BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 東京シティ・バレエ団「L'heure bleue」イリ&オットー・ブベニチェク トークイベント | トップページ | オルガ・スミルノワがボリショイ・バレエのプリンシパルに昇進 »

2016/01/15

新国立劇場バレエ団2016/7 ラインアップ

新国立劇場バレエ団の2016/2017シーズン バレエ&ダンス ラインアップが発表されました。

http://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/160115_007945.html

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/variety/#anc2016_17

<2016/2017シーズン バレエ ラインアップ>

ロメオとジュリエット (ケネス・マクミラン振付) 10月29日(土)・30日(日)・11月2日(水)~5日
 
シンデレラ (フレデリック・アシュトン振付)12月17日(土)~19日(月)・23日(金)~25日(日)
 
ヴァレンタイン・バレエ(テーマとヴァリエーション、パ・ド・ドゥ集、トロイ・ゲーム) 2月17日(金)・18日(土)

コッペリア (ローラン・プティ振付)2月24日(金)~26日(日)
 
眠れる森の美女(ウェイン・イーグリング振付) 5月5日(金)~7日(日)・12日(金)・13日(土)
 
ジゼル  6月24日(土)・25日(日)・30日(金)・7月1日(土)
 
<2016/2017シーズン ダンス ラインアップ>

JAPON dance project 2016
 
新国立劇場バレエ団
DANCE to the Future 2016 Autumn
 
中村恩恵×新国立劇場バレエ団
「ベートーヴェン・ソナタ」
 
小野寺修二 カンパニーデラシネラ
「ふしぎの国のアリス」


*****

<バレエ>

ロミオとジュリエット
2016年10月29日(土)14:00 11月2日(水)13:00 11月4日(金)14:00
ジュリエット 小野絢子 ロメオ 福岡雄大

10月30日(日)14:00
ジュリエット 米沢 唯 ロメオ 井澤 駿

11月3日(木・祝)14:00 11月5日(土)14:00
ジュリエット 米沢 唯 ロメオ ワディム・ムンタギロフ


シンデレラ

2016年12月17日(土) 14:00
シンデレラ 小野絢子 王子 福岡雄大

12月19日(月) 13:00
シンデレラ 長田佳世 王子 菅野英男

12月23日(金・祝) 13:00
シンデレラ 米沢 唯 王子 井澤 駿

12月25日(日) 14:00
シンデレラ 未定 王子 奥村康祐

12月18日(日) 14:00、12月23日(金・祝) 18:00、12月24日(土) 14:00 未定


ヴァレンタイン・バレエ」 2017年2月17日(金)19:00、2月18日(土)14:00 

『第1部  テーマとヴァリエーション』

『第2部  パ・ド・ドゥ集』
「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ(17日)
「白鳥の湖」第3幕より 黒鳥のパ・ド・ドゥ(18日)
「ソワレ・ド・バレエ」
(音楽 アレクサンドル・グラズノフ 振付 深川秀夫)
「タランテラ」

『第3部』
「トロイ・ゲーム」(振付 ロバート・ノース)

2017年2月17日(金) 19:00
「テーマとヴァリエーション」 米沢 唯、福岡雄大
「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ 未定
「ソワレ・ド・バレエ」 未定
「タランテラ」 未定

2月18日(土) 14:00
「テーマとヴァリエーション」 小野絢子、奥村康祐
「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ 未定
「ソワレ・ド・バレエ」 未定
「タランテラ」 未定

コッペリア

2016年2月24日(金) 19:00
スワニルダ 小野絢子 フランツ 福岡雄大

2月25日(土) 13:00
スワニルダ 米沢 唯 フランツ井澤 駿

2月25日(土) 18:00
スワニルダ 未定 フランツ 奥村康祐

2月26日(日) 14:00 未定

眠れる森の美女

2017年5月5日(金・祝)14:00 5月6日(土)14:00
オーロラ姫 米沢 唯 デジレ王子 ワディム・ムンタギロフ

5月13日(土)14:00
オーロラ姫 小野絢子 デジレ王子 福岡雄大

5月7日(日)14:00と 5月12日(金)未定 はキャスト未定


ジゼル
2017年6月24日(土) 13:00
ジゼル 米沢 唯 アルベルト 井澤 駿

6月24日(土) 18:00
ジゼル 小野絢子 アルベルト 福岡雄大

6月25日(日) 14:00 6月30日(金) 未定 7月1日(土) 14:00 はキャスト未定

<ダンス>

JAPON dance project 2016
2016年8月27日(土)14:00 
2016年8月28日(日)14:00 

【振付・出演】遠藤康行、小池ミモザ、柳本雅寛、青木尚哉、児玉北斗
【特別出演】小野絢子、八幡顕光、米沢 唯、島地保武、大宮大奨
【美術】針生 康
【照明】櫛田晃代

新国立劇場バレエ団
DANCE to the Future 2016 Autumn

2016年11月18日(金)19:00 
2016年11月19日(土)14:00 
2016年11月20日(日)14:00 

中村恩恵×新国立劇場バレエ団
「ベートーヴェン・ソナタ」
(新作)

2017年3月18日(土)14:00
2017年3月19日(日)14:00 

【音楽】ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
【振付】中村恩恵
【出演】首藤康之、新国立劇場バレエ団

小野寺修二 カンパニーデラシネラ
「ふしぎの国のアリス」

2017年6月3日(土)13:00
2017年6月4日(日)13:00 
2017年6月9日(金)19:00 
2017年6月10日(土)13:00 
2017年6月11日(日)13:00 


あと、上記サイトには案内がありませんが、新制作で、
こどものための「白鳥の湖」公演

2016年7/21(木) 11:30 / 15:00
22(金)11:30 / 15:00
23(土)11:30 / 15:00
24(日)11:30 / 15:00

詳しい説明はこちらにあります。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/press/upload_files/lineup_ballet_dance_2016-2017.pdf

*****
新作どころか新制作もなしですか、と思ったら、中村恩恵さんの「ベートーヴェン・ソナタ」そして「こどものための「白鳥の湖」」が新制作でしたね。それにしても、20世紀バレエは「ロメオとジュリエット」「シンデレラ」「コッペリア」があるものの、基本的には古典バレエがベースで、何とも保守的なラインアップといえます。しかも上演回数も極めて少ない。(「バレエ」では全部で30公演にもなりません)

「ヴァレンタイン・バレエ」というガラには、バランシン、そして「トロイ・ゲーム」、深川秀夫さんの「ソワレ・ド・バレエ」はありますが、2公演のみでガラ形式。現代作品がほとんどありませんので、これでは完全に世界に後れを取ってしまっています。

今、世界の多くのバレエ団で人気の高い振付家は、ウィールドン、ラトマンスキー、マクレガー、スカーレット、ジャスティン・ペックといったあたりで、この辺の人達は、以前のラインアップ説明会でも話が出たように、数年先まで予定がぎっしりなのだそうです。このほかにも、アレクサンダー・エックマン、クリスタル・パイト、デミス・ヴォルピ、マルコ・ゲッケ、アクラム・カーンなども同じく相当先まで予定が入っていて、依頼するのは難しいと思われます。

ほかのバレエ団と同じことをする必要はないと言えばそれまでですが、今どきこんな博物館のような上演をしているバレエ団もほとんどないのではと思われます。数年前のビントレー時代に、ジェシカ・ラングに「暗やみから解き放たれて」という美しい新作を振付けてもらったのは、奇跡のような話です。

ダンスの方の範疇になりますが、中村恩恵さんが振付ける新作「ベートーヴェン・ソナタ」、そして団員の創作による「DANCE to the Future 2016 Autumn」があるのは良いことです。これがもう少し規模の大きな公演につながっていけばよいのですが。

« 東京シティ・バレエ団「L'heure bleue」イリ&オットー・ブベニチェク トークイベント | トップページ | オルガ・スミルノワがボリショイ・バレエのプリンシパルに昇進 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。「手堅い」ラインナップですね(笑)
NYCBが「我々はミュージアムではない」といつも云いながら、しっかりすがる遺産があるのに比べると、ゼロからここまでよく頑張っているなあと思います。でも、最近、クラスレッスン公開を直前に組んでいるところをみると、興業的に厳しいのかなあ。
マーティン・イエーツさん指揮のプロコフィエフはいいですよね。構成がしっかりして透き通って聴こえます。コベントガーデンのセミナーでお話を聴いたことがありますが、とっても知的な方でした。
パリオペも混迷していますし、ロイヤルもアコスタが批評でさんざん叩かれていたりしますね。みんな方向性を探している時期なのでしょうか。

junさん、こんにちは。

いやはや本当に手堅すぎるラインアップで、これに比べれば、新制作の「ホフマン物語」やビントレーの「アラジン」が入っている今期はまだ進んでいる~と思ったほどでした(苦笑)

そうですね~ホフマン物語は最初あまりチケットが売れていなくて、クラスレッスンを入れたのも、当初イープラスの得チケでクラスレッスン見学付きチケットを売ってしまって、アトレ会員が激怒してクレームを入れたからです。私もアトレ会員ですが、会員になっていていいことといえばチケットの割引と先行発売くらいなので。。。ラ・シルフィードはどうなんでしょう。ちょうど、時期的に東京バレエ団の白鳥と牧の白鳥と日程が重なっていて、少ないパイの取り合いになっている感じなのかもしれません。(私もこの週末、あちこち劇場を移動しなくちゃならなくて大変!)

あと、本文には書いていないのですが、キャストを観れば一目瞭然ですが、小野福岡ペアと、米沢―ムンタギロフもしくは米沢ー井澤にほぼ偏っていて、もちろん小野さんも米沢さんも、押しも押されぬ素晴らしいプリマで、当然キャストされてしかるべきですが、それ以外の人も観たい、と思うんでしょね~。長田さん、本島さん、八幡さん、マイレンといったプリンシパルの名前がほとんどないし、細田さん、奥田さんといった実力のあるソリストももっと抜擢されていいのにね、と思います。

マーティン・イエーツさんは本当に良い指揮者さんですよね。ポール・マーフィさん、アレクセイ・バクランさんと良い指揮者を使っていると思います。

確かにパリオペも、まだ12月に観に行ったときのことを報告できていませんが、いろいろと問題がありますし、ロイヤルもアコスタのカルメンとマクレガーのレイヴン・ガールが失敗作で批判されていますからね~いろいろと混迷期なのかもしれません。

大原さんもダンサーさんには人望があり、経験も豊富でミストレスとしては優秀な方ですが、このバレエ団の芸術監督は誰がやっても大変な仕事で思うようにリーダーシップも発揮できないんでしょうね。

こんばんは。
いつも沢山の情報を楽しく読ませて頂いています。
2015年のバレエ界の出来事も凄くわかりやすくてとっても良かったです。
ありがとうございます!

新国立劇場バレエ団の2016-7のラインアップ、確かに手堅いですよね。
私は好きな演目盛り沢山で嬉しいけれど~。(^^)

お友達と初台でバレエ鑑賞する機会も多いのですが、ビントレー演目時代はあちこち誘いを断られてしまい一人で鑑賞も結構ありました。
私は面白いと思っていても、なぜかバレエ友達の反応は寂しかったです。
日本も観客が成熟していかなければ、なかなか難しい問題のようです・・。

今回、来シーズンの演目を知って実はアトレ会員復活を決めました。
プティのコッペリア、ロミオとジュリエット、ジゼルはずっとリクエストしていましたし、イーグリングの眠りも前回小野&福岡組を観て良かったので、米沢&ムンタギロフ組も是非鑑賞したいと思っています。

今年もnaomiさんのバレエ情報、楽しみにしていますのでよろしくお願いします!

ますみさん、こんにちは。

確かに来シーズン、良い演目もありますね~。ロイヤル・バレエもマクミラン版の「ロミオとジュリエット」で来日公演を6月にして、そのすぐ後となってしまいますが、前回上演した時の小野絢子さんのジュリエットはとても演技力が素晴らしかったので、また観たいな、と思っていたのでした。ジゼルももちろん好きですが、ジゼルだったらもう少し上演回数を増やして、いろんなキャストで上演してもいいのかな、という気もします。

たぶん、そもそも上演回数や、プログラムの数が少ないんだと思うんですよね。来シーズンの演目に加えて、現代作品のトリプルビルか、新作があったら、文句を言う人も少なかったのかな、と思いました。ビントレー作品、私も「パゴダの王子」とか大好きなんですけどね。バレエファンを成熟させるのはなかなか難しそうですよね。そして、上演回数をたくさんやるには、お客さんの入りが厳しいのでしょうかね。お金がないって辛いですよね。

こんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京シティ・バレエ団「L'heure bleue」イリ&オットー・ブベニチェク トークイベント | トップページ | オルガ・スミルノワがボリショイ・バレエのプリンシパルに昇進 »