BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パリ・オペラ座バレエの2016/17シーズンよりチューダー/ミルピエのダブルビルがキャンセル | トップページ | 5/27 NBAバレエ団「死と乙女」 »

2016/06/05

ミュンヘン・バレエの「海賊」6月12日ネット中継/追記(大口スポンサー撤退)

今シーズン末に大量の団員が退団するミュンヘン・バレエですが、イヴァン・リスカ振付の「海賊」がネット中継されます。

6月12日(日)現地時間15時開演。マチネ公演なので日本でも夜10時からと見やすい時間です。
https://www.staatsoper.de/en/productioninfo/le-corsaire/2016-06-12-15-00.html


メドーラ役のダリア・スホルコワ他退団するダンサー多いキャストですが、ギュリナーラ役は残留する河野舞衣さんが踊ります。コンラッド役のティグラン・ミカエリヤンも残留組。

中継サイトはStaatsoper.tvです。
https://www.staatsoper.de/en/staatsopertv.html?no_cache=1


*******
「海賊」の中継とは関係のない話ですが、ミュンヘン・バレエがらみの話題を一つ。

ミュンヘン・バレエに対して130万ユーロもの金額を寄付してきた大口の個人スポンサー、Irène Lejeune氏が、今後はこのバレエ団への寄付を打ち切ることを表明しました。

https://www.br-klassik.de/aktuell/news-kritik/bayerisches-staatballett-verliert-private-hauptsponsorin100.html

今シーズン末で、18年間芸術監督を務めてきたイヴァン・リスカが退任し、後任としてイーゴリ・ゼレンスキーが就任します。1年間に渡って、Lejeune氏とゼレンスキーは話し合いを続けてきました。その中で、ゼレンスキーは、ミュンヘン・バレエのダンサーとパフォーマンス、バレエ団を強く批判したそうです。Lejeune氏は、2008年からミュンヘン・バレエのアンバサダーも務めてきたそうです。イヴァン・リスカを高く評価してバレエ団を支援してきた彼女は、その結果、スポンサーを撤退することを表明しました。「私は、ロシア国立のバレエ団はいりません」とコメントしています。さすがにゼレンスキーはショックを受けたそうです。

ミュンヘン・バレエの年間予算は、730万ユーロです。そしてバイエルン州立劇場の予算の中で寄付が占める割合は4%だそうです。バイエルン州立劇場は、Lejeune氏に代わりにオーケストラのスポンサーになってほしいと申し出たものの、オーケストラには特に愛着はないと却下されたそうです。代わりに彼女は、イヴァン・リスカをサポートしたいと表明しています。

« パリ・オペラ座バレエの2016/17シーズンよりチューダー/ミルピエのダブルビルがキャンセル | トップページ | 5/27 NBAバレエ団「死と乙女」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座バレエの2016/17シーズンよりチューダー/ミルピエのダブルビルがキャンセル | トップページ | 5/27 NBAバレエ団「死と乙女」 »