BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マッツ・エックの引退ツアー、そして引退後の作品封印/追記 | トップページ | 愛知県芸術劇場2016年ラインアップ、「月夜に煌めくエトワール」公演、あいちトリエンナーレ2016 »

2016/01/08

第16回マリインスキー国際フェスティバル/フィリップ・スチョーピン昇進

第16回マリインスキー国際フェスティバルの概要が発表されています。

http://www.mariinsky.ru/en/news1/news2/06_233jan/

プレイビル
http://www.mariinsky.ru/en/playbill/festivale/fest_2015_2016/ballet_fest_233/

3月31日のオープニングを飾るのは、新作「青銅の騎士」。1949年にロスティスラフ・ザハーロフが振付けた「青銅の騎士」を基にしながら(1980年のリバイバル上演に出演したダンサーたちのアドバイスを得て)、ユーリ・スメカロフが新しい振付を追加するものとなります。原作はアレクサンドル・プーシキン、音楽はレインゴリト・グリエールです。

ゲストカンパニーはペルミ劇場バレエで、マクミランの「三人姉妹」、アシュトンの「レ・パルティヌール」、そしてダグラス・リーがこのカンパニーのために振付けたSnow Was Falling を上演します。

4月1日には、「ディアナ・ヴィシニョーワの夕べ」プログラムがあり、カロリン・カールソンの「Woman in a Room」とハンス・ファン・マネンの「LIVE」が上演されます。

今回で四度目となりますが、若手振付家のためのクリエイティブ・ワークショップが開催され、カンパニー内外の若手振付家の作品が上演されます。このワークショップには、マリインスキー・バレエのダンサーだけでなく、ボリショイ、パリ・オペラ座のソリストも参加します。

「ジゼル」、「眠れる森の美女」、「白鳥の湖」、「ラ・バヤデール」が上演されますが、このうちのいくつかの作品にも、パリ・オペラ座のダンサーがゲスト出演するそうです。(まだ誰なのかは発表されていません)

マリインスキー国際フェスティバルの最後を締めくくるのは4月10日のガラ公演です。今年2月にパリ・オペラ座で初演される、バンジャマン・ミルピエ振付の「Appassionata」(マリインスキー・バレエとの共同制作)が上演され、アマンディーヌ・アルビッソンとエルヴェ・モローが、マリインスキー・バレエのダンサーたちともに出演する予定です。なお、この「Appassionata」は、ガルニエでも、5月にオペラ座ダンサーとマリインスキーのダンサーのミックスされたキャストで上演されます。


ちなみに、先日の来日公演では「ロミオとジュリエット」で、負傷したシクリャーロフの代わりにロミオ役を見事に務め、さらに「ロミオとジュリエット」の吟遊詩人役や、「白鳥の湖」のパ・ド・トロワなどで活躍したフィリップ・スチョーピンがこのたびファースト・ソリストに昇進しました。
http://www.mariinsky.ru/en/company/ballet/troupe/

身長は高くないものの容姿に恵まれ、正確な技術、端正な踊りを見せられるスチョーピンは、正統派マリインスキーの貴重な存在です。

« マッツ・エックの引退ツアー、そして引退後の作品封印/追記 | トップページ | 愛知県芸術劇場2016年ラインアップ、「月夜に煌めくエトワール」公演、あいちトリエンナーレ2016 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マッツ・エックの引退ツアー、そして引退後の作品封印/追記 | トップページ | 愛知県芸術劇場2016年ラインアップ、「月夜に煌めくエトワール」公演、あいちトリエンナーレ2016 »