最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 2/10 「を こ」 関かおりPUNCTUMUN | トップページ | ナショナル・バレエ・オブ・カナダの2016-7シーズン »

2016/02/16

オランダ国立バレエの2016-7シーズン

オランダ国立バレエの2016-7シーズンが発表されています。

Juanjo Arques と エルンスト・マイズナー、デヴィッド・ドーソンの新作、そしてラトマンスキーの「ショスタコーヴィッチ・トリロジー」、さらにオランダ出身の振付家のトリプルビル、古典全幕と幅広いチョイスのレパートリーで魅力的です。新作中心のミックスプロでも公演回数を打てるのは羨ましいですよね。

http://www.operaballet.nl/en/program#201609

ガラ(9月7日)
デフィレつき

Dutch Masters 9月14日~25日
80歳となるトゥール・ヴァン・シャイク(新国立劇場バレエ団の「眠れる森の美女」の衣装デザインを担当した振付家./デザイナー)を記念し、ヴァン・シャイク振付の「レクイエム」、ルディ・ファン・ダンツィヒの「四つの最後の歌」(ヴァン・シャイクが衣装をデザイン)、ハンス・ファン・マーネンの「アダージョ・ハンマークラヴィーア」を上演。

「ラ・バヤデール」(ナタリア・マカロワ振付) 10月8日~11月13日

コッペリア」(テッド・ブランセン振付) 12月10日~1月1日

Made in Amsterdam 1、2 2月11日~25日、3月2日~4日
「Made in Amsterdam 1」と「Made in Amsterdam 2」の2プログラムが交互に上演。Made in Amsterdam 1では、ハンス・ファン・マーネンの「フランク・ブリッジ変奏曲」と、Ton Simons.の「Romance」、そして新作2つ、Juanjo Arques と エルンスト・マイズナーの二人の若手振付家による作品です。エルンスト・マイズナーの作品は、先日のローザンヌ国際コンクールでも、オランダ国立バレエのジュニア・カンパニーによって踊られました。
Made in Amsterdam 2では、ラトマンスキーの「Souvenir d’un lieu cher(なつかしい土地の思い出)」、ウィールドン「Concerto Concordia」、クリストフ・パストール「Moving Rooms」の3人の人気振付家がカンパニーのために振付けた作品を上演。さらに、デヴィッド・ドーソンの新作「星の王子様」も上演されます。

NDT公演2月15日、16日
ゲストカンパニーとして、ネザーランド・ダンス・シアターが2公演を行います。芸術監督ポール・ライトフットと、パートナーのソル・レオンの作品、そしてクリスタル・パイトの作品をフィーチャーした公演です。

Juniors Go Dutch オランダ国立バレエのジュニアカンパニー公演 2月18日、19日、3月3日~19日、5月1日~14日(3月、5月公演はオランダ国内のツアー)

「オネーギン」(クランコ振付) 3月29日~4月16日

The little big chest(エルンスト・マイズナー振付)4月21日~26日
子供向けのプロダクション

ベスト・オブ・バランシン」  5月2日~20日 オランダ国内のツアー 
「テーマとヴァリエーション」「アポロ」「ストラヴィンスキー・ヴァイオリン・コンチェルト」

ショスタコーヴィッチ・トリロジー」(ラトマンスキー振付) 6月17日~
ABT、サンフランシスコ・バレエ、ナショナル・バレエ・オブ・カナダで上演されて大好評の、ラトマンスキー振付によるショスタコーヴィッチ3部作がオランダで初演。「第九交響曲」、「室内交響曲」、「ピアノ・コンチェルト」の3作品。

New Moves 2017 6月26日
ダンサーによる振付作品の上演 


ところで、現在オランダ国立バレエでは、芸術監督のテッド・ブランセンによる新作「マタ・ハリ」が上演中ですが、こちらの作品が大評判のようです。
http://www.operaballet.nl/en/ballet/2015-2016/show/mata-hari

Tarik O’Reganにオリジナル楽曲を委嘱したこの作品は、第一次世界大戦で活躍したダンサーで有名な女スパイのマタ・ハリの生涯を描いたものです。非常に力の入ったプロダクションで、オランダ国立バレエのYouTubeチャンネルでメイキングの動画も7本も公開され、興味をそそります。

オランダ国立バレエ 「ドン・キホーテ」(ラトマンスキー版 プロローグ付全3幕) [DVD]オランダ国立バレエ 「ドン・キホーテ」(ラトマンスキー版 プロローグ付全3幕) [DVD]

日本コロムビア 2011-12-20
売り上げランキング : 80047

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2/10 「を こ」 関かおりPUNCTUMUN | トップページ | ナショナル・バレエ・オブ・カナダの2016-7シーズン »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

「マタ・ハリ」、短い映像からの印象は、「オネーギン」と「マノン」を足して割った所に「アナスタシア」を少し、という感じがします。

守屋さん、こんにちは。

確かにそれっぽいというか、それにエキゾチック風味を足した感じでしょうかね。マタ・ハリはオランダ人の血が入っているので、確かにこのバレエ団にゆかりが無くもない感じです。(一応モダン・ダンスの歴史を読んでいると彼女の名前も出てきます)チケットはほぼソールドアウトとなったそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/10 「を こ」 関かおりPUNCTUMUN | トップページ | ナショナル・バレエ・オブ・カナダの2016-7シーズン »