BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ローレンス・オリヴィエ賞2017ノミネート発表 | トップページ | ロイヤル・バレエの「ジュエルズ」リハーサル中継 »

2017/03/07

オペラ座&ロイヤル夢の共演<バレエ・スプリーム>記者懇談会

現在、パリ・オペラ座バレエ来日公演が行われておりますが、7月に開催されるオペラ座&ロイヤル夢の共演<バレエ・スプリーム>の出演者と、オペラ座芸術監督オーレリー・デュポンによる記者懇談会がありました。前日にエトワールに任命されたばかりのユーゴ・マルシャンほか、クラスレッスンを終えて来たばかりのダンサーたちが参加しました。

Resize1120

まずはデュポンが、この公演についての考えを述べてくれました。

「この公演の一番の目的は、皆さんに、そしてダンサーにも楽しんでほしいということです。私が選んだ演目は、彼らがよく知っていて、よく踊れるものです。今回のプロジェクトですが、オファーが来た時にもちろんすぐにYesと答えました。美しいダンサーのサンプルのような人たちに出演してもらうので皆さまもぜひ楽しんでください」

「また今回、ロイヤル・バレエとシェアするのは意義のあることです。ロイヤル・バレエは素晴らしいバレエ団ですし、この2017年にドアを開ける交流ができるのは素晴らしいメッセージです。また日本の観客の皆さまに、この二つの違った流派を見比べていただける珍しい機会です。私達の伝統であるヌレエフ作品も入っているプログラムなので、非常にフランスらしいバレエを楽しんでいただけます」

そしてデュポンは、演目とダンサーの組み合わせについて、どういうところに注目しているかを語りました。

「マチアス・エイマンとミリアム・ウルド=ブラムは、『白鳥の湖』のパ・ド・ドゥを踊ってもらいます。彼らは、スプリームなダンサーという定義を体現している素晴らしいダンサーたちです。彼らは近年年間プログラムを通して活躍してもらっていますが、彼らにとってはバカンス期間に当たるこの公演の時期にも、参加してもらうことに意味があるので参加してもらいます」

「オニール八菜は、今回の来日公演には出演していませんが、ユーゴとのコンビでこのガラには出演して『グラン・パ・クラシック』を踊ってもらいます。期待のダンサーとしてお楽しみいただけると思います」

「ジェルマン・ルーヴェは、『ロミオとジュリエット』と『白鳥の湖』の第3幕を踊ります」

「またもう一つ、このガラの特徴としては、ロイヤル・バレエとの合同のプログラムがあります。一つは『ドン・キホーテ』でもう一つは『眠れる森の美女』で、多様性を楽しんでいただけると思います」

オーレリー・デュポンは、この会見に集まったダンサーの一人一人を紹介しました。

Resize1114

「まずは素晴らしいフランソワ・アリュをご紹介します。彼は”ショーマン”です。レオノール・ボラックは、フレッシュな、任命されたてのエトワールです。そして同じく素晴らしいダンサーです。全体的に、私が選んだダンサーたちは、アーティストとしても、人間としても敬愛できる人々です。レパートリーを素晴らしく踊ることができます。ジェルマン・ルーヴェもエトワールです。マチアス・エイマン、今回の公演はバレエ・スープリームなのでもちろん素晴らしいダンサーです。ミリアム・ウルド=ブラムも素晴らしいエトワールです。ユーゴ・マルシャンはエトワールになって1日経ちました(ここで会場で拍手が)。東京でエトワールに任命されました。そして先ほど名前を挙げましたオニール八菜、プルミエール・ダンスーズです」

ミリアム・ウルド=ブラムマチアス・エイマンが語りました。オペラ座を代表する二人で、海外で踊る機会も多い二人が、今回別のカンパニーと共演することについての期待について。

Resize1126

エイマン「世界のいたるところでガラへの出演を経験してきましたが、基本的に個人参加で出演していました。今回は2大バレエ団の共演ということで、オペラ座の他のエトワールたち、新しい世代との共演が楽しみです。ミリアムも私も中堅になったので、若い人たちに助けを与えられるような機会にしたいと思います。ロイヤル・バレエとの共演についでですが、ロイヤルはレパートリーに大きな特徴があります。ロイヤル・バレエのダンサーたちから刺激を受ける、外からの視線を感じる、とても貴重な機会だと思います。今回のガラのレパートリーで、フランス派の流派を日本の皆さんに見せられることに喜びを感じます。日本の観客はバレエ通だし、熱意を持って観てくださるので、その人たちの前で踊ることができるのは幸せです」

ウルド=ブラム「今年の夏に日本にこの素晴らしいグループで戻って来られるのを嬉しく思います。マチアスはパートナーとして敬愛していますし、彼をはじめとする、私が近しく思っている人達と日本で15日間過ごすことができるのを幸せに思います」

昨年末にともに『白鳥の湖』でエトワールに任命されたレオノール・ボラックジェルマン・ルーヴェ。今度のガラではこの3幕を踊ります。この作品について、そしてお互いをパートナーとしてどう思っているのか。

Resize1102


ボラック「私のキャリアにとっても『白鳥の湖』は重要な作品であったので今回楽しみにしています。ジェルマンは、とても注意を払ってくれる優しいパートナーであるし、非常に良い友達でもあります。それに彼はとても美男ですし、完璧なパートナーです」

ルーヴェ「この作品は、私たちにとって「踊りたい」という作品です。エトワールに任命された象徴的な作品、キャリアのシンボルであるのでさらに大切に思っています。ヌレエフ版の『白鳥の湖』はバレエ学校で習うなじみのある作品であるとともに、私たちの世代にとっては、マチアス、ミリアム、オーレリーなどの踊りを見てきた想い出深い作品でもあります。レオノールについては、僕も同じで、彼女は素晴らしいパートナーです。優雅で、生き生きとしていて直観に優れています。長い友情と協力関係の絆で結ばれています。彼女はパートナーとして、物語の世界に誘導してくれる人なので頼もしい存在です」

デュポン 「ここで私は、元エトワール、そして現芸術監督として付け加えたいのですが、私はペアと言うのは非常に重要だと考えています。芸術監督として、誰を誰と組ませるかということについても責任があります。ペアを考える時、私はアーティスティックな面、そしてテクニカルな面でも、人間的な面でも素晴らしい、美しい組み合わせであることが必要だと思います。一つの作品をリハーサルするのに、2,3週間、毎日毎日時間を費やして、いらいらしたり衝突する瞬間もある、そして最終的に素晴らしい作品に持っていくペアでなければなりません。私が選んだのは非常に素晴らしい組み合わせだと思うし、ツアーでは特に大事です。というのは、ツアーでは特にカンパニーと言うのは二番目の家族のような役割を果たすからです」


フランソワ・アリュ
は、ショーマンシップと、今回踊る「レ・ブルジョワ」について語りました。

Resize1109

「『レ・ブルジョワ』という作品は、私はガラでも何回も踊っていて、個人的にも好きな作品なので、今回踊ることができるのが嬉しいです。ショーマンシップとは、要はメッセージを伝える、人物を演じるというのがとても好きなのです。この作品にはそういうところがあるし、クラシックでもコンテンポラリーでもない、独特のジェスチャーで伝える作品です。ショーマンシップとは、お客様とのコネクション、つながりを意味していると思っています。日本のお客様は非常に温かく受け入れてくれて、熱狂的に反応してくれるので、そういった意味でつながりを感じることができました。また日本では、すべてのスタッフ、テクニカルスタッフも含めて素晴らしい環境で踊ることができました」

「今度の「バレエ・スプリーム」での『ドン・キホーテ』は、2014年の来日公演でバジル役を踊りました。今回は違った流派である英国ロイヤル・バレエとの共演なので、この公演を通して必ずや刺激を受けて成長できると期待しています」

前日にエトワールに任命されたユーゴ・マルシャンが、一夜明けた気持ちを語ってくれました。「バレエ・スプリーム」でパートナーを務めるオニール八菜さんについてのコメントも。

Resize1112

「今朝の気持ちですが、とても幸せです。昨日起きた出来事は、目覚めたまま見た夢のようでした。自分のリアクションも、他の人のリアクションも、まだミステリアスな印象があります。これはもう、時間とともに現実として昇華していくと思います。そして一回しかできない瞬間を日本の客さんとシェアできました。フランスと日本の間の大使となれるのは喜びですし、マチアスやミリアムのようにインスピレーションを与えられる存在のエトワールになれればと思います。昨晩はとても感動しましたし、今も感動しています」

「今度のガラで共演するオニール八菜さんは、美しいキャリアを重ねてきているダンサーで、ガラでの共演の機会も多く、また一緒のタイミングでコリフェに昇進し、(ヴァルナ国際コンクールなど)賞も同時に受けてきていて一緒にキャリアを重ねてきました。彼女とオペラ座のバレエを一緒に国際的に広めていくことができると思っています。

Resize1093

初めてのパリ・オペラ座とロイヤル・バレエの合同ガラ、一緒に踊る演目もあり、顔ぶれもフレッシュでとても楽しみな公演です。夏が待ちきれませんね。

オペラ座&ロイヤル夢の共演<バレエ・スプリーム>
http://www.nbs.or.jp/stages/2017/supreme/index.html

Aプロ
7月26日(水)6:30p.m.
7月27日(木)6:30p.m.

Bプロ
7月29日(土)1:00p.m.
7月29日(土)6:00p.m.
7月30日(日)2:00p.m.

会場
文京シビックホール 

一斉発売開始:4月8日(土)10:00a.m.より

電話でのお申し込み
NBSチケットセンター
03-3791-8888
平日10:00~18:00
土曜10:00~13:00
日祝休み

インターネットでのお申し込み
NBS WEBチケット
*ご利用いただく際には、事前に会員登録(登録料・年会費無料)が必要となります。
*NBSチケットセンターとは別の会員登録となります。

NBS WEBチケット 先行発売[座席選択 S〜C券]
受付期間:3/21(火)21:00~3/27(月)18:00


他都市公演

西 宮 8月1日(火)
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール (問)TEL:0798-68-0255

福 岡 8月2日(水)
アクロス福岡 福岡ザ・シンフォニーホール (問)KBCチケットセンター TEL:092-720-8717

« ローレンス・オリヴィエ賞2017ノミネート発表 | トップページ | ロイヤル・バレエの「ジュエルズ」リハーサル中継 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローレンス・オリヴィエ賞2017ノミネート発表 | トップページ | ロイヤル・バレエの「ジュエルズ」リハーサル中継 »