BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「バレエの巨匠たち マトヴィエンコ&ルジマトフ」公演 | トップページ | 3/18 ナショナル・バレエ・オブ・カナダ「ロミオとジュリエット」 »

2016/03/24

ルグリ振付新作「海賊」で、橋本清香さんがウィーン国立バレエのプリンシパルに昇進

ウィーン国立バレエでは、マニュエル・ルグリ芸術監督が振付けた「海賊」の初演が3月20日にありました。

ルイザ・スピナッテリが衣装を手掛けたこの作品、初演は大好評でした。

ウィーン在住、はっぱさんのブログ記事
http://happawien.jugem.jp/?eid=2305

何はともあれ、予告編の映像がめっちゃかっこいいのです。

初日の公演には、エリザベット・プラテル、クロード・ベッシー、アニエス・ルテステュ、イザベル・ゲラン、オーレリー・デュポン、バンジャマン・ペッシュ、エレオノラ・アバニャートら、大勢のパリ・オペラ座元エトワール、現役エトワールも駆け付けたようです。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1015793865144441.1073741883.154993347891168&type=3

このウィーン国立バレエ「海賊」ですが、4月2日の公演は、インターネット中継されます。ただし有料で、14ユーロかかります。

<追記>
ウィーン国立歌劇場のサイトでの「海賊」ライブストリーミングですが、通常は14ユーロと有料ですが、現在0ユーロと表示されているので無料で視聴できるようです。
4月2日(土)ウィーン時間午後7時からですので、日本は午前2時ですが、時差を考慮して72時間以内なら視聴できるようです。

http://www.staatsoperlive.com/en/live/288/le-corsaire-2016-04-02/


さて、3月23日の「海賊」のメドーラ役を踊ったのは、橋本清香さんでした。そして公演後、橋本さんは、ルグリ芸術監督によってプリンシパルに任命されたとのことです。おめでとうございます!

ダンソマニのフォーラム(フランス語)より。こちらのフォーラムでは、たくさんの写真、デザイン画なども見ることができます。
http://www.forum-dansomanie.net/forum/viewtopic.php?t=3598&start=930&sid=11b79314d21c4cff33b77f5ae3cbb5f3

橋本さんは、4月10日の「NHKバレエの饗宴2016」に木本全優さんと出演します。踊るのは、ティエリー・マランダン振付の「モーツァルト・ア・ドゥ」
https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0272981/

昨年7月のウィーン国立バレエの沖縄公演で、この作品を観たのですが大変面白い作品でした。また、橋本さんがやはり「海賊」のメドーラ役を踊るのも観たのですが、美しさ、たおやかな気品、完璧な技術とすでにプリンシパルのオーラに満ちていました。

2004年にドレスデン・バレエに入団した橋本さんは、2008年にウィーン国立バレエに移籍。2010年にデミ・ソリスト、2012年にソリストに昇進しています。「白鳥の湖」のオデット/オディール、「ドン・キホーテ」のキトリ、「くるみ割り人形」のクララ、「ラ・フィユ・マル・ガルデ」のリーズなど、主な古典作品の主役も踊ってきたばかりでなく、現代作品も得意としています。

はっぱさんによる、橋本さんが主演した日の「海賊」のレビュー
http://happawien.jugem.jp/?eid=2308

ルグリ、バレエ大作を初演出 (中日新聞)
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=350456&comment_sub_id=0&category_id=204&from=life&category_list=204

購読者でないと全文は読めないのですが、こちらのルグリのインタビュー記事によれば、ウィーン国立バレエは2年後に来日公演を行うようです。楽しみですね。

オーストリアの新聞記事(ドイツ語)
Kiyoka Hashimoto zur Ersten Solotänzerin des Wiener Staatsballetts ernannt
http://diepresse.com/home/kultur/klassik/4953002/Kiyoka-Hashimoto-zur-Ersten-Solotaenzerin-des-Wiener

橋本さん、第1ソリストに ウィーン歌劇場バレエ団 (共同通信)
http://this.kiji.is/85720313549473273

ウィーン国立バレエのFacebookの、橋本さん昇進の写真アルバム
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1018854801505014.1073741885.154993347891168&type=3

ウィーン国立バレエのプレスリリース(ドイツ語)
http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/staatsballett_neu/aktuelles/Hashimoto_Avancement.de.php

バレエ橋本さん、驚きと感動で涙 第1ソリストに昇格 (共同通信)
http://this.kiji.is/85898798335346172


【ハーグ共同】オーストリアのウィーン国立歌劇場バレエ団の第1ソリストに昇格した橋本清香さん(30)は24日、共同通信の取材に答え、23日の舞台後に昇格を知らされた際「驚きと感動で涙が止まらなかった」と喜びをかみしめた。

 橋本さんは「夫をはじめ、その場にいた皆さんが温かくお祝いしてくれた」と振り返り「プリンシパルの肩書に負けないよう日々精進したい。けがに気を付けて、たくさんの役に挑戦できればいい」とした。

<追記>

こちらの「海賊」ですが、arteでも4月2日の公演の中継があり、ネットでも視聴できることになっています。ただし、ジオブロックがかかっている可能性が高いかもしれません。

http://concert.arte.tv/fr/le-corsaire-de-manuel-legris-lopera-de-vienne

が、いずれ日本でもテレビ放映されるか、DVDが出る可能性がありそうです。→DVD発売は決定しています。また、5月22日にNHK-BSプレミアムシアターで放映されます。

中継の予告編的な、リハーサル映像は視聴できます。バーレッスンするルグリの姿も観られますよ。
http://info.arte.tv/fr/danse-manuel-legris-et-son-corsaire

« 「バレエの巨匠たち マトヴィエンコ&ルジマトフ」公演 | トップページ | 3/18 ナショナル・バレエ・オブ・カナダ「ロミオとジュリエット」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!いつも詳細な情報、有難うございます。
「海賊」、初日と2日目、見てきました。はっぱさんのブログにあるように、踊る踊る・・・・・
「海賊」こんなに楽しいバレエだったかしらと思ってしまいました。
初日は、客席全体が興奮気味で、2日目はちょっと静かだったかしら。
中でもDavide Dato(プレミアのBirbanto)が素晴らしくて、もう少しウィーンに滞在する日程を組むべきだったと後悔しています。
橋本さん、おめでとうございます!品があります!

本当にみんなが踊るのが楽しくてしかたないという、雰囲気で、ルグリ効果が出ているのでしょうね!
ウィーン国立バレエ、目がはなせません。
初日、舞台近くのボックス席から花束が乱れ飛んでいましたが、ひょっとしたらパリオペのみなさんでしょうか?????

marikaさん、こんにちは。

なんと、この「海賊」、ウィーンでご覧になれたんですね!羨ましい限りです。「海賊」はそもそも面白いバレエですが、それでもこんなに盛り上がったとは、素敵。ダヴィッド・ダトってとてもハンサムですよね~。橋本さんはギュリナーラ役でも今回活躍していますよね。

ルグリ効果、確実に出ていると思います。沖縄公演もとても楽しかったです。その花束は本当にオペラ座の皆さまからのものだったのではないかしら?ホント2年後といわず早くまた来日してほしいです。

こんばんは。

 よくできたトレイラーですね。ウィーンのニュースなのに、共同通信のニュースがハーグ発になっているのが不思議です。ウィーン・バレエ、サドラーズがロンドンに招聘してくれればと願います。

守屋さん、こんにちは。

共同通信社は、もしかしてウィーンには特派員がいなくて、ハーグの人がカバーしているんでしょうかね。

ウィーン国立バレエは、ルグリが鍛えたおかげでずいぶんとレベルが高かったと思います。特筆すべきは女性ダンサーの美しさですね。橋本さんもその中でも美しい一人です。レパートリーも幅広くて、サドラーズで上演してもウケそうな作品もありますので、ホント、機会があればよいですよね。

予告編の映像 すっごく良いです。予告編だけで感動しちゃいました。

先ほど、ウィーン国立バレエのHPを何気なくみたら、清香さんがプリンシパルになっていたので、「あれ? いつのまに?」って思ったばかりのところだったのですが、このルグリ版の海賊で昇進なさったのですね! うれしいニュース、ありがとうございます。

そして、このバレエ団のクオリティ、すごく高いなっていますね。
来日公演、あるかしら?  あったらいいなぁ。

この海賊の装置、クラシカルなのに、カッコよくて、衣装の色合い・デザインとても素敵で、それを着ているダンサーさんの容姿や技術も演技もすごそうなので、中継みたいなぁと思います。

いつも、くわしく、ありがとうございます。

OLIVEさん、こんにちは。

本当に予告編の映像、観れば観るほどよくできていますよね!編集が上手いんでしょうね。

ウィーン国立バレエ、ルグリが芸術監督となってからめきめきレベルが上がっているし、レパートリーも本当に魅力的になっています。ダンサーも美しい人が多くて。最近、ウィーン国立バレエ学校を卒業したばかりの日本人女性ダンサーが一人入団したのですが、彼女も本当に綺麗です。来日公演は、新聞で語っているので間違いなくあると思います。この「海賊」、観たい人が多いんじゃないでしょうかね。

そうそう、日本ではもしかしてジオブロックがかかってしまうかもしれませんが、arteでも中継があります。なので、いずれNHKかどこかで放映されるか、DVDが出るとかあるんじゃないかな、と思っています。
http://concert.arte.tv/fr/le-corsaire-de-manuel-legris-lopera-de-vienne

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「バレエの巨匠たち マトヴィエンコ&ルジマトフ」公演 | トップページ | 3/18 ナショナル・バレエ・オブ・カナダ「ロミオとジュリエット」 »