BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「ストラヴィンスキー・トリプル・ビル」 取材会(パート2) | トップページ | NHK-BSプレミアムで、マリインスキー・バレエ「アンナ・カレーニナ」放映/WOWOWのマリインスキー・バレエ特集 »

2015/12/01

ロベルタ・マルケスがロイヤル・バレエを退団

ロイヤル・バレエのプリンシパル、ロベルタ・マルケス。K-BALLET COMPANYの公演にもよくゲスト出演していたので、日本の観客にもおなじみの、愛らしいダンサーです。

最近ロイヤル・バレエでの出番がめっきり減ってしまって多くのファンが心配していましたが、その心配が現実となってしまいました。12月2日の「ロミオとジュリエット」最終日が、彼女のロイヤルでの最後の公演となってしまうことが発表されています。

http://www.roh.org.uk/news/roberta-marquez-to-leave-the-royal-ballet

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに生まれたマルケスは、ブラジルのMunicipal Theatre Balletに1994年に入団。2002年にはプリンシパルに昇進し、2003年にはABTの「ラ・バヤデール」にニキヤ役でゲスト出演しています。2001年に、同じくロイヤル・バレエにのちに移籍したティアゴ・ソアレスとモスクワ国際コンクールに出場し、銀メダルを受賞しました。

2004年にロイヤル・バレエにプリンシパルとして移籍。オデット/オディール、ジュリエット、ニキヤ、「コッペリア」のスワニルダ、ジゼル、マノン、「オネーギン」のタチヤーナなど古典やアシュトン、マクミラン作品を中心に演じました。K-BALLET COMPANYには、「ロミオとジュリエット」や「カルメン」などで最近でもゲスト出演しています。

特に「ラ・フィーユ・マル・ガルデ(リーズの結婚)」のリーズ役は、彼女のコメディエンヌとしての魅力が生きる当たり役で、彼女がスティーヴン・マックレーと共演した映像は映画館中継されています。

マルケスは、2016~17シーズンに一演目ロイヤル・バレエにゲスト出演して、正式なさよなら公演とする予定と、ロイヤルの芸術監督のケヴィン・オヘアは語っています。

引退するわけではないようなので、また舞台で観られる可能性はありますが、残念ですね。

« 「ストラヴィンスキー・トリプル・ビル」 取材会(パート2) | トップページ | NHK-BSプレミアムで、マリインスキー・バレエ「アンナ・カレーニナ」放映/WOWOWのマリインスキー・バレエ特集 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

彼女の大ファンだったので非常に残念だ。出来れば日本のバレエ団に来てほしいが日本はギャラが安いので無理かな。だったらアメリカだ。ロイヤルはなぜ彼女を使わないのか不思議だ。

こんにちは。お返事が遅くなりました。
ロベルタ・マルケス、本当に魅力的なバレリーナだったので残念ですよね。。。時々K-Balletにもゲストで出てたのですが、最近は来なくなってしまって。実力があっても、芸術監督に好まれなかったりすると出番が減ってしまったりしますよね。DVDにはなっていませんが、映画館中継されて、クラシカ・ジャパンで放映された「ラ・フィユ・マル・ガルデ」での彼女は最高でしたね。
ところで、彼女はつい先日、ワークショップのために来日していたようです。今は教えるのが中心なんでしょうか。
http://www.syddance.co.jp/seminars.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ストラヴィンスキー・トリプル・ビル」 取材会(パート2) | トップページ | NHK-BSプレミアムで、マリインスキー・バレエ「アンナ・カレーニナ」放映/WOWOWのマリインスキー・バレエ特集 »