BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 映画「ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」記者会見 | トップページ | リンカーンセンターフェスティバル、オペラ座、ボリショイ、NYCB合同公演『ジュエルズ』のキャスト »

2017/05/16

イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)キャスト変更

7月のイングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)来日公演。こちらに出演予定のアリーナ・コジョカルが妊娠のため、7月の日本公演に参加できなくなったとのことです。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/2017-3.html

アリーナ・コジョカルがスワニルダ役を踊る予定だった7月8日(土)昼の「コッペリア」については、代わりましてナショナル・バレエ・オブ・カナダのプリンシパル、ユルギータ・ドロニナが踊ります。同様に7月17日(月・祝)の「海賊」については、代わりましてサンフランシスコ・バレエ団のプリンシパル、マリア・コチェトコワがメドーラ役を踊ります。
ドロニナ、コチェトコワともに、芸術監督のタマラ・ロホが日本公演で主役を任せられるベストの配役として選びました


【変更後の配役】

■「コッペリア」 
7月8日(土)13:00  
スワニルダ:アリーナ・コジョカル → スワニルダ : ユルギータ・ドロニナ 

■「海賊」
7月17日(月・祝)14:00  
メドーラ:アリーナ・コジョカル → メドーラ: マリア・コチェトコワ 


コジョカルの降板は残念ですが、おめでたいことでもありますし、「コッペリア」の代役がユルギータ・ドロニナなのはとても嬉しいです。以前、「アリーナ・コジョカル・ドリーム・プロジェクト」で来日した時に彼女の踊りを観た方もいると思いますが、テクニック、演技力共に大変優れたバレリーナです。

ナショナル・バレエ・オブ・カナダでは、ウィールドンの「冬物語」ハーマイオニー役で、とても思慮深く心を打つ演技を見せてくれました。また、2月に行われた、スヴェトラーナ・ルンキナの「カナダ・オールスター・ガラ」では、「ドン・キホーテ」のキトリ、「ラ・シルフィード」のシルフィードを踊り、このガラに出演した豪華な面々の中でも一番の喝さいをさらっていました。ENBには、メアリー・スキーピング版の「ジゼル」でゲスト出演しています。



イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)来日公演
http://www.nbs.or.jp/stages/2017/enb/index.html

« 映画「ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」記者会見 | トップページ | リンカーンセンターフェスティバル、オペラ座、ボリショイ、NYCB合同公演『ジュエルズ』のキャスト »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」記者会見 | トップページ | リンカーンセンターフェスティバル、オペラ座、ボリショイ、NYCB合同公演『ジュエルズ』のキャスト »