BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ボリショイ・バレエの2016-7シーズン、来日公演予定 | トップページ | 5/3、5 新国立劇場バレエ団「ドン・キホーテ」 »

2016/05/06

佐々木忠次氏(公益財団法人日本舞台芸術振興会/東京バレエ団代表)逝去 

オペラ バレエ プロデューサーであり、公益財団法人日本舞台芸術振興会(NBS)/東京バレエ団代表の佐々木忠次(ささきただつぐ)氏が、2016年4月30日未明、心不全のため逝去されたとのことです。享年83歳。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/post-626.html

 

佐々木忠次は、1964年に東京バレエ団を設立、以後代表を務めてきました。国内での活動はもとより、これまで29回にわたり30カ国153都市において747回の海外公演を実施するなどの、日本から世界に発信するバレエ団として東京バレエ団を育ててまいりました。
 そのかたわら、パリ・オペラ座バレエ団、英国ロイヤル・バレエ団、モーリス・ベジャール・バレエ団などの著名なバレエ団を招聘し、日本に紹介。1976年から3年に一度開催し14回続いている<世界バレエフェスティバル>では、世界中のトップダンサーを日本に招き、世界で最も重要なバレエ公演として国際的に知られるようになりました。
 また、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、英国ロイヤル・オペラなど欧米の名門歌劇場を定期的に招聘。日本で超一流の歌劇場の舞台を現地のまま観られる引っ越し公演の実現に尽力してきました。
 多くのアーティストと親交があり、ことに指揮者のカルロス・クライバー、ズービン・メータ、ダニエル・バレンボイム、リッカルド・ムーティ、また振付家のモーリス・ベジャール、ジョン・ノイマイヤーとは格別の交誼を結びました。
 「日本のディアギレフ」の異名をとり、8カ国から受章、これらの活動や著作を通じて、佐々木が我が国の音楽・バレエ界に果たした功績は計り知れません。

東京バレエ団を設立しただけでなく、多くのバレエ団を日本に招聘し、そして海外で有名になる前からシルヴィ・ギエム、ウラジーミル・マラーホフなどをいち早く日本に呼んでスターへと育て上げ、また世界バレエフェスティバルなどの開催を通して日本だけでなく世界のバレエ界に大きく貢献をされた方でした。彼がいなければ、私たちはこれだけのバレエ公演を楽しむことはできなかったでしょう。間違いなく目利きの方でありました。彼が亡くなったことで、一つの時代の終わりを感じます。(そしてこれからの日本のバレエ界の行く末が少し心配になります)

その剛腕ぶりから、そして歯に衣を着せぬ物言いから毀誉褒貶入り交じった評価もありましたが、それは彼の芸術に対する熱い想いゆえのことだったようです。

彼の著作『闘うバレエ―素顔のスターとカンパニーの物語』『起承転々 怒っている人集まれ!―オペラ&バレエ・プロデューサーの紙つぶて156』は、そんな彼の情熱と率直な語り口を通じて、日本の芸術を取り巻く現状もよくわかり、大変面白い読み物となっています。

今頃は天国でモーリス・ベジャールと再会していることでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

佐々木忠次氏死去=「日本のディアギレフ」、83歳
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016050600540&g=soc

「日本のディアギレフ」オペラ&バレエ・プロデューサーの佐々木忠次さん死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00000070-sph-ent

闘うバレエ―素顔のスターとカンパニーの物語 (文春文庫)闘うバレエ―素顔のスターとカンパニーの物語 (文春文庫)
佐々木 忠次

文藝春秋 2009-05-08
売り上げランキング : 412657

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
起承転々 怒っている人、集まれ!―オペラ&バレエ・プロデューサーの紙つぶて156起承転々 怒っている人、集まれ!―オペラ&バレエ・プロデューサーの紙つぶて156
佐々木 忠次

新書館 2009-01
売り上げランキング : 862706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ボリショイ・バレエの2016-7シーズン、来日公演予定 | トップページ | 5/3、5 新国立劇場バレエ団「ドン・キホーテ」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

バブルの時代を中心に海外から次々に一流のバレエやオペラを招聘してくれた結果、日本のバレエファン、オペラファンが凄く増えたことは間違いないし、その功績は非常に大きかったですね。(私もその恩恵を受けたことは確かです。)

ただHPに「日本のディアギレフ」とか書いちゃうNBSの感覚が故人のテイストを反映していているようで、どうにも苦手で(^^; 先日の「ラ シルフィード」のチラシとかに斎藤友佳理さんを「日本のタリオーニ」とかデカデカと書いてあったのにも、同じような違和感があって、苦笑しましたが…

ともあれ、ひとつの時代が終わりましたね。故人のご冥福を祈りつつ、私も佐々木さん亡き後のNBSと東京バレエ団に注目していきたいと思います。

子供の頃、世界バレエフェスティバルに連れていかれて、ジョルジュ・ドンのボレロを観て全身に稲妻が走り、エヴァ・エフドキモワの美しい踊りに心臓がドキドキした事が私のバレエ大好き人生のスタートだったと思います。

発言力があったのでいろいろ言われましたが、世界中のバレエダンサーが日本で沢山踊ってくれるようになったのは佐々木さんのおかげです。とても感謝しています!
佐々木さんのご冥福を心よりお祈りします。

この先、新しい感覚のプロデューサーが日本で誕生する事を切に望んでいます!

Shingoさん、こんにちは。

おっしゃる意味はわかります。ほかの人が呼ぶならともかく自称しているというところですよね。所属するダンサーのプロフィールでも、美貌がどうこうとかそういうのって、自分で書くかと思ったりはします。(レビューから引用するならともかく、そしてテクニックじゃなくて容姿についてってところで)

でも、彼がいたおかげで、私たちも素晴らしいバレエ、オペラの公演を東京に居ながらにして観ることができたわけだし、才能を見分ける目も持っていたのではないかと思います。ある程度エキセントリックでないと、ここまでのことはできなかったのかな、とも思います。そう言うエキセントリックさも併せての「ディアギレフ」だったのかな、と。(しかし一般紙のニュースで「ディアギレフ」と言われても普通の人はわかりませんよね)

ますみさん、こんにちは。

今にして思えば、初期の世界バレエフェスティバルの出演メンバーって凄まじいですよね!こんなことを実現させてしまうというのは本当に素晴らしいです。私は初バレエフェスって1994年なのですが、もっと早くから観ている方は本当にうらやましいです。もちろん、今出演しているダンサーたちも素晴らしいですが。

おっしゃる通り、本当に彼のおかげで日本でいろんなダンサーを観ることができたので、本当にバレエファンは大感謝ですよね。天国で楽しい毎日を送られていますように。

これからの日本のバレエ界がどうなるか、ちょっと心配にもなりますよね。いろんな意味で変わっていくのではないかと思います。手始めに東京バレエ団の「ザ・カブキ」が新国立劇場で上演されますが、こうやって各団体が協力し合うこともこれからは必要になってくるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボリショイ・バレエの2016-7シーズン、来日公演予定 | トップページ | 5/3、5 新国立劇場バレエ団「ドン・キホーテ」 »