BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ボリショイ・バレエの2016年夏ロンドン公演発表 | トップページ | 11/10 大前光市公演「わたしのブレイクスルー」 »

2015/11/11

ミハイロフスキー・バレエとマリインスキー・バレエの来日公演キャスト変更

バレエ公演にはキャスト変更がつきものですが、ミハイロフスキー・バレエとマリインスキー・バレエの来日公演のキャスト変更が発表になっていました。

「ミハイロフスキー劇場バレエ 〜旧レニングラード国立バレエ〜」 出演者変更のお知らせ
http://www.koransha.com/news/news_20151110.html

出演を予定しておりましたエカテリーナ・ボルチェンコが劇場の都合により来日することができなくなりました。また、ポリーナ・セミオノワが1月6日、9日のみの出演となり、10日の「白鳥の湖」には出演することができなくなりました。これに伴いまして、キャスト出演日を変更させていただきます。

1月2日「新春特別バレエ」にルジマトフ。
3日、9日「白鳥の湖」、6日「ジゼル」にサラファーノフ。
2日「新春特別バレエ」、5日「ローレンシア」、10日「白鳥の湖」にペレン。
8日「海賊」、11日「白鳥の湖」にヴォロンツォーワが出演いたします。


1/2(土)新春特別バレエ 
「くるみ割り人形」 : クリギナ ⇒ ヴォロンツォーワ
ヤフニューク ⇒ レベデフ
「白鳥の湖」 : ソボレワ
レベデフ ⇒ ルジマトフ
「ローレンシア」 : ヴォロンツォーワ ⇒ ペレン
ワシリーエフ

1/3(日)白鳥の湖 
ペレン
レベデフ ⇒ サラファーノフ

1/5(火)ローレンシア 
ヴォロンツォーワ ⇒ ペレン
ワシリーエフ

1/6(水)ジゼル
セミオノワ
レベデフ ⇒ サラファーノフ

1/8(金)海賊
ボルチェンコ ⇒ ヴォロンツォーワ
サラファーノフ、ルジマトフ

1/9(土)白鳥の湖
セミオノワ
レベデフ ⇒ サラファーノフ

1/10(日)白鳥の湖
セミオノワ ⇒ ペレン
サラファーノフ ⇒ レベデフ

1/11(月・祝)白鳥の湖
ボルチェンコ ⇒ ヴォロンツォーワ
レベデフ

なんと、全9公演のうち8公演でキャスト変更です。劇場の都合でキャスト変更が起きるのは仕方がありませんが、予定通り来られているダンサーの出番が玉突き変更になるのは、正直勘弁してほしいです。キャスト目当てに、発売早々からチケットを買っている人も多いわけで。こういうことが起きると、直前までチケットを買わない買い控えが起きてしまいますよね。

そしてマリインスキー・バレエのキャスト変更です。

https://www.japanarts.co.jp/blog/blog.php?id=1623

【キャスト変更のお知らせ】マリインスキー・バレエ(11月11日現在)

マリインスキー・バレエのアリーナ・ソーモワ、ヤナ・セーリナは、劇場の都合により日本公演に参加せず、エカテリーナ・コンダウーロワ、マリーヤ・シリンキナが来日するとの連絡がありました。 これに伴い【マリインスキー・バレエ2015年日本公演】のキャストを一部変更させていただきます。 お客様におかれましては、なにとぞご了承いただきますようお願い申し上げます。


■11月22日(日) 大阪フェスティバルホール 「ロミオとジュリエット」
<ジュリエット役>アリーナ・ソーモワ → マリーヤ・シリンキナ

■11月26日(木) 文京シビックホール 「ジュエルズ」
 [エメラルド] ヤナ・セーリナ → ヴィクトリア・クラスノクツカヤ
 [ルビー] エカテリーナ・チェブキナ → エカテリーナ・コンダウーロワ

■11月28日(土) 東京文化会館 「愛の伝説」
<シリン役> アリーナ・ソーモワ → マリーヤ・シリンキナ

■11月30日(月) 東京文化会館 「ロミオとジュリエット」
<ジュリエット役> アリーナ・ソーモワ → マリーヤ・シリンキナ

■12月4日(金) 東京文化会館 「白鳥の湖」
<オデット・オディール役>アリーナ・ソーモワ → ヴィクトリア・テリョーシキナ

■12月6日(日)東京文化会館 「白鳥の湖」
<オデット・オディール役> ヴィクトリア・テリョーシキナ → エカテリーナ・コンダウーロワ

こちらも、玉突きキャスト変更が発生していますが、コンダウーロワが怪我から回復して出演してくれるのは良かったです。(本来出演予定の日程に出演することになりますね)

なお、こちらの記事によると、ナタリア・マカロワの誕生日を祝うため、マカロワが12月2日の「ロミオとジュリエット」公演に来るとのことです。
「当劇場は日本で一緒にお祝いをするため、マカロワ氏を招いた。東京で合流する。マカロワ氏のお気に入りの演目の一つである『ロミオとジュリエット』を、クリスティーナ・シャプランとティムール・アスケロフが踊る」とファテエフ団長代行。
http://jp.rbth.com/arts/2015/11/09/538601

« ボリショイ・バレエの2016年夏ロンドン公演発表 | トップページ | 11/10 大前光市公演「わたしのブレイクスルー」 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

Naomiさん

素早いご報告ありがとうございます。
私は、新春特別公演と10日の白鳥を発売早々に購入していたので、えぇ!キャスト変更?!と心臓がバクバクしてしまいました。

チケット購入時には出演者変更の可能性ありとは書いてありますが、Naomiさんのおっしゃる通り、高いチケットを早々に買っている者としては、ちょっと
勘弁してほしいです。

当然ですが、日にちは出演者を見て購入しますので、これほどの大幅変更なら、こちらも日にちの変更をしたくなってしまいます。
次回からは直前に買おうかなーと考えてしまいました。

なっちゃんさん、こんにちは。

私も、ミハイロフスキー、5日のローレンシア、6日のジゼル、11日の白鳥の湖を購入しているんです。本当にガーンなんですよね。怪我で出演できなかったらそれは仕方ないことですけど、パートナーの関係もあるとはいっても、無事来日する予定なの二こんなに動かしてしまったら、予定していた人が全然見られないじゃない、ということになりますよね。うーん直前まで待つべきなのかな、と思ってしまいます。劇場の都合と言われても、そこをなんとか予定通りになるように交渉するのも招聘元の仕事かな、と思います。

怪我・病気は別として、劇場側の都合だけで万が一にも安易に変更されているとしたらバレエ界の発展のため好ましいとは言えないと思います。芸術といえどアーティストとカスタマーとの一体感は大変重要と考えますので、招聘元にはそこを良く考えた活動をお願いしたいものです。変更理由の説明責任はあると思います。特に今回気になったのは、マリインスキーから中国⇒日本ツアーメンバーが公表され(これにはメンバー変更の記載なし)、その後に招へい元から変更のアナウンスがありました。これって何ですか?ですよね。こんなやりかたが、この業界では当たり前になっているんですかね? 尚、招聘元の方には日頃よりお世話になっております(笑)。失礼致しました。

Naomiさん

お返事ありがとうございます。
Naomiさんも3日間も購入されて
いたんですね。

本当にショックですよね。
もう少しお客さんのことを考えてほしいものだとつくづく思います。
直前に買ったのでは、良席は望めないしですしね。
もう少しバレエファンを大切にしてほしいものです。

densukeさん、こんにちは。

ロシアのバレエ団は大規模で、ツアー公演を行う時も、引っ越し公演というよりはツアー組と居残り組に分かれて、現地でも公演をやっているのでこういうことが起きてしまうんですよね。いろいろと事情はあるけど、このキャストとしてチケット売っているから、もう少し何とかしてほしいと思うのです。(ジャパンアーツのサイトには、最終的なキャストは当日発表です、と書いてありますが)

いろいろと難しい事情もあるし、どうしようもないこともあるのはわかりますけどね。マリインスキーに関していえば、私が買っているチケットではそれほど大きなキャスト変更はありませんでした。

なっちゃんさん、こんばんは。

そうですね、なかなか難しい事情があるというのはわかるけど、本国側にしても、もう少しバレエファンを大事にしてほしいと切に願うのでした。結構今回の変更は私ショックでしたわ~。

naomi さま、ありがとうございます。ソーモアさんのジュリエットを観たかったのですが!マリーヤ・シリンキナさんのジュリエットを楽しみにすることにしました。シャプランさんのも追加購入してしまいました(笑)。ソーモアさん観たことありませんので、早く観てみたいです。

naomiさん、こんばんは。

ローレンシアは大好きなヴォロンツォーワ(以前、好きなダンサーだとかきましたが)が出ているのですが見に行けません。(その時期は他の公演があるので…)でもチケットを買っていたらぺレンになってしまっていたなんて…正直、信用できないですよね~

you tubeを見ていたらヴォロンツォーワのローレンシアが出てきて…(naomiさんなら知っているかもしれませんが)その公演が終わったら見てください!やっぱりワシリーエフとヴォロンツォーワはすごいですよ!でもヴォロンツォーワには白鳥の湖に専念してほしいですね。(ヴォロンツォーワの白鳥の湖、また批評してください!)


densukeさん、こんにちは。

お返事が遅くなりました!
ソーモワは今は充実期のようなので、今回みられなくて本当に残念ですが、マリア・シリンキナもとても繊細で美しいバレリーナなので期待できると思います。私もシャプランのジュリエットを観に行きます。なんだかんんだいって、マリインスキーの来日公演は、とても楽しみです!

k.jさん、こんばんは。

キャスト変更は楽しみにしているキャストだとショックですよね。。。私はローレンシアも観に行く予定ですが、当初ボルチェンコが主演予定だった横浜の白鳥は、ヴォロンツォーワで観ることになったので、まあよしとします。はい、YouTubeで探してヴォロンツォーワのローレンシア、見てみますね!

Naomiさん

お返事ありがとうございました。私もセミノオワの白鳥は、また次回の楽しみにすることにして、ペレンの白鳥は初見なので、楽しみにすることとします。

naomiさま。お返事ありがとうございます。コメントも頂きまして重ねてありがとうございます。ともかく年末から新春にかけてバレエ三昧楽しみます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボリショイ・バレエの2016年夏ロンドン公演発表 | トップページ | 11/10 大前光市公演「わたしのブレイクスルー」 »