BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« デヴィッド・ホールバーグはオーストラリア・バレエの「眠れる森の美女」にも出演 | トップページ | 1/20(金)NHK-BS1 ぼくらはマンガで強くなった「夢をカタチに!究極の肉体表現“バレエ”」 »

2017/01/15

ロイヤル・バレエ、「Woolf Works(ウルフ・ワークス)」のリハーサル中継

ロイヤル・バレエで1月21日から上演される「Woolf Works(ウルフ・ワークス)」。作家ヴァージニア・ウルフの作品や生涯をモチーフにした、ウェイン・マクレガー振付の作品です。

Resize1042

2015年の初演の際には、アレッサンドラ・フェリが主演して大きな話題を呼び、評判も非常に良い作品でした。ローレンス・オリヴィエ賞の最優秀新作ダンス作品、傑出したダンス界への貢献でアレッサンドラ・フェリが受賞しています。さらに英国ナショナル・ダンス・アワードでは、ウェイン・マクレガーが最優秀クラシック振付賞、アレッサンドラ・フェリが最優秀女性ダンサー賞を受賞しています。
http://waynemcgregor.com/productions/woolf-works

この「Woolf Works」のリハーサルが、ロイヤル・オペラハウスのYouTubeチャンネルで生中継されたのですが、時間が深夜だったためライブでは見ませんでした。が、その録画が現在観ることができるのでご紹介します。

振付家のウェイン・マクレガー、ノーテーター(舞踊譜記録者)、そして作曲家のマックス・リヒターも参加してのリハーサルです。

最初は、ヴァージニア・ウルフ役のマーラ・ガレアッツィ、マシュー・ボールによるリハーサル。その後、エドワード・ワトソン、高田茜、トリスタン・ダイヤーによる「ダロウェイ夫人」のリハーサルを視聴することができます。最後は、ワトソン、ダイヤーによる息詰まるようなパ・ド・ドゥです。マックス・リヒターの音楽も素晴らしい。


なお、この「Woolf Works(ウルフ・ワークス)」は、「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2016/17」で映画館で上映される予定です。2月8日の公演が収録されます。(キャストは、フェリ、ラム、オシポワ、高田茜、ボネッリ、マックレー、ワトソン、エイヴィス、ダイヤーほか)
日程はまだ発表されていませんが、3月中かと思われます。このような最新作品を日本で映画館で観ることができるのは本当に嬉しいですね。
http://tohotowa.co.jp/roh/

« デヴィッド・ホールバーグはオーストラリア・バレエの「眠れる森の美女」にも出演 | トップページ | 1/20(金)NHK-BS1 ぼくらはマンガで強くなった「夢をカタチに!究極の肉体表現“バレエ”」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デヴィッド・ホールバーグはオーストラリア・バレエの「眠れる森の美女」にも出演 | トップページ | 1/20(金)NHK-BS1 ぼくらはマンガで強くなった「夢をカタチに!究極の肉体表現“バレエ”」 »