BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 12/27 ハンガリー国立バレエ「くるみ割り人形」 | トップページ | ワガノワ・アカデミーのFacebookとTwitterアカウント、2016年来日公演 »

2015/01/06

ミュンヘン・バレエのラトマンスキー復元「パキータ」ネット中継

今シーズンの大きな話題は、振付家アレクセイ・ラトマンスキーが、プティパ版「パキータ」を復元し、ミュンヘン・バレエで初演されたことです。

予告編
http://youtu.be/Mi89XbWLeaI

12月13日に初演されたこの「パキータ」は、さっそくNew York Timesにレビューが掲載されるなど大きな話題を呼んでいます。

この「パキータ」ですが、バイエルン州立劇場のStaatsoper.TVによって、インターネット中継が1月11日(日)ヨーロッパ時間午後6時より行われます。
https://www.staatsoper.de/en/staatsopertv.html

中継ページ
http://www.operlive.de/

今までのバイエルン州立劇場のインターネット中継は、日本向けに見やすい時間帯でのストリーミングを行ってくれていたのですが、今回はそちらの告知はまだありません。

日本語Facebookサイト
https://www.facebook.com/staatsopertvjp

キャスト
Paquita Daria Sukhorukova
Lucien d’Hervilly Tigran Mikayelyan
Inigo Cyril Pierre
Don Lopez de Mendoza Norbert Graf
Pas de trois Katherina Markowskaja, Mai Kono, Javier Amo
Variations Evgenia Dolmatova, Séverine Ferrolier, Magdalena Lonska, Zuzana Zahradníková

パキータ役は、元マリインスキー・バレエで美しい脚を誇るダリア・スホルコワ、リュシアンはティグラン・ミカエリャン、そしてイニーゴはシリル・ピエール。パ・ド・トロワを河野舞衣さんが踊ります。


1881年にプティパによって振付けられ、マリインスキー劇場で上演された作品を当時の姿で復元するために、ラトマンスキーはステパノフ・ノーテーション(舞踊譜)の専門家であるDoug Fullingtonと読み解き、衣装も当時のものを再現しました。1846年に「パキータ」はパリ・オペラ座でジョセフ・マジリエによって振付けられており、プティパがマリインスキー劇場に移ってから最初に振付けた作品である「パキータ」(1847年版)はこの版をベースとしています。1881年のプティパ版は、もともとのÉdouard-Marie-Ernest Delvedezの音楽に加え、アダン、ドリゴ、ドリーブ、プーニらの音楽を付け加えてましたが、現在振付の多くは失われています。

ラトマンスキーは1902年、1903年に記録された舞踊譜をもとに復元を行いました。その中で、現在ポピュラーな「パキータ」の踊りは、2幕のソロ一つだけなのですが、作品全体はすべて舞踊譜に記録されていたそうです。もちろん、腕のポーズなどの細かい点までは記録されていないので、推測するしかないところもあるようですが。

「パキータ」復元版では、現在の流行とは違っていて、脚は腰の高さくらいまでしか上げられていません。サポート付きのアラベスクは前傾しています。エポールマンが非常に重要なポイントとなっています。ディテールに富んだ動きで、細かい足捌き、上半身は常に脚と反対側にひねられており、頭や視線の使い方が雄弁で手のひらは上に向けられることが多いとのこと。今までの19世紀バレエは2次元で写真のようだけど、この作品は立体的に見えるそうです。

パリ・オペラ座でピエール・ラコットが復元した「パキータ」同様、ストーリー自体は他愛のないものです。最後には、「コッペリア」などでも踊られているものを含む6つのヴァリエーションと、華やかなコール・ド・バレエで幕が閉じられます。ラトマンスキーはオリジナルのプティパの振付を再発見し、自身の持つ幅広い知識と洗練によって、バレエの未来にとってもたくさんのアイディアを提供する失われた歴史が明らかにしました。

注目のこの作品、ネット視聴で観られるのは嬉しいです。

(しかし、バイエルン州立劇場の中継はアーカイブはありませんので、ストリーミングでリアルタイムで観るしかないのがちょっと残念なところです。DVDなど出してくれたら嬉しいのですが)

« 12/27 ハンガリー国立バレエ「くるみ割り人形」 | トップページ | ワガノワ・アカデミーのFacebookとTwitterアカウント、2016年来日公演 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/27 ハンガリー国立バレエ「くるみ割り人形」 | トップページ | ワガノワ・アカデミーのFacebookとTwitterアカウント、2016年来日公演 »