BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」がローレンス・オリヴィエ賞受賞 | トップページ | 近藤亜香さんが、オーストラリア・バレエのプリンシパルに昇進 »

2015/04/14

マリインスキー・バレエ、ティムール・アスケロフとキム・キミンがプリンシパルに昇進

マリインスキー・バレエより、ティムール・アスケロフとキム・キミンがプリンシパルに昇格することが発表されました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=821855754516285

http://www.mariinsky.ru/en/news1/

既にこの昇格は、マリインスキー・バレエのサイトにも反映されています。

http://www.mariinsky.ru/en/company/ballet/troupe/

深刻な男性ダンサー不足に見舞われているマリインスキー・バレエですが、この二人は最近主演することが多く、11月~12月の来日公演でも主演する予定があります。キム・キミンは、ABTの「ラ・バヤデール」にもゲスト出演予定です。

ティムール・アスケロフは、アゼルバイジャン生まれ。お父さんが石油王で大変な大金持ちだそうです。2009年~2011年はキエフ・バレエで踊り、2011年にマリインスキー・バレエに入団。2013年の第12回モスクワ国際バレエコンクールで、シニア男子デュエット部門で金賞を受賞しました(パートナーは、銀賞に輝いたオクサーナ・スコリク)。昨年10月には、牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」に、エカテリーナ・コンダウーロワとゲスト出演しています。このペアでの「白鳥の湖」は、テルギエフ指揮、3Dで収録され、映画館上映も行われました。この映像は日本でもNHKで放映されました。最近では、今年の4月にボリショイ・バレエの「愛の伝説」にゲスト出演しています。脚がまっすぐでプロポーションの美しいダンサーです。

キム・キミンは、韓国生まれでバレエ教育もすべて韓国で受けています(マルガリータ・クリーク、ウラジーミル・キムに師事)。研修生を経て2012年にマリインスキー・バレエにファーストソリストとして入団。2010年ヴァルナ国際コンクール1位、2012年YAGPのグランプリなど数々の賞に輝いています。大変な素晴らしいテクニックの持ち主で、YouTubeにある「エチュード」の動画で見せる連続トゥール・ザン・レールは凄まじいです。

なお、この発表の前にも、ソフィア・イワノワ・スコブリコワSofia Ivanova-Skoblikovaがコール・ド・バレエからセカンドソリストに、アーネスト・ラティポフErnest Latypovがコール・ド・バレエからコリフェに昇進しています。2人ともワガノワ出身。

プリンシパルだったデニス・マトヴィエンコはゲスト・ソリストになってしまいました。


いずれにしても、ティムール・アスケロフとキム・キミンは、マリインスキー・バレエの来日公演で大活躍しますので、楽しみですね。

マリインスキー・バレエ2015 来日公演
http://www.japanarts.co.jp/mb2015/

ティムール・アスケロフは
11/26「ジュエルズ」のダイヤモンド(パートナーは、クリスティナ・シャプラン)、
12/2昼公演「ロミオとジュリエット」のロミオ(ジュリエットは、クリスティナ・シャプラン)、
12/6の「白鳥の湖」の王子(オデット/オディールはエカテリーナ・コンダウーロワ)
役で出演します。

キム・キミンは、
11/26「ジュエルズ」のルビー、
12/4「白鳥の湖」の王子(オデット/オディールはアリーナ・ソーモワ)
役で出演します。

« マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」がローレンス・オリヴィエ賞受賞 | トップページ | 近藤亜香さんが、オーストラリア・バレエのプリンシパルに昇進 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。地方に住んでいるので、NHKBSで公演の録画を観ることがほとんどです。
こちらで放送予定などを知らせていただけるので、撮りのがしがなくなりました。
ありがとうございます。

NHKの「らららクラシック」でアラム・ハチャトゥリアンの「剣の舞」が取り上げられて、古い映像ですが、バレエの映像も放送されました(ボリショイでしょうか)。
アスケロフさんも南コーカサス方面のご出身なのですね。

プリンシパルの方々のノーブルな踊りもよいですが、バイムラードフさんの「ザ・プリンシパル・キャラクターダンサー」が最も好みです。
彼の「イーゴリ公」はもう観る機会はないのでしょうか?

猫2匹の母 さん、こんにちは。

テレビでバレエを観られるのは本当に嬉しいですよね~。残念なことに、なかなか地方では公演をやってくれませんものね。お役に立てているのなら、嬉しいです。

らららクラシックのハチャトゥリアンの回は見逃してしまいました。「ガヤネー」のボリショイの映像は確かに発売されていたと思います。

私もバイムラードフさん、好きです。以前マリインスキー・オペラが「イーゴリ公」を来日公演で持ってきたとき、観に行きました。ゲルギエフだし、オペラなのでチケット代が高くて、NHKホールの3階席の一番後ろで見ていたのですが、それでもバイムラードフさんは素敵でしたね。オペラ自体も楽しかったです。今も白鳥のスペインなどで活躍されているので、また観る機会はあると思います。本当にカッコいい方ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」がローレンス・オリヴィエ賞受賞 | トップページ | 近藤亜香さんが、オーストラリア・バレエのプリンシパルに昇進 »