最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 第一回国際極東フェスティバル「マリインスキー」でオニール八菜さんが「ジゼル」主演 | トップページ | シュツットガルト・バレエの2016-17シーズン »

2016/06/02

コンドルズ 埼玉公演2016 新作 『LOVE ME TenDER』

トレードマークの学ラン姿でダンス、生演奏、人形劇、映像、コントを展開するコンドルズ。2006年『勝利への脱出 SHUFFLE』から始まった埼玉新作シリーズ公演も今回の 『LOVE ME TenDER』(6月18日、19日)で記念すべき10作目を数えます。

http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/3349

Resize0862xnbak_2
(C)HARU

ステージいっぱいに繰り広げられる熱いパフォーマンス、予測のつかない展開、斬新かつちょっぴり懐かしいシーンの数々――。劇場の奥行きや舞台機構を活かしながら創る、埼玉ならではの新作に、今年はどんなサプライズが隠されているのでしょうか。結成20周年を迎えるコンドルズが贈るスペシャルな舞台です。

主宰の近藤良平さんは、彩の国さいたま芸術劇場での新作づくりについて、「機構も充実していて料理し甲斐があるし、奥行きも非常に深い。そんな大空間なのに大勢でドーンと仕掛ける場面も、一人で立っても絵になるし、『ここに立てて幸せだ』と思えるんですよ。結果、埼玉公演は不思議と色気のある作品ができ上がる」と語っています。

コンドルズ作品の中でも独自の魅力を放つ埼玉公演も10作品目。今年はどんな作品に出会えるのでしょうか?

昨年の「ストロベリー・フィールズ」は、いつものユーモラスで賑やかでノスタルジックなコンドルズ・ワールドの中でも、切なさとふとした死の匂いを感じさせるような作品でした。そして十字架がたくさん吊り下げられているようにも見える美しい場面で(実際には案山子なのですが)、近藤良平さんが舞台上で一人踊っている時に、大きな地震が起きたのです。吊り下げられた装置が揺れる中でも、ひとり踊り続けた近藤さんの姿は鮮烈で、忘れがたい公演となりました。

Resize0863
『ストロベリーフィールズ』(2015)より(C)HARU

また、今年はコンドルズのさいたまでの公演10周年を記念して、様々な関連企画が開催されます。

「だいたい全員エッセイ」
http://blog.livedoor.jp/condors_saitama/
個性豊かなメンバーたちが埼玉公演にまつわるエピソードや埼玉への思いを綴るエッセイを随時更新しています。さいたま愛がさく裂していたり、楽しいエピソードが盛りだくさんです。

コンドルズ舞台写真展
2006年『勝利への脱出SHUFFLE』から始まったコンドルズ×彩の国さいたま芸術劇場による新作シリーズ公演。大ホールの空間と舞台機構を最大限に活かし、新作に挑み続けた10年を舞台写真とともに振り返ります。
今回はコンドルズ公演では欠かすことのできないあの小道具や、コンドルズプロデューサー勝山康晴による、これまでの埼玉公演に向けた“熱いお手紙”も特別に展示予定!
[会期] 2016年6月14日(火)~6月19日(日)
[時間] 9:00~22:00 ※休館日を除く
[会場] 彩の国さいたま芸術劇場 1階ガレリア(長廊下)
[料金] 入場無料


コンドルズ埼玉公演全作品を振り返る!スペシャルトーク動画

2006年『勝利への脱出 SHUFFLE』から2015年『ストロベリーフィールズ』までのコンドルズ埼玉公演全9作品を、コンドルズ近藤良平、勝山康晴、そしてスペシャルゲスト(?)が振り返るトーク動画!
埼玉で創り、埼玉ならではの新作にこめたコンドルズの思いとは?
5月下旬より随時公開開始!

コンドルズ埼玉公演2016新作『LOVE ME TenDER』 ポストパフォーマンストーク
コンドルズ近藤良平、勝山康晴による10作目を記念するアフタートークを開催。
『LOVE ME TenDER』の興奮冷めやらぬ舞台上で、新作公演の創作秘話はもちろん、埼玉公演10作品への思いを熱く語ります!
[日時] 2016年6月19日(日)15:00公演終演後(*)
[出演] 近藤良平、勝山康晴
[聞き手] 佐藤まいみ(彩の国さいたま芸術劇場ダンス部門プロデューサー)
*ご入場には6月19日(日)公演のチケットが必要です。

Resize0864
『ストロベリーフィールズ』(2015)より(C)HARU

『LOVE ME TenDER』公演
日時
2016年6月18日(土) 開演14:00/19:00
6月19日(日) 開演15:00
※開場は開演の30分前です。
※演出の都合により、開演時間に遅れますと入場をお待ちいただく場合がございます。
 予めご了承ください。

会場 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
上演時間 1時間30分(予定)
構成・映像・振付 近藤良平
出演 コンドルズ
主催 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
企画制作 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団/ROCKSTAR有限会社
託児サービス
本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております。
(2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります)
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(土・日・祝を除く9:00~18:00)

チケット料金(全席指定・税込)
一般:S席5,000円、A席3,500円
U-25*:S席3,000円、A席2,000円 *公演時25歳以下対象、入場時要身分証明書。
SAFメンバーズ:S席4,500円、A席3,200円

【チケット取扱い】
■SAFチケットセンター
・電話
 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
・SAFチケットオンライン
 ご購入はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。

■窓口 
・彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00) アクセス

■プレイガイド
・チケットぴあ http://t.pia.jp (PC&携帯)
0570-02-9999(音声自動認識/Pコード:449-179)

・イープラス http://eplus.jp/ (PC&携帯)

・ローソンチケット http://l-tike.com/ (PC&携帯)
 0570-000-407(オペレーター対応)
 0570-084-003(Lコード:34750)

【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

« 第一回国際極東フェスティバル「マリインスキー」でオニール八菜さんが「ジゼル」主演 | トップページ | シュツットガルト・バレエの2016-17シーズン »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第一回国際極東フェスティバル「マリインスキー」でオニール八菜さんが「ジゼル」主演 | トップページ | シュツットガルト・バレエの2016-17シーズン »