BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ザハロワ出演『トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017』 | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエの2017-18シーズン »

2017/04/24

黄金のマスク賞2017 受賞者発表

ちょっと遅くなりましたが、ロシアで上演された優れた舞台芸術作品を称える黄金のマスク賞2017の受賞者が発表されています。

https://eng.goldenmask.ru/gm.php?id=140

最優秀女性ダンサー  ヴィクトリア・テリョーシキナ 『ヴァイオリン・コンチェルト2番』 マリインスキー劇場
最優秀男性ダンサー Igor Bulytsyn (マキューシオ) 『ロミオとジュリエット』 エカテリンブルク歌劇場
最優秀指揮者  Pavel Klinichev 『オンディーヌ 』 ボリショイ劇場
最優秀振り付け作   アントン・ピモノフ 『ヴァイオリン・コンチェルト2番』 マリインスキー劇場
最優秀モダンダンス・パフォーマンス   『All the ways lead to the North』 モスクワバレエ劇場
最優秀バレエ・パフォーマンス   『ロミオとジュリエット』 エカテリンブルク歌劇場


ノミネート作品はこちら
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2016/11/index.html

ノミネートの段階ではボリショイで上演された作品が多いのですが、ふたを開けてみたらマリインスキーとエカテリンブルクばかりとなりました。アントン・ピモノフは、マリインスキー・バレエの現役のダンサーです。(ナデージダ・バトーエワの夫君)

エカテリンブルク歌劇場の『ロミオとジュリエット』は、芸術監督であるヴャチェスラフ・サモドゥーロフ(元マリインスキー・バレエ、ロイヤル・バレエの芸術監督)の振付作品です。サモドゥーロフ作品は、黄金のマスク賞やブノワ賞のノミネートの常連で、最近ではボリショイ・バレエにも『オンディーヌ』を振付けており、この『オンディーヌ』も今回黄金のマスク賞にノミネートされています。

 『ロミオとジュリエット』 エカテリンブルク歌劇場

テリョーシキナとエルマコフが踊る『ヴァイオリン・コンチェルト2番』(音楽はプロコフィエフ)
https://youtu.be/APEvERslR8M

« ザハロワ出演『トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017』 | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエの2017-18シーズン »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザハロワ出演『トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017』 | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエの2017-18シーズン »