2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« VOGUE JAPAN5月号ダンサー特集の記事(リアブコ、ポルーニン)がWeb版に | トップページ | 7/28 「バレエ・アステラス2018」の出演者決定 »

2018/05/19

NHKバレエの饗宴2018,5月20日放映/プレミアムシアターでマリインスキー・バレエ「バフチサライの泉」放映

年に1度、バレエ界の豪華キャストがNHKホールに集結する「NHKバレエの饗宴」。
https://www.nhk-p.co.jp/ballet/

今年も華やかなステージが繰り広げられました。私も観に行ったのですが、ここでしか観られない新作もあったり、ガラ公演ではあるものの一つ一つの作品をしっかり見せてくれる、見ごたえたっぷりの公演です。

5月20日(日)Eテレ「クラシック音楽館」で放送されます。 午後9:00~11:30
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/


1.「くるみ割り人形」第2幕から
出 演 : 新国立劇場バレエ団
振 付 : ウエイン・イーグリング
音 楽 : チャイコフスキー

2. Chimaira/キマイラ
出 演 : 平山素子 小㞍健太 鈴木竜 堀田千晶
振 付 : 平山素子
音 楽 : デュティユー

3. Flowers of the Forest
出 演 : 吉田 都 マティアス・ディングマン(バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 プリンシパル) スターダンサーズ・バレエ団
振 付 : デヴィッド・ビントレー
音 楽 : アーノルド/ブリテン

4.「ラ・バヤデール」から「影の王国」
出 演 : 東京バレエ団
振 付 : ナタリア・マカロワ(M.プティパ版による)
音 楽 : ミンクス

(1~4 すべて)
管弦楽 : 東京フィルハーモニー交響楽団
指 揮 : 井田勝大


中でも、デヴィッド・ビントレー振付作品で、昨年のスターダンサーズ・バレエ団のガラ公演でも上演された「Flowers of the Forest」は、吉田 都さんとマティアス・ディングマンをゲストに迎え、スターダンサーズ・バレエ団が今大変充実したバレエ団であることを見せてくれた、素晴らしい上演でした。戦争で斃れた人々を追悼する一方で、生き生きとした踊りも観られる、とても良い作品でした。

また、平山素子さんがこの公演のために振付けた新作「Chimaira/キマイラ」は、小㞍健太さん、鈴木竜さんなど気鋭の優れた踊り手を迎え、とてもユニークでオリジナリティにあふれた刺激的な作品でした。

Photo_setohidemi0523
(c)瀬戸秀美​


同じ5月20日(日)の深夜、NHK-BSのプレミアムシアターでは、
http://www4.nhk.or.jp/premium/

マリインスキー・バレエ「バフチサライの泉」
エトワール・ガラ2016
【再放送】 

の放映があります。「バフチサライの泉」は、ロシア・バレエの名作でありながら市販映像では発売されていない作品なので、とても貴重な機会です。

5月21日(月)【5月20日深夜(日)深夜】午前0時00分~午前3時55分

◇マリインスキー・バレエ「バフチサライの泉」(0:03:00~1:56:30)
<演 目>
バレエ「バフチサライの泉」(全4幕)
振付:ロスチスラフ・ザハロフ
音楽:ボリス・アサフィエフ

<出 演>
アダム公爵:アンドレイ・ヤコブレフ
マリア:アナスタシア・マトヴィエンコ
ヴァーツラフ:ザンダー・パリッシュ
ギレイ:ロマン・ベルヤコフ
ザレマ:ヴィクトリア・テリョーシキナ
ヌラリ:グリゴーリ・ポポフ ほか
マリインスキー・バレエ団

<管弦楽>マリインスキー劇場管弦楽団
<指 揮>ボリス・グルージン

収録:2017年5月27・28日 マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)

◇エトワール・ガラ2016【再放送】(1:59:00~3:55:00)
<演 目>
1.「ラ・シルフィード」から
振付:オーギュスト・ブルノンヴィル
音楽:ヘルマン・レーヴェンショルド

<出 演>
レオノール・ボラック
ジェルマン・ルーヴェ

2.「ランデブー」
振付:ローラン・プティ
音楽:ジョゼフ・コスマ

<出 演>
アマンディーヌ・アルビッソン
​バンジャマン・ペッシュ

3.「See」<日本初演>
振付:大石裕香
音楽:アルヴォ・ペルト

<出 演>
シルヴィア・アッツォーニ
​アレクサンドル・リアブコ

4.「ロメオとジュリエット」
第1幕から「マドリガル」
「バルコニーのパ・ド・ドゥ」
第3幕から「寝室のパ・ド・ドゥ」

振付:ルドルフ・ヌレエフ
音楽:プロコフィエフ

<出 演>
レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ(マドリガル)
​ドロテ・ジルベール、ユーゴ・マルシャン(バルコニーのパ・ド・ドゥ)
アマンディーヌ・アルビッソン、マチュー・ガニオ(寝室のパ・ド・ドゥ)

5.「病める薔薇(ばら)」から
振付:ローラン・プティ
音楽:マーラー

<出 演>
エレオノラ・アバニャート
​オードリック・ベザール

6.「人魚姫」第1幕から パ・ド・ドゥ
振付:ジョン・ノイマイヤー
音楽:レーラ・アウエルバッハ

<出 演>
シルヴィア・アッツォーニ
​アレクサンドル・リアブコ

7.「それでも地球は回る」<女性版世界初演>
振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:ヴィヴァルディ

<出 演>
アマンディーヌ・アルビッソン

8.「With a Chance of Rain」から<日本初演>
振付:リアム・スカーレット
音楽:ラフマニノフ

<出 演>
ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ
ローラ・エケ、オードリック・ベザール
ピアノ:久山亮子

9.「ル・パルク」から「解放のパ・ド・ドゥ」
振付:アンジュラン・プレルジョカージュ
音楽:モーツァルト

<出 演>
エレオノラ・アバニャート
バンジャマン・ペッシュ

収録:2016年8月5・6日 Bunkamuraオーチャードホール

**********
なお、6月18日(月)のプレミアムシアターでは、大きな話題を呼んだ、イングリッシュ・ナショナル・バレエの「ジゼル」(アクラム・カーン振付)が放映されます。
これは決して見逃せませんね。

6月18日(月)【6月17日深夜(日)深夜】午前0時00分~

イングリッシュ・ナショナル・バレエ「ジゼル」
【5.1サラウンド】
◇ドキュメンタリー
「イングリッシュ・ナショナル・バレエ in パリ」(2016年 制作)
◇モナコ公国モンテカルロ・バレエ「ル・ソンジュ~夢~
」【再放送】


イングリッシュ・ナショナル・バレエ「ジゼル」
<演 目>
バレエ「ジゼル」(全2幕)
振付:アクラム・カーン
音楽:アドルフ・アダン
ヴィンチェンツォ・ラマニャ

<出 演>
ジゼル:タマラ・ロホ
アルブレヒト:ジェームズ・ストリーター ほか
イングリッシュ・ナショナル・バレエ団

<管弦楽>イングリッシュ・ナショナル・バレエ・フィルハーモニック
<指 揮>ギャヴィン・サザーランド

収録:2017年10月25・28日 リバプール・エンパイア劇場(イギリス)

◇ドキュメンタリー
「イングリッシュ・ナショナル・バレエ in パリ」(2016年 制作)
<出 演>
タマラ・ロホ
アリーナ・コジョカル ほか

◇モナコ公国モンテカルロ・バレエ「ル・ソンジュ~夢~」
<演 目>
バレエ「ル・ソンジュ」(全2幕)
振付・演出:ジャン・クリストフ・マイヨー
音楽:フェリックス・メンデルスゾーン
ダニエル・テルッジ
ベルトラン・マイヨー

<出 演>
妖精の女王ティターニア:ベルニス・コピエテルス
妖精の王オベロン:ジェローム・マルシャン
妖精パック:ジェローン・ヴェルブルジャン
小姓:アンハラ・バジェステロス
アマゾンの女王ヒッポリータ:サラ・ジェーン・メドレー
アテネ公爵シーシアス:ジャンス・ウェーバー
ハーミアの父イージアス:シリル・ブレアン
ヘレナ:エープリル・バール
ハーミア:ナタリー・ヌードヴィスト
ディミトリアス:アシエ・ウリアゼレカ
ライサンダー:ジュリアン・バンシオン ほか
モナコ公国モンテカルロ・バレエ団

収録:2008年12月12日 スタジオ収録

« VOGUE JAPAN5月号ダンサー特集の記事(リアブコ、ポルーニン)がWeb版に | トップページ | 7/28 「バレエ・アステラス2018」の出演者決定 »

バレエのTV番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VOGUE JAPAN5月号ダンサー特集の記事(リアブコ、ポルーニン)がWeb版に | トップページ | 7/28 「バレエ・アステラス2018」の出演者決定 »