BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« NBAバレエ団×林英哲×新垣隆新作「死と乙女」リハーサル | トップページ | ミラノ・スカラ座バレエ2016-17シーズン »

2016/05/18

オニール八菜さんが、ブノワ賞を受賞

バレエ界で最も権威のある賞の一つであるブノワ賞を、パリ・オペラ座バレエのプルミエール・ダンスーズ、オニール八菜さんが受賞しました。おめでとうございます。

バレエ
ブノワ賞にオニール八菜さん
http://mainichi.jp/articles/20160518/k00/00m/040/152000c


【斉藤希史子、モスクワ杉尾直哉】バレエ界のアカデミー賞」と称される「ブノワ賞」が17日夜(日本時間18日未明)、モスクワのボリショイ劇場で発表され、女性ダンサー部門は東京都出身でパリ・オペラ座バレエ所属のオニール八菜(はな)さん(23)に決まった。対象は、昨年5月に本拠で踊った古典作品「パキータ」の表題役。日本仕込みの端正な技術と、フランスらしい優雅さが高く評価された。

 オニールさんは「世界のビッグスターに与えられてきた賞。これからもたくさん踊り続けたい」と話している。

 日本からの受賞は、2014年の木田真理子さん(スウェーデン王立バレエ所属)に続いて2人目。

バレエの最高権威・ブノワ賞にオニール八菜さん
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160518-OYT1T50008.html

 【モスクワ=田村雄】世界で最も権威のあるバレエ・ダンス賞の一つ、ブノワ舞踊賞が17日、モスクワで発表され、女性ダンサー部門で、日本人を母に持ち、フランスのパリ・オペラ座バレエ団で踊るオニール八菜さん(23)が受賞した。

 オニールさんは東京生まれで日本国籍を持つ。日本出身のダンサーで同賞を受けるのは2014年の木田真理子さん以来、2人目となる。

 同賞は振付家ユーリー・グリゴロービチさんが代表を務める国際ダンス連合が主催し、前年に最も優れたパフォーマンスを披露したダンサーや振付家らを顕彰する。オニールさんは、振付家ピエール・ラコットの復刻・振り付けによる古典「パキータ」での主役の踊りを高く評価された。

@aliciaamatriainが投稿した写真 -

まだブノワ賞の公式サイトでは、受賞者は発表されていません。他の賞の受賞者も気になるところです。
http://benois.theatre.ru/

今回ノミネートされたダンサーたちの一覧はこちらでまとめてあります。
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2016/04/post-4690.html

<追記>

ブノワ賞、受賞者は以下の通りです。

http://m.ria.ru/culture/20160517/1435334970.html


振付家賞 
ユーリ・ポソホフ (ボリショイ・バレエ「現代の英雄」)、ヨハン・インガム (スペイン国立ダンスカンパニー「カルメン」、NDT「One on One」)

最優秀女性ダンサー賞 
オニール八菜 (パリ・オペラ座バレエ)、アリシア・アマトリアン (シュツットガルト・バレエ)

最優秀男性ダンサー賞 
キミン・キム (マリインスキー・バレエ。ただし対象のパフォーマンスはパリ・オペラ座に客演した「ラ・バヤデール」)

舞台美術賞  
REN DONGSHENG 「Emperor Yu Li」(北京ダンスアカデミー)

ブノワ・モスクワ・マシーン・ポジターノ賞(特別賞)  
エカテリーナ・クリサノワ (ボリショイ・バレエ)

傑出したパートナーシップに与えられる特別賞 
 アレクサンドル・リアブコ (ハンブルグ・バレエ)

オニール八菜さんがジェルマン・ルーヴェと踊るAscension

<追記>
バレエ・ブノワ賞
端正な踊り、堂々と…オニール八菜さん
http://mainichi.jp/articles/20160518/k00/00e/040/171000c

世界の一流ダンサーの仲間入りを果たしたが、「たくさんのエトワール(パリ・オペラ座の最高位)をはじめ、世界のビッグスターに与えられた賞。まだ実感がわかない」と語った。
(中略)
目指すはエトワールだが、「それだけでは仕方がない。役作りに励んで、とにかくいっぱい踊りたい」という。

 日本でバレエの基礎を教えてくれた恩師、岸辺光代さんを今でも毎年のように訪ね、時にはレッスンをつけてもらう。「先生には本当に感謝している。これからもよろしくお願いします」と語った。

バレエ「ブノワ賞」に日本生まれのオニール八菜さんが選ばれる(フジテレビ、映像ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160518-00000992-fnn-int

バレエ「ブノワ賞」 オニール八菜さん最優秀賞に(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160518/k10010525191000.html

Dance Cubeの最新インタビュー
http://www.chacott-jp.com/magazine/interview-report/interview/post-116.html

テレビ朝日のニュース映像(インタビュー付き)

日テレの受賞の喜びを語るニュース映像
http://www.news24.jp/articles/2016/05/19/10330490.html

パリ・オペラ座バレエは来年3月に来日予定ですが、こちらのダンスキューブのインタビュー記事によれば「ラ・シルフィード」を踊る可能性が高いそうだとのことです。

« NBAバレエ団×林英哲×新垣隆新作「死と乙女」リハーサル | トップページ | ミラノ・スカラ座バレエ2016-17シーズン »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

とても嬉しいニュースですね。
オニールさんはファン対応も本当に丁寧ですし、お人柄も温かみ溢れていると
パリで写真撮らせて頂いたときに感じました。
師走の白鳥では是非主演を拝見したいです。

こんにちわ。
自分のことのように喜べる嬉しいニュースです!正確でおおらかな踊り、今後、ますます深い表現力を発揮していくだろうと思われるちょっとミステリアスな容姿も素敵。スターの素質を感じます!

パリオペ大好きさん、こんにちは。

本当に嬉しいニュースでしたよね!年末にオペラ座でバヤデールを観たときは、オニールさんのガムザッティの日には当たらず、影の第一ヴァリエーションと、コール・ド・バレエ、そして2幕のパ・ダクシオンで観たのですが、群舞の中にいても存在感があってとても美しかったです。ヴァリエーションでの技術はもちろんですが。
チャコットのイベントでトークショーに参加しただけで、お話をしたことはありませんが、とても綺麗な日本語を話しますし、人柄も感じよく頭のいい人だということを感じました。
白鳥の湖もすでに一度踊っているし、きっと年末も踊ることでしょうね。本当にこれからの活躍が楽しみです。

マーキーさん、こんにちは。

本当にオニールさんの受賞は嬉しい限りですよね。子供の時には岸辺で学ばれていて、岸辺時代の話を私もバレエの先生から聞いたりしていたし、ローザンヌ国際コンクールでの堂々とした演技も記憶に新しいところです。あの通り容姿にも恵まれていて華があるし、おっしゃる通りスターの素質がありますよね。エトワールになる日も遠くないと思いますが、息の長い活躍をしていただければ、と願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NBAバレエ団×林英哲×新垣隆新作「死と乙女」リハーサル | トップページ | ミラノ・スカラ座バレエ2016-17シーズン »