BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« シャール=ルイ吉山さんが、ヒューストン・バレエのプリンシパルに昇進 | トップページ | エトワール・ガラ2016、キャスト変更 »

2016/06/13

元マリインスキー・バレエのキーナン・カンパ主演の映画「ハートビート」日本公開

アメリカ人として初めてマリインスキー・バレエに入団して、主役も演じたキーナン・カンパ。

その彼女が主演した映画「ハートビート」(原題:「High Strung」)が、8月20日に日本公開されることになりました。
http://natalie.mu/eiga/news/190601
http://eiga.com/news/20160613/4/

「ハートビート」は、プロのバレエダンサーになるためニューヨークにやってきたルビーと地下鉄で演奏するイギリス人バイオリニストのジョニーの出会いや、2人がヒップホップダンスチームを誘って弦楽器&ダンスコンクールに挑戦するさまを描いた作品。俳優としても活動するマイケル・ダミアンがメガホンを取った。

「ハートビート」は8月20日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次ロードショー。

「High Strung」公式サイトのキーナン・カンパのプロフィール
http://www.highstrungthemovie.com/flv_portfolio/keenan-kampa/

ワガノワ・アカデミーに留学してディプロマを獲得し、ボストン・バレエに入団した彼女が、2012年にマリインスキー・バレエに入団した時には大きな話題となりました。コリフェに昇格した彼女は、当時マリインスキー・バレエのプリマの多くが産休を取っている間、大きな役をたくさん任され、「ドン・キホーテ」のキトリ役という主役まで踊りました。しかしながら、急な抜擢で役の準備も十分にできず、コール・ド・バレエを踊りながら主役やソリスト役も踊る毎日で、思うような成果を上げることができませんでした。バレエ団になかなかなじめず、また失敗した動画をYouTube にアップされて、手厳しいロシア人ファンに批判されたり、精神的にもかなりつらかったようです。

Pointe誌のインタビュー
http://pointemagazine.com/views/keenan-kampa-high-strung-leaving-mariinsky/

アンドレイ・エルマコフとマリインスキー・バレエで踊ったキトリ

彼女が過労から心臓に負担がかかり、また怪我で手術を受ける必要があって休養している間に、映画主演の声がかかりました。ソチ・オリンピックでアメリカのテレビ局が取材に訪れ彼女を取り上げた映像が放送されたからです。手術後リハビリに励んで映画の撮影に臨みました。

この映画は、NYが舞台ですが、バレエシーンはルーマニアで撮影されています。登場するバレエダンサーたちは、ブカレスト歌劇場バレエのダンサーたちでした。

ブカレスト歌劇場バレエの日高世菜さんのブログで、この映画のことについて触れてあります。日高さんもエキストラとして出演しているそうです。
http://ameblo.jp/senachika/entry-12162398949.html

また、ルビーの同居人ジャジー役で、英国ロイヤル・バレエスクール出身で公開中の映画「エクス・マキナ」やユニクロのエアリズムのCM、ケミカル・ブラザーズのPVなどに出演している日本生まれ、イギリス育ちの女優/ダンサー、ソノヤ・ミズノも出演しています。名作「ある日どこかで」や「007 死ぬのは奴らだ」に出演している往年の名女優、ジェーン・シーモアも出演。シーモアは、子供時代にバレエを学んでおり、ロンドン・フェスティバル・バレエ(現イングリッシュ・ナショナル・バレエ)に所属していたこともあるのだそうです。

キーナン・カンパは、怪我から回復後、マリインスキー・バレエを退団してアメリカに戻り、現在はロサンゼルスで演技の勉強をしながら、バレエも続けているとのことです。

「ハートビート」のバレエリハーサルシーンの一部がここで観られます。
http://www.dancespirit.com/news/watch-exclusive-clip-keenan-kampa-gorgeous-high-strung/

« シャール=ルイ吉山さんが、ヒューストン・バレエのプリンシパルに昇進 | トップページ | エトワール・ガラ2016、キャスト変更 »

映画」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、naomiさん。
いつも記事に関係のないコメですみません。
先日行われたTV番組「サウス・バンク・ショー」主催のサウス・バンク・スカイ・アーツ・アウォード授賞式の模様が放映されましたが、ダンス部門ではノーザン・バレエの「1984」が受賞しました。プレゼンターは御年90歳のジリアン・リン。ここの部分だけ切り取りました。
xfs.jp/UHMZT
「1984」はBBC ArtsのPerformanceから全編視聴出来ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャール=ルイ吉山さんが、ヒューストン・バレエのプリンシパルに昇進 | トップページ | エトワール・ガラ2016、キャスト変更 »