BlogPeople


2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ジャクソン国際バレエコンクール、清沢さん、大賀さんが受賞 | トップページ | パリ・オペラ座のエトワール ドロテ・ジルベールが プロデュース、「ドロテ・ジルベール パリ・バレエ・フィット」発売 »

2018/06/24

永久メイさんがマリインスキー・バレエのセカンド・ソリストに/マリア・ホーレワ入団

2017年にマリインスキー・バレエの研修生となって活躍を続けていた永久メイさんが、マリインスキー・バレエにセカンド・ソリストとして正式に入団しました。

https://www.mariinsky.ru/en/company/ballet/second_soloists/dancers3/nagahisa1

永久メイさんは兵庫県宝塚市の深田真紗子バレエアカデミーでバレエを学び、2013年のYAGPでジュニア部門金賞に輝きました。モナコのプリンセス・グレース・アカデミーで学び(2017年卒業)、2015年の横浜バレエフェスティバルのフレッシャーズ・ガラで「タリスマン」よりニリチのヴァリエーションを踊っています。

マリインスキー・バレエのユーリ・ファテーエフに見いだされ、15歳の若さで、2016年のマリインスキー国際バレエフェスティバルの『ラ・バヤデール』のつぼの踊りを踊りました。2017年に研修生となってからは、『ジゼル』のペザント、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ、『ドン・キホーテ』のキューピッド、『ラ・バヤデール』の影のヴァリエーション、ヴィハレフ復元版『眠れる森の美女』のフロリナ姫などの主要な役を踊り、ロンドンや北米などのツアー公演にも出演して、高い評価を得てきました。そしてついに、『くるみ割り人形』のマーシャ役で主演デビューも果たしています。

まだ17歳。長い手足、美しい容姿、そして繊細で気品あふれる踊りでこれからの活躍が楽しみです。今年11月~12月のマリインスキー・バレエの来日公演でも活躍が観られることでしょう。

また、バレエを競うロシアのテレビ番組シリーズ「ビッグ・バレエ」にも、マリインスキー・バレエを代表して永久さんは出演するそうです。

**********
マリインスキー・バレエへの入団と言えば、ワガノワ・バレエ・アカデミーの最も優秀な生徒の一人として大きく注目を浴びていたマリア・ホーレワがInstagramで入団することを発表しました。彼女はInstagramのフォロワーが20万人もいます。

マリア・ホーレワは、昨年のバレエ・アステラス、今年のオーチャード・バレエ・ガラと日本でも踊っており、理想的なプロポーションとワガノワ・メソッドの粋を体現したような優雅さでひときわ目を引きました。最近はワガノワ・バレエ・アカデミーの優秀な生徒はボリショイ・バレエに入団することが多く、ホーレワはどちらを選ぶのか、注目されていたのです。

7月21日のマリインスキー・バレエでの『アポロ』で、さっそくテレプシコーラ役で出演します。アポロ役はザンダー・パリッシュ、同級生のアナスタシア・ヌイキナとダリア・イオノワも出演します。

https://www.mariinsky.ru/en/playbill/playbill/2018/7/21/1_1931


なお、6月20日にクレムリン劇場で開催された、ワガノワ・バレエ・アカデミー280周年記念ガラ公演の『パキータ』(ブルラーカ、ツィスカリーゼ版)がワガノワ・バレエ・アカデミーの公式チャンネルで全編公開されています。主演は卒業生のエレオノラ・セヴェナルド(現在はボリショイ・バレエ)と、ボリショイ・バレエのデニス・ロヂキン。マリア・ペトホワ、アナスタシア・ヌイキナ、マリア・ホーレワ、マリア・ブラノーワ、アレクサンドル・キテエフがヴァリエーションを踊っています。

« ジャクソン国際バレエコンクール、清沢さん、大賀さんが受賞 | トップページ | パリ・オペラ座のエトワール ドロテ・ジルベールが プロデュース、「ドロテ・ジルベール パリ・バレエ・フィット」発売 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

マリア・ホーレワ、私もアステラスの時に、「なんて美しい脚をしてるんだろう」と、とても気になっていたダンサーでした。ワガノワのレッスン動画でも、軸がビシッと決まっていて、ニュアンスもあって、飛び抜けてますよね。
最近のトップはボリショイへ行くから、どうなるかなと思ってましたが、マリインスキーに決まって良かったです。

彼女の憧れのダンサーはヴィシニョーワとロパートキナだそうで、そんなところも決め手になったのでしょうか。

それから、永久メイさん、私も横浜バレエフェスティバルの時に、めちゃくちゃ上手で綺麗な子だと驚いたのですが、マリインスキーにはいってこらの快進撃が止まりませんね。
わたしも今やすっかり彼女に夢中です。


ご紹介頂いた金平糖の精も、繊細な飴細工のようで、品があってたおやかで、それでいて踊りがしっかりと決まっていて、しびれます〜


はるはつさん、こんにちは。

去年のアステラスの時に、ワガノワアカデミーのメンバーによるクラスレッスンの見学会があって、その時にマリア・ホーレワの飛び抜けた美しさに釘付けになりました。脚が本当に理想的な曲線で長くて、クラスでも表現力があったんですよね。私も彼女がマリインスキーに決まって良かったです!マリインスキーらしさを持っていますからね。

永久メイさん、先日のパキータのヴァリエーションもYouTubeに上がっていて見たのですが、これも本当に絶品でした。気品があって柔らかくてふわっとしている。この若さでこれだけ上手いというのは凄いですよね。これからどんな活躍を見せてくれるのか、たのしみて゛す!

めいちゃん18歳ですよ:-)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャクソン国際バレエコンクール、清沢さん、大賀さんが受賞 | トップページ | パリ・オペラ座のエトワール ドロテ・ジルベールが プロデュース、「ドロテ・ジルベール パリ・バレエ・フィット」発売 »