BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ENB(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)の2016-17シーズン、バウシュ「春の祭典」がレパートリーに | トップページ | ジョフリー・バレエの2016-17シーズン »

2016/02/19

ボストン・バレエの2016-7シーズン

ボストン・バレエの2016-7シーズンも発表されています。

http://www.bostonballet.org/16-17season/

https://www.bostonglobe.com/arts/theater-art/2016/02/17/corsaire-and-more-boston-ballet-season/wkenwdqo73rXKZs2zIFGsI/story.html


カンパニー初演の「海賊」 (イヴァン・リスカ振付)でシーズンが明けます。(10月27日~11月7日)

「くるみ割り人形」 11月25日~12月31日 (ミコ・ニッシネン振付)

「アーティファクト組曲」 2月23日~3月5日 (ウィリアム・フォーサイス振付、北米初演)

「Wings of Wax (イリ・キリアン振付)」、「ドニセッティ・ヴァリエーション(ジョージ・バランシン振付)」、「カクティ(アレクサンドル・エクマン振付)」 3月23日~4月2日

「眠れる森の美女」(フレデリック・アシュトン振付) 4月28日~5月25日

「ザ・コンサート」(ジェローム・ロビンス振付)、「ストラヴィンスキー・ヴァイオリン・コンチェルト」(ジョージ・バランシン振付、カンパニー初演)、「新作(ヨルマ・エロ振付)」 5月5日~27日


ナショナル・バレエ・オブ・カナダ同様、上演作品数は少ないのですが、上演回数はやはり新国立劇場などと比較すると多いし、ミックスプログラム、カンパニー初演作品もあります。

北米のカンパニーは、12月に30回以上「くるみ割り人形」を上演して利益を上げて、その利益を使ってミックスプロや新作など意欲的な作品を上演するというビジネスモデルになっているところが多いようです。フォーサイスの「アーティファクト組曲」北米初演は快挙といえるでしょう。


なお、ボストン・バレエでは、2月25日より「オネーギン」を上演します。
http://www.bostonballet.org/onegin/

倉永美沙さんが、2/27 、3/3 、3/5 (夜)の3公演でタチヤーナ役を踊る予定とのことです。

« ENB(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)の2016-17シーズン、バウシュ「春の祭典」がレパートリーに | トップページ | ジョフリー・バレエの2016-17シーズン »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ENB(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)の2016-17シーズン、バウシュ「春の祭典」がレパートリーに | トップページ | ジョフリー・バレエの2016-17シーズン »