BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 牧阿佐美さんが「徹子の部屋」6月16日に出演 | トップページ | 新国立劇場バレエ団 ダンサー昇格と契約ダンサーから登録ダンサーへの移行、および退団 »

2016/06/11

ロイヤル・バレエのプリンシパルに、平野亮一、高田茜、アレクサンダー・キャンベル、フランチェスカ・ヘイワードが昇進/追記(「ロミオとジュリエット」キャスト変更)

いよいよ来週から来日公演が始まるロイヤル・バレエ。昇進者の発表がありました。

http://www.roh.org.uk/news/promotions-and-joiners-at-the-royal-ballet-for-201617


<プリンシパル>
平野亮一高田茜アレクサンダー・キャンベルフランチェスカ・ヘイワード

<ファースト・ソリスト>
クレア・カルヴァート、ヤスミン・ナグディ、ベアトリス・スティクス=ブルネル

<ソリスト>
マシュー・ボール、マヤラ・マグリ、ティアニー・ヒープ(ティアニー・ヒープはシーズン途中でファーストアーティストに昇進し、今回ソリストに)

<ファースト・アーティスト>
リース・クラーク、デヴィッド・ドネリー、ベンジャミン・エラ、イザベラ・ガスパリーニ、アナ・ローズ・オサリヴァン、デメルツァ・パリッシュ

<入団>
新入団は、Joseph Sissens (ロイヤル・バレエスクールより)
研修生は全員、アーティストとして採用
Lukas Bjørneboe Brændsrød, Harry Churches, Leo Dixon, Isabel Lubach、Julia Roscoe  ドキュメンタリー映画「バレエ・ボーイズ」に出演したルーカスも正式入団となりました。

<研修生>
Joseph Aumeer, Estelle Bovay, Maria Luisa Castillo Yoshida, Arianna Maldini, Giacomo Rovero, Francisco Serrano、Charlotte Tonkinson (全員、ロイヤル・バレエスクール出身)

<ローザンヌ国際コンクール研修生>
ヴィンチェンゾ・デ・プリモ (今年のコンクールで3位でした)


なお、去年のローザンヌ国際コンクール研修生だったジュリアン・マッケイは、ミハイロフスキー・バレエにセカンド・ソリストとして入団しました。

#congratulations !!! Four new Royal ballet principals !!! @a_campbell21 @frankiegoestohayward @riohirano @akanetakane

Andrej Uspenski🎭さん(@dancersdiary)が投稿した写真 -


来日公演前に、平野さん、高田さんの昇進が決まり大変うれしいことですね。久しぶりのロイヤル・バレエでの日本人プリンシパル誕生です。(熊川哲也さん、吉田都さん以来で20年ぶりのプリンシパル誕生)

二人とも、本拠地での「ジゼル」に主演していますが、日本公演の「ジゼル」での主演がないのは少し残念です。特に、高田さんは昨年の横浜バレエフェスティバルで踊った「ジゼル」がとても透明感と情感があって美しかったです。平野さんは、日本人男性には珍しい長身でプロポーションの良いダンサーで、ティボルトなどの悪役もこなす演技力の持ち主です。

二人とも、もちろんソリスト役での出演は決まっていて発表されています。平野さんは、6月18日(土)6:00p.mの「ロミオとジュリエット」でティボルト役(そして「ロミオとジュリエット」のパリス役(6/18 13:00、愛知公演7/3))、高田さんは6月24日(金)7:00p.mと7月6日(水)6:30p.m(福山)の「ジゼル」パ・ド・シスの出演が予定されています。

(各公演の詳細なキャスト)
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/2016-11.html

高田茜さんのビデオメッセージ

高田茜さんが見せる、プティ・アレグロのお手本動画

平野亮一さんの「ドン・キホーテ」エスパーダ

吉田都さんが、平野さん、高田さんについてコメントを寄せています。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016061101001534.html

NHKのニュース映像
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160611/k10010553101000.html

英名門バレエ団で最高位 平野さん尼崎で基礎磨く(神戸新聞)
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201606/0009176145.shtml

30歳超え、大役射止め ロイヤル・バレエで日本人が最高位 平野さん母「希望かなった」
http://mainichi.jp/articles/20160612/ddn/041/040/007000c

平野さん、高田さんの記者会見映像

ケニアに生まれて英国で育ったフランチェスカ・ヘイワードは、「マノン」、「ロミオとジュリエット」などの主演で大評判となっている新星、2010年に入団して早くもプリンシパルに昇進しました。オーストラリア出身のアレクサンダー・キャンベルは、2011年にバーミンガムロイヤル・バレエから移籍しました。バーミンガムロイヤルバレエ公演の鮮やかな「パック」などの役を得意とし、小柄で筋肉質、跳躍力に優れたダンサーですが、来日公演を行った「兵士の物語」での怪演も印象的でした。

****

ロイヤル・バレエ来日公演は、いよいよ6月16日の「ロミオとジュリエット」から始まります。楽しみですね。
http://www.nbs.or.jp/stages/2016/royalballet/

来日公演のニュース番組映像
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00327076.html


<追記>
ロイヤル・バレエの来日公演、キャスト変更の発表がありました。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/2016-12.html#002472

「ロミオとジュリエット」6/17[金]に出演予定のヤーナ・サレンコは、所属しているベルリン国立バレエ団の避けられない突発的なスケジュールの変更により出演することができなくなり、プリンシパルに昇進することが発表された、フランチェスカ・ヘイワードがジュリエット役を演じるとのことです。

ということで、現地でのジュリエット役が大評判を呼んだフランチェスカ・ヘイワードのジュリエットが日本でも観られることになって、チケットを持っている方は幸運だと思います。きっと素晴らしいことでしょう。

フレデリック・アシュトン振付作品のステップの実演をするフランチェスカ・ヘイワードの映像

平野さんがエスパーダ役を踊るのが観られるロイヤル・バレエ「ドン・キホーテ」の映像

Don Quixote [Blu-ray] [Import]Don Quixote [Blu-ray] [Import]
Roh Orch Yates

Opus Arte 2014-03-31
売り上げランキング : 149782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 牧阿佐美さんが「徹子の部屋」6月16日に出演 | トップページ | 新国立劇場バレエ団 ダンサー昇格と契約ダンサーから登録ダンサーへの移行、および退団 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

一日経ってやっと冷静になってきました(笑)
今回プリンシパルに昇進した4人の活躍を心から祈ります。
あらためて高田さんの映像を見直しましたがやっぱり上手いな~
平野さんと共に日本公演を盛り上げてくれるでしょう。

Fさん、こんにちは。

ユフィさん、今回昇進できなくて残念ですよね。ロイヤルのお知らせページを見ても、がっかりしたファンの皆さんのコメントがたくさんあって胸が痛みます。しかしおっしゃる通り、高田茜さんも素晴らしいダンサーです。ユフィさんや高田さん、平野さんの日本公演での活躍を楽しみにしましょう!(私はユフィさんは観られますが、高田さん、平野さんは今回観られなさそう)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧阿佐美さんが「徹子の部屋」6月16日に出演 | トップページ | 新国立劇場バレエ団 ダンサー昇格と契約ダンサーから登録ダンサーへの移行、および退団 »