BlogPeople


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ローザンヌ国際バレエコンクール2018の課題ヴァリエーション | トップページ | 日本フィル、アレクサンドル・ラザレフがストラヴィンスキーの日本初演「ペルセフォーヌ」を語る »

2017/11/09

国内でできる英国短期留学体験 ジャパン・ダンス・インテンシヴ 2017

The Wells主催、英国バレエ学校の総合カリキュラムを東京で受講できる、ジャパン・ダンス・インテンシヴ 2017が12月に開催されます。

http://event.thewells.co.jp/intensive2017/

バレエ海外留学を考えるみなさんに、英国の名門バレエ学校同様の総合的なカリキュラムを提供しながら、留学に関する不安をとりのぞき、自分で考えるきっかけを見つけ出すための5日間集中講座です。

Japandanceintensive

あこがれから目標へ、迷いから自信へ、留学に興味がある小学生4年生から、海外カンパニーでの活躍を目指す大学生まで、さまざまな年齢やレベルにあわせて、名門ロイヤル・バレエ・スクールの現役教師をはじめとする最高の講師陣とスタッフが、あなたの「知りたい」に答えます。
クリスマス後の冬休みを一年の集大成、そして来年への新しいスタートにご活用ください。

小学生4年生から冬休みに国内でできる英国短期留学体験

海外バレエ留学を志す上で、気になるレベルや英語でのレッスン、座学内容などで日本国内で体験します。留学はまだあこがれという方も、実際のところを知りたい方も、自分の身体で感じて考えるきっかけを提供する貴重な機会です。クリスマス後の冬休みに2017年のバレエライフの総決算。新しい一年の飛躍のきっかけにつなげてください。

ロイヤル・バレエ・スクールをはじめ、第一線で活躍中の現役教師が担当します

バレエにはロイヤル・バレエ・スクール、コンテンポラリーにはニュー・アドヴェンチャーズより現役教師来日。海外教師のレッスンは初めてという方でも安心の通訳付き。ロウアースクールの経験とメソッドも活かして、それぞれの年代に応じたレッスンを構成します。

可能性を広げる2種類のスカラシップ

成績優秀者には、ロイヤル・コンセルバトワール・オブ・スコットランドよりスカラシップ授与。また、本イベントからも合格したサマースクール参加費用に奨学金を授与します。

イベント概要

イギリスのバレエ学校で実施されている総合的なカリキュラムを体験。5日間で合計20時間以上の充実したプログラムです。小学4年生から大学生まで、クラスごとグループに分かれて受講します。

日程/会場:2017年12月26日(火)~30日(土)/新宿村スタジオ
対象/定員:小学校高学年(4,5,6年生)25名 /中学生 25名 /高校・大学生 20名
料金:82,000円(税込、5日間)
内容:クラシック・バレエ/コンテンポラリー・ダンス/レパートリー/ボディケア/座学/成果発表会(保護者参加可)
同時開催: 12/30 The Wells 保護者のための留学説明会(詳細は別ページへ)


ダンス・インテンシヴが可能にする「知りたい」が見つかる充実のカリキュラム

クラシック・バレエ

ロイヤル・バレエ・スクール教師サイモン・ライス先生によるバレエクラス。伴奏者もあわせて来日するので、憧れのロイヤル・バレエ・スクールのレッスン内容を日本で体験。5日間の連続講習で、自分が学んできたことを異なる視点から再確認する機会を持ちます。

コンテンポラリー・ダンス

舞台経験も豊富で青少年指導に定評のあるロス先生のレッスン。カニンガム・メソッドを基本に、バレエダンサー必須となったコンテンポラリー・ダンスを指導します。コンテンポラリー・ダンスのソロも指導に加え、振付を受けたレパートリーはコンクール参加に利用できます。

レパートリー

ロイヤル・バレエ団のレパートリーから「白鳥の湖」をご紹介。日本人講師からの詳しい振り写しの後、サイモン先生が仕上げをしていきます。

ボディケア

海外滞在中にも大切なボディケア。プロを目指す上でも「道具」の手入れは重要です。今回は身体の使い方だけではなく休め方も覚えます。

座学

ヨーロッパのバレエ学校が学んでいる舞踊史、音楽など、舞台芸術としてのバレエ基礎知識を学習します。英語に自信のない方でも、日本語で基礎を学んでおけば、渡航後により理解が深まります。バレエへの理解が深まることで自然と表現力も高まり、バレエがもっと楽しくなると評判のクラスです。

バレエ留学説明会

どうやったら留学できるか?など、海外留学に関する疑問に答えます。多くの留学生をサポートし続けるベテランスタッフが、今のバレエ留学生事情を説明します。

特別企画 : シューフィッティング

チャコット様のご協力により、「伝説のシューフィッター」がクラスに登場します。悩みの多いトゥシューズ選びに答えが見つかるかもしれません。

特別企画 : 保護者向け留学説明会

イギリスへの留学サポートを実施しているThe Wellsから、保護者の方向けに英国バレエ学校への短期・長期留学に関する、受験方法、費用、ロンドンの生活一般に関する説明会を行います。(別料金/申込制 →ご案内と申込ページへ)

ロイヤル・バレエ・スクールの教師が来日する冬休みの集中講義、インテンシヴ。バレエ学校で毎日生徒を指導している「現役の先生」のクラスを体験できる貴重なチャンスです。バレエ海外留学を考えている方にはぜひおすすめです。

この講習会の前身となった「ひこねインテンシヴ」の参加者からは、英国ロイヤルバレエスクール(6名)/英国イングリッシュナショナルバレエスクール(2名)/モナコプリンセスグレースケリーバレエスクールなどへの留学という実績があります。英国へのバレエ留学をサポートしてきたザ・ウェルズならではのきめ細かい支援が期待できます。

« ローザンヌ国際バレエコンクール2018の課題ヴァリエーション | トップページ | 日本フィル、アレクサンドル・ラザレフがストラヴィンスキーの日本初演「ペルセフォーヌ」を語る »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローザンヌ国際バレエコンクール2018の課題ヴァリエーション | トップページ | 日本フィル、アレクサンドル・ラザレフがストラヴィンスキーの日本初演「ペルセフォーヌ」を語る »