BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 室伏鴻さんが急逝 | トップページ | ジョン・ノイマイヤーが京都賞を受賞 »

2015/06/20

吉田都×堀内元 Ballet for the Future公演記念 「特別講習会」開催

吉田都×堀内元 「Ballet for the Future」公演を記念して、公演芸術監督の堀内元 さん、および出演者である加治屋百合子さんとジャレッド・マシューズの指導による特別講習会が開催されます。

http://www.chacott-jp.com/j/special/ticket/bff/workshop/index.html

<堀内元 特別講習会>

ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員を過去5度務め、教育者としても世界的に認められている堀内元さん(セントルイス・バレエ芸術監督/元ニューヨーク・シティ・バレエプリンシパル)。バランシン・テクニックをベースとした20年以上の指導経験から編み出された堀内元自身のメソッドによる講習会です。

【日時・内容】
A) 8月12日(水) クラス10:30-12:15 / ポワント12:15-13:00
B) 8月13日(木) クラス10:30-12:15 / ポワント12:15-13:00
C) 8月14日(金) クラス10:30-12:15 / ポワント12:15-13:00
※クラスはバレエシューズにて行います。
※男性可:クラスのみ。
※受付はクラス開始30分前からになります。

【受講料】
1日コース 11,000円(男性 9,000円) ※料金は全て税込/含ダイアログ
2日コース 18,000円(男性14,000円)
3日コース 25,000円(男性19,000円)
※1日、2日コースは日程をお選びいただけます。但し、定員の都合により、ご希望のコースをお受けできない場合がございます。
※参加者は全員8/28(金)のバレエダイアログにご参加いただけます。

【対象】
2000年12月31日以前にお生まれの中学3年生以上の方で、バレエ歴が7年以上の方

【定員】 24名(1クラス当り)

【会場】チャコット・ダンスキューブ勝どきスタジオ


<加治屋百合子&ジャレッド・マシューズ
クラス&ヴァリエーション講習会>

ローザンヌ賞受賞その後入団したABTからヒューストン・バレエに移籍しプリンシパルとして活躍する加治屋百合子、ジャレッド・マシューズ(同団ファーストソリスト)。昨年のABT来日公演で満場の観客を魅了したことも記憶に新しい二人。世界の第一線で活躍する二人からクラスとヴァリエーションが学べる講習会です。

【日時・内容】
D) 8月28日(金) クラス13:15-14:45 / ヴァリエーションクラス 15:00-16:30    
E) 8月29日(土) クラス14:45-16:15 / ヴァリエーションクラス 16:30-18:00 
※クラスはジャレッド・マシューズ&加治屋百合子、ヴァリエーションは加治屋百合子が担当予定。
※ヴァリエーション演目は、D)ジゼル第一幕よりジゼル、E)眠れる森の美女第三幕よりオーロラ。
※受付はクラス開始30分前からになります。

【受講料】
1日コース 13,500円 ※料金は全て税込/含ダイアログ代
2日コース 23,000円
※1日コースは日程をお選びいただけます。但し、定員の都合により、ご希望のコースをお受けできない場合がございます。
※参加者は全員8/28(金)のバレエダイアログにご参加いただけます。

【対象】
2000年12月31日以前にお生まれの中学3年生以上の方で、バレエ歴が7年以上の方

【定員】 24名(1クラス当り)

【会場】チャコット・ダンスキューブ勝どきスタジオ


■バレエダイアログ(トークイベント)■
本公演の芸術監督とゲスト出演された講師3名によるこの機会にしか聞くことのできない貴重なバレエダイアログ。芸術監督視点・ダンサー視点など、様々な角度からお話をいただく予定です。
本公演をご覧いただくとダイアログの理解もより深まります。是非、劇場にも足をお運びください。

【日時】
8月28日(金)17:00-18:15
※講習会参加者よりご希望者全員がご参加いただけます(ダイアログだけのご参加はできません) 
※受付は開始20分前からになります。

【登壇者】堀内元 / 加治屋百合子 / ジャレッド・マシューズ

≪次代へのメッセージ≫トーク例:開催された公演について/海外のバレエ学校・バレエ団について/プロダンサーに求められること<思考法・習慣等>/コンクールのこと/アメリカのバレエについて/Q&A/等

<お問い合わせ・お申し込み>
チャコット・ダンスキューブ勝どきスタジオ
〒104-0054 東京都中央区勝どき4−13-4 TEL: 03-6221-2273
(受付時間9:30〜平日20:00/土日〜17:00)


「バランシンを学ぶには元を見ればいい」とまで言われ、バランシン・テクニックの神髄を伝えている堀内元さん、そしてヒューストン・バレエに移籍後ますます輝きを増している加治屋さんとジャレッドさん、世界の第一線で活躍する彼らの指導が受けられる貴重な機会です。

先日の吉田都さんとのトークイベントの内容も素晴らしかった堀内元さん。海外で活躍する彼らのお話が直に聞ける「バレエダイアログ」に参加できるのも、非常に嬉しいことです。座談会形式で行われるそうです。

もちろん、公演と併せて参加すると、ますます新しい発見があることでしょう。国際的な活躍を目指すダンサーの卵にとっては非常に有益な経験になると思います。

Resize0631

http://www.chacott-jp.com/j/special/ticket/bff/index.html


« 室伏鴻さんが急逝 | トップページ | ジョン・ノイマイヤーが京都賞を受賞 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

もうお聞き及びかもしれませんが、ジャレッド・マシューズさんもプリンシパルに昇格したようですね。
ABTで長い努力を重ねていらしたお二人のために、本当に嬉しいニュースです。
地位がさらに人を成長させる面はあると思います。今後のお二人の活躍に期待するばかりです。

LEEさん、こんにちは。

お知らせありがとうございます。ここの記事で追記/補足しようと思いつつ書きそびれていました。ジャレド・マシューズのプリンシパル昇進、嬉しいですね。しかもクランコの「じゃじゃ馬馴らし」のペトルーチオ役での昇進というのがすごいです。
ABTでは実力のある二人だったのに、プリンシパルになれず彼らより正直下手な人たちに追い抜かされてとても残念でしたが、新天地での活躍はうれしい限りです。特に、ジャレドさんは、ヒューストン出身ということでますます嬉しいことでしょうね。
おっしゃる通り、プリンシパルになればさらなる成長もあるでしょうし、いろいろな役を踊る機会もあります。今はちょうどヒューストン・バレエはハンブルグでのバレエ週間に参加しているので、ハンブルグのお客さんにも観てもらえたことだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 室伏鴻さんが急逝 | トップページ | ジョン・ノイマイヤーが京都賞を受賞 »