BlogPeople


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロイヤル・バレエの「くるみ割り人形」リハーサルネット中継 | トップページ | 10/15 イスラエル・ガルバン「FLA.CO.MEN」 »

2016/10/30

アメリカン・バレエ・シアター(ABT)の2017年METシーズン

アメリカン・バレエ・シアター(ABT)の2017年メトロポリタン・オペラハウスでの春シーズンが発表されています。

http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=562


以前にもお知らせしたとおり、アレクセイ・ラトマンスキー振付の新作「ホイップクリーム」(音楽と台本はリヒャルト・シュトラウス)がカリフォルニア州コスタ・メサでの初演を経て、メトロポリタン・オペラハウスでも上演されます。

先日のユニバーサル・バレエでのジュリエットも素晴らしかったアレッサンドラ・フェリが、今度は「オネーギン」のタチヤーナ役で2回(6月20日、22日)ゲスト出演します。同じ「オネーギン」で、6月23日にディアナ・ヴィシニョーワがタチヤーナ役を踊り、ABTのプリンシパルとては最後の舞台となります。

METシーズンでのゲストダンサーは、アレッサンドラ・フェリのみの予定となっています。
なお、プリンシパルの一覧からはポリーナ・セミオノワの名前が消えているので、退団したということになります。プリンシパル一覧にデヴィッド・ホールバーグの名前は残っているものの、現在のところMETシーズンでの出演予定はありません。

5月22日のガラ公演で、シーズンは幕を開けます。全幕の新作「ホイップクリーム」は、12回上演される予定となっています。


もう一つ、カンパニー初演作品があります。ラトマンスキー振付、音楽はチャイコフスキー(グラズノフ編曲)の「Souvenir d'un lieu cher(なつかしい土地の思い出)」がレパートリー入りします。2012年にデンマーク・ロイヤル・バレエで初演された作品です。
この作品は、「チャイコフスキー・スペクタキュラー」と題して、バランシン振付の「チャイコフスキーパ・ド・ドゥ」、「モーツァルティアナ」、マルセロ・ゴメス振付の「AfterEffect」、ラトマンスキー振付の「くるみ割り人形」のパ・ド・ドゥ、ラトマンスキー振付の「眠れる森の美女」の3幕「オーロラの結婚」(The Porcelain Trio、Three Ivansというバレエ・リュスで上演され、ラトマンスキーによって改訂振付された二つのディヴェルティスマンが加わる)の中から、組み合わせを変えて同時上演されます。


全幕作品は、5作品です。

「ドン・キホーテ」
「ジゼル」 (5月30日の公演は、マルセロ・ゴメスのカンパニー在籍20周年記念公演)
「金鶏」(ラトマンスキー振付)
「海賊」
「白鳥の湖」
「オネーギン」

ほとんどのキャストはすでにカレンダーで発表されています。
http://www.abt.org/calendar.aspx?startdate=5/1/2017

「ジゼル」では、ミスティ・コープランド、ジリアン・マーフィー、サラ・レーンがジゼル役デビューを飾ります。「ドン・キホーテ」ではミスティ・コープランドとクリスティーナ・シェフチェンコがキトリ役デビュー。「白鳥の湖」では、デヴォン・トゥーシャーがオデット/オディール役デビュー。「オネーギン」ではステラ・アブレラがタチヤーナ役デビューを飾ります。

かつては華やかなゲストダンサーが席巻していたABTですが、近年は内部のダンサーを育てることに方向性を転換したようです。ミスティ・コープランドの人気が高く、彼女の出演日はどんな大物スターよりも観客動員が見込めるということもあります。オールスター・バレエ・ガラに出演したカサンドラ・トレナリー、そしてクリスティーナ・シェフチェンコ、デヴォン・トゥーシャーなどは今後注目を集めることでしょう。また、ラトマンスキーが振付けた作品が多くレパートリーに加わることで、カンパニーとしての個性も出てきました。

« ロイヤル・バレエの「くるみ割り人形」リハーサルネット中継 | トップページ | 10/15 イスラエル・ガルバン「FLA.CO.MEN」 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

たくさんの情報を、いつもありがたく拝見しています。今年は全くバレエを観ておらず、naomiさんのサイトを読んで楽しませてもらっています。だいぶ前にも何度かコメントさせていただきましたが、私はDavid Hallbergが大好きで、彼が再び舞台に立つ日を待ち望んでいるのですが、足の状態が思わしくないのでしょうか。twitterもinstagramも久々に再開したこと気づいたのですが、舞台に関することは、未だまったくわからず・・・。いつかまた彼のパフォーマンスが見られることを祈っています。

kameさん、こんにちは。

デヴィッド・ホールバーグの動向、本当に気になりますよね。確かに少し前に、久しぶりにInstagramに投稿していたので、復活の兆しがあるのかな、と思ったのですが、METシーズンの予定も今のところはありません。(少しだけ、未定のところがあるので、ひょっとしたら出てくれるのかな、というかすかなきたいはありますが…)怪我で出演できなくなって、どれくらい経つんでしょうかね。ちょっと調べたら、2014年春から踊っていないようです。もう2年半、下手したら3年でしょうか。つらいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤル・バレエの「くるみ割り人形」リハーサルネット中継 | トップページ | 10/15 イスラエル・ガルバン「FLA.CO.MEN」 »