BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« セルゲイ・フィーリンは3月以降もボリショイ・バレエに残留 | トップページ | ジャパンアーツ・オールスター・ガラにエルマコフら出演/演目一部発表 »

2016/03/05

バレエの王子さま公演 7/15-18

バレエの祭典演目に入っていながら、なかなか概要が発表されていなかった「バレエの王子さま」公演のチラシがやっと出回りました。

それによると、

7月15日(金)19:00
7月16日(土)14:00
7月17日(日)14:00
7月18日(日・祝)14:00

文京シビックホールでの上演となります。

気になる出演者は、

レオニード・サラファーノフ(ミハイロフスキー劇場バレエ)
エドワード・ワトソン(ロイヤル・バレエ)
ウラジーミル・シクリャーロフ(マリインスキー・バレエ)
ダニール・シムキン(アメリカン・バレエ・シアター)

が決定しているとのことです。王子様は追加される予定で、お姫さまも参加するそうです。

NBSのWEBチケット先行発売は4月中旬予定ということで、さらなる情報はしばしお待ちを、ということでしょうね。
演目は、「エチュード」他、だそうです。

エドワード・ワトソンは、ロイヤル・バレエの来日公演には出演しない代わりに、こちらに出てくれるとのことですね。当初出演する予定だったスティーヴン・マックレーの名前はありませんが、彼はロイヤルの来日公演の方では活躍してくれますので。ワトソンは、いわゆる王子様ダンサーではありませんが、マイヤリングのルドルフ皇太子役という王子様役を演じてくれたら嬉しいな、なんて思ってしまいます。

追記:キャストの追加と、一部演目が発表になっています。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/post-620.html#002390

【予定されるお姫さま】 
サラ・ラム Sarah Lamb(英国ロイヤル・バレエ団)
マリア・コチェトコワ Maria Kochetkova(サンフランシスコ・バレエ)

共演:東京バレエ団

※演奏は特別録音による音源を使用します。


◆会場:文京シビック 大ホール(都営地下鉄「春日」/東京メトロ「後楽園」下車)

◆入場料(税込):S=\16,000 A=\14,000 B=\12,000 C=\9,000 D=\7,000

◆プログラム

【7/15(金)、7/16(土)】

オープニング

新作ソロ:
エドワード・ワトソン

「同じ大きさ?」(振付:ロマン・ノヴィツキー):
レオニード・サラファーノフ、ダニール・シムキン、他1名

「バレエ101」 (振付:エリック・ゴーティエ) :
ウラジーミル・シクリャローフ

パ・ド・ドゥ:
エドワード・ワトソン、サラ・ラム

「タンゴ」(振付:ハンス・ファン・マーネン):
ウラジーミル・シクリャローフ

ソロ:
サラ・ラム

「エチュード」(振付:ハラルド・ランダー):
ダニール・シムキン、レオニード・サラファーノフ、
ウラジーミル・シクリャローフ、マリア・コチェトコワ、
東京バレエ団

フィナーレ


【7/17(日)、7/18(月・祝)】

オープニング

新作ソロ
エドワード・ワトソン

「同じ大きさ?」(振付:ロマン・ノヴィツキー)
レオニード・サラファーノフ、ダニール・シムキン、他1名

「バレエ101」 (振付:エリック・ゴーティエ) :
ウラジーミル・シクリャローフ

パ・ド・ドゥ
ダニール・シムキン、マリア・コチェトコワ

ソロ
マリア・コチェトコワ

新作ソロ
エドワード・ワトソン

「エチュード」(振付:ハラルド・ランダー):
レオニード・サラファーノフ、ウラジーミル・シクリャローフ、サラ・ラム、
東京バレエ団

フィナーレ


◆NBS WEBチケット先行発売[座席選択 S~D]:4/19(火)21時~4/22(金)18時

◆一斉発売:4月24日(日)10時~


◆お問い合わせ:NBSチケットセンター:03-3791-8888

« セルゲイ・フィーリンは3月以降もボリショイ・バレエに残留 | トップページ | ジャパンアーツ・オールスター・ガラにエルマコフら出演/演目一部発表 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

「エチュード」にワトソンの名前がないことは不思議ではないですね。ロイヤル・バレエのバランシーンの演目で彼の名前を観たことがない、言い換えると「シンフォニィ・イン・C」でワトソンが踊ったことがあったかどうかというくらいですから。仮に「エチュード」にワトソンが出るのであれば、それを観に日本に戻る価値はありだと思います。

守屋さん、こんにちは。

「バレエの王子さま」というタイトルの割には、王子様タイプのダンサーってシクリャーロフくらいなんですよね。ワトソンは、確かにバランシンなどを踊るイメージはあまりなくて、ドラマティックバレエか、マクレガー系のコンテですよね。確かに、そういう作品を踊る彼だったら、それはレアなので観る価値があると思います。ワトソン、日本での初めてのゲストは小林紀子バレエシアターでの「くるみ割り人形」だったようなんですが、くるみの王子自体あまり踊ったことが無くて戸惑ったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セルゲイ・フィーリンは3月以降もボリショイ・バレエに残留 | トップページ | ジャパンアーツ・オールスター・ガラにエルマコフら出演/演目一部発表 »