BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 1/30 旅するドイツ語(ウィーン国立バレエ学校)ほかテレビ放映情報 | トップページ | オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>公演概要 »

2017/01/31

「横浜バレエフェスティバル2017」とジェンヌバレエYOKOHAMAのクラウドファンディング

国内外で活躍するダンサーたちが出演する横浜バレエフェスティバルも、今年で第3回目の開催となります。今年は、6月9日、10日と2日間の開催となりました。

http://yokohamaballetfes.com/

2017年6月9日(金) 19:00開演(上演時間と休憩時間を含め、約2時間の予定)/Aプログラム
2017年6月10日(土) 16:00開演(上演時間と休憩時間を含め、2時間半の予定)/Bプログラム
(AプログラムとBプログラムでは上演作品が7割程度異なる予定)

出演予定ダンサーも、一部発表されていますが、若手から世界のトップダンサーまで、大変魅力的な顔ぶれです。

<フレッシャーズ・ガラ>

加藤三希央 (ロイヤルフランダースバレエ団)
二山治雄 (パリ・オペラ座バレエ)
オーギュスト・パライエ (カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校)
出演者オーディション優勝者 (決定次第公開)
出演者オーディション神奈川県民ホール賞受賞者 (決定次第公開)

<ワールドプレミアム>
飯島望未 (チューリッヒ・バレエ)
遠藤康行 (元フランス国立マルセイユ・バレエ団 ソリスト・ 振付家)
熊谷拓明 (ダンス劇作家)
倉永美沙 (ボストン・バレエ プリンシパル)
近藤亜香 (オーストラリア・バレエ プリンシパル)
チェンウ・グオ (オーストラリア・バレエ プリンシパル)
清水健太 (ロサンゼルス・バレエ プリンシパル)
竹田仁美 (NBAバレエ団プリンシパル)
柳本雅寛 (コンテンポラリーダンサー +81主宰)
八幡顕光 (新国立劇場バレエ団プリンシパル)
湯浅永麻 (元ネザーランド・ダンス・シアター)
アントン・ヴァルドヴァウワー (スウェーデン王立バレエ)

演目は未定なのですが、モンテカルロ・バレエからロイヤルフランダースバレエに移籍した加藤三希央さんは、シディ・ラルビ・シェルカウイの作品を踊られるとのこと。第一回の横浜バレエフェスティバルにもマッツ・エックの「眠れる森の美女」を踊った湯浅永麻さん、そしてアントン・ヴァルドヴァウワーは、マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」を踊る予定です。また出演者の追加もあるようです。

1月30日より、横浜バレエフェスティバル2017の「S席(センターブロック1~16列目限定)先行販売」が開始しています。
http://yokohamaballetfes.com/ticket/

◆ 横浜バレエフェスティバルチケットセンター
1/30(月)11時より2/8(水)まで S席【良席限定】先行販売、2/11(土)より一般販売
◆ チケットかながわ http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
Tel 0570-015-415(10:00~18:00)
2/6(月)より先行販売、2/11(土)より一般販売
◆ イープラス   http://eplus.jp/
2/11(土)より一般販売

******

さらに今年から才能溢れる若いダンサー達を集結し未来のグローバルダンサー育成プロジェクトとして「ジュンヌバレエYOKOHAMA」が始動するそうです。
http://yokohamaballetfes.com/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%90%E3%83%AC%E3%82%A8yokohama/

横浜バレエフェスティバル出演のフレッシャーズや出演者オーディションなどで才能を見込まれた若手ダンサーを世界レベルに育成していくプロジェクトで、プロデューサーは吉田智大(横浜バレエフェスティバルプロデューサー)、芸術監督は遠藤康行、バレエマスターは高岸直樹という布陣でグループを支えるとのこと。

ジュンヌバレエYOKOHAMAでは、10名前後の10歳以上20歳以下のダンサー(国籍不問)を選抜して、第3回横浜バレエフェスティバルの公演に参加する予定です。

ジュンヌバレエYOKOHAMAの活動の支援いただける方を募られるということで、クラウドファンディングも実施しています。
https://readyfor.jp/projects/11141
チケットや出演者レセプション招待など、さまざまなリターンも用意されています。

”次世代育成”に力を注いできた横浜バレエフェスティバルならではの企画、ここから世界のトップダンサーが巣立てば素晴らしいことですよね。

« 1/30 旅するドイツ語(ウィーン国立バレエ学校)ほかテレビ放映情報 | トップページ | オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>公演概要 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/30 旅するドイツ語(ウィーン国立バレエ学校)ほかテレビ放映情報 | トップページ | オペラ座&ロイヤル<バレエ・スプリーム>公演概要 »