BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ウィーン国立バレエ 2017-18シーズン | トップページ | 「日本バレエを変える ─コーイチ・クボの挑戦」 »

2017/04/09

KARAS APPARATUS アップデイトダンスNo.44 「パフューム」

KARAS APPARATUS アップデイトダンスNo.44は、勅使川原三郎さん振付、佐東利穂子さんのソロ「パフューム」。

http://www.st-karas.com/camp0713-2/

2014年にアパラタスで初演し、同年にシアターXで再演したとのことですが、私は今回が初見。

Perfume

Perfume2
「パフューム」 / 2014年シアターX公演より
photo by Kotaro Nemoto (STAFF TES)

普段はパンツ姿のことが多い佐東利穂子さんが、白いノースリーブのミニドレスで現れる。旋回するような超高速ダンスを今回は封印し、腕の表現を中心にしたゆったりとした動き。音楽には水滴の音が重なって、洞窟の中でたゆたっているようなイメージも。佐東さんの表現者としての引き出しの多さ、今まであまり見せたことがないような深くて幻惑させられるような踊りが圧巻でした。

「パフューム」という題名にあるように、香水のように、時間とともに香りが変化し変容し、受け止める側によってもイメージや匂いが変わるダンス。露出した佐東さんの美しい脚、長くしなやかな腕の繊細な表現、そして赤とブルーを基調とした、圧倒的な照明効果に酔いしれてクラクラしました。終盤に流れるマーラーの「アダージェット」、佐東さんの横たわりゆっくりと四肢をうごかす様子が官能的で、匂いはしないのに立ち上る濃密な香りに満たされていくよう。舞台が終わった後の佐東さんのトークも、この独特の赤とブルーの照明の中で余韻に満たされ、そして会場を後にしても、夢の中にそのままいるような気持でした。

KARAS APPARATUSでの公演は、独特の親密な小宇宙のようなスペース、小さな黒い箱の中で完全に光をコントロールしたパフォーマンスなので、いつも完全に別世界に連れていかれて、他のすべてのことを忘れてしまうような、ある意味癒しの空間ともなっています。公演を重ねるごとに、この「パフューム」も変容していくと思われるので、その変容を見届けたい、そんな気持ちにもなります。

ぜひこの「パフューム」体験してみてください。

Perfume3
写真:「パフューム」 / 2014年シアターX(カイ)公演より

アップデイトダンスNo.44

「パフューム」

出演 佐東利穂子 

演出 / 照明 勅使川原三郎

【日時】2017年
4月8日(土)20:00
4月9日(日)16:00
4月10日(月)20:00
4月11日(火)休演日
4月12日(水)20:00
4月13日(木)20:00
4月14日(金)20:00
4月15日(土)16:00
開演30分前より受付開始、客席開場は10分前

【会場】カラス・アパラタス/B2ホール
〒167-0051杉並区荻窪5-11-15 F1/B1/B2

【料金】(全席自由)
一般 予約 2500円 当日3000円 学生1500円(予約,当日共に)

【予約】メール updatedance@st-karas.com 
件名を「アップデイトNo.44」として、本文にご希望の日付・
一般または学生・枚数・郵便番号・住所・氏名・
日中連絡のつく電話番号をご記入ください。
予約は各回前日の24時まで受け付けています。

【問合せ】
TEL. 03-6276-9136
当日券は開演30分前より受付にて発売します。
お電話での当日券のお取り置きもできますのでお問い合わせください。

*********

4月26日~30日は両国のシアターXで「トリスタンとイゾルデ」公演もあります。昨年のKARAS APPARATUS アップデイトダンスでの上演が、これまた圧倒的に見事だった作品が、少し大きなシアターXのために改訂されての上演。

この「トリスタンとイゾルデ」は海外公演も予定されているとのことです。

構成 振付 照明 美術 衣装 選曲 勅使川原三郎
出演 佐東利穂子 勅使川原三郎

日時 2017年
4月26日(水)19:30
4月27日(木)19:30
4月28日(金)19:30
4月29日(土)16:00
4月30日(日)16:00


料金(全席自由・税込・入場整理券番号付) 一般/前売り 3500円 当日4000円 学生・シニア(65歳以上)2500円
※各回20枚・KARASでの予約のみ取扱,未就学児童の入場不可

予約 KARAS メール:ticket@st-karas.com
※公演日時・作品名・枚数・住所・電話番号を明記してお送りください。
チケットはシアターX/Confetti/チケットぴあでも発売中です。
詳しくは公演情報ホームページをご確認ください。

劇場 東京・両国シアターX
東京都墨田区両国2-10-14

問合せ KARAS 電話 03-6276-9136 メール ticket@st-karas.com

« ウィーン国立バレエ 2017-18シーズン | トップページ | 「日本バレエを変える ─コーイチ・クボの挑戦」 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィーン国立バレエ 2017-18シーズン | トップページ | 「日本バレエを変える ─コーイチ・クボの挑戦」 »