BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ローレンス・オリヴィエ賞2017、ENB、マシュー・ボーン、クリスタル・パイトらが受賞 | トップページ | ブノワ賞のノミネート発表 »

2017/04/11

ハンブルグ・バレエ2017-18シーズン、2018年2月来日公演

ハンブルグ・バレエ2017-18シーズンが発表されています。

http://www.hamburgballett.de/downloads/vorschau/vorschau_ballett_17_18.pdf
(演目については18ページ目から)


2018年2月に来日公演を行います。これは楽しみですね。演目も、ノイマイヤーのベストの作品ばかりで、とにかく素晴らしいです。

東京 
東京文化会館
「椿姫」 2018年2月2日、3日、4日
「ジョン・ノイマイヤーの世界」 2月7日
「ニジンスキー」 2月10日、11日

京都
京都ロームシアター
「ジョン・ノイマイヤーの世界」 2月16日

ノイマイヤーによると、このシーズンは、クラシックなシーズンとなるとのこと。

プレミアとしては、ヌレエフ版「ドン・キホーテ」のカンパニー初演。2017年12月10日初日で、マニュエル・ルグリが再振付にあたります。2018年は、マリウス・プティパの生誕200周年の記念の年となります。

もう一作品のプレミアは、ノイマイヤー振付の初演「ベートーヴェン・プロジェクト」。ベートーヴェンの生誕250周年を記念したもので、2018年6月24日初演。ノイマイヤーがベートーヴェンの曲を使った作品を振付けるのは、初めてのこととなります。

大きなリバイバルとしては、まず9月17日から、「ショパン・ダンシズ」と題して、ジェローム・ロビンスの名作2作品「ダンシズ・アット・ア・ギャザリング」「コンサート」を上演。

また、ノイマイヤーの名作「幻想 白鳥の湖のように」も久しぶりに帰ってきます。

レパートリーとしては、他に、今年の新作(6月に初演)の「アンナ・カレーニナ」、そして「大地の歌」、「トゥーランガリラ」、「デュース」など近年の作品と並び、やはり名作「椿姫」の上演もあります。「椿姫」は初演40周年を迎えるそうです。「マタイ受難曲」「くるみ割り人形」「クリスマス・オラトリオ」「人魚姫」「かもめ」「ニジンスキー」という定番演目も。

これだけたくさんのレパートリーを上演できるバレエ団というのはやはり素晴らしいですね。ヨーロッパの劇場文化の豊かさも改めて実感します。

ツアーは、日本の他、バーデンバーデン、モスクワ、ウィーンが予定されています。

恒例のバレエ週間は2018年6月24日より7月8日まで。ゲストカンパニーはナショナル・バレエ・オブ・カナダで、演目は、ジェームズ・クデルカの「Man In Black」、ロバート・ビネの「Dreamers Ever Leave You」、クリスタル・パイトの「Emengence」というカナダ人振付家3人によるミックスプロです。クリスタル・パイト以外の作品は正直微妙というか魅力的ではありませんが。

ゲストダンサーには、アレッサンドラ・フェリとアリーナ・コジョカルの名前があります。イヴァン・ウルバンがプリンシパルのところから名前が消えて、キャラクター・アーティスト(Sonderdarsteller)となっています。

« ローレンス・オリヴィエ賞2017、ENB、マシュー・ボーン、クリスタル・パイトらが受賞 | トップページ | ブノワ賞のノミネート発表 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

昨年,念願だった「真夏の夜の夢」を観ることができて,次にこのカンパニーを観れるのはいつになることやら,と思っていたら,こんなに早く!本当に嬉しい限りです.

ノイマイヤー作品は,観たいものがたくさんあるのにあまりDVD化されていないので,いっそハンブルクに遠征しようかとも思っていました.
本当はオテロやペール・ギュントといった作品の全幕を観たいと思っていたのですが,もちろんニジンスキーも気になっていたので,ありがたいです.

でも,さぞお高いんでしょうね......

michiranoさん、こんにちは。

YAGPに行っていてお返事が遅くなりました。

去年の来日公演に続き来年の来日と間隔を置かず来てくれるのは嬉しい限りですよね。
そして、今回の演目、とても良い作品ばかりですが、確かに日本でそんなに前ではない時期に上演されたものばかりなので、しばらく来ていなかったり、観たことがない作品も観たかったというのは確かにあります。おなじみの作品の方がチケットを売りやすいのでしょうけどね。

チケット代は、全体的に高騰しているので、大変ですよね。来年は世界バレエフェスティバルもあるので、お財布のやりくりが大変です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローレンス・オリヴィエ賞2017、ENB、マシュー・ボーン、クリスタル・パイトらが受賞 | トップページ | ブノワ賞のノミネート発表 »