BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« イレク・ムハメドフがENBのバレエ・マスターとキャラクター・アーティストに | トップページ | 7/18 ロシアバレエ トップダンサー達によるグラン・ガラ »

2015/07/18

TV番組ボリショイ(ビッグ)・バレエが帰ってくる!寺田翠さん、大川航矢さんも出場

2012年にロシアの国営テレビKulturaで放映されて大きな話題を呼んだバレエ番組、ボリショイ・バレエ。(ボリショイ、とはボリショイ・バレエ団のことではなくて、大きな(ビッグ)バレエ、という意味)

2012年に放映された時には、クリスティーナ・シャプラン、セルゲイ・ポルーニン、ウラディスラフ・ラントラートフ、アルチョム・オフチャレンコ、アンドレイ・エルマコフ、オルガ・スミルノワらが出演していました。バレエ団を代表して出場したペアが踊り、審査員、および視聴者の投票で順位を決めるものです。この時は、1位がシャプラン、2位がポルーニン、3位がエルマコフという結果。

http://tvkultura.ru/vote/answer/vote_id/1/brand_id/22545

この素晴らしい番組、Большой балетで検索すれば前回の動画なども視聴することができます。


さて、このビッグ・バレエが今年帰ってくることになりました。

ボリショイ・バレエ団のサイトにも情報が載っています。
http://www.bolshoi.ru/about/press/articles/2015/3389/

ボリショイ・バレエからは、ダリア・ホフロワとイーゴリ・ツヴィルコ、
マリインスキー・バレエからはレナータ・シャキロワとエルンスト・ラティポフ、ナデージダ・バトーエワとキミン・キム。
ミハイロフスキー・バレエからはアナスタシア・ソボレワとヴィクトル・レベデフ、
クラスノヤルスク劇場バレエからは Ekaterina Bulgutova と Yuri Kudryavtsev
ペルミ・バレエからは Inna Bilash と Nikita Chetverikov
タタール・カザン・オペラ劇場バレエからは、寺田翠さん、大川航矢さん

以上6バレエ団、7組が出場することになります。(前回の台風の目、モスクワ音楽劇場バレエは出場しないのですね)

審査員は、ブリジット・ルフェーブル、ウラジーミル・ワシーリエフ、リュドミラ・セメニャカ、Xiao Suhua(北京舞踊アカデミー教師、振付家)、ファルフ・ルジマトフ、ナタリア・オシポワ、エフゲーニャ・オブラスツォーワが務めるとのこと。司会はイルゼ・リエパ。

収録は7月28日から8月6日まで行われ、秋にテレビ放映されるそうです。


ロシア・バレエの精鋭たちが競うこの番組で、日本人ペアの寺田翠さん、大川航矢さんが出場することは凄いことです。2013年のバレエ・アステラスで2人の素晴らしいテクニックを目の当たりにした方も多いことでしょう。第12回ペルミ国際バレエコンクールで1位と2位に輝いたペアです。どれくらい健闘するか、楽しみですね。

「パリの炎」

こちらは、二人がこの番組のためにリハーサルする様子。ロシアのニュースから。

http://tvkultura.ru/article/show/article_id/137468/

これは彼らが所属するタタール・カザン・オペラ劇場のサイトに掲載された、番組のお知らせ
http://kazan-opera.ru/news/10069/

マリインスキー・バレエから出場するレナータ・シャキロワは、現在はまだワガノワ・アカデミーの学生で、先ほど卒業公演を終えたばかり。マリインスキー・バレエの団員一覧にはもう名前は載っていますが、コール・ド・バレエでの入団です。しかしながら、アカデミー在籍中からマリインスキー・バレエの公演「コンチェルトDSCH」「アポロ」等に主演し、またワガノワ・アカデミーの「くるみ割り人形」に主演している期待の星です。


ボリショイ・バレエのダリア・ホフロワとイーゴリ・ツヴィルコがこの番組のためにマルコ・ゲッケの作品リハーサルをしている映像。彼らは、このほか、ユーリ・ポソホフとヴァチェスラフ・サモドゥーロフの作品も踊るそうです。
http://tvkultura.ru/article/show/article_id/136643/

« イレク・ムハメドフがENBのバレエ・マスターとキャラクター・アーティストに | トップページ | 7/18 ロシアバレエ トップダンサー達によるグラン・ガラ »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

いつも幅広く、かつ詳しい情報をありがとうございます。ビックバレエ、またやってくれるとは嬉しいです☆
とは言え、ボリショイとマリインスキー以外は知らないダンサーで、失礼ながら寺田さんと大川さんの踊りはご紹介頂いた動画で初めて見たところです…。
でも、とても魅力的ですね〜!とくに大川さんのダイナミックかつ安定したテクニックには観客同様『bravo!』と言う感じでした。ビックバレエのような短時間で視聴者の心を掴むような公演にも向いていると思います。
マリインスキーのシャキロワは、入団前からですが劇場からの期待が凄いですね。この番組で更に勢いを付けられるのか、注目です。(本当はもっと他の若手ソリストとかを出して貰いたかったけど…。)

ねこさん、こんにちは。

前回のビッグ・バレエ、6回くらい放映されたので毎週のお楽しみでしたよね。今回は、出場者が26歳以下という縛りが出たので、前回より若手が多い感じがします。私もボリショイとマリインスキー、ミハイロフスキーと日本人ペア以外は知らないダンサーです。(ミハイロフスキーの二人は、素晴らしいですよ~。今度の来日公演にも出るし。彼らがトップになる可能性も高いと思います)

大川さんは、何年か前にローザンヌ国際コンクールに出場していて、残念ならがファイナリストにはなれなかったのですが、ビデオブログに登場していたので、これを観た方も多いようです。ボリショイ・アカデミーの出身なのですが、ロシアの学校だとコンテが弱いので古典が上手くてもローザンヌだと残れないんですよね。このペアのテクニック、本当に凄いです。ほかにもYTに動画たくさんあります。この番組に向いていそうだし、本当に頑張ってほしいですよね。

レナータ・シャキロワは期待大きい一人ですね。この間はマリインスキー・バレエ本家のくるみにも主演したそうです。動画を観ると、小柄でかわいらしいタイプですね。

いつもいろいろな情報をありがとうございます。 

お返事ありがとうございます。
すみません、肝心のミハが抜けていましたね。笑
私もソボレワ&レベデフが、ペアとしてのバランスも実力もトップ候補かなと思います。そんな強豪ライバル達に刺激を受けて、日本人ペアにもぜひ頑張って貰いたいですね。
少し本筋と違うのですが、オブラスツォーワが審査員と言うのも、個人的には驚きでした。(前回で言う、マラーホフやヴィシニョーワ的な立場ですよね!?)
ダンサーも移籍先やタイミングによって環境や立場が大きく変わるものだなー、と最近よく思います。
私としては彼女にはマリインスキーが一番似合っていると思いますが、本人は以前から、マルチに活躍したいと話していたので、今の彼女の活躍を見る限り、あの移籍も悪くなかったのかもなー、などと余計なことを思ったりしています。笑

名無しの方さん、いえいえ、どういたしまして!
この番組、非常に面白いのでぜひ日本のテレビでも放映してほしいな、と思うのですけどね…。

ねこさん、こんにちは。

そうそう、私もこの出場者の中では、ソボレワ&レベデフがトップになる可能性は高いだろうな、と思っています。この二人は本当に素晴らしいですものね~。現地で観た「ラ・フィユ・マル・ガルデ」での息の合い方もとても良くて、素敵でした。
寺田さん、大川さんも、テクニックではほかの出場者に負けていないと思うし、だからこそこのメンバーにも選ばれたわけなので、今回の台風の目になってほしいなと思います。

確かに今回は審査員も少し若返ったのかな?と思います。オブラスツォーワは、踊りのタイプとしてはやはり完璧にワガノワ~マリインスキースタイルなので、ボリショイではどうかなという感じもしますが、ファテーエフに気に入られていなくてマリインスキーではプリンシパルになれませんでしたからね。正直あまり似合っていないと思いますが、椿姫やオネーギンと言ったドラマティックな役ができたのは、ボリショイに移籍したからというのもあるでしょうね。ロマンティック・バレエではもちろん天下一品ですが。

いつも素敵な記事を楽しませていただいています。日本人が出場するというこの大ニュース、Facebookにシェアさせていただきますね。

ヘレンさん、こんにちは。

このように大きな話題のテレビ番組、しかも本場ロシアの番組に日本人ペアが出るってすごいことだと思います!何週にもわたって登場することになるわけで注目度も凄いはず。本当に楽しみですよね~(たぶんYouTubeに動画は上がってくると思うし)ぜひぜひシェアしてくださいね~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イレク・ムハメドフがENBのバレエ・マスターとキャラクター・アーティストに | トップページ | 7/18 ロシアバレエ トップダンサー達によるグラン・ガラ »