BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 8/3、6 「エトワール・ガラ2016」Aプログラム | トップページ | 第5回上海国際バレエコンクールの結果 »

2016/08/12

Noism0 『愛と精霊の家』 8/20、21に彩の国さいたま芸術劇場で上演

昨夏新潟で一夜限り上演した Noism0 の話題作 『愛と精霊の家』が、 8/20、21に彩の国さいたま芸術劇場で上演されます。

http://www.saf.or.jp/stages/detail/3603
http://noism.jp/npe/noism0_2016_saitama/

Noism0(ノイズムゼロ)は、りゅーとぴあ 新潟市⺠芸術⽂化会館の専属舞踊団として 2004 年に設⽴されたNoism の芸術監督・⾦森穣が、新潟市で開催された「水と土の芸術祭 2015」を機に⽴ち上げたプロジェクトカンパニーです。

Resize0892
(c)Kishin Shinoyama


『愛と精霊の家』は、この新プロジェクトの第一弾として、昨夏新潟で初めて開催された「NIDF2015­新潟インターナショナルダンスフェスティバル」で初演し、好評を博しました。⾦森穣と井関佐和子によるプライベートユニットであるunit-Cyan(ユニットシアン)が 2012年に発表した『シアンの家』を基に、人類普遍のテーマ、永遠のテーマである愛と死を描いた作品です。

1人の俳優と3人の舞踊家は男の愛の多面性を、人形・舞踊家・妻・母になれぬ女を演じる舞踊家は、女の愛の孤独を象徴する。そして4人の男と女の4役はシ(死)のメタファーとして、この作品に通底していく。果たして死んでいるのは男か女か。終わり無き始まりと、始まり無き終わりの輪廻の中で、永劫回帰を繰り返す男と女の魂は、夢幻の境を彷徨いながら、愛を求めて1人さすらう。

Resize0893
(c)Kishin Shinoyama

井関佐和子さん、小㞍健太さん、山田勇気さん、SPAC­静岡県舞台芸術センター所属俳優の奥野晃士さんに加え、⾦森穣さんも自ら舞台に⽴つということで、2015 年の初演時は大きな話題となり、この一夜限りの作品を⾒届けようと全国各地から観客が新潟に集まり、劇場は熱気に包まれました。

unit-Cyan では、公私混同・虚実混同で生み出された作品が、2 人の舞踊家と 1 人の俳優を迎え、さらに⾦森さんが 20歳のときのデビュー作『Under the marron tree』が組み込まれたことで、より普遍的で誰しも共有可能な作品へと飛躍し、ラヴェルの《亡き王⼥のためのパヴァーヌ》やマーラーの《交響曲第 5 番第 4 楽章(アダージェット)》といったロマン主義の音楽と、イヨネスコ原作の『椅子』のテキストで豊穣に描かれる愛と死の物語は、大きな反響をよびました。初演から 1 年、今年秋に新潟で初めて開催されることとなった「BeSeTo 演劇祭 新潟」の企画のひとつとして、早くも再演が決定しました。8 月にはプレ公演として埼玉で、10 月にはホーム新潟で上演します。

Noismの新作『ラ・バヤデールー幻の国』の素晴らしさも記憶に新しいわけですが、新潟での初演が金森穣さんの最高傑作の一つとして大きな評判を呼んだこの作品、必見です。

Resize0894
(c)Kishin Shinoyama

Noism0『愛と精霊の家』
演出/振付︓⾦森穣
美術︓須⻑檀
衣裳︓中嶋佑一
映像︓遠藤龍
照明︓伊藤雅一(RYU)、⾦森穣
舞台監督︓尾﨑聡
出演︓井関佐和子、山田勇気、小㞍健太、奥野晃士、⾦森穣
原案︓シアンの家(初演︓2012.9.1 ⾼知県⽴美術館)

埼玉公演 第 23 回 BeSeTo 演劇祭 新潟プレ企画
日時︓2016.8.20(土)18:00, 21(日)15:00 *全 2 回
会場︓彩の国さいたま芸術劇場〈大ホール〉
入場料︓一般 6,000 円 / U25(25 歳以下)5,000 円(全席指定・税込)
取扱︓▸彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター(電話・窓口・オンライン)
電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く 10:00-19:00)
PC http://www.saf.or.jp/
Mobile http://www.saf.or.jp/mobile/
▸チケットぴあ 0570-02-9999(P コード 452-595)http://t.pia.jp/(PC&MB)
主催︓BeSeTo 演劇祭新潟実⾏委員会 共催︓公益財団法人埼玉県芸術⽂化振興財団

新潟公演 第 23 回 BeSeTo 演劇祭 新潟
日時︓2016.10.7(⾦)19:00 *全 1 回
会場︓りゅーとぴあ 新潟市⺠芸術⽂化会館〈劇場〉
入場料︓一般 5,000 円 U25(25 歳以下)4,000 円(全席指定・税込)
取扱︓▸りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
チケット専用ダイヤル 025-224-5521(11:00-19:00、休館日除く)
オンライン・チケット http://www.ticket.ne.jp/ryutopiaticket/
▸チケットぴあ 0570-02-9999(P コード 453-272)http://t.pia.jp/(PC&MB)
チケット発売日︓8 月 11 日(⽊祝)
主催︓BeSeTo 演劇祭新潟開催実⾏委員会 日本 BeSeTo 委員会

Resize0895
(c)Kishin Shinoyama

なお、金森穣さんが「愛と精霊の家」について語っているインタビューが埼玉アーツシアター通信で読むことができます。
http://www.saf.or.jp/press/2016/064/

danceditionでの金森穣さんが「愛と精霊の家」について語るロングインタビュー
http://dancedition.com/post-515/

« 8/3、6 「エトワール・ガラ2016」Aプログラム | トップページ | 第5回上海国際バレエコンクールの結果 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8/3、6 「エトワール・ガラ2016」Aプログラム | トップページ | 第5回上海国際バレエコンクールの結果 »