BlogPeople


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』 | トップページ | 熊川哲也Kバレエ カンパニー『シンデレラ』『ラ・バヤデール』特別番組 10/2 放映 »

2016/09/28

東京国際映画祭のコンペティション部門『天才バレエダンサーの皮肉な運命』

2016年・第29回東京国際映画祭が2016年10月25日(火)–11月3日(木・祝)に開催されます。

この東京国際映画祭のコンペティション部門に、ロシア映画『天才バレエダンサーの皮肉な運命』がエントリーしており、上映されます。(上映日時は10月上旬に発表)

http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=3

天才バレエダンサーの皮肉な運命
After You're Gone [ Posle tebya ]
監督:アンナ・マティソン

バレエ教室を営む傲慢で最悪な性格のアレクセイは、かつては将来を嘱望された天才ダンサーだった。突然、実の子が現れたうえに腰痛が悪化し、彼はある決意を固めるが…。美しいサンクトペテルブルクを舞台にした、起伏に富んだヒューマン・コメディ。マジカルなカメラワークにも注目。

ロシア語での情報を探してみました。

http://sergeybezrukov.ru/art/cinema/posle-tebya/

主人公の元バレエダンサー役を演じるセルゲイ・ベズルコフは、大学時代にダンスは学んでいたとのこと。今回、振付家のラドゥ・パクリタルにバレエを数か月指導されたとのことで、パクリタルがバレエシーンの振付も手がけています。このパクリタルの他、マリインスキー劇場芸術監督のワレリー・ゲルギエフも本人役で2場面ほどで登場しています。ボリショイ劇場、マリインスキー劇場で撮影されたシーンがあるほか、マリインスキー・バレエの踊るバランシン振付「シンフォニー・イン・スリー・ムーブメンツ」の映像も少しあるようです。

また、この作品には、フィギュアスケーターのアレクセイ・ヤグディンも出演していたものの、編集段階で彼の登場シーンはカットされてしまったようです。IMDBを見ると、著名なピアニスト、デニス・マツーエフ(夫人はボリショイ・バレエのプリンシパル、エカテリーナ・シプリナ)も出演しているとのことです。

« 『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』 | トップページ | 熊川哲也Kバレエ カンパニー『シンデレラ』『ラ・バヤデール』特別番組 10/2 放映 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』 | トップページ | 熊川哲也Kバレエ カンパニー『シンデレラ』『ラ・バヤデール』特別番組 10/2 放映 »