BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「白鳥の湖」初演の失われていた資料が発見 | トップページ | Noismの「カルメン」再演と、平田オリザ脚本新作「ラ・バヤデール」 »

2015/10/08

ウリヤーナ・ロパートキナのイェール大学でのレクチャー&パフォーマンス、ネット中継

現代最高のバレリーナの一人であるウリヤーナ・ロパートキナ(マリインスキー・バレエ)。その彼女が、イェール大学の音楽学部に招かれ、10月13日~15日の3日間、レクチャーとパフォーマンスを行います。

http://news.yale.edu/2015/10/06/yale-school-music-presents-prima-ballerina-performance-and-conversation

http://music-tickets.yale.edu/single/eventDetail.aspx?p=15128

これらのレクチャーとパフォーマンスはすべて無料で(ただし観覧の申し込みは必要)、インターネットで生中継されます。(ストリーミングのサイトはこちら

10月13日(火曜)16時にには、レクチャーとデモンストレーションが行われます。ロパートキナは、バレエダンサーのキャリアにかかわる技術的な問題やトピックについて話します。質疑応答も行われます。

15日(木曜)12:30には、イェール大学のダンス研究所のディレクターEmily Coatesと、音楽学部長のRobert Blockerと対談します。

そして14日(水)19:30からは、ロパートキナがアンドレイ・エルマコフと共演してパフォーマンスを行います。「ロシア・バレエの3つの伝説」と題された公演は、アンナ・パヴロワ、ガリーナ・ウラノワ、そしてマイヤ・プリセツカヤのロシア3大バレリーナへのトリビュートとなります。3人のバレリーナの映像も上映されます。

ロパートキナが踊るのは、「白鳥の湖」のルースカヤ、「ショピニアーナ」のワルツ、メッセレル振付の「メロディ」、そしてローラン・プティ振付「薔薇の死」。そして締めくくりには、パヴロワ始め3人の偉大なバレリーナたちも踊った「瀕死の白鳥」が踊られます。

イェール大学がある米国コネチカット州と日本の時差は14時間です。14日の公演は、日本では15日の朝9:30となるので、仕事の時間に重なりそうですが、頑張れば観られそうですね。

世界のプリマバレリーナたち vol.2 ロパートキナのヴァリエーション・レッスン [DVD]世界のプリマバレリーナたち vol.2 ロパートキナのヴァリエーション・レッスン [DVD]

TDKコア 2007-09-26
売り上げランキング : 45513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 「白鳥の湖」初演の失われていた資料が発見 | トップページ | Noismの「カルメン」再演と、平田オリザ脚本新作「ラ・バヤデール」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「白鳥の湖」初演の失われていた資料が発見 | トップページ | Noismの「カルメン」再演と、平田オリザ脚本新作「ラ・バヤデール」 »