BlogPeople


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 新国立劇場バレエ団 「ワールド・バレエ・デー 2017」参加決定 | トップページ | 10/8(日)より勅使川原三郎&オーレリー・デュポン「Sleeping Water」上映会開催/パリ・オペラ座バレエ新作「Grand miroir」 »

2017/10/06

ワールド・バレエ・デー World Ballet Day2017 (随時更新)

World Ballet Day 2017が10月5日に開催されました。

http://worldballetday.com/

5つのバレエ団を中心に22時間にわたってネット中継を行った子のイベントも4回目。すでにいくつかのバレエ団は動画をアップしていますので、そちらをご紹介します。とても全部を視聴するのは無理なので、気が付いた点についてだけコメントをしてみますね。

オーストラリア・バレエ

クラスレッスンの指導をされた教師が素晴らしいライン、技術を持っている方でした。クラスの映し方も非常にうまくて、楽しいクラスレッスンで、カンパニーのレベルの高さを実感できます。リハーサルでは「不思議の国のアリス」が登場したり、「グラン・パ・クラシック」のリハーサルも。近藤亜香さんも出てきて、高い技術を見せてくれました。オーストラリア・バレエ、近いうちに来日公演をしてほしいバレエ団です。

また、3時間41分ごろから、新国立劇場バレエ団が登場しています。バレエ団の紹介、芸術監督、何人かのプリンシパルが登場してコメントするというものです。クリストファー・ウィールドン、ウェイン・イーグリングも登場します。バレエ団紹介映像はとてもよくできていましたが、インタビューは吹き替えだったのがちょっと残念。字幕をつけるとか、簡単でも英語で話してくれた方が嬉しかったです。あと、全員集合で視聴者に手を振ったりと言った、ちょっとライブな感じの演出があったらより親近感を感じられたかもしれません。でもとにかく、この素晴らしいバレエ団が世界に知られる第一歩になったと思います。また、開始前に新国立劇場バレエ団のFacebookで、少しだけですがクラスレッスンをライブで見せたのも良かったと思います。

ボリショイ・バレエ 

YouTubeではなく、独自のプラットフォームでの配信です。残念ながらあまり画質はよくありません。また、最初に登録をして、ログインをする必要があります。

http://media.bolshoi.ru/play/

クラスレッスンの指導はボリス・アキモフで、アレクサンドロワ、オブラスツォーワ、ラントラートフ、ロヂキンなどなどが登場。千野円句さん、アナ・トゥラサシヴィリなどもインタビューされていました。(千野さんはアレクサンドル・ヴェトロフに指導されているとのことです)
まずはアカデミーのレッスンからスタートしますが、とにかく生徒が皆美しい。「ラ・バヤデール」のコール・ド・バレエのリハーサルは、ワジーエフが指導していましたが、非常に厳しい指導で驚きました。全く字幕や通訳がついていないので、なにを言っているのかはわかりませんでしたが。アリョーナ・コヴァリョーワとジャコポ・ティッシの「ダイヤモンド」のリハーサル、そしてセヴェナルド、ジガンシナ、デニソワといった有望な若手女性ダンサーのリハーサルを観ることもできました。エレオノラ・セヴェナルド、本当に素晴らしい技術と美しさの持ち主ですね。1年目からスターの輝きがあります。
ゲストカンパニーはモンテカルロ・バレエでした。スミルノワとチュージンの「ラ・ベル」のリハーサル映像が流れましたが、あまりの美しさに息をのみます。

モンテカルロ・バレエのパート(スミルノワとチュージンの「ラ・ベル」も)


ロイヤル・バレエ 

ワールド・バレエ・デーを発案したのがロイヤルということで、プレゼンテーションの仕方が非常に上手いです。クラスレッスンは見逃しましたが、様々なリハーサルにしても、とても面白く見せてくれます。マクミランの記念の年ということで、いくつかの作品のリハーサルがありましたが、「ユダの木」は指導がヴィヴィアナ・デュランテとイレク・ムハメドフ、出演がローレン・カスバートソン、エドワード・ワトソン、ティアゴ・ソアレス、リース・クラークという大変豪華なもの。「エリート・シンコペーションズ」は、指導がモニカ・メイソン、出演がラウラ・モレーラ、崔由姫、メリッサ・ハミルトンでしたが、とにかくモレーラの音楽性の豊かさ、表現力がずば抜けていました。ユフィちゃんも素敵でしたが。
また、アーサー・ピタの新作(マシュー・ボールが素敵)や、ロイヤル・バレエスクールの指導もとても面白かったです。
ゲストカンパニーでは、毎回とても意欲的なスコティッシュ・バレエの、クリストファー・ハンプソン振付「春の祭典」のリハーサルが面白かったです。


ナショナル・バレエ・オブ・カナダ

現在パリで「ニジンスキー」のツアー中ということで、これはライブではなく事前に収録されたもので、時間も2時間と短くなっています。ここは毎年ちょっとプレゼンテーションがレベルが落ちる感じでカメラワークもあまりよくないのが残念です。スヴェトラーナ・ルンキナのクラスは本当に美しいのですが、あまりカメラが映してくれなかったのが不満。


サンフランシスコ・バレエ

時差の関係で観られなかったので、録画を楽しみにしています。


このほか、いくつかのバレエ団が独自に動画をアップしています。


オランダ国立バレエ
 「マタ・ハリ」のリハーサル


ウィーン国立バレエ マクミラン「コンチェルト」のリハーサル


バレエ・ウェスト
 (サンフランシスコ・バレエのパートに登場)


ノルウェー国立バレエ  西野麻衣子さんがカンパニー内を案内し、インタビューします。西野さんのトークがとても上手い!


ヒューストン・バレエ  クラスレッスン、「マイヤリング」のリハーサル、ハリケーンによる深刻な被害の様子など。


また情報入り次第、追記します。

« 新国立劇場バレエ団 「ワールド・バレエ・デー 2017」参加決定 | トップページ | 10/8(日)より勅使川原三郎&オーレリー・デュポン「Sleeping Water」上映会開催/パリ・オペラ座バレエ新作「Grand miroir」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新国立劇場バレエ団 「ワールド・バレエ・デー 2017」参加決定 | トップページ | 10/8(日)より勅使川原三郎&オーレリー・デュポン「Sleeping Water」上映会開催/パリ・オペラ座バレエ新作「Grand miroir」 »