BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« バンジャマン・ミルピエのドキュメンタリー『リセット(原題)』12月公開予定→邦題『ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~』 | トップページ | 英国のEU離脱がダンス/バレエに与える影響 »

2016/06/27

熊川哲也 K-BALLET COMPANY Summer 2016『Triple Bill』 熊川さんの『アルルの女』

熊川哲也 K-BALLET COMPANY は、『Triple Bill』の開催を急きょ決定しています。

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/16_triplebill.html

2016/7/16(土)17:00開演
2016/7/17(日)14:00開演

Bunkamuraオーチャードホール


ブリテンの音楽に超絶技巧が輝く熊川哲也振付の『シンプル・シンフォニー』、英国を代表する振付家アシュトンによる抒情的かつウィットに富んだ名作『ラプソディ』、そして熊川哲也が再び挑む『アルルの女』は、フランスの巨匠ローラン・プティが幻の女への恋心から狂死する青年を描いた大作。「オーチャードホール25周年ガラ」で、観客を熱狂に誘った奇跡の名演が再び実現。

音楽を最高の形で視覚化することに成功したともいえるこの3作品を、熊川哲也をはじめ、中村祥子、荒井祐子、浅川紫織、遅沢佑介、宮尾俊太郎らKバレエ カンパニーが誇る煌めくダンサーで上演するこの機会をぜひお見逃しなく。

「オーチャードホール25周年ガラ」で、熊川哲也さんが吉田都さんと踊った『アルルの女』は伝説的な名演と言ってもいいほどの、情熱的で素晴らしいパフォーマンスでした。待望の再演です。今回は、熊川さんが最も信頼するバレリーナである浅川紫織さんがパートナーを務めます。これを観なくてどうする、というほど凄い舞台となることでしょう。

曲目・演目

『ラプソディ』
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:セルゲイ・ラフマニノフ

『シンプル・シンフォニー』
振付:熊川哲也
音楽:ベンジャミン・ブリテン

『アルルの女』より
振付:ローラン・プティ
音楽:ジョルジュ・ビゼー

出演

【7/16(土)17:00公演】
『ラプソディ』
矢内千夏/山本雅也 ほか

『シンプル・シンフォニー』
中村祥子/小林美奈/井上とも美
遅沢佑介/宮尾俊太郎/栗山廉

『アルルの女』より

熊川哲也/浅川紫織

【7/17(日)14:00公演】
『ラプソディ』
荒井祐子/井澤諒 ほか

『シンプル・シンフォニー』
中村祥子/小林美奈/井上とも美
遅沢佑介/宮尾俊太郎/栗山廉

『アルルの女』より
熊川哲也/浅川紫織

出演:Kバレエ カンパニー
指揮:井田勝大 
ピアノ独奏:御法川恵里奈(「ラプソディ」) 
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

※上演順は変更となる場合もございます。

My Bunkamuraではチケットはすでに発売となっていますが、チケットスペースでの発売は、7月1日(金)からです。

料金

S¥16,000 A¥13,000 B¥10,000 (税込)
※未就学児入場不可。

MY Bunkamura先行販売
2016/06/26(日)

一般発売
2016/07/01(金)

(チケットの詳細についてはこちらへ)

« バンジャマン・ミルピエのドキュメンタリー『リセット(原題)』12月公開予定→邦題『ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~』 | トップページ | 英国のEU離脱がダンス/バレエに与える影響 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

チケット入手がたいへんでしたがなんとか初日に滑り込みました。
熊川さんの踊りを観るのは久しぶりです。
Kのトリプル・ビルは面白いので楽しみにしています。

Fさん、こんばんは!

私も初日、この公演を観に行きますよ~。私も熊川さんの踊りは久しぶりかもしれません。バヤデール以来かな?浅川さんの「アルルの女」も楽しみですよね。熊川さん、前回本当に凄かったからこれは絶対に見逃せません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バンジャマン・ミルピエのドキュメンタリー『リセット(原題)』12月公開予定→邦題『ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~』 | トップページ | 英国のEU離脱がダンス/バレエに与える影響 »