BlogPeople


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« シディ・ラルビ・シェルカウイがロイヤル・フランダース・バレエ芸術監督に就任 | トップページ | ローザンヌ国際バレエコンクール、準決勝中継中 »

2015/02/04

パリ・オペラ座バレエの2015/16シーズン、オフィシャルサイトのリニューアル

パリ・オペラ座の2015/16シーズンが2月4日に発表されました。

ニューヨークタイムズに速報記事が載っているので、これとTwitterの速報を併せてまとめてみます。

http://www.nytimes.com/2015/02/05/arts/international/new-leaders-at-paris-opera-unveil-an-ambitious-future.html

追記:公式サイトにもやっと載りました。
http://saison15-16.operadeparis.fr/en/programme

バンジャマン・ミルピエが芸術監督に就任して、初めてプログラミングをするシーズン。

最大のニュースは、フォーサイス・カンパニーを退団しアメリカに移ったウィリアム・フォーサイスが、2016年に新作を創り、さらに毎シーズン3か月ずつオペラ座で働き常任振付家となることです。

自身のカンパニー以外にフォーサイスが新作を創るのは、1999年以降では初めてとなります。新しくパリ・オペラ座・アカデミーという機関が設立され、ここでフォーサイスは振付家、音楽家、舞台監督や歌手を育てるトレーニングプログラムで指導を行います。

全幕の作品は3つのみ。ヌレエフ版「ラ・バヤデール」「ロミオとジュリエット」、そして現行のパトリス・バール版「ジゼル」。

その一方で、多くの新作がレパートリー入りします。実に19作品。NYCBの団員であるジャスティン・ペック(新作と、旧作 “In Creases”), ウェイン・マクレガー、ジェローム・ベルとミルピエ。そして、さらにバランシン(「テーマとヴァリエーションなど3作品)、ボリス・シャルマッツ、アンヌ・テレサ・ド・ケースマイケル、クリストファー・ウィールドン、ジェローム・ロビンス(Opus 19, Goldberg Variations, Other Dancesと3作品)、アレクセイ・ラトマンスキー、そしてマギー・マランの作品です。

ミルピエは、音楽の重要性を強調し、マクレガーの新作はブーレーズの“Anthème II”に振付けられたもので、この作曲家にオマージュを捧げたミックスプロで上演されると言明。 また、ジャスティン・ペックの新作はプーランクの「2台のピアノとオーケストラのための協奏曲」を使っているそうです。

彼のNYCBでの多くの新作を踊った経験が、今回のプログラミングに影響を与えているようで、確かにパリ・オペラ座というよりはNYCBとしか思えないような作品が並んでいます。ラトマンスキー振付の「セブン・ソナタ」(ABTで初演)、そしてNYCBのみならず世界中のバレエ団で踊られているクリストファー・ウィールドンの「ポリフォニア」。ラトマンスキーは2016-7シーズンにはオペラ座のために、Rシュトラウスの「Schlagobers(ホイップクリーム)」を使って全幕を振付けるそうです。

ミルピエと総裁ステファン・リスナーは、“3e Scene,” または 「サード・ステージ」というデジタルプラットフォームをパリ・オペラ座のウェブサイトに開設することも発表。作曲家、振付家、演出家、ヴィジュアルアーティスト、映画監督や作家が新作を発表できるものだそうです。

オペラとバレエをより密接にしようという意図のもとに、(そもそもミルピエを連れてきたのはリスナーであった)チャイコフスキーのオペラ「イオランタ」と「くるみ割り人形」を合わせたダブル・ビルも予定されているそうです。この「くるみ割り人形」は、アーサー・ピタ、シディ・ラルビ・シェルカウイ、リアム・スカーレット、エドゥアール・ロック、ミルピエの5人の振付家の共同作業で、ディミトリ・チェルニアコフが演出し、シェーンブルグの音楽にも焦点を当てるそうです。もともと、初演当時「イオランタ」と「くるみ割り人形」は同時上演だったという歴史的な背景があり、それに倣った上演と言えそうです。

シャルマッツによる新作がシーズンのオープニングとなり、ガルニエのパブリックエリアで、20人のダンサーが様々な20世紀バレエからのソロを踊るというものになるそうです。また、恒例のデフィレも音楽を一新し、ワーグナーの「タンホイザー」を使用。

ゲストカンパニーとしては、ENBが2016年6月21日~25日に「海賊」を上演し、さらにバットシェバ舞踊団(1月5日から9日)、ローサス(2月26日~3月6日)がオペラ座で公演を行いますが、ローサスの公演はポンピドゥーセンターで行われるそうです。

また、ツアーですが、来日公演は2017年に予定されており、2018年にはアメリカへの大規模なツアーもあるそうです。毎年、フランス国内一都市への地方公演もあるそうです。


なお、オフィシャルサイトのエトワールたちを紹介するページも今までと一新されました。一人一人の紹介映像もついています。
http://saison15-16.operadeparis.fr/artistes-les-etoiles


一言でいえば、パリオペラ座をNYCBにするつもり?ということですね。オペラ座の伝統、フランスバレエの伝統はどうなってしまうのでしょう。フランス人の振付家はミルピエとマギー・マランだけ、一方でアメリカ人はフォーサイスはじめ、バランシン、ロビンス、ペック。アメリカ人ではないもののアメリカを中心に活動しているラトマンスキー、ウィールドンもその中に入れていいでしょう。ジャスティン・ペックなんて、オペラ座で2作品も上演するほどの実力も実績もない、まだ新進のひたすらアメリカンな振付家なので、どうして上演されるのか大いに疑問です。ウィールドンにしてもラトマンスキーにしても、世界中のバレエ団で作品が上演されているので、何もわざわざオペラ座で取り上げるべき振付家なのか、疑問に思ってしまいます。

ただし、フォーサイスが常任振付家として活動することや、パリ・オペラ座・アカデミーの創立は注目すべき取組ではないかと思います。

というわけで、時系列に上演作品をまとめて行きましょう。


オープニング・ガラ(9月24日)

デフィレ、「テーマとヴァリエーション」(バランシン、20年ぶりのリバイバル)、ミルピエの新作


「シャルマッツ振付、20人のダンサーによる20世紀作品」9月22日から10月11日まで13公演 
ガルニエのパブリックスペースにて。新作。


「バランシン、ロビンスとミルピエの夕べ」 2015年9月~10月、ガルニエで11公演

「テーマとヴァリエーション」(バランシン)「 Opus 19 / The Dreamer」(ロビンス、カンパニー初演)、ミルピエの世界初演作品


「アンヌ・テレサ・ド・ケースマイケルの夕べ」2015年10月21日~11月8日、ガルニエで15公演

「Quartet No. 4」「大フーガ」「浄められた夜」,すべてカンパニー初演、ケースマイケル作品


「ラ・バヤデール」11月17日から12月31日まで、バスティーユで23公演
ヌレエフの最後の作品


「ピエール・ブーレーズの夕べ」2015年12月1日~31日、ガルニエで19公演

「ポリフォニア」(ウィールドン、カンパニー初演)、ウェイン・マクレガーの世界初演作品、「春の祭典」(ピナ・バウシュ)


ジェローム・ロビンスとジェローム・ベル 2016年2月5日~20日 ガルニエ 14公演

ロビンスの「ゴールドバーグ・ヴァリエーション」(カンパニー初演)、ジェローム・ベルの新作。


「くるみ割り人形」 オペラとダンスの夕べ 2016年3月9日~4月8日 ガルニエ 13公演

オペラ「イオランタ」とバレエ「くるみ割り人形」(アーサー・ピタ、シディ・ラルビ・シェルカウイ、リアム・スカーレット、エドゥアール・ロック、ミルピエ)


「ロミオとジュリエット」 2016年3月19日~4月10日 バスティーユ 15公演
ヌレエフ


「ラトマンスキー、バランシン、ロビンスの夕べ」  2016年3月22日~4月5日 ガルニエ

「セブン・ソナタス」(ラトマンスキー)、「デュオ・コンチェルタント」(バランシン)、「アザー・ダンシズ」(ロビンス)、「In creases」ペック


マギー・マラン 「Les Applaudissements ne se mangent」 2016日4月25日~30日、ガルニエ


「ジゼル」 2016年5月27日~6月14日、ガルニエ
パトリス・バール

「ジャスティン・ペックとジョージ・バランシン」 7月2日~15日 バスティーユ、7公演

ジャスティン・ペックの新作(プーランク)と、、バランシンの「ブラームス・シューンベルグカルテット」


「フォーサイスの夕べ」 2016年7月4日~16日、ガルニエ 11公演

「アプロキシマート・ ソナタ」(新版)、新作、「Of Any if and」(カンパニー初演、1995年にフランクフルトバレエで初演) 3作品ともフォーサイス


また、映画館中継は続きますが、オペラ作品が中心であり、バレエでの映画館中継が行われるのは、「バランシン、ロビンスとミルピエの夕べ」 と「イオランタ/くるみ割り人形」のみです。

マリ・アニエス・ジロ、エミリー・コゼット、マチアス・エイマンをフィーチャーした映像

エトワールのプロフィール動画のダイジェスト版
http://youtu.be/3tOziQuNKPg

« シディ・ラルビ・シェルカウイがロイヤル・フランダース・バレエ芸術監督に就任 | トップページ | ローザンヌ国際バレエコンクール、準決勝中継中 »

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

色々まとめてくれてありがとうございます。 
Wow~~~~, パリオペがガラリと変わりそうですね!!! どうなっちゃうんだろうか????
ラトマンスキーと現在の人気振り付けし作品かも含まれるとは、今流行りに乗っかるんですね。 個人的には微妙~(苦笑) フォーサイスがパリオペですか。。。。病気は大丈夫ってことですかね?

takakoさん、こんにちは。

なんだか、これはオペラ座ならではの作品ってヌレエフ作品とジゼルくらいしかなくて、フランス的なコンテンポラリーだってマギー・マランくらいしかなくて、なんだかな、と私も思ってしまいます。せっかくの300年の伝統も失われるときにはあっという間なんでしょうし。

ラトマンスキーやウィールドン、マクレガーの作品って世界中で観られるし、何もほかのカンパニーの真似をしてオペラ座までやらなくたって、と思います。

フォーサイスのオペラ座ニュースにただただ吃驚。
今年はオペラ座変貌元年!? ちょっと残念な気持ちも湧きますけど、
21世紀バレエを担うのはオペラ座!の意気込みとも受け取れますね。

まりさん、こんにちは。

ミルピエが、こんな作品をやるつもりだとインタビューで語っているのを読んできた時点で、これはオペラ座をNYCB化するつもりなんだなと思ったのですが、ここまでやるとは…。古典3作品は、まあそんなものだろうと思ったのですが、コンテンポラリーにしてもフランス的な作品が皆無に近いのはどうなんでしょう。

フォーサイスがある程度コミットするというニュースは大変興味深いですし、その結果がどうなるかはもちろん注目していきたいですけどね。

いつもながら発表されてすぐに記事をまとめてくださってありがとうございます。

オペラ座は一時期一番好きなバレエ団で、現地に行くことも辞さないカンパニーなのですが、来シーズンはアメリカで見られそうなものばかりですね。
クラシックをちゃんと踊ってくれるバレエ団が好きなので、この先が心配です。
新しいものを取り入れるのも必要でしょうけれども、伝統芸術やその国の文化を背負うナショナルカンパニーとしてのバランス感覚はどこにいったのかなと思ってしまいます。

今のところ昇進試験の課題はクラシックのままなのですよね。
これだけ現代作品が増えると舞台で評価されても昇進できない事例が増えそうですし、一方昇進試験が廃止されるとかコンテンポラリー重視になるとクラシックが弱いダンサーが増えそうですし、その辺も気になります。

ちひろさん、こんにちは。

私もオペラ座を観にパリに何回か足を運びましたが、来シーズンはこれと言って観たいものがあまりないのですよね。マチアスが復活したら彼のバヤデールが観たいのと、あとテーマとヴァリエーションは好きなのでちょっと観たいな、とは思うんですけど。「くるみ割り人形」をいろんな振付家が少しずつ作るという企画もちょっと面白いかな、と思います。でもそのほかはどうかな~。別に古典じゃなくてもいいんですけど、パリ・オペラ座らしさを保ってほしいんですよね、フランスの振付家の作品をやるとか。(まーミルピエはフランス人ですが、どう考えても中身はアメリカ人)

おっしゃる通り、その国の文化を背負うナショナルカンパニーならではのプログラムを見せてほしいと思います。別に現代作品をやること自体はいいと思うのですが、NYCBが上演するような作品ばかり上演するのはどうかと思います。世界に2つNYCBはいらないわけで。

ミルピエは昇進試験自体をなくしたいと言っているそうですが、そうすると彼のお気に入りばかりが昇進することになるんじゃないかなって気がしてしまいます。ネオクラシック中心のカンパニーになってしまうと、オペラ座学校で教えるメソッド自体が変わってしまうというかカンパニーに合わなくなると思うのですが、そういうフランス流儀の教育までなくしちゃうつもりなんでしょうか、それは伝統の破壊、文化の破壊につながってしまうと思います。

はじめまして。パリオペラ座バレエ団に昨年夏頃から好きになり、今は今年引退してしまいますオーレリデュポンが大好きな者です。
オペラ座の映画を昔のから見ていて質問があるのですが、
パリオペラ座バレエ団のドキュメンタリ映画「エトワール」でバレエ団入団の試験を目前に控えていたバレエ学校の生徒の名前、ご存知でしょうか。
今回で最後の試験と言っていた男性、女性でなぜメイクするのかインタビューを受けていた生徒は無事に入団できたのか気になり…
まだまだオペラ座のことを知らない者ですが、もしご存知でしたら教えてくださいm(__)m

Enaさん、こんにちは。

映画「エトワール」に出ていた、バレエ団入団の試験を目前に控えていたバレエ学校の生徒の名前は誰かということですが、残念ながら私にはわかりません。この映画のDVDは持っていますが、それを調べるのに映画をもう一度観る時間が今私にはないんです。映画の何分ごろに出ていたかということがわからないとなると、最初から全部見るということになっちゃいますよね?そこまでの時間的な余裕がないので、ごめんなさい。

お返事ありがとうございます。大変失礼いたしました、映画の開始31分後にインタビューを受けています。
急ぎでないので、お時間に余裕があります時に見ていただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シディ・ラルビ・シェルカウイがロイヤル・フランダース・バレエ芸術監督に就任 | トップページ | ローザンヌ国際バレエコンクール、準決勝中継中 »