BlogPeople


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« SWAN MAGAZINE 2017年秋号 Vol.49 | トップページ | ハリケーン被害に遭ったヒューストン・バレエの「マイヤリング」 »

2017/09/20

勅使川原三郎、パリ・オペラ座への振付作品、他ヨーロッパでの活動、12月公演「イリュミナリオン」

この秋、勅使川原三郎さんとKARASは、多くの活動を予定しています。

現在、勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんはパリ・オペラ座バレエ団への振付新作の創作に入りましたが、
フランス、イタリア、スロヴェニアの3カ国にて振付・創作・公演が続きます。
http://www.st-karas.com/news_jp/

まずは、勅使川原三郎さんがパリ・オペラ座バレエに振り付ける新作について。

10月25日に世界初演を迎えるこの新作は、「Grand miroir」というタイトルで、
エサ=ペッカ・サロネンの“Violin concerto” をサロネン自らによる指揮、演奏には諏訪内晶子さん(ヴァイオリン)が
参加して上演されます。

4名のエトワールを含む合計13名のダンサー達が、日々、勅使川原さんと共に新作に向かって稽古をしています。 https://www.operadeparis.fr/en/season-17-18/ballet/balanchine-teshigawara-bausch

[ダンサー] *エトワール
エミリー・コゼット(Emilie Cozette) *
ミリアム・ウルド=ブラム(Myriam Ould-Braham) *
カロリーヌ・バンス(Caroline Bance)
エロイーズ・ブルドン(Heloise Bourdon)
リディ・ヴァリシェス(Lyde Vareilhes)
ジュリエット・イレール(Juliette Hilaire)
アメリー・ジョアニデス(Amelie Joannides)
マチュー・ガニオ(Mathieu Ganio)*
ジェルマン・ルーヴェ (Germain Louvet)*
アルチュス・ラヴォー (Arthus Raveau)
グレゴリー・ガイヤール (Gregory Gaillard)
アントニオ・コンフォルティ(Antonio Conforti)
ジュリアン・ギエマール(Julien Guillemard)

この秋の勅使川原三郎さんの創作の中で注目すべきは、音楽を主軸においた創作・公演が続くということです。
最初の10月11日の公演は、1984年生まれでフランスの若手指揮者の中でも注目されている俊英ラファエル・ピションが設立したアンサンブル・ピグマリオンとの共演です。
2015年にパリにオープンしたばかりのフィルハーモニー・ド・パリで行われます。
近代的なコンサートホールとして新たに建設されたばかりの音楽のための素晴らしい劇場で、
J.S.バッハの「ブランデンブルグ協奏曲」を上演する演目です。

音楽家との共演は日本国内では実現していないプログラムが多くありますが、
いつか日本でも素晴らしい音楽とダンスの共演を実現させていきたいと考えているとのことです。

2017年秋の海外公演予定

Tristan_and_isolde_1162
(「トリスタンとイゾルデ」)

[フランス]
・Ensemble Pygmalionとの共演 (ブランデンブルグ協奏曲) [パリ]
Dance : 勅使川原三郎, 佐東利穂子
Music : アンサンブル・ピグマリオン
Date : 10/11
Venue :フィルハーモニー・ド・パリ
WEB : https://philharmoniedeparis.fr/en/activity/concert-vocal/17818-bach-en-sept-paroles-i-lumieres?date=1507746600

・パリ・オペラ座バレエ団への振付新作「Grand miroir」
Date : 10/25 (世界初演) *公演は11/16まで続きます
Music : エサ=ペッカ・サローネン (Violin Concerto)
Violin : 諏訪内晶子
Venue : ガルニエ宮
WEB : https://www.operadeparis.fr/en/season-17-18/ballet/balanchine-teshigawara-bausch
→インタビュー動画は下記をクリック
https://www.operadeparis.fr/en/season-17-18/ballet/balanchine-teshigawara-bausch/gallery#head

[イタリア]
・"Tristan and Isolde" [レッジオ・エミリア] *ヨーロッパ初演
Dance : 佐東利穂子, 勅使川原三郎
Date : 10/31
Venue : Teatro Ariosto
WEB : http://www.iteatri.re.it/Sezione.jsp?titolo=saburo-teshigawara-/-karas&idSezione=4911

・"Pointed Peak" [レッジオ・エミリア] *サイトスペシフィックパフォーマンス
Dance : 佐東利穂子, 勅使川原三郎, 鰐川枝里
Date : 11/2-5
Venue : Collezione Maramotti (美術館)
WEB : http://www.collezionemaramotti.org/en/exhibition-detail/-/saburo-teshigawara/251267
http://www.iteatri.re.it/Sezione.jsp?titolo=saburo-teshigawara-/-karas&idSezione=4914&lookfor=Teshigawara

[スロヴェニア]
・"Tristan and Isolde" [リュブリャナ]
Dance : 佐東利穂子, 勅使川原三郎
Date : 11/7
Venue : cankarjev dom/ Gallus hall
WEB : https://www.cd-cc.si/en/culture/music/saburo-teshigawara-rihoko-sato-tristan-and-isolde

なお、ヨーロッパより帰国後、「アップデイト・ダンス」の新作と、シアターXでの公演があります。

アップデイトダンスNo.49
2017年11月18日(土)~11月26日(日)まで、11月22日(水)休演日
KARAS APPARATUSにて


「イリュミナシオンーランボーの瞬きー」

公演日:2017年12月5日(火)~10日(日) *12/8(金)は休演
劇場:東京・両国 シアターX

今回の創作について、勅使川原さんが若い時にこの詩集を読んだ後に得た興奮と焦燥とで胸を躍らせた身体感覚が創作の動機になっているとのことです。アップデイト・ダンスで上演されて好評だった作品が、バージョンアップされてシアターXのために装いも新たに上演されます。

Photo

構成・振付・照明・美術・衣装・照明 勅使川原三郎
出演 勅使川原三郎 佐東利穂子

【公演日時】
2017年
12月5日(火)19:30
12月6日(水)19:30
12月7日(木)19:30
12月9日(土)16:00
12月10日(日)16:00
 *12月8日(金)は休演
 *開場は開演の15分前
 * 客席へはチケットに記載の整理券番号順にご案内します

劇場:東京・両国 シアターX(カイ)

料金(全席自由・税込・入場整理番号付):
一般:前売4,000円、当日4,500円
学生・シニア(65歳以上):2,500円 *各回20枚限定。KARASでの予約受付のみ。

チケット前売開始予定:9月23日(土)午前10:00~

チケット取扱:
KARAS メール予約:ticket@st-karas.com
     FAX予約:03-5858-8089 (24時間受付)
 *件名に作品名を記載し、本文に公演日時・枚数・氏名・郵便番号・住所・電話番号を明記して、お送り下さい。
シアターX(カイ) 電話予約:03-5624-1181(10:00~18:00)
チケットぴあ 電話番号:0570-02-9999 [Pコード:481-996] WEB予約:http://t.pia.jp/
イープラス WEB予約 http://eplus.jp/

問合せ:KARAS(カラス)
〒136-0071 東京都江東区亀戸1-16-8 鯨岡第1ビル4F-F号室
E-mail: ticket@st-karas.com  TEL:03-6276-9136(カラス・アパラタス)

主催:有限会社カラス 特別提携:シアターX 企画制作:KARAS
助成:平成29年度文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

« SWAN MAGAZINE 2017年秋号 Vol.49 | トップページ | ハリケーン被害に遭ったヒューストン・バレエの「マイヤリング」 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SWAN MAGAZINE 2017年秋号 Vol.49 | トップページ | ハリケーン被害に遭ったヒューストン・バレエの「マイヤリング」 »