BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 笹本龍史さんが山崎広太さん振付「OQ」でベッシー賞を受賞 | トップページ | チャコット主催「バレエ・プリンセス」公演、出演者オーディション開催 »

2015/10/21

シルヴィ・ギエムのラスト公演 「東急ジルベスタ―コンサート2015-2016」に出演

現在、高松宮殿下記念世界文化賞(演劇・映像部門)の授賞式で来日中のシルヴィ・ギエム。(今日が授賞式)

2015年限りでの引退を表明しているシルヴィ・ギエムが、テレビ東京系で毎年、新年のカウントダウンを生中継している「東急ジルベスタ―コンサート2015-2016」に出演し、代表作の「ボレロ」とともにカウントダウンすることが決定しました。12月31日、まさに日本でのラストステージが、この「東急ジルベスタ―コンサート2015-2016」となります。

21回目を迎える今回は、彼女の代表作品でもある「ボレロ」でカウントダウンを行い、2015年のフィナーレとともに、ダンサーとしての活動に幕を下ろすことになりますね。

http://www.bunkamura.co.jp/topics/orchard/2015/10/_2015-2016.html

◆番組概要
「東急ジルベスタ―コンサート2015-2016」
 放送:2015年12月31日(木)23:30~1月1日(金)00:45
テレビ東京系6局ネット、BSジャパン
 カウントダウン曲:「ボレロ」(モーリス・ラヴェル作曲/モーリス・ベジャール振付)

【出演】
 指揮:大友直人
 バレエ:シルヴィ・ギエム
 ソプラノ:小川里美
 バリトン:与那城敬
 ヴァイオリン:成田達輝
 ヴァイオリン:山根一仁

 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
 バレエ:東京バレエ団

 司会:宮本亜門、松丸友紀(テレビ東京アナウンサー)


◆公演情報
 公演日時:2015年12月31日(木) 21:30会場/22:00開演
 会場:Bunkamuraオーチャードホール
 チケット一般発売:2015年12月6日(日)10:00~
 チケット料金:後日発表
 主催:テレビ東京
 特別協賛:東急グループ
 企画制作:Bunkamura


◆お問い合わせ先
【番組に関して】
 テレビ東京(代表)03-5470-7777

【公演内容やチケット情報に関して】
 テレビ東京 事業部 03-3435-7000 <平日11:00~17:00>
 Bunkamura 03-3477-3244 <10:00~19:00>


12月30日の神奈川県民ホールの「シルヴィ・ギエム ファイナル」のチケットが取れてほっとしていたら、最後にこんな隠し玉があったんですね。東急ジルベスタ―コンサートはテレビ中継もあるので、多くの人が観られますね。注目の舞台なので、いっそのこと世界にもネット中継したら素晴らしいと思うのですが。

第27回高松宮殿下記念世界文化賞の受賞者による合同記者会見の映像
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00306225.html

世界文化賞 演劇・映像部門受賞のシルヴィ・ギエム氏が来日(ニュース映像)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00306098.html

「世界文化賞」に5人 東京で記者会見
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151021/k10010276591000.html

このうち、演劇・映像部門で選ばれたフランスの世界的バレエダンサー、シルヴィ・ギエムさんは、会見で「東京は自分が若いころ国際的に活動する出発点となった場所です。その日本で受賞できたことに感動しています」と喜びを語りました。 ギエムさんは東日本大震災が発生した際に、被災した人たちを勇気づけたいと福島県や岩手県でバレエを披露しました。ことし12月の公演を最後に引退することを表明しているギエムさんは「私はバレエを通じて訪れた場所やそこで出会った人たちを愛してきました。そのことが評価されたのだと思います」と述べました。

高松宮殿下記念世界文化賞 演劇・映像部門 シルヴィ・ギエムさん
http://www.sankei.com/life/news/151018/lif1510180019-n1.html

シルヴィ・ギエム氏(演劇・映像部門)「愛したから、という理由で賞をいただけた」
http://www.sankei.com/entertainments/news/151020/ent1510200010-n1.html

今までの受賞者の名前を見て感銘を受けました。バレエを始めてこれまで私は何をしてきたか、問い直しました。私は愛しただけ。自分がしていることを愛しました。している場所を愛して、誰のためにしているか、その人を愛した。謙虚な気持ちでいただきます。ただ単に「愛したから」という理由で賞をもらえた気がします。ただ、この世界でそれは美しいこと、必要なことだと思います。愛することは必要、なすべきことをするために、社会や文化のために。文化は社会の一部、そのために愛することは必要です。貢献の一部分を、愛することで行ってきたと思います。

こちらは、フェアウェルツアー「ライフ・イン・プログレス」のプロモーション映像

« 笹本龍史さんが山崎広太さん振付「OQ」でベッシー賞を受賞 | トップページ | チャコット主催「バレエ・プリンセス」公演、出演者オーディション開催 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

いつも情報をありがとうございます。
なんだかもういいやって気分です。
私も最後の日程になってた広島を取り、その後神奈川を取り…
ここにきてジルベスターとは。
やるなら最初から出してよって思います。
ジルベスターには興味ないですし、私は神奈川が最後になりそうです。
うーん、悔しいやら納得がいかないやら。

ポチさん、こんにちは。

ギエムは、Facebookで、横浜での30日、そして大晦日は東京で踊るようなことを、詳細は未定だけど、と書いていたので、きっとあるんではないかと思います。でも、少なくとも横浜での公演の先行発売前には大晦日の話は発表してほしかった気もします。

いずれにしても、私もおそらく横浜が最後だと思います。大晦日は家でゆっくりでテレビで見られますしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笹本龍史さんが山崎広太さん振付「OQ」でベッシー賞を受賞 | トップページ | チャコット主催「バレエ・プリンセス」公演、出演者オーディション開催 »