料金にてご観劇いただけます。詳しくは劇場ボックスオフィスまで。(要事前予約)
*公演内容等につきましては、変更が生じる場合がございますので、予め了承ください。

[チケット取扱い]
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
[PC] http://www.geigeki.jp/t/ [携帯] http://www.geigeki.jp/i/t/

チケットぴあ 0570-02-9999(24時間・音声自動応答)【Pコード:489-576】[PC・携帯] http://pia.jp/t/geigeki/

ローソンチケット 0570-084-003(音声自動応答・要Lコード)【Lコード:32777】0570-000-407 (オペレーター対応10:00~20:00)
[PC・携帯] http://l-tike.com/ ローソン・ミニストップ店内Loppi

e+(イープラス)  [PC・携帯] http://eplus.jp/


問合せ 東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

« ボリショイ・バレエ、2019年夏のロンドン公演 | トップページ | マリインスキー・バレエ来日公演『ドン・キホーテ』、U25当日券、レナータ・シャキロワのインタビュー記事 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボリショイ・バレエ、2019年夏のロンドン公演 | トップページ | マリインスキー・バレエ来日公演『ドン・キホーテ』、U25当日券、レナータ・シャキロワのインタビュー記事 »