BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« NHK-BSプレミアム プレミアムシアター 2/19にロイヤル・バレエ「ウルフ・ワークス」放映 | トップページ | VOGUE JAPANで「ル・グラン・ガラ 2018」のオニール八菜さん、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン インタビュー掲載 »

2018/01/25

2/2~4 平山素子(ダンス)×加藤訓子(パーカッション)「DOPE」彩の国さいたま芸術劇場にて

かつてベルギーのアンサンブル イクトゥスのメンバーとして、ダンスカンパニー ローザスとも活動を共にし、ライヒ自身からも絶賛を受けるパーカッショニストの加藤訓子さんと、「春の祭典」や「ボレロ」などの数々の名曲に挑み、独特の音楽世界をダンス作品として発表してきた平山素子さんが、スティーヴ・ライヒの初期代表作「ドラミング」に、音楽とダンス、1 対 1 で対峙した舞台作品を愛知と埼玉で発表します。

すでに愛知公演は完全にソールドアウトで、当日券は一枚も出ないとのこと。この作品に対する期待の大きさがわかるというものです。

特設サイト http://dope2018.info/wp/
彩の国さいたま芸術劇場
http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/4164

平山素子さんは、スヴェトラーナ・ザハロワに提供され、彼女のお気に入りの作品として世界中のガラ公演で踊られている「Revelation」を振付け、またフィギュアスケーターの村上佳菜子さんやシンクロナイズド・スイミング日本代表チームにも振付作品を提供していることで広く知られています。

今回演奏される「ドラミング」は、世界初の「ライブソロ+テープ」でマルチトラックのオーバーダブ(*多重録音の手法)による加藤訓子の演奏と録音による新たなスタイルで完成される作品であり、ダンス作品としても「日本発!ドラミング」として上演されるものとなります。

ダンス作品としては、ベルギーのダンスカンパニー「ローザス」による群舞がマスターピースとしてよく知られていますが、今回は平山完全オリジナルによるソロパフォーマンスでのチャレンジとなります。特徴となるのは、自身に振付を行うにあたり、その検証作業のために、イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンスシアターI初の日本人ダンサーとして活躍した小㞍健太さんがクリエイションに参加していることです。平山さんのソロ公演ではあるものの、一度、小㞍さんに振付を行い、それを検証した後、自身に再振付を行うという新たな試みを行っています。

そんな二人が今回の共演に選んだ作品のタイトルは「DOPE」。音楽用語でもあるこの言葉は、麻薬のような恍惚とした危うい世界観を想起させるもの。すでにその世界でトップを走るようになった音楽家と舞踊家の二人が向かい合うそれぞれの創作、そして本番のパフォーマンス。それは、目眩く危険な香りのする魅惑的な世界となることでしょう。

DOPEについての平山素子さんのインタビュー
愛知芸術情報センター情報誌AAC(加藤訓子さんとの対談)
http://www.aac.pref.aichi.jp/aac/aac94/HTML5/sd.html#/page/2

「埼玉アーツシアター通信」No.72
P.9 平山素子(ダンス)×加藤訓子(パーカッション)『 DOPE』平山素子 Interview 聞き手 唐津絵理さん(愛知県芸術劇場プロデューサー)
http://saf.or.jp/press/2017/072/?_fsi=8mwv9dqk

唐津絵理さんのインタビュー記事。日本でのコンテンポラリーダンスの現状がよくわかる、大変興味深いものです。
https://www.cinra.net/interview/201801-dope

<公演情報>

2018年
2月2日(金)19:30
2月3日(土)14:00★
2月4日(日)14:00★
 
※開場は開演の30分前
※演出の都合により、開演時間に遅れますと公演中の入場を制限させていただくことが
 あります。また再入場できない場合がありますので予めご了承ください。
★託児サービスあり(要予約)

会場
彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

演出・振付・ダンス:平山素子
音楽監督・演奏:加藤訓子
音楽:スティーヴ・ライヒ「ドラミング」(1971年)

アート・ディレクション:遠藤豊(ルフトツーク)
振付検証:小㞍健太
舞台監督:鈴木康郎
照明:岩品武顕(彩の国さいたま芸術劇場)
音響:寒河江ユウジ
衣裳:エヴゲーニャ・シャリモワ
宣伝美術:TAKAIYAMA inc
プロダクション・マネージャー:世古口善徳(愛知県芸術劇場)
プロデューサー:唐津絵理(愛知県芸術劇場)

チケット取扱い:
アルファルファ オンラインチケット http://alfalfalfa.net/
カンフェティチケットセンター 0120-240-540(平日 10:00~18:00)
チケットぴあ 0570-02-9999[P コード:481-386] http://pia.jp/
SAF チケットセンター 電話 0570-064-939(休館日を除く 10:00~19:00)
SAF オンラインチケット https://www.ticket.ne.jp/saf/

なお、4月7日に開催されるNHKバレエの饗宴 2018にて平山素子さんの新作が初演されます。
アンリ・ディティユーのメタボールを使用した新作『Chimaira/キマイラ』。出演 は小尻健太さん、鈴木竜さん、堀田千晶さん、そして平山素子さんです。チケットは1月27日発売です。

スティーヴ・ライヒ:ドラミングスティーヴ・ライヒ:ドラミング
スティーヴ・ライヒと音楽家達

ワーナーミュージック・ジャパン 2013-01-22
売り上げランキング : 18546

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« NHK-BSプレミアム プレミアムシアター 2/19にロイヤル・バレエ「ウルフ・ワークス」放映 | トップページ | VOGUE JAPANで「ル・グラン・ガラ 2018」のオニール八菜さん、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン インタビュー掲載 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK-BSプレミアム プレミアムシアター 2/19にロイヤル・バレエ「ウルフ・ワークス」放映 | トップページ | VOGUE JAPANで「ル・グラン・ガラ 2018」のオニール八菜さん、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン インタビュー掲載 »