BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 2016年黄金のマスク賞ノミネート発表 | トップページ | パリ・オペラ座バレエ、昇進コンクール女子の部結果 パク・セウンがプルミエに昇進 »

2016/11/04

パリ・オペラ座バレエ、昇進コンクール男子の部結果、ジェルマン・ルーヴェがプルミエに

パリ・オペラ座バレエ、昇進コンクール男子の部が今日(11月4日)開催されています。

ダンソマニと、パリ・オペラ座バレエ公式Twitterからの情報をお伝えします。

課題曲は
カドリーユ 「ドン・キホーテ」(ヌレエフ)1幕、バジルの2番目のヴァリエーション
コリフェ 「眠れる森の美女」2幕、王子の2番目のヴァリエーション
スジェ 「眠れる森の美女」2幕、 王子のゆっくりとしたヴァリエーション

今年の課題曲はすべてヌレエフ振付作品です。このほかに、自由曲を一曲踊ります。

カドリーユ
1. Francesco Murat コリフェに昇進 「エスメラルダ」 プティパ振付
2. Thomas Docquir コリフェに昇進 「白の組曲」マズルカ リファール振付
3. Axel Magliano
4. Wing Lam Chun-
5. Simon Leborgne
6. Isaac Lopes-Gomes

コリフェ
1. Paul Marque  スジェに昇進 「マルコ・スパーダ」 ラコット振付
2. Pablo Legasa
3. Antoine Kirscher
4. Mathieu Contat
5. Yvon Demol
6. Mickaël Lafon

今年のヴァルナ国際バレエコンクールで金賞に輝いたポール・マルクがスジェに昇進しました。有力候補のユーゴ・ヴィリオッティが参加しなかったようなのは残念です。

スジェ
1. Germain Louvet, プルミエに昇進 「エチュード」マズルカ ランダー振付
2. Marc Moreau
3. Jérémy-Loup Quer
4. Fabien Révillion
5. Yann Chailloux
6. Allister Madin 6. Sébastien Bertaud

年末の「白鳥の湖」で唯一、エトワール以外で主演するジェルマン・ルーヴェが事前の予想通り、プルミエに昇進しました。おめでとうございます。ジェルマン・ルーヴェは来年3月のオペラ座来日公演「ダフニスとクロエ」に主演する予定です。

<追記>
このコンクールで決定した昇進が実際になされるのは2017年1月1日付です。

パリ・オペラ座エトワールが教えるヴァリエーション・レッスン [DVD]パリ・オペラ座エトワールが教えるヴァリエーション・レッスン [DVD]

新書館 2016-08-02
売り上げランキング : 9247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2016年黄金のマスク賞ノミネート発表 | トップページ | パリ・オペラ座バレエ、昇進コンクール女子の部結果 パク・セウンがプルミエに昇進 »

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

情報ありがとうございます。
ポール・マルク、ジェルマン・ルーヴェは予想通りですね。

ルーヴェはこれで今シーズン中にエトワールノミネがありそうですね。
早ければ白鳥の湖、遅くても7月のラ・シルフィードでしょうか。
マルシャンのファンなのでオーレリの考えが気になります。

エトワールノミネートの行方、ますみさんと同じくユーゴのファンの私も気になります〜
ジェルマン・ルーベのエトワールガラでの踊りはとてもエレガンスでオペラ座スタイルで超感動しました。
エレガンスさではユーゴを上回っていた気がします。でもパッション?元気度?では断然ユーゴが上ですが(笑)
いずれにしてもオーレリの選択が楽しみですね。

ますみさん、こんにちは。

ジェルマン・ルーヴェの近いうちのエトワール・ノミネの可能性はかなり高いようです。早ければ「白鳥の湖」ですよね。キャスティングからもわかるように、オーレリー・デュポンが彼をかなり気に入っているようですし。ジェルマン、本当に美しくて素晴らしい才能の持ち主だと思うしエトワールになるべき逸材とは思いますが、今エトワールになるのはちょっと早いのではないか、とエトワール・ガラのパフォーマンスを観たときには思いました。

ユーゴ・マルシャンも言うまでもなく素晴らしいダンサーで、去年の「ラ・バヤデール」のソロルもとても良かったので、当初は彼が先かな?と思っていたのですが…今のところ来日公演にも来ないようですし気になりますよね。

つかちゃんさん、こんにちは。

ジェルマン・ルーヴェは、本当にパリ・オペラ座スタイルの美しさですよね。ドレスリハーサルも少し観ていたのですが、「ラ・シルフィード」は初役だったこともあり、めっちゃダメ出しをペッシュにされていました。その初々しさもステキだったのですが、作品によってはやはり振付が難しいのでいっぱいいっぱいだったように見えたところもありましたよね。それでも彼の持つポテンシャルはエトワール級なのは間違いありませんし、伸びしろもありそうでこれからの成長が楽しみです。

ユーゴ・マルシャンは、大柄ということもあり、とても華があるダンサーで、オペラ座には珍しく男性的な役柄も似合う人ですよね。個性の違う同年代のダンサーが二人いるというところが、オペラ座の凄いところだと思うので、本当に両方とも活躍してエトワールになってほしいと私も思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年黄金のマスク賞ノミネート発表 | トップページ | パリ・オペラ座バレエ、昇進コンクール女子の部結果 パク・セウンがプルミエに昇進 »