BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 欧州で活躍する若手ダンサーらによる「ネオ・バレエパフォーマンス」 | トップページ | スターダンサーズ・バレエ団、オール・チューダー・プログラム(9月) »

2015/06/08

江部直哉さん、ナショナル・バレエ・オブ・カナダのプリンシパルに。

ナショナル・バレエ・オブ・カナダの昇進が発表され、江部直哉さんとエレーナ・ロブサノワがプリンシパルに昇進しました。



江部さんは、ナショナル・バレエ・オブ・カナダのスクールを卒業し2007年に入団。2012年にファーストソリストに昇進しています。長身でハンサムな彼は、「ジゼル」のアルブレヒト、「くるみ割り人形」の王子、「不思議の国のアリス」のジャック、ラトマンスキー振付「ロミオとジュリエット」のロミオなど主役も数多く経験しており、今月のヌレエフ版「眠れる森の美女」でも王子を踊るなど大活躍していました。海外の大きなカンパニーで日本人プリンシパル、しかも若くて王子様を踊れる人は貴重な存在です。

http://national.ballet.ca/Meet/Dancers/1st-Soloists/Naoya-Ebe

江部さんの日本語インタビュー記事。
http://www.bitslounge.com/interview/naoya_ebe

江部さんが、同僚森志乃さんと、エリック・ブルーンプライズに出場した時のリハーサル映像



一方で長年活躍してきた平野啓一さんは、今シーズン限りで引退。まだ34歳と若いのですが、アルバータ州に引っ越しエンジニアリングを学ぶため大学に進学するとのことです。平野さんは、ロイヤル・バレエの平野亮一さんのお兄さん。くるみ割り人形などで主役も踊っており、昨年はノイマイヤーの「ニジンスキー」の牧神やシェヘラザードの奴隷役で妖艶な魅力を見せてくれました。やはり長身でテクニックに優れていたので、いつかはプリンシパルになれると思っていましたが、3人の子供の父親である彼は、家庭生活を選んだとインタビューで語っています。

Retirements: Keiichi Hirano, Patrick Lavoie, Christopher Stalzer and James Leja
http://national.ballet.ca/Media-Room/News/Summer-Season/Retirements-Keiichi-Hirano,-Patrick-Lavoie,-Christ




http://national.ballet.ca/Meet/Dancers/1st-Soloists/Keiichi-Hirano

The Men of the National Ballet of Canada Part III: Keiichi Hirano

日本人ダンサーでは、2003年から在籍してきた平岡珠里さんが引退します。しかしこのバレエ団は、他にも森志乃さん、子安美代子さん、佐藤航太さんと日本人ダンサーが活躍しています。

同時にプリンシパルに昇進するエレーナ・ロブサノワはモスクワ出身のロシア人ですが、子供時代にカナダに移住。2004年に入団し、2011年、ラトマンスキー振付の「ロミオとジュリエット」の初演キャストに抜擢されてファーストソリストに昇進しました。2009年にはエリック・ブルーンプライズに出場して最優秀女性ダンサーに輝いています。愛らしい容姿の持ち主で、ウィールドン振付「不思議の国のアリス」のアリス役、「くるみ割り人形」の金平糖の精、「オネーギン」のオルガ役などを踊ってきました。

また、ファースト・ソリストには、コール・ド・バレエ時代に「ニジンスキー」のタイトルロールに抜擢されたスカイラー・キャンベル、同じく昨年ニジンスキー役に抜擢されたフランチェスコ・ガブリエル・フロラ、「マノン」でデ・グリュー役を踊ったハリソン・ジェームズらが昇進しています。特にフランチェスコ・ガブリエル・フロラとハリソン・ジェームズは、コール・ド・バレエからの2段階昇進です。

« 欧州で活躍する若手ダンサーらによる「ネオ・バレエパフォーマンス」 | トップページ | スターダンサーズ・バレエ団、オール・チューダー・プログラム(9月) »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

感無量ですね、江部さんのプリンシパルとしての、平野さんの新しい世界でのご活躍をお祈りします。 平野さんは長身で舞台映えする姿、きっちりとしたテクニックはもちろんですが、気品と大人の色気を併せ持つ素敵なダンサー、本音を言えば引退は淋しい限りです。

花宴さん、こんにちは。平野さんの踊りをご覧になっておられたんですね!そうなんです、彼も日本人には珍しく、大人の色気があって、非常に魅力的でした。特にニジンスキーの黄金の奴隷の妖艶さは、白人には出せないのでは、と思うような感じでしたね。舞台姿も見栄えしていたし、テクニックもしっかりしており、まだ年齢的にもこれからの人だと思っていたので、私も寂しい限りです。

6月20日 平野さんの最後のステージSleeping Beauty を観てきました(平野さんはブルーバード)。感無量でした。平野さんの力強くセクシーで、気品あふれる踊りをもう観ることができないのは、トロント在住の、バレエファンにとって、本当に残念です。拍手喝采のなか、カレン・ケインはもちろん平野さんのお子様もステージに登場し、とても感動的なフィナーレでした。

こんばんは、コメントありがとうございます。

平野さんの最後のステージ、ご覧になったのですね!FBで写真を少しだけ観ましたが、やはり感動的だったのですね。前回カナダで「眠れる森の美女」を観たとき、やはり平野さんのブルーバードが素晴らしかったのを覚えています。非常に魅力的で、おっしゃる通り力強くセクシーな大人のダンサーだったので、観られなくなるの、本当に残念ですよね。これからの新しい生活でも幸多いことを祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧州で活躍する若手ダンサーらによる「ネオ・バレエパフォーマンス」 | トップページ | スターダンサーズ・バレエ団、オール・チューダー・プログラム(9月) »