BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パロマ・ヘレーラがテアトロ・コロンの芸術監督に | トップページ | 「ルグリ・ガラ」演目一部発表 »

2017/02/10

パリ・オペラ座バレエ「バレエ・リュス」、3/31限定劇場公開

「バレエ・リュス」の主宰者セルゲイ・ディアギレフの生誕145周年を記念して、パリ・オペラ座バレエで2009年に公演した『バレエ・リュス』プログラムを映画館で限定上映することが決定しました。

Resize1043

1909 年、当時のバレエ界に革新を起こし、今のバレエのあり方に多大な影響を与えた「バレエ・リュス」が結成されました。 「バレエ・リュス」はロシア出身の芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフが主宰したバレエ団で、バレエダンサーだけでなく、20 世紀を代表する作曲家や芸術家(ピカソ、マティス、コクトー、シャネル、ローランサン、ブラック)などを取り込み、バレエと美術・ファッション・音楽を融合した新たなバレエの価値を生み出しました。

「バレエ・リュス」誕生から 100 年を迎えた2009 年、世界各地で記念公演が行われ、その年の 12 月にパリ・オペラ座で公演された「バレエ・リュス」100 周年記念公演がこのたび映画館のスクリーンに甦ることが決定しました。セルゲイ・ディアギレフの誕生日である 3 月 31 日に、彼の生誕 145 周年を記念して1日限り TOHOシネマズ 日本橋と TOHOシネマズ 梅田にて豪華なダンサーが舞う珠玉の 4 プログラム『薔薇の精』、『牧神の午後』、『三角帽子』、『ペトルーシュカ』を上映します。

本プログラムは、権利の制限でDVD化されていない作品なので、映画館でこそお楽しみ頂けるプログラムです。この機会にお見逃しなく!


【セルゲイ・ディアギレフ生誕 145 周年記念特別上映 パリ・オペラ座『バレエ・リュス』】

上映日時: 2017 年 3 月 31 日(金) ※1 日のみ、2回上映

1回目) 12:00~13:40 / 2 回目) 19:00~20:40※全席指定(完全入替制)

上映館:

東京)TOHOシネマズ 日本橋 / 大阪)TOHOシネマズ 梅田

料金: 各作品 一般 3,000 円 学生 2500 円(入場時学生証提示)

チケット発売

チケットぴあにて先行発売、上映劇場にて残数がある場合に限り当日券販売予定

【チケットぴあ 発売情報】

当企画 URL⇒http://w.pia.jp/t/ballets-russes/

当企画 P コード
東京 TOHO シネマズ 日本橋:556-603 / 大阪 TOHO シネマズ 梅田:556-604

チケット発売スケジュール

プレリザーブ) 2 月 25 日(土)11 時~3 月 12 日(日)23 時 59 分
※3 月 14 日(火)夜 結果発表

一般販売) 3 月 18 日(土)10 時~3 月 29 日(水)23 時 59 分

【劇場販売】 インターネットチケット購入システム vit : 3 月 31 日(金) 0:00~

劇場窓口:3 月 31 日(金) 劇場オープン時~

【作品情報】

収録:2009 年 12 月パリ・オペラ座(ガルニエ宮)
管弦楽:パリ・オペラ座管弦楽団
指揮:ヴェロ・パーン
出演:パリ・オペラ座バレエ団

プログラム構成:以下4つの短編ダンスにより構成

上映素材:DCP

1. 『薔薇の精』(原題:“Le Spectre de la rose”)

Parisoperaballetrusses_sub_baranose

10 分

出演:薔薇の精)マチアス・エイマン(エトワール)
少女)イザベル・シアラヴォラ(エトワール)
振付:ミハイル・フォーキン
音楽:カール・マリア・フォン・ウェーバー
編曲:エクトル・ベルリオーズ
美術:レオン・バクスト

2. 『牧神の午後』(原題 :“L’Après-midi d’un faune”)

Balletrusses_main_bokushin_low

12 分

出演:牧神)ニコラ・ル・リッシュ(エトワール)
ニンフ)エミリー・コゼット(エトワール)
振付:ワツラフ・ニジンスキー
音楽:クロード・ドビュッシー
美術:レオン・バクスト

3. 『三角帽子』(原題:"Le tricorne")

Parisoperaballetrusses_sub_sankak_2

36 分

出演:粉屋の女房)マリ=アニエス・ジロ(エトワール)
粉屋)ジョゼ・マルティネズ(エトワール
コリヒドール)ファブリス・ブルジョア(ゲストダンサー)
振付:レオニード・マシーン
音楽:マヌエル・デ・ファリャ
美術:パブロ・ピカソ

4. 『ペトルーシュカ』(原題:“Petrouchka”)

Parisoperaballetrusses_sub_petrouch

36 分

出演:ペトルーシュカ)バンジャマン・ペッシュ(エトワール)
バレリーナ)クレールマリ・オスタ(エトワール)
ムーア人)ヤン・ブリダール(プルミエ・ダンスール)
魔術師)ステファン・ファヴォラン(プルミエ・ダンスール)
振付:ミハイル・フォーキン
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
美術:アレクサンドル・ブノワ

【公式サイト】 https://www.culture-ville.jp/parisoperaballetrusses

【Facebook Page】 https://www.facebook.com/Paris.Opera.Cinema/ 【Twitter】 @Culture-ville

DVDなどでは発売されていない豪華キャストによるこの上演、観ることができるのは貴重な機会です。ぜひご覧いただければと思います。

ディアギレフ―― 芸術に捧げた生涯ディアギレフ―― 芸術に捧げた生涯
シェング・スヘイエン 鈴木 晶

みすず書房 2012-02-17
売り上げランキング : 393004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

******
さて、実はパリ・オペラ座のガルニエ宮では、3月4日までBakst : des Ballets russes à la haute couture - Opéra de Parisという展覧会が開かれています。
https://www.operadeparis.fr/visites/expositions/bakst-des-ballets-russes-a-la-haute-couture

バレエ・リュスを代表する舞台美術家レオン・バクストの生誕150周年を記念したものです。バクストは「シェヘラザード」「薔薇の精」「牧神の午後」「ダフニスとクロエ」などの衣装や装置をデザインしました。

フィガロ・ジャポンの記事でも、この展覧会は紹介されています。アンナ・パヴロワが着用した「瀕死の白鳥」の衣装なども。
20世紀初頭を賑わしたバレエ・リュスに、熱い視線。
http://madamefigaro.jp/paris/series/ballet/161207-ballets-russes.html

« パロマ・ヘレーラがテアトロ・コロンの芸術監督に | トップページ | 「ルグリ・ガラ」演目一部発表 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パロマ・ヘレーラがテアトロ・コロンの芸術監督に | トップページ | 「ルグリ・ガラ」演目一部発表 »